人気ブログランキング |
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
<   2019年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
朝靄残るチウィディバレーの景色を眺めて観光化について思ったこと - Ciwidey Valley, West Java, Indonesia

Ciwidey Valley

b0108109_18471064.jpg


b0108109_18474845.jpeg



b0108109_19200603.jpg

ホテルを出たらこの景色が飛び込んできた!
朝陽が差す田園と朝靄の残る景色が眩しい!!
クルマからカメラを引っ張り出し夢中でシャッターを切った。

ここはバンドンの南西40kmほどのところにあるジャワ島のリゾート『チウィディ』
丘陵地帯の起伏に沿って棚田や茶畑が広がり、ホテルやバンガロータイプのコテージではなく、
キャンピングスタイルのグランピングサイトが流行り。
(Ciwidey Glamping でググってみてください♪)

欧米や日本のグランピングサイトと少し趣がちがっているのはターゲットがファミリー層であること。
たいてい、乗り物や遊戯施設などのアトラクションが併設されていて、子供にとっては天国のような場所だ。
それにしてもバンドンに来てから、まだ欧米人はおろか外国人観光客を見かけない。

インドシナ半島の東南アジア諸国(タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマー)あたりだと、
どんな僻地でも欧米人バックパッカーであふれかえっていて彼ら向けに観光化されているけれどジャワ島中西部のこの辺りは、
現地発着のツアーを取り扱った旅行代理店もないし中長距離のバスもインバウンド向けレンタカーもなく(予約のやり取りはWeChatでインドネシア語だった)、
特産品を扱った土産物屋もなければカフェやレストランもない。
インバウンド向けの観光化はまだこれからといったところ。
そういう意味では日本もようやくここ数年で都市圏以外の地方の受け入れが整い始めた感がある。
(観光化=自然を資源にしたアクティビティやコト消費の商品化)

この丘陵やライステラスの中を茶摘みを体験したり日帰りや1泊でトレッキングしたりポタリングしたりテント生活できたらきっと楽しいはず。
朝靄の残るチウィディの景色を見てここはその可能性を秘めている場所だと感じた。

欧米人って遊びのギアを考えついたり、ショッピングではない体験型サービスをビジネスにするのが得意だ。
あの着眼点と発想とセンスは羨ましい。

《カメラ》
左下にウォーターマークが入っているのがXiaomi Mi 8。入っていないのがFUJIFILM X-T1で撮影。

2019.5.3 Ciwidey valley, Bandung, Indonesia


by travelster | 2019-06-16 02:36 |  ├Indonesia | Trackback(12) | Comments(2)
茶畑と棚田と渋滞と。。。ジャワ島の避暑地、バンドン北部ドライブ - Lembung, West Java, Indonesia

バンドンから20kmほど北上するとレンバンという高原の大きな街がある。
インドネシア人の避暑地のバンドンよりもさらに高地のため涼しくて過ごしやすい。

バンドンからレンバンは日帰りでちょうど良い距離なので、
レンバンのさらに北に広がるティーガーデンを目指してクルマを走らせた。

レンバンまで断続的な渋滞が続いた。

レンバンは大きな街で、そこから北へ抜ける道が少し分かりづらかったが、タンクバンプラフという有名な火山の観光地があり、
看板に書かれているタンクバンプラフを目指しごにょごにょあっちかこっちかきょろきょろしながらレンバンの街を抜ける。


b0108109_12305843.jpg


渋滞、渋滞、渋滞、レンバンを抜けても片側1車線の道路は渋滞が続いた。
そしてようやく渋滞に終止符。。。渋滞の先頭は???

原因は、バスターミナルから観光バスの入庫&出庫で道路がふさがれていたためだった!
観光バスの駐車場にしては狭すぎて道路まで出て何度も切り替えしてるもんだからそりゃ渋滞するよ〜〜

交通事情がカオスな状態が放置されているのはここに限らずで。。。
インドネシアの深刻な社会問題だわ。


そして、観光バスのパーキングを越すと道路はがらっがら!(今度は逆に対向車線は大渋滞。。。)


↓↓帰路の時の同じ場所の様子↓↓




高度を上げていくと、空気が澄みわたり、気温はひんやりと下がり、朝霧の茶畑の風景が延々と続いた。

b0108109_10561778.jpeg

スクーターも快走〜♪


b0108109_11281570.png

郊外のレストランや土産物屋は、

こんな感じで沿道にときどきずらっと並んでいて、

大抵、見晴らしの良いところに建ってるので景色が見れないのだった。

b0108109_11261197.jpg

ランチしたレストランのテラスから見た反対側。。。

見晴らしはいいけど、建物がローカルすぎます。。。

トイレも汲み取り&手おけで洗う超ローカル仕様。。。

まだまだ観光発展途上なインドネシアなのであります♪

b0108109_11183485.jpeg


b0108109_11294165.jpeg


b0108109_11292368.jpg

うねる丘陵にびっしりと茶畑。

さらに北上すると高度が下がり、


b0108109_11253994.jpg

茶畑の風景はなくなり町に出てきたので来た道に折り返した。

レンバンまで戻り、そのまま南下すればバンドン。

そこを東に折れて山道を行くことにした。

観光ポイントもないただの山道。

そして絶景に出会えた♪

b0108109_11321424.jpeg


新潟の十日町の星峠の棚田を思い起こさせる。

星峠の棚田(過去記事) → 晩夏、北陸へ。。。オートバイ、棚田、きのこ狩り♪ 2015

b0108109_11191167.jpeg

渋滞の疲れも吹き飛び、田園風景に癒された。


b0108109_11214039.jpg


b0108109_11210801.jpg


b0108109_11325990.jpeg
運んでいるのはジャワティー?お米?

b0108109_11332599.jpeg

牧歌的な。。。

b0108109_10553961.jpeg

有名な観光地よりもこんな名もなき道をさまよい走るのが好きだ。

b0108109_11335932.jpeg


1.5車線の山深く細い道の木々の間から望む反対側の斜面には

インドネシアスタイルの家屋がびっしりと立ち並んでいた。

オレンジ色の瓦屋根はオランダ植民地時代の名残だろうか。

b0108109_11342297.jpeg


どことなく山国ニッポンの山村とイメージが重なる。

b0108109_11351481.jpeg

どのお宅も立派!

別荘地のよう。。。


b0108109_11354130.jpg


バンドンを東西に貫く幹線道路。

側道はお約束の渋滞。。

b0108109_11360535.jpg

町に入れば再びカオスな交通渋滞。。。


b0108109_11362770.jpg

大動脈のない毛細血管だけの身体のよう。

血の巡り悪すぎます。。。

高血圧状態。。。


b0108109_11363975.jpg


カオス状態の下道から想像できないがら空きのバンドン市内の有料道路。

バンドン市街をバイパスして今宵の宿まで下道を40km南下する。

この先、渋滞に遭っても今日中には余裕で辿り着けそうだ♪♪

b0108109_20092947.jpg

山道なもんだから真っ暗!

景色いいんだか悪いんだか。。。で、

ようやくたどり着いたホテル。でも管理人不在。

しばらく待っていると管理人がやってきて無事チェックイン。

b0108109_21050184.jpg

バスタブがあったから湯を溜めたら水になった。読みが甘かった。。。

再びクルマを走らせてバドン料理にありつく。やっぱり辛かった。。。

翌朝、ホテルの前から見渡す眺めが絶景!朝から心から癒された。。。


2019.5.2 Lembang, West Java, Indonesia.
by travelster | 2019-06-09 22:08 |  ├Indonesia | Trackback | Comments(4)