人気ブログランキング |
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
タグ:Driving ( 60 ) タグの人気記事
電気もガスもない。文明を拒否した伝統的な家屋が残る集落『カンプンナガ』 - Kampung Naga Tasikmalaya



b0108109_20130573.jpeg


バンドンから日帰りで行けるスポットを探していて目に留まった。

日本の白川郷のような山あいにひっそり佇む集落の家並みが。

インドネシアにもこんなところがあるんだ。。。と即決。

バンドンから100kmほど。クルマで3時間あまり。

b0108109_20254240.png

バンドンを出て70km先のガルトまでは













幹線道路なのに、道幅が狭く、交通量が多く

四輪と二輪に加えて馬車や物売りのリキシャ、屋台みたいなのも混じって

混合交通の極み。。。

b0108109_20273716.jpeg


断続的に市街地が続く。

すぐに田園風景と思っていたのが予想外。

インドネシアは中国・インド・アメリカに次ぐ世界第4位の人口。

b0108109_20290040.jpeg

行けども行けども

建物が途切れない。

人口が多いのも納得。

b0108109_20295720.jpeg


b0108109_20311070.jpeg

意外だったのはインドネシア人はクラクション鳴らさない。

抜く(抜かれる)ときも鳴らさないんだよね。

事故らないのかな?事故るよね?

b0108109_21442424.jpg

途中、小さな食堂でパダン料理を。

大きなお皿に、ご飯とお惣菜を載せていただく。

激辛のメニューが多く口と喉が火事!辛いのは苦手〜〜(汗

b0108109_21471231.jpg


ガルトをすぎるとようやく田園風景が広がりだす。

陽に照らされた木々が眩しい。

b0108109_20323526.jpg

ガルングン山をとりまくように今走っている道が通じていて

谷底に流れる川の斜面に広範囲に棚田が広がっていた。

僕らのような観光客から見れば絶景なのになぁ〜

気の利いたカフェやヴィラでも建ってそうな

そんな眺めが10kmほど続いた。






b0108109_20372187.jpeg


b0108109_20394921.jpeg


b0108109_14033986.jpg


b0108109_14045404.jpeg


b0108109_14381185.jpeg

ここの一軒家。人がいたので入らせてもらった。

ここの畑からのライステラスの眺めが絶景だった〜

ロケーション良すぎるぽつんと一軒家!!!だわ。

b0108109_14053867.jpeg


いよいよカンプンナガに近づいたので何度も地元の人に聞いて

カンプンナガへ折れる場所を突き止め、幹線道路から少し逸れて脇道に入ると、

道路脇にはバスターミナルがあり、土産物屋あり、大型バスが何台も停まっていた。

「意外!!そんな観光地なんだ。。。案内の看板も何もなかったのに」

パーキングに車を停める。駐車料や入村料とかは不要だった。

b0108109_20201306.jpeg

手入れされた庭のような谷あいの斜面の長い長い階段を降りていくと

身を寄せ合うように立ち並ぶユニークな住居の村があった。

b0108109_20333347.jpeg



b0108109_20351994.jpeg



b0108109_20370355.jpeg

家屋は白塗りの壁で三角屋根のたたずまいが、

岐阜県の白川郷と似ている気がした。

ここに普通に暮らしている。

b0108109_20382192.jpg

村の中に入ると大勢の人々が居た。

手を振ると全員で手を振り返してくれた。

村の人ではなく、観光で来た人たちのようだ。

普通に生活している家の縁側に普通に座って。(笑

b0108109_20394011.jpg

反対側からもなぜか大歓迎?!

b0108109_20415934.jpg

ガルトから来た小学生たち。

激しいスコールが降り出し半時間ほど一緒に雨宿り。

b0108109_20440909.jpg

めっちゃ珍しがられてる。。。

外国人が珍しくて仕方がないみたい。。。そういえば、

バンドンに着いてから日本人はおろか外国人に出会ってない気がする。

b0108109_20453564.jpg

一緒に写真撮ってと言われ(←誰のカメラでもいいみたい)インドネシアングループに収まってます。^^

黄色の傘のおじさんは、村に降りる階段の途中で休憩していて出会い声をかけたら、

名古屋に住んでたことがあって日本語を話せる。ここに住んでるそうだ。

そして、ガスも電気もない暮らしをしていることを話してくれた。

「そんな原始的な生活だとはしらなかった。。。」


b0108109_20472272.jpeg


おじさんが自宅に取りに行った黄色の傘を貸してくれたのでスコールの中、帰路につくことにした。

村を見渡せる場所に来ると一瞬陽がさして最後、村を見届けることができた。

b0108109_20485657.jpeg



b0108109_20584637.jpg

みんな傘がないのでビニール袋を頭にかぶってる。

インドネシアスタイル?!

b0108109_20535697.jpeg

雨足が弱くなり一緒にいた子供達が追いかけてきた。

わざわざ傘を家に取りに行って貸してくれたおじさんに、

少し気持ちを渡そうとしても頑なに受け取ろうとしかった。

その断り方がとても日本人っぽくてとても親近感を感じたのだった。



b0108109_21004432.jpg

往きは大大大大大大〜〜〜渋滞だったので、帰りも覚悟して帰る。

道中に温泉があるようなので寄ってみた。その温泉の町は『チパナス』

「リゾートっぽいところだったらいいな〜〜!今日はよく走ったしゆっくり湯に浸かりたい」

チパナスにつきどんつきの広いパーキングエリアの手前に居た兄ちゃんに招かれてつれていかれた細い道。

b0108109_14092936.jpg

なんか怪しげ。。。(笑

b0108109_14575630.jpg


ここらしい。。。

半時間くらいだと、

温泉に浸かるだけと、

伝えたらこの部屋に通してくれた。



b0108109_14151838.jpg

簡易ホテル?

b0108109_14161200.jpg

「トイレの便器が浴槽の横にある〜〜」

湯が綺麗なのかは気にしないでおいて、

本当に湯に浸かっただけでチパナスを後にしたのだった。


b0108109_21032829.jpg

夜のとばりが降りて町中渋滞オンパレード!

この週末は特にひどかったらしい。

b0108109_21042341.jpg



令和初日の夜はこうして更けていったのだった。


Wikitravel
Understand
Kampung Naga is a very unique village in Tasikmalaya regency, West Java, Indonesia. It's inhabited by a community of people with very strong tradition that they keep for centuries. They live in traditional simplicity and without using modern day facilities.
Get in
The village is between cities of Garut and Tasikmalaya in a beautiful valley of Neglasari village. You can get here either by bus, renting a motorbike or hitchhiking from each of these cities. Once you reach the village, there long staircase leading downhill the rice fields, where this traditional village lies across the river.
Respect
If you are a foreign visitor, you should respect their way of life. Don't impose your habits which can be considered rude. Don't be loud, be humble and polite. Understand that these people are not tourist attraction.

2019.5.1 Kampung Naga, Tasikmalaya regency, West Java, Indonesia.

by travelster | 2019-05-26 02:36 |  ├Indonesia | Comments(0)
Amphawa floating market - late night and early morning
連日の酷暑&真夏日7月の某週末、3泊4日でバンコク郊外ドライブしてきました。
(初日と最終日はほぼ移動のみ)


ドンムアン空港@バンコクに到着したのが午後10時すぎ。
予約してあった24時間営業のドンムアン空港レンタカーカウンターでキーを受け取ってクルマ(ToyotaYaris)をピックアップ。
(24時間営業はここ、Thai Rent A Car (Click!)だけだったのが決めた理由)
ドンムアン空港のレンタカーピックアップはカウンターの近くまで配車してくれるのでとてもラクちん。


b0108109_14463713.png
地図詳細(Click!)



