Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Vang Vieng Snips and Snaps
b0108109_1223326.jpg


年末年始をラオスで過ごした。
今回も懲りずに中国東方航空。2日かけてビエンチャン入りです。

★フライトスケジュール
《12/29》
MU516便 関空 02:10 PM → 上海 03:55 PM
MU748便 上海 09:00 PM → 昆明 00:55 AM (+1 day)
《12/30》
MU2589便 昆明 08:25 AM → ビエンチャン 09:15 AM
※昆明からビエンチャンまでたった50分なのに昆明の乗り継ぎが7時間半っていう使い勝手の悪さ。。。(笑



飛行機のチケットは夏前から抑えてはいたものの、宿はずっと気にしていなくって、
出発1週間前に booking.com を覗いてみたら、良さげな宿はどこも予約済み。


バックパッカーが多いとはいえ年末年始のハイシーズンだから皆、確保してるのか。。。ちょっと見通し甘かったかな?
「これは確保しておかないとーーー!」
あれこれ調べて、

《12/30》 
ヴァンヴィエン泊。
メインエリアから少し離れていて不便だった〜(しょうがない。。。)
《12/31&1/1》
ルアンパバーン泊。
メインエリアど真ん中の人気ゲストハウス。初のドミトリー!(うるさかったらどうしよう。。。)

以上、最初の3日間だけはなんとか出発前に予約完了♪
そこから先の行き先&宿は現地のラオスについてから決めることにしたのだった。



さて、2回の乗り継ぎでやっとのことでラオスのビエンチャンに到着。
ビエンチャンのワットタイ国際空港は想像していたよりずっとローカル感ある。
でも、昔の日本の空港もこれくらいだったかも! 今の空港はでかすぎるからねぇ。。。


そして、「暑い〜〜ぃ!」
今年の日本は厳しい寒さが続いていて服も着込んでいたので、どっと汗がふき出る。
空港のトイレに直行して、ショーツ&サンダル&半そでに着替えて、冬服をザックにしまいこんで。。。大わらわ!


すっかり軽装になったところで、
長距離バス乗り場までは、韓国からきた若い子たち4人と誘い合って、空港から出ている乗り合いバンで移動。
(後から気づいたけど、ヴィエンチャンは韓国人旅行客が多かった!町中でハングル語が氾濫していてびっくり!)


ビエンチャンからルアンパバーンまで1日では移動できなさそうだったので、
ビエンチャンには滞在せず、途中の町のヴァンヴィエンまでバスで移動した。
距離にして160km。約4時間の道のりだ。

160kmで4時間ってのんびりすぎない?
その理由がバスに乗ってみて理解できた!


b0108109_1233781.jpg
ヴァンヴィエン
何もないメインストリートの脇道。



ヴァンヴィエンは一晩だけだったのでゆっくり過ごすことができなかったけど、(ゆっくり過ごすこともできたけど、もっと北部の奥へ行ってみたかったので先を急いだのだ)
投宿した宿はメインエリアから1キロほど離れていて周りには何もなくて、雨も降ってるし「ホントに泊まるだけの処になりそうだなぁ。。。」
と、初日からテンションが下がり気味。。。


雨は本降りだけど部屋にいるのも退屈なので、マウンテンバイクと傘を借りてメインエリアまで向かった。
メインエリアには多くのアクティビティツアーの代理店が並んでるし、カフェも多く、とにかく賑やか。

「宿のあるエリアとは雲泥の差だ。。。」

雨を理由にマウンテンバイクを借りずに居たら、この賑わいを知らず終わっていたかも!



b0108109_124340.jpg
"SMILE BEACH BAR"
月夜の下の年越しパーティだって♪
行かなかったけどネ!





b0108109_1242389.jpg
お姉さん、狙い通りの入り具合(笑)
正面はサンドイッチ&フルーツジュース売店♪
ラオスのフランスパンもイケます♪






b0108109_1295925.jpg
川沿いの通りはこんな雑貨屋やレストランがひしめき合っている♪
う〜ん、宿のロケーション、ミスったなぁ!






b0108109_1811262.jpg






b0108109_1261276.jpg







b0108109_18125734.jpg







b0108109_1817178.jpg








b0108109_1758912.jpg



ヴァンヴィエンからルアンパバーンまではラオスの大動脈、国道13号線をオンボロバスでゆく。
距離230km。所要時間約7時間。


車窓から見える山並みを眺めていると日本の田舎の県道を思い起こさせる。ただ、
道路は舗装されてはいるものの路面は波打っていて、所々に大きく陥没している。
急に減速してはアスファルトの穴を避けながら走るので距離が伸びないのだ。


ラオスのドライバーは結構飛ばすねー




b0108109_1211656.jpg




そして、二回ほどトイレ&ランチ休憩。

国道沿いにあるような食堂にはメニューはなくって大抵、フォーのみってところが多い。
夏に行ったミャンマーの脂っぽい料理の後だから尚更なのかもしれないけど、
さっぱり目の味付けは何度でも食べれるし胃の負担が軽くっていいかも!
ラオスの料理はシンプルだけど美味♪だから、フォーしかなくても過ごせそう。(笑


で、こんな食堂に併設されているトイレなのだけど、ほぼ100%和式でトイレットペーパーもなくひしゃくですくって洗う東南アジアスタイル。
普通に洗うと股間がビチョビチョになりそうなんだけど皆、どうしてるんだろう??
(ホテルのトイレは洋式で水鉄砲みたいなガンで洗うタイプ)
このスタイルのトイレで大きい方は幸いにもまだ未経験です。
ひしゃくで水をすくって、直接手で洗って、その手で料理を作って、、、って想像しそうになって止めた!



b0108109_1984093.jpg




2017.12.29 Vang Vieng, Vientiane Province, Laos
by travelster | 2018-02-18 21:11 |  ├Laos | Comments(4)