深夜のバンコクの街を抜け、120km西にクルマを走らせた。日本と同じハンドルなので違和感もなく渋滞もなく順調に。
バンコク近郊の幹線道路は片側2,3車線あり、交差点と信号がほとんどないため100〜120km/h前後で流れていて日本の高速道路並みかそれ以上です。
100km/h以下で追越車線を走っていると、走行車線から抜かれちゃいます。
(↑翌日にドライブするペッチャブリー県、カンチャナブリ県も同様に)


タイ独特の道路設計で、ほとんどの幹線道路は中央分離帯が設けられており、ソイ(小道)から幹線道路を横切ろうと思うと、一旦幹線道路に合流(左折)し、数百メートル(時には数キロ)おきにあるUターン車線(最も右側車線に設けられている)やUターンブリッジ(多くは最も左車線)からUターンし一旦対向車線に乗り、戻って来て元のソイに左折します。
信号がないので道なりに進む場合はラクですが、右折したいときや幹線道路を横切りたいときはちょっと注意が必要だったりします。

Uターンの際も信号はないので、交通量が多いと延々待たされる羽目になります。。。
100km/hで流れている対向車線にUターンはちょっとスリリング(笑

また、Uターンではなくジャンクションになっていたり、ラウンドアバウトのところもあります。



関空で借りたポータブルWifi、そしてiPadとGoogleMapで楽々〜〜ドライブ。
眺めたり大雑把にルートを決めるのは断然、紙の地図のほうがいいのだけど、ナビゲートはGoogleMapが役に立ちます。


b0108109_143491.jpg



途中でセブンイレブンに立ち寄ってスナックを購入。飛行機はLCCだったから何も食べず腹べこ!
同行者の二人は隣の屋台(※)でビールをゲット!! (う〜〜飲みたいーー)
国際免許を持ってきたのは僕だけなので我慢我慢。。。
※タイのコンビニは24時過ぎるとアルコールは売ってくれません。

b0108109_1442351.jpg


空港から合計2時間半ほど、バンコク郊外のナイトドライブを楽しんだ。


そして、アムパワーの水上マーケットエリアにたどり着いたのは日付も変わった午前2時前。
ゲストハウスを見つけたものの、鉄格子の門がしまっていてしばらく入れずしばらく思案。
深夜に到着することは伝えていたので、さぁどうしたものかと。。。


鉄格子の門は施錠されていなかったので無事中庭に入ることができ、
やはり寝てしまっていたらしいオーナーとコンタクトがとれて無事チェックイン♪





b0108109_12344823.jpg


昼間は、バンコクからの日帰りツアー客で賑わうこの場所も、とても静か。。。

シャワーを済ませてさっぱりした身体にビールの喉越しと涼しい夜風が心地いい。



b0108109_1241529.jpg



b0108109_12412332.jpg



b0108109_12414055.jpg



b0108109_12415452.jpg



b0108109_12421917.jpg



b0108109_12351944.jpg



b0108109_12354110.jpg



b0108109_14591360.jpg



b0108109_1237044.jpg



b0108109_12372527.jpg



b0108109_1439477.jpg



b0108109_12382683.jpg



b0108109_12384879.jpg



b0108109_14422674.jpg




二日目は、さらに南西方面に下りペッチャブリー県までドライブです。-3-3=3=3


2017.7 Amphawa, Samut Songkhram, Thailand



■過去のドライブフォトをピックアップ。

▶︎南イタリア

- Road to East Coast #1
- Road to East Coast #2
- Road to East Coast #3
- Road to East Coast #4

▶︎北イタリア
- Go North !!! - Mediterranean to Alps

▶︎バリ
- Up Hill Country 'Jatiluwih'

▶︎クロアチア&ボスニア・ヘルツェゴビナ
- Road to Mostar
- Drive a GO GO!
- Road to Plitvice Lakes National Park - Route E71 -

▶︎タイ
- 万事休す・・・
- 喜びもつかの間・・・
- 猟銃の少年
- やってきた男たち
- from Muddy HELL to Forest HEAVEN
by travelster | 2017-07-21 23:31 |  ├Thailand | Comments(0)
ちょこっとスイスを走る♪ - The Stelvio Pass #2 -
更新がままならず。。。
昨夏のイタリア旅続きます!(あと二回くらいです)




b0108109_12351110.jpg


辿って来た道の急斜面からは想像出来ない程、

ステルヴィオ峠はなだらかな丘のようになっていて、

レストラン、みやげもの屋、ホットドック屋が軒を連ねてた。

色とりどりのジャージに身をまとったサイクリストたちで大賑わい!


b0108109_12362793.jpg







b0108109_1237562.jpg







b0108109_12393275.jpg
走ってきたイタリア側の道。





b0108109_12381478.jpg
こちらもイタリア側

そのまま西に抜けようと思ったら、

イタリア側に抜ける道が閉鎖されてた!

もう一方の道はスイス側に下る細〜い道。。。

地元っぽい人を見つけて行き止まりじゃないか確認。

「行けるよ〜!」との嬉しい?!返事が返ってきた。予定外のスイス入国〜♪♪


b0108109_12404065.jpg
スイス側





b0108109_12411666.jpg
スイス側





b0108109_12413945.jpg
ツーリング天国♪♪





b0108109_1242799.jpg
サイクリング天国♪♪





b0108109_12423442.jpg
天国行きヘアピン♪♪





b0108109_124341.jpg






b0108109_12433812.jpg






b0108109_1244484.jpg






b0108109_12444265.jpg
つづら折れ





b0108109_1245977.jpg
森の中を行く〜爽快♪





b0108109_12453328.jpg
まっすぐな道





b0108109_1246561.jpg
来た道も行く道も絶景♪♪





b0108109_12462357.jpg






b0108109_12465858.jpg






b0108109_12473150.jpg






b0108109_1248635.jpg
空と道♪





b0108109_12483869.jpg






b0108109_131461.jpg






b0108109_21291837.jpg
サイクリスト達

クルマの荷台に載せてトンネルを越えます。




b0108109_2130626.jpg
トンネルを越えれば。。。





b0108109_21304968.jpg
国境?!

再びイタリアに入国♪♪

と言ってもパスポート提示もありません。


b0108109_21312272.jpg
爽快なドライブが続く





b0108109_21315882.jpg







b0108109_21321918.jpg






b0108109_2132512.jpg







b0108109_21332912.jpg






b0108109_21335389.jpg







b0108109_21341462.jpg






b0108109_21343280.jpg









2015.8.12 Border of South Tyrol and Sondrio provinces, Italy




■北イタリア旅  I N D E X

《海編》

2015夏旅 - イタリア北部
イタリア地中海沿岸にあるカラフルな漁村『リオマッジョーレ』へ・・・
夕暮れのリオマッジョーレ - Riomaggiore at dusk -
イタリアのビーチリゾート「モンテロッソ・アル・マーレ」 - Monterosso al Mare -
パステルカラーの競演!ヴェルナッツァの街 - Vernazza -
麗しのマナローラ - Manarola -

《山編》
Go North !!! - Mediterranean to Alps
I ♥ Sportster
豪華絢爛♪ Classic! Historic! Collectors various rounded cars!!
絶景!欧州屈指のヘアピンロード。アルプスのステルヴィオ峠へ行ってみた♪ - The Stelvio Pass #1 -
ちょこっとスイスを走る♪ - The Stelvio Pass #2 -

《湖編》
怱卒な夜 - Varenna -

《街編》
Milan#1
Milan#2
by travelster | 2016-01-31 14:45 | Comments(10)
絶景!欧州屈指のヘアピンロード。アルプスのステルヴィオ峠へ行ってみた♪ - The Stelvio Pass #1 -



b0108109_14252545.jpg



清閑な山岳リゾートのメラーノを発ち、

今日は旅のメインイベント

ステルヴィオ峠へ♪



b0108109_1413723.png




以下、Wikipediaより
標高は2757mで、アルプス山系の峠としてはイズラン峠(標高2770m)に次ぐ高さを誇る。
(中略)
峠の道中はヘアピンカーブの連続という、厳しい行程となっている。自転車競技のグランツールと称するロードレース大会の一つ、ジロ・デ・イタリアにおいて度々登場することでも知られる。
英国BBC Twoの自動車バラエティ番組トップ・ギアにおいては、「世界最高のドライビングロード」として評価されている。


読んでるだけでも行きたくなってくる。景色もきっといいに違いない!今日は快晴だ!




b0108109_2051459.jpg



テーブルにさりげなく置かれていた雑誌は『MERANO』

メラーノのタウン情報誌?!読んでると、

ここを離れがたくなってきた。


b0108109_20572068.jpg


短い滞在だったけど気分的にとてもゆったり出来た。

しっかり記憶に刻まれた。また来たいと思わせる街だった。


b0108109_2162520.jpg


Here we goooo !!!


b0108109_2165632.jpg







b0108109_217236.jpg


荷物を積んでるバイクには親近感を感じてしまう。

ツーリングするにはここは恵まれすぎた環境じゃないか!

陸路での国境越えにたまらなくロマン感じるのは島国育ちのせい?


b0108109_2175985.jpg


瀟酒な家々にアートなトラック♪♪

こんなトラックの後ならちょっと楽しい♪♪


b0108109_13471939.jpg


メラーノを発ってオリスを過ぎる辺りまでは、なだらかな南斜面の中腹を縫う道とオリーブ畑や果樹園がずずず〜〜〜っと続いている。
いくつも通り過ぎた途中の村々はそこに1週間くらい滞在しても飽きないって思うくらい風光明媚な風景や建物が続いていてそれを眺めながら運転しているだけでアルプスを満喫した気分になった。

上の写真のラブランド(RABLAND)って町も、ググってみると通り過ぎるのが惜しいくらいに泊まりたくなる場所だったりするし〜〜!
Design Hotel Tyrol Rabland (Click!)
名前からしてメルヘン度高し!!(笑


b0108109_13473346.jpg



走ってるクルマを眺めるのも海外旅の楽しみの一つ。
イタリアではまだまだセダン健在。コンパクトカーも多い。

ペタペタとステッカーチューンしてるのも殆ど見かけなかった。
日本に多いゴテゴテエアロパーツ&ワンボックスも見かけなかった。

総じてイタリアは道路事情がいいので性能のいいクルマに乗りたくなる。
日本の軽クラスがメリットを感じるような狭い道はないし。。凹凸もないし。。

クルマのデザインや走行性能ってその国を良くあらわしているとあらためて思う。


b0108109_1348629.jpg



昨日のスピードアベレージ高めのハイウェイ&長距離移動も山並みの変化が楽しかったけど、地方主要道レベル下道でも景色が近くってまた楽しい。。。
(いまやストリートビューや衛星画像地図があるからその役目を終えた感があるけど、地形やら地図記号が書かれてある地図が読めるとこの辺の当たり外れも解ってルーティングに役立つのだ)

こんなのどかな風景がず〜〜っと続く。。。


b0108109_13483163.jpg


なんとなく雰囲気がそれっぽくなってきた。
石で組まれた壁や路肩の緑がとても行き届いていて気持いい。

前にもココに書いたけど、日本の土建業者の半分くらいが造園業者だったら。。。
って思う。ハイウェイを増やすのもいいけど、こんなちょっとした美観に配慮する改善の余地も大いにある。


b0108109_13485230.jpg


こうして走ってみると、どこでもそれなりに宿はあるわけで。。。
がんばってネットで予約しなくてもなんとかなったかもなぁ〜と思うのだ。
ま、通りすがりにいいホテルが夕刻に見つかり幸運にも空室があれば、の話だけど。


さて、いよいよ山岳路!!!


b0108109_1683626.png
(Click!)




b0108109_13492096.jpg



越える峠は遥か先の正面の辺りか??

このスケール感を伝える言葉が見つからない!!

路肩のブロックの高さが少し低いだけでグッと見通しがいい。


b0108109_134953100.jpg


ローラースキーで峠まで??

下りが気持良さそ〜〜う!

でも転倒したら痛いゾ!


b0108109_13503034.jpg


後ろ姿は若い女の人と思ったけど多分 around fifty!!

それにしても引き締まった身体!

若い若い!!凄い体力。


b0108109_135123100.jpg


ホントにヘアピンのようなカーブ。綺麗な石組みのガードレールがナイス♪

美観を意識してか道路標識も全くなく石壁もなめらかなカーブを描いている。


b0108109_13505034.jpg


気持良さそう!!!

サイクリストには憧れの峠道なんだろう。きっと。


b0108109_13532546.jpg


こんな蛍光ウェアで揃えてるのも日本ではあまり見かけないけどヨーロッパでは多い。っていうか2台4人揃ってお揃い???

自転車も気持良さそうだけどバイクも気持よさそ〜〜〜!!

たまらんね〜〜〜こりゃ!!


b0108109_13535436.jpg


到着〜〜〜!!!




そして峠の先も絶景。。。

2015.8.12 Border of South Tyrol and Sondrio provinces, Italy


■北イタリア旅  I N D E X

《海編》

2015夏旅 - イタリア北部
イタリア地中海沿岸にあるカラフルな漁村『リオマッジョーレ』へ・・・
夕暮れのリオマッジョーレ - Riomaggiore at dusk -
イタリアのビーチリゾート「モンテロッソ・アル・マーレ」 - Monterosso al Mare -
パステルカラーの競演!ヴェルナッツァの街 - Vernazza -
麗しのマナローラ - Manarola -

《山編》
Go North !!! - Mediterranean to Alps
I ♥ Sportster
豪華絢爛♪ Classic! Historic! Collectors various rounded cars!!
絶景!欧州屈指のヘアピンロード。アルプスのステルヴィオ峠へ行ってみた♪ - The Stelvio Pass #1 -
ちょこっとスイスを走る♪ - The Stelvio Pass #2 -

《湖編》
怱卒な夜 - Varenna -

《街編》
Milan#1
Milan#2
by travelster | 2016-01-08 22:11 |  ├Italy | Comments(6)
Go North !!! - Mediterranean to Alps
2015.11.8 写真二枚追加。

恒例(?!)の車窓フォトを、どばばば〜〜〜っっっっっ!と行きます♪


海辺の小さな集落、リオマッジョーレに二泊してイタリアの海を満喫して、
今日はスイス国境近くアルプスふもとの街、南チロルのメラーノまで400kmあまり、地中海沿岸からアルプス山岳エリアまで一気に移動することにした。


イタリア滞在で唯一、この日の夜だけはホテルの予約を入れていなかった。。。というのも、
もし天候が崩れた場合、アルプスエリア山岳方面を避けて全く別の場所へ旅程の変更が利くように宿泊先をフレキシブルにしておいたのだった。


ってワケで宿が未定でしかもレンタルしたポケットwifiも使えないのでネット予約が出来ず、ウォークインで宿を抑えないといけない。
あまり大きく寄り道せず早めにふもとのめぼしい街、メラーノまで到着するようにしておきたいところ。
そこからさらに別の町に移動するケースも考慮して日没2〜3時間前到着を目安に行くことにする。
(たとえ宿泊先を予約していても日没後の到着は気分的に好きじゃないので予定段階で午後3時〜4時をめどにしている。)


慣れない海外で旅程に無理がないか判断しずらいところだけど、
旅先が先進国なら、目安として単純に日本に置き換えてみて差し支えない。


400kmなら東京から西なら米原あたり。。。(僕の場合)全然大丈夫。。。って具合。
国内で走る距離を普段から把握しておけば、海外ドライブでも同じように予定を組んで良いと思うし過度に身構える必要は無い。


ただ、平均速度よりも休憩時間の方がロスが大きい。
うさぎよりかめの方がラクで安全。。。というのが僕の持論。(疲れてるor眠くても走るという意味ではなく)


b0108109_15354417.jpg


中田(英)が渡伊した最初の街パルマを経由して、ヴェローナあたりまで下道で。。。
ヴェローナからはE45(Autostrada #A22)に乗ってメラーノまで向かう。
このE45が最高にいい景色!!




b0108109_2035382.jpg


地中海沿岸のチンクェテッレに別れを告げしばらく下道を行く。

平野部に人家が密集する山国ニッポンと違って、

北海道のようなのどかな風景が広がる。


b0108109_2041066.jpg


右折レーン、左折レーンの色が違うのは遠くからでも分りやすくてイイ♪


b0108109_204511.jpg


こんなのどかな道を走るのが好きだ。

沿道にポツリと建っていたピザ屋でピザを。

分厚くてデカくて僕の胃にはちょっと重かった。

イタリアでも南部の生地の薄いナポリピザと違うなぁ。



そんでちょっとスーパーマーケットに寄って道草食ったりして、

野菜やら肉やら見たり洗剤見たり日用品見たり。。。そんなのが楽しい。


b0108109_2051517.jpg


緑溢れる道がしばらく続いていた。

トラック荷台の形に枝が刈り取られてる^^

こんな緑のトンネル、ウクライナかどっかにあったよな〜〜


b0108109_2053920.jpg


いくつかの小さな町を過ぎる。

風情のある町。僕らにしたら、


b0108109_206030.jpg


このカラフルさに萌えるけど、

逆に欧米人目線で見れば、


b0108109_2061948.jpg


日本の宿場町なんてめちゃくちゃ

アメージングな町並みなんだよね。



さぁ〜〜〜!!

ヴェローナから高速にスイッチ♪


b0108109_2063812.jpg


このあたりから平地から山の景色へと変わる。

海も良いけど山もいいよね〜〜気分が高まる。


b0108109_207432.jpg


日本ならさしずめ中央道ってところかなぁ。。。。

なんて思いながらトリップを刻む。


b0108109_2072457.jpg


山容が険しくなってきたよ。

いまどの辺り???


b0108109_2074785.jpg


ロベルト北らしい。

場所を確認すると、

距離2/3ってところか。

先は長い。ゆっくり急ごう。


b0108109_204273.jpg


どうぞお先に〜〜♪

100km/hでのんびり行きます♪


b0108109_2044528.jpg


次々と変わる

ダイナミックな風景は、

北米とはひと味もふた味違う景色。

このような岩山を見るとヨーロッパだ〜と実感する!


b0108109_2051941.jpg


チープな速度看板がナイス♪

いかに日本がカネかけ過ぎかってこと!

「ETC OK?」とか「○○週間」とかホントどうでも良いし。。。

日本の電光掲示板、いつも大した事書いてなくて全くムダづかいっていつも思う。


b0108109_2054647.jpg


もぅね、中央分離帯と言うものが無い(笑

このぎりぎりのタイトさに笑ってしまう。

大きな事故あったら両車線止まるね!


b0108109_2061446.jpg


あとで知ったけどこのE45。。。
スウェーデンからデンマーク、ドイツ、オーストリアを経由してシチリア島まで繋がっているんだと!!
総延長は4920km。南北方向に走る道路では欧州最長!!すげ〜〜〜!
(E45号線 - Wikipedia)

もしヨーロッパ住んでたらゼッタイ北から南まで走ってたと思う。
こういうことを知るにつけ、旅のアイディアがどんどん湧いてくる。


枯れない泉のように。そこに道がある限り。


旅のプランってやっぱり自分で見つけるのが一番楽しいって思う。


b0108109_2071577.jpg


迫り来る岩肌。


b0108109_2074392.jpg


これでも充分ドライブ堪能してるけど。。。

下道で山のフトコロ入ったらもっとスゴイんだろうなぁ。。。

ラーメンに例えたら、レンゲで一口掬って「うま〜〜ぃ」って言ってるレベルかな^^


b0108109_2081436.jpg




b0108109_114491.jpg


着いた!!!!!!!

もっとデカイ工業都市かと想像してたけど、

山岳リゾートっぽい落ち着いた洗練された静かな街だった。


b0108109_2084245.jpg


明日の事を考えてここから西に進んでおこうかと思ったけど、

最初に飛び込んだリゾートホテルの部屋に1泊の空きがあったこと、

ギリギリ目が飛び出ないほどの宿泊費だったのでここに落ち着くことにした。


b0108109_122084.jpg




2015.8.11 Merano, South Tyrol, Italy


■北イタリア旅  I N D E X

《海編》

2015夏旅 - イタリア北部
イタリア地中海沿岸にあるカラフルな漁村『リオマッジョーレ』へ・・・
夕暮れのリオマッジョーレ - Riomaggiore at dusk -
イタリアのビーチリゾート「モンテロッソ・アル・マーレ」 - Monterosso al Mare -
パステルカラーの競演!ヴェルナッツァの街 - Vernazza -
麗しのマナローラ - Manarola -

《山編》
Go North !!! - Mediterranean to Alps
I ♥ Sportster
豪華絢爛♪ Classic! Historic! Collectors various rounded cars!!
絶景!欧州屈指のヘアピンロード。アルプスのステルヴィオ峠へ行ってみた♪ - The Stelvio Pass #1 -
ちょこっとスイスを走る♪ - The Stelvio Pass #2 -

《湖編》
怱卒な夜 - Varenna -

《街編》
Milan#1
Milan#2




過去のドライブフォトをピックアップ。

■南イタリア

Road to East Coast #1
Road to East Coast #2
Road to East Coast #3
Road to East Coast #4

■北イタリア
Go North !!! - Mediterranean to Alps

■バリ
Up Hill Country 'Jatiluwih'

■クロアチア&ボスニア・ヘルツェゴビナ
Road to Mostar
Drive a GO GO!
Road to Plitvice Lakes National Park - Route E71 -

■タイ
万事休す・・・
喜びもつかの間・・・
猟銃の少年
やってきた男たち
from Muddy HELL to Forest HEAVEN
by travelster | 2015-10-31 15:02 |  ├Italy | Comments(10)
イタリア地中海沿岸にあるカラフルな漁村『リオマッジョーレ』へ・・・
2015年の夏はミラノ IN&OUT で、レンタカーを借りて北イタリアを6日間ドライブ周遊してきました。
海⇒山⇒湖⇒街と走り繋いでざっと1,000kmのロングドライブです。

まずは海へ!


b0108109_1017432.jpg
ミラノ郊外

早朝のミラノ市街地でも100km/hでぶっ飛ばしていたタクシードライバー
否応無くイタリアに着いたと実感する瞬間だ。。。



■大ちょんぼ。。。
それは地上から33,000フィート、ミラノ行きの飛行機の中で気がついた。
到着する空港(リナーテ@ミラノ)とレンタカーをピックアップ予約した空港(マルペンサ@ミラノ)が違っていた事に。。。(@@;;;
例えれば、レンタカーピックアップを成田で予約して飛行機は羽田に到着!みたいな。

「うわ〜〜〜っっっっ、なんで今まで気づかなかったんやろ。。。」
違っていた事を悔いても解決しないのでなんとか気持を切り替えて、着陸後の段取りを考えていた。

リナーテ空港@ミラノ到着へはほぼ定刻の22時過ぎだった。
人もまばらな空港の中を急いでレンタカーカウンターに向かった。
だめもとで配車変更を懇願したがさらっとNG。。。
(↑この辺りの対応の違いが逆にインバウンド(訪日旅行者)が日本に来て対応が親切って思うトコロなのかも!)

こんな時間にここから60キロ以上もあるマルペンサ空港に移動するにも手段なし。。。
手段があってもバスで一時間あまり、タクシーで一時間足らずかかるし、着いても店は閉まっているもんなぁ〜

結局のところ空港で一夜を明かし、翌朝早くにタクシーで(←バスの運行開始なんて待ってられない。。。)マルペンサ空港に移動(上の画像)&朝イチでレンタカーを無事(?!)ピックアップした。
本当なら夜の間にジェノバまで移動してしまって、お昼までジェノバ街歩きする予定だったが寄らずにスキップして、
カラフルな漁村が点在する海岸『チンクエ・テッレ』へと向かうことにした。

b0108109_11103943.jpg
この牽引タイプのキャンパーを時々見かけた。


イタリアの高速道路交通事情はというと、
・高速でもレーンの幅が狭い。
・路肩スペースが狭い。
・待避スペース(SOSと書かれてある)の長さも短い。
・最も左車線の追い越し車線で130〜150km/h、
・真ん中&右車線の走行車線で100〜120km/h程度。
・追い越し後の戻り車線変更はウインカー出さない。(変更前も後も)
・だけど追い越し前は左ウィンカーで合図。(あおる)
・譲るのが遅れると抜きざまにお礼に軽く幅寄せをされる。(お約束)


でも日本の高速ように延々80km/hで追い越し車線走ってるようなクルマは本当に居ない。
待避スペースから本線に入るときは気合いを入れて加速が必要!トンネル内の待避スペースだと交通量多いと緊張マックスなのだ。
だけどある意味イタリアの方が日本より運転マナーはいいと思う。スピード早い分、常に気が張るけど。(笑

11年前の南イタリアドライブの感覚を思い出した。。。
Road to East Coast #2(Click!)


■熱烈歓迎ランチタイム
ミラノとチンクェテッレの間、ジェノバの20kmあまり東、地中海沿岸に開けた小さなレッコという町にヴィットリアというリストランテがある。
僕の自宅近所に友達ご夫婦で営んでるイタリアンレストランのシェフが若い頃に修行をしていたリストランテなのだ。

b0108109_11591730.jpg
Google Map(Click!)



b0108109_1111158.jpg



旅行前、イタリア旅のことを友達に話したら「もし行けたら渡して来て〜」と親書(?!)を預かっていて持って来ていた。
朝9時過ぎにマルペンサ空港@ミラノを出発して、iPhone+GoogleMap頼りにレッコに辿り着いたのがちょうどランチタイムどきの12時過ぎ。。。
旅のルートから全く遠回りする事なく。。。きっちり辿り着いた〜!


お店の前の道はお約束の数珠つなぎの路駐。
猫の額のように狭いスペースを見つけて無事縦列駐車完了。
わかっちゃいるけど駐車スペース探し、イタリアでは苦労する!


お店について早速、預かっていた手紙を渡した。(ナイショのサプライズ)
「おぉ〜〜〜」
「◎#($)%”*+#!!!」

と、席に通されるでも無く、広いフロアを抜けて天井の広〜〜い厨房に招かれ熱烈歓迎♪

b0108109_1148538.jpg



b0108109_1148216.jpg
瀟酒な店内に1組だけお客さんが居た。
12時半も回っているけど日本に比べてランチタイムの時間がおそいのだ。


b0108109_1272563.jpg
ここの名物巨大フォカッチャ!

4切れほど切り分けてもらって。。。

b0108109_1275243.jpg
ショートパスタ(Troffie)、フォカッチャとか地元で獲れた魚。。。
旨かったなぁ〜クルマじゃなかったらワイン飲みたかった!
初日のランチからリッチにいってます^^
これでもおなか一杯〜!!

b0108109_11484184.jpg
同じフロアの別スペース。
こじんまりした入口なのに中は広い♪♪


b0108109_12331736.jpg


1時を回ってからも家族連れが続々と入って来て忙しそうだった!
ともかく、ともかく、店のオープン時間に着いて、預かった手紙をちゃんと渡せて、おススメの料理も頂いて、良かった!
ミッション無事完了〜〜っ♪♪

b0108109_13304656.jpg
借りたクルマ。店の前にて。



■イタリアのカラフルな漁村、リオマッジョーレへ
ゆったりとランチの時間を過ごした後はもうひとっぱしり!
景色より時間優先で、地中海沿岸から1つ内陸の山の斜面に沿って流れる E80 でチンクエ・テッレに向かう。
無料とは言え高速道路なのでとても走りやすい。
サーキットのような高いガードレールに阻まれてあまり横の景色は見えないけど時々、海辺にオレンジ色の屋根がぎゅっと密集して建っているのがチラッチラッと見える。
のんびり80km/hで走りたいところだけど、走行車線でも100km/hで流れているのでいい感じで距離が延びる。


b0108109_1439423.jpg
Google Map(Click!)



b0108109_1337199.jpg



b0108109_13382830.jpg
チンクエ・テッレの東の玄関口の街
ラ・スペツィア

日本で借りてきたiPadが重いのでiPhoneでナビ♪
(このiPhoneのナビも翌日から使えなくなった)



b0108109_12365917.jpg
きた〜〜〜〜!
リオマッジョーレ!




b0108109_12364632.jpg
リオマッジョーレの集落を見下ろす。。。
断崖にトレッキングルートが見える。
観光船が寄港している。



5つの村を総称してチンクエ・テッレと呼ばれる海岸エリアのうちの1つの村、「リオマッジョーレ」にいよいよ着いた♪



★チンクエ・テッレ★
イタリア北西部のリグーリア海岸にある5つの村を指す。険しい海岸に色とりどりの家屋が並ぶ文化的景観によって知られており、ポルトヴェーネレや小島群などと共にユネスコの世界遺産に登録されている。また、チンクエ・テッレはワインの産地としても知られる。
チンクエ・テッレ」は、イタリア語で「5つの土地」という意味を持ち、"5 Terre" と表記されることもある。リグーリア州ラ・スペツィア市の西方に所在する、地中海(リグリア海)に面した次の5つの集落の総称である。

モンテロッソ・アル・マーレ (Monterosso al Mare) - 西北端
ヴェルナッツァ (Vernazza)
コルニリア (Corniglia)
マナローラ (Manarola)
リオマッジョーレ (Riomaggiore) - 東南端

5つの集落のうち最大の人口を有するのは東南端のリオマッジョーレで、ラ・スペツィアから西へ7km、州都ジェノヴァから東南東へ72kmの距離にある。西北端のモンテロッソ・アル・マーレとの間は直線距離にして約8km隔たっている。
ウィキペディアより(Click!)


2015.08.08 Recco & Riomaggiore, Italy


■北イタリア旅  I N D E X

《海編》

2015夏旅 - イタリア北部
イタリア地中海沿岸にあるカラフルな漁村『リオマッジョーレ』へ・・・
夕暮れのリオマッジョーレ - Riomaggiore at dusk -
イタリアのビーチリゾート「モンテロッソ・アル・マーレ」 - Monterosso al Mare -
パステルカラーの競演!ヴェルナッツァの街 - Vernazza -
麗しのマナローラ - Manarola -

《山編》
Go North !!! - Mediterranean to Alps
I ♥ Sportster
豪華絢爛♪ Classic! Historic! Collectors various rounded cars!!
絶景!欧州屈指のヘアピンロード。アルプスのステルヴィオ峠へ行ってみた♪ - The Stelvio Pass #1 -
ちょこっとスイスを走る♪ - The Stelvio Pass #2 -

《湖編》
怱卒な夜 - Varenna -

《街編》
Milan#1
Milan#2
by travelster | 2015-08-23 21:53 |  ├Italy | Comments(10)
エキサイティングなアトラクション!ジープ・ツアーでトンレサップ湖へ - Kampong Khleang -
カンボジア出国前日、滞在最終日の朝。。。
宿泊先ゲストハウスのフロントに置いてあったフライヤーにジープ・ツアーを見つけた。


b0108109_18171792.jpg


「ジープかぁ。。。面白そう〜〜」
「日帰りツアーもあるなぁ〜フムフム。。。」


はるばる片道250kmほどの道のりをスーパーカブに乗っけてもらって走れたし、

マウンテンバイクを借りてシェムリアップ近郊の遺跡もサイクリング出来たし、

乗り物系はまぁまぁ満足だったけど、ジープツアーはそそられてしまった。

カンボジア+ジープなんてイメージ合い過ぎと思うのは自分だけ?!

当日の朝に申し込みなんて無理だろう。。。と思いつつ、
ダメもとで問い合わせてみたらなんとオッケーの返事!(ガッツポーズ)

シェムリアップ発着の日帰りジープツアーの内容は、

・シェムリアップ近くの集落で自転車を借りてポタリング。
・トンレサップ湖のフローティングビレッジへのドライブ。(SiemReap←50Km→Kâmpóng Khleang)
・フローティングビレッジの民家でのランチ
・舟でトンレサップ湖をクルージング

半時間後にはゲストハウスの前で拾ってもらえた。
同乗者はドライバー、ツアーガイド、北京在住カップルに僕の5人。
ツアーガイドは小柄な女性だったのでカップルと一緒に後部座席へ、僕が助手席に、
ってことでドアもないオープンエアの開放感を感じながらカンボジアの野趣溢れる田舎道を走り出した。


b0108109_18184565.jpg


カンボジアの風景はどこも緑に溢れている。

幹線道路以外は未舗装の赤土でまっすぐだ。



b0108109_18191463.jpg


いつからか海外行くと、タクシーに乗っていてもバスに乗っていても無意識のうちに

自分が運転している感覚をシミュレートしながら景色を眺めている。

標識とか、交差点の譲り方とか、間合いとか、抜き方とか。。。

でもカンボジアではそう言う心配は皆無に等しく、逆に

b0108109_18194876.jpg


「どんなに詳しい地図があってもカンボジアの小道は走れんなぁ。。。」
と思った。

なんせ標識はよほど大きな交差点じゃないと設置されていないから地名が全く分らない。

そもそも地名なんて無いのかも。セルフドライブならここがどこなのかも分らないしねぇ。。。


b0108109_18202165.jpg


モバイル端末で全世界の地図が見れるようになった今、

辺境であろうと山であろうとネットワークが繋がったら最強だ。

即座に正確な現在位置を教えてくれて地図上にそこを示してくれる。

移動する上でGPSさえあれば地名や地形の必要性が全く無くなるって話。

RandMcNallyやMichelin地図の眺めのいいお勧めルート情報があれば尚良し!


b0108109_1820528.jpg
CAMBODIAJEEP.COM

”カンボジア”って国名がワイルドな上に”ジープ”が続いてなんともワイルドなURL^^

それにこのオリーブグリーンがカンボジアの風景に溶け込んでいて、ナイス♪♪

屋根をこの色にしている家も多くってとてもとてもかっちょよかったのだ。


b0108109_18212013.jpg


ちょっとジープから降りて、

ママチャリで一時間ほどポタリング。

ガイドも居るから、なぁ〜〜んの心配も無く、

ぷらぷらと付いて行くだけでいいからあ〜〜楽チン^^


b0108109_18214836.jpg


この懐かしい感じ。。。

童心に帰りました。。。


b0108109_18222122.jpg


屋内型スーパーなんて施設は無く、

全ての買い物はフリマスタイルな市場で^^



b0108109_18224638.jpg


カンボジアにいるとタイの奥地やベトナムでさえ、

インフラが整ってるんだと感じてしまう。

訪れて初めて実感する事柄のひとつ。

教科書やテレビでは解らない。

「百聞は一見にしかず」

と実感するのだ。

b0108109_2331895.jpg


中央がトンレサップ湖。雨季になると緑の濃い部分まで湖が膨張する。その差5倍!

水深は実に1mから9mまで変動する。インドシナ半島の浅ぁ〜〜い水たまり。

雨季は本流のメコン川が逆流し洪水になることなくこの湖に流れ込む。


b0108109_231738100.png
Kampong Khleang

今日のドライブルート。

シェムリアップから国道を東進し、

ダムデック(Dam-dek)という集落を過ぎて、

すぐ右に折れればフローティングビレッジへは一本道だ。

そこからは舟に乗り換えてトンレサップ湖まで連れて行ってくれた。


b0108109_18231387.jpg


ダムデックを過ぎて右に折れるとセンターラインの無い道。

こんな道が数キロ、湖の近くまで続く。


b0108109_18233937.jpg







b0108109_18241011.jpg







b0108109_18245423.jpg


道の両側は水の引いた沼地が延々と続いている。

雨季になればこの辺りまで湖になる。


b0108109_18252195.jpg


水平線?地平線?

さらに湖の方へ向かう。

この辺りまで来ると、家屋のほとんどが高床式になっている。



b0108109_18255670.jpg


家屋は道路沿いに並んでいる部分だけで、

家の裏は両側とも雨季には湖になる。

この道は浸食されないのかなー?


b0108109_18262616.jpg


なんと言うか、観光客向けどころかお店の類いは皆無で、

色んな意味で素っ気なくってまだまだこれからの国。

遺跡とか戦渦ばかりがクローズアップされるけど、

雨季と乾季による大きな気候変動がもたらす

景観とそこの人の生活も魅力だと感じた。


b0108109_18272731.jpg


日本人だと当たり前に思う日本の山並みとか渓流が、

外国人にはとても神秘的だったり面白いと感じる様に、

トンレサップ湖に暮らす人達には当たり前の生活も、

季節で大きく変貌する環境に圧倒されてしまうのだ。


b0108109_18289100.jpg


ようやくカンポン・クレアンの水上の村に到着♪

雨季になるとこのメインストリートも


b0108109_18284022.jpg


この一帯も全てトンレサップ湖の一部になる。

どんだけの雨量、流域面積なんだって思ってしまいます。

見ようによってはなんの変哲も見所も無いただの貧しい村かもしれない。けど、

そんなダイナミックな自然現象と対峙して暮らしている知恵と営みに感動してしまうワケです。


b0108109_18291213.jpg


この舟が雨季になればまさしく生活の足。これがないとどこにも行けなくなってしまう。

100万人居ると言われる水上生活者。実に香川県の人口(2014)とほぼ同じ!

アラル海の様に干上がってしまったら、それこそ国家の危機かもしれない。

これは冗談ではなくって現実的な話。状況はアラル海と違っているけど、

本流のメコン川上流は中国領土に端を発しているからやっかいな事。

(相手が相手なので容易に想像がついてしまいます)

改めてメコン川の流域を地図で見てみれば、結構長いです。


b0108109_13513382.jpg
画像はMRC(Mekong River Commission)サイトより

上流のダム建設でメコン川(ひいてはトンレサップ川)の流量減少、漁業問題、農業問題、

それに上流の人間活動により垂れ流される汚水による水質問題。。。

日本ではほとんどニュースにならないけど大問題です。これ。

そう考えると河川が同一国内の日本は恵まれてる。


閑話休題。。。


ようやくトンレサップ湖に出て来た。

b0108109_18294324.jpg


ここの暮らしは100%この湖の恵みで成り立っていて、

その恵みも複雑な環境と条件の上でのことってこと。

そんな事を考えるとやっぱり日本って恵まれてる。


b0108109_18301364.jpg


短いようで結構充実した一週間のカンボジア旅。。。

大地をバイクで走り続け、自転車で遺跡を探索し、

ジープと舟でトンレサップの営みを垣間みて。。。


ホント乗りもの好き過ぎ!^^


次は雨季のマングローブをカヌーで!かな(笑

(完)


2014.5.1 Siem Reap, Siem Reap Province, Cambodia


《 カンボジアの旅記事一覧 》
【Summary】Golden Week 2014
【Cambodia#1】後部座席が指定席!
【Cambodia#2】爽やかすぎるカンボジアの田舎道を行く
【Cambodia#3】カンボジアのマチュピチュ プレアヴィヒアから眼下を望む - Preah Vihear Temple -
【Cambodia#4】プレアヴィヒア遺跡にて - Preah Vihear Temple -
【Cambodia#5】夕呑み夕涼み。。。
【Cambodia#6】Go back to Siem Reap
【Cambodia#7】密林の奥にたたずむコーケー遺跡に登った - Koh Ker -
【Cambodia#8】究極の廃墟?!ベンメリア遺跡 - Beng Mealea -
【Cambodia#9】湖の水かさが10m増減する集落へ行く - Kampong Phluk -
【Cambodia#10】アンコールワット - Angkor wat -
【Cambodia#11】シェムリアップにタイムズスクエア?! - Pub Street -
【Cambodia#12】自転車で巡ったアンコールワット遺跡群 - Angkor ruins -
【Cambodia#13】Siem Reap Snap Shots
【Cambodia#14】エキサイティングなアトラクション!ジープ・ツアーでトンレサップ湖へ - Kampong Khleang -

帰り道にて。。。
by travelster | 2015-01-31 14:42 |  ├Cambodia | Comments(4)
夏旅2014

前夜、仕事を終えて帰宅後クルマにキャンプ道具を詰め込んだ。山登りのトレッキング一式も。
もう大体持って行くものは決まってるから15分もあれば積み込み完了♪

バイクだとギリギリまで持ち物減らして、
キッチリとダッフルバッグにパッキングして、
キャリアに積む作業がクルマだと不要なので楽!

初日(8/8金)と4日後(8/12火)の宿泊先だけ決めていてあとは全くのフリーにした。
鈍足台風のハーロンが九州四国沖をうろついている。土曜&日曜あたりがヤバそう。。。
台風の進路を見ながら行き先を決めて行こうと思う。




/// Day 1st ///

4時目覚め。早朝5時過ぎ出発♪



b0108109_7593754.jpg
台風一過のような爽やかな空。

午前中は所用を済ませて、午後からレッツゴー♪



b0108109_80742.jpg
琵琶湖東岸



地図で見たら通ろうと思わないような細い道に緑のトンネルがある。
琵琶湖の長い湖岸道路でもこんなふうに木々に覆われているのはココだけ。
この先の小さな港から日本で唯一、淡水湖に人が住む島、『沖島』への船が出ている。
世界的に見ても淡水湖の島に人が住んでるって珍しいそうだ。
日帰りでもいいバイクで行きたい沖島。



b0108109_1332931.jpg
夕暮れ迫る。

関ヶ原を越えて滋賀から岐阜へ入る。日も暮れて。。。

岐阜の友人にピックアップしてもらって、長良川へ。。。


b0108109_13521347.jpg

長良川の鵜飼い初体験♪

風雨が強かったけど、風情があります。


岐阜と言えば長良川。。。
長良川と言えば鵜飼い。。。


台風が西日本に迫り、風雨が激しさを増し、
中止かな?と気を揉んでいたけど無事見れた。

舟に乗りながら遠巻きに並走する舟の鵜飼いを眺めた後、岸に戻り、
着岸していた舟のそばまで寄れたのでザザ降りの雨中、
漁り火に照らされた鵜匠と鵜との格闘?!を
間近で見れたのは幸運。

今宵はそのまま友人宅にお邪魔して夕食も呼ばれてお酒も頂き。。。
いい夜でした♪♪

/// Day 2nd ///

翌日、岐阜から信州の玄関口、

飛騨の小京都「高山」へ。

b0108109_1465830.jpg







b0108109_14192973.jpg


高山から平湯へ向かうこの上りを走ってるとようやく、

信州へ来たって実感が湧いてきます。

ここからが長い。。。長野県!


b0108109_142111.jpg
何度通ったか知れない。岐阜と長野県境の安房峠。



乗用車同士でも離合困難なこの峠道を観光バスも通ってたから、
安房トンネルが出来るまでは夜中ですらひどい大渋滞を起こしていた。
トンネルが出来た今は交通量が激減したのでよほど急がない限り峠道を走ります。

狭い日本そんなに急いでどこへ行く?!です。

台風がノロノロで天気が回復しないので松本で投宿となりました。
暑いと思ってタンクトップばかり持って来てしまったので服を買う。
電線を地中化してたり色んな路面店が並んでいて落ち着いた町並み。



b0108109_142543.jpg


夜が更けて風雨が強くなってきた。。。



/// Day 3rd ///


b0108109_14281423.jpg


西日本に上陸間近の頃、

中部地方では小雨のぱらつく程度で霧多めの過ごしやすい日だった。



b0108109_14294471.jpg

出控えているのか、

ビーナスラインもがっらがら。

標高1,500m辺りはガスってるものの、

風もおだやかで、視界良好。

下るとまたシトシト雨。


b0108109_14313134.jpg







b0108109_14315677.jpg
美ヶ原の白樺平






b0108109_14321978.jpg



さらに進路を北にとる。

長野県も北部エリアに入ると

千曲川沿いはスキー場や果樹園が広がっていて




b0108109_14325842.jpg


のどか。。。





b0108109_14384065.jpg


人の居ない野沢温泉街。

街はまるまる貸し切り状態。

野沢にきたら外湯めぐりやろ〜!

ってことで二湯ほど浸かりました。。。



b0108109_14392123.jpg
大湯。

熱湯とぬる湯の2種類。ぬる湯でも熱過ぎで。。。

脱衣場と洗い場と湯船が一緒なのが野沢温泉です。



b0108109_14402461.jpg


大湯を上がって。。。

相変わらず誰も歩いてません。



b0108109_14495871.jpg


松葉の湯。ここの湯温は少し低め。

大湯と数十mしか離れてないにもかかわらず

源泉が違うのでお湯の色も全然違ってて不思議です。

/// Day 4th ///


泊まった宿のフロントにトリップアドバイザーの証書が貼られていた。
女将さん曰く、以前の予約は(冬以外は)慰安旅行が殆どだったけど、いまはそんな予約はほとんど無く代わりに外国人観光客が増えて来ているそうだ。
メジャーな観光地に激増中の中国人や韓国人ではなく野沢温泉ではここ数年、欧米系の個人旅行者たちが増えて来ている。
バカンスで旅慣れてるだけあって目の付け所が違います。


出発前から予約して出かける日本スタイルではなく海外では普通の泊まり歩き的なスタイルに女将さんは
「今はそうなんですねぇ〜〜」
「私は(英語で)応対出来ないので三代目の息子夫婦が…」

と言われていた。僕もココに決めたのはほんの数時間前。。。


JRの駅にある時刻表をひっくりがえして宿に電話をかけまくって予約取り付けてたのが懐かしい。
「そんな広告も今は全く出さなりましたよぉ〜」と、女将さん。


以前は330軒あった宿が今は270軒まで減ったそうだ。高齢化で続けれないのが原因。
このまますたれてしまうのはもったいない。よくも悪くも野沢は昔のままの町並み。
初めての信州スキーは野沢温泉だったから思い入れは深いです。
今度は久々に冬にも来てみたい。牛首コース滑ってみたい。


b0108109_14525898.jpg
はぃ〜〜

さらに進路を北へ。。。

もう新潟はすぐそこ。


b0108109_20445711.jpg


台風はいずこへ?!




b0108109_2045281.jpg



千曲川を渡って細い細い三桁国道にスイッチする。国道403号。




b0108109_20455460.jpg



道はクネクネで狭路の国道だったけど、

田んぼの感じとか、建物の色合いとか

地形とか、いろんな要素がカンペキで

ザ・里山!って集落が次々と続いてた。

朝夕ならフォトジェニックに違いない。


b0108109_2046214.jpg







b0108109_2047817.jpg




そして日本海〜来た〜



b0108109_20522377.jpg


北陸道に乗って能登半島西海岸までひとっ走り!

台風も去ったらしいので、今宵は能登半島西海岸のビーチでキャンプにする。



b0108109_20534551.jpg


日没に間にあった。超有名な輪島の白米千枚田。

面積は狭いけど海に落ちて行く田んぼが絶景かな。



b0108109_2055320.jpg



夕陽が海と稲を照らしてた。

台風の風がそよそよと涼しい。



b0108109_20573894.jpg







b0108109_2123664.jpg







b0108109_213350.jpg




/// Day 5th ///



b0108109_2142575.jpg


目の前が海で最高のロケーション!!

お盆だからかクルマのナンバーも

首都圏、東海地方、関西。。。

とバラエティー豊か。



b0108109_2152852.jpg


キャンプ場近くの輪島朝市。



b0108109_2161176.jpg


おばあちゃん同士の会話が日本語じゃない。。。外国語レベル。


b0108109_2164951.jpg







b0108109_2171963.jpg







b0108109_2174930.jpg


ヤセの断崖

柵も何もないのでスリリング。



b0108109_2183342.jpg







b0108109_2185525.jpg





ここはバリ島?フロリダ?


b0108109_219306.jpg
なぎさドライブウェイ

日本離れした雰囲気の広々としたビーチは、

固い砂浜で、クルマ乗り入れ可能です。

波打ち際でBBQしてるカップルが1組。

気持良さそうだけどNGじゃないかな?



b0108109_2110315.jpg





そのまま下って最後の夜は金沢。

b0108109_21124068.jpg


初めて行った香林坊に片町エリア。

こんなショッピングエリアと繁華街あるのは知らなかった。。。

/// Day 6th ///


b0108109_21103972.jpg


ひがし茶屋街



b0108109_2111839.jpg


早朝で茶屋街ものーんびり。。。



b0108109_21121088.jpg


レイトチェックアウトをフル活用して、

午後から一気に大阪へ帰ります。



b0108109_21133643.jpg







b0108109_21135889.jpg

I'm home...

トータル走行距離1,700km。



b0108109_21171681.png




初日(大阪→岐阜)と最終日(金沢→大阪)は距離延びてるけど、間の4日間は比較的のんびりとしたもの。
晴れて上高地のトレッキング入れてたらまた違う旅になってたと思う。

持って行ったカメラは iPhone と CyberShot RX-100, Pentax K-5 を。。。

引き延ばすと甘々な iPhone。
でも使い勝手良いので一番出番多い。記録には最強だ。


2014.08.08 - 2014.08.13 Osaka - Shiga - Gifu - Nagano - Niigata - Toyama - Ishikawa - Fukui, Japan
by travelster | 2014-08-15 00:26 |  ├中部 - Chubu | Comments(8)
a long loooooong day in autumn.


b0108109_17291572.jpg

大阪の大動脈『中央環状』。

上はモノレール。

b0108109_17294094.jpg

有馬温泉を抜け、スーパー銭湯で3時間ほどまったりしたあと、

R176(通称イナロク)で一路北へ。。。

b0108109_1730294.jpg

盆地の丹波篠山あたりは霧が立ちこめていました。

b0108109_17305623.jpg

にわかにブームの日本のマチュピチュ『竹田城跡』に寄ってみます。

真っ暗闇の日の出1時間前の5時頃に天守閣到着。相当寒いぞぉ〜〜!

先着組の隣に居た大学生とおぼしきカップルは3時に来ましたって。気合い入ってる〜!

東の山から日が射してきてショーの始まり始まり〜〜〜

b0108109_21435014.jpg



b0108109_2144044.jpg



b0108109_21441145.jpg



b0108109_21442015.jpg



b0108109_21442968.jpg



b0108109_21443942.jpg



b0108109_2144538.jpg

明るくなるにつれて徐々にその姿を現す様は一見の価値がありました〜〜!

この景色を堪能出来て入場料300円は安いと思います。

また行きたい!と思っていたけどなんと、




2013年11月20日付のニュースでは男性転落事故で竹田城跡本丸立ち入り禁止になったそうです。

朝来市和田山町竹田の国史跡・竹田城跡で石垣から転落した男性が重傷を負った事故を受けて、市は20日、本丸への立ち入りを禁止し、荒れた通路の応急補修の準備を始めた。以前から転落の危険が指摘されている石垣べりは、内側約2メートルにロープを張り近づけなくする規制に近く踏み切る。

落ちた男性は子供に道を譲ろうとして足を滑らせたそうです。

アメリカの国立公園なんてあれほど険しい地形にも関わらず何にもありません。
柵なんて無粋なモノはなく石が並べてあったりペイントで示されています。
ビジターセンターで事細かに警告文(WARNING)が掲げられています。
それを読んだうえで行くか行かないかは全て自己責任です。

なんで入り口できっちり警告の看板を掲げることもせず規制しようとするのかなぁ。
注意を喚起した上で自己責任で歩いてもらえばいいのではと思うのですが。
国内ではなにかにつけ対応の仕方が違ってる気がしてなりません。

b0108109_17321297.jpg

粋なモーテルやなぁ。。。

と思いきやラブホテルでした。

合衆国にはこんなモーテルが多いですね。

日本でもこの手の施設がもっと増えたらいいのに。

アメリカを真似なくても日本らしく『旅籠』風に。がいい。

b0108109_17322980.jpg

夕日が浦浜にいい波が立っていました。

b0108109_1733542.jpg

西方面。兵庫県の海岸線を望んで。

b0108109_17332210.jpg

この辺りから丹後半島。時計回りに回ります。

b0108109_17334527.jpg

なかなか自然豊かです♪

去年の佐渡を思い出しました。

b0108109_17342057.jpg

丹後半島に入るとひなびた集落が続きます。

南の端が奈良県に接している京都府も北側は日本海に面していて南北に長い!

b0108109_17344966.jpg

NHK連続テレビ小説「ええにょぼ」(93年)の舞台にもなった伊根の集落。

200軒を超す舟屋群は重要伝統建造物群保存地区選定地になっています。

b0108109_17352352.jpg



b0108109_17354077.jpg



b0108109_1736961.jpg



b0108109_17363120.jpg



b0108109_17445655.jpg



b0108109_1737156.jpg



b0108109_17372345.jpg



b0108109_17374120.jpg



b0108109_17383742.jpg



b0108109_1739443.jpg



b0108109_17393089.jpg

綾部からR173(通称イナサン)にスイッチ。

往きのイナロクよりイナサンの方が風景が良くハイペース♪

b0108109_1740840.jpg



b0108109_17404779.jpg

オール下道で400kmほど。

24時間プチドライブでした。

お疲れさまぁ〜〜!

b0108109_1841051.png



竹田城はSonyCyberShot DSC-RX100
それ以外はiPhone

2013.11.13-14 Kyoto-Pref, JAPAN
by travelster | 2013-11-21 23:27 |  ├関西 - Kansai | Comments(12)
日本一のシルエット。富士山。
b0108109_13325684.jpg
Mt Fuji from Lake Kawaguchi-ko





b0108109_1333152.jpg
Mana House (Annex) #1
at Lake Yamanaka-ko




b0108109_13333184.jpg
Mana House (Annex) #2
at Lake Yamanaka-ko




記録的な(毎年言ってる気がするけど今年はホント暑すぎ!)猛暑&晴天がずっと続いていた2013の夏。
そんな8月最後の週末は、富士山麓を時計回りにぐるっと走ってきました。
なのに狙い打たれたかの様にその週末は雨でした。


厚い雨雲が覆う東海&関東地方のこの日は「富士山ってどこ??」状態でした。
裾野が雲に覆われて頂上だけ見えてたり、その逆だったり。。。刻一刻と変わる雲間の変化に一喜一憂です。
そんな富士山が全景をあらわしたのは寒々しささえ漂う本栖湖を過ぎて、河口湖畔を走っていたときのほんの僅かな時間。。。
富士山を見るにはベストな河口湖北岸でラッキーでした。これで十分!!!


富士山のピークハントは中学生時分の夏と三十を越えた頃の夏の二回。今で言う弾丸登山です。
また登りたいけど、あの登山渋滞を見るとちょっと躊躇してしまいます。
個人的には富士山は登るより下から眺める方が絶対イイ!と思ってます。


投宿した宿がある山中湖畔まで来た頃には、再び富士山は雲隠れして雨も降り出してきました。
自分が外国人でやっとこさの思いで日本に来て、富士山を見にきてこの天気だったら相当ショックかも。。。


しかし、あの稜線は何度見ても圧倒されます。
鹿児島は桜島の御岳、北海道の羊蹄山も良いけどやはり富士山は大親分の存在感があります。
独立峰では世界で一番美しい山だと思います。



2013.8.25 Yamanashi-Pref, JAPAN
by travelster | 2013-08-26 06:13 |  ├関東 - Kanto | Comments(8)