人気ブログランキング |
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
カテゴリ: ├Indonesia( 36 )
インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』 - 'Cikubang railway bridge' is Oldest Highest Longest and Scared!!


b0108109_12093061.jpeg

インドネシア到着2日目の平成最後の4月30日。
バンドンから列車に乗ってプルワカルタまで往復したのだけど、
座席の窓が開けれなかったのでどれがチクバン鉄橋かわからずじまいだった。。。
(その時の記事→天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪)

「やっぱりこの目でチクバン鉄橋を見たいっっっ!!」

令和になって3日目の5月3日、午後がまるまる空いたので、
午前中にカワプティにあるホワイトクレーターを見学した後、
GoogleMap を頼りにそのままレンタカーでチクバン鉄橋を見に行くことにした。

b0108109_15161888.jpg


下道でバンドン市内まで戻り、そこから高速道路に乗りジャカルタ方面に向かった。
新東名や新名神のような高規格のこの区間は谷底からはるか上を山々を突き抜けるように走っている。
バンドン市内から半時間も走らない頃に、対向車線を隔てた右手の向こうに鉄道橋が見えた!

「あれだー!!チクバン鉄橋に違いないー」

と思いつつ写真をとる間も無く通り過ぎてしまった。
この区間は日本の高速道路よりもインターチェンジの間隔が長く出口が全然出てこない。。。

「あーこのままじゃ、ジャカルタまで行ってしまうよ。。。」

結局、次の出口は列車に乗った時に引き返した街と同じ街、プルワカルタだった。
ここで高速を降りて下道をバンドンに引き返す。


チクバン鉄橋の最寄りの駅、ササクサート駅までレンタカーでやっとの思いでたどり着いた。
さてここからチクバン鉄橋までどうやって行こうか?!


b0108109_13310335.jpg

手段は線路の上を歩いて行くのがもっとも簡単。。。だけど難易度は最高度。。。
チクバン鉄橋にたどり着くにはもう一つの柵のない高い高い鉄橋を歩いて渡る必要がある。
これは絶対無理!列車の本数が少ないとは言え橋の上で列車に遭遇したらと思うとゾッとするし、落っこちたら確実に死ぬよ?



b0108109_13482376.jpg

駅のホームで思案していたら、駅長さん?がチクバン鉄橋に行きたいのか?行きたいなら連れてってあげるよ!と。
代わりに若いセキュリティの文字が書かれたベストを着た職員がバイクで引導してくれることになった。やった!!ついてる!



b0108109_13391688.jpg
黄色が高速道路。緑が鉄道。紫が連れて行ってもらったローカルな道。

すぐにササクサート駅の職員はバイクにまたがり、先導してもらった。
ササクサート駅から細い道をくねくねと下り、
山に囲まれた谷底の集落を横に通り過ぎ、未舗装の山道を上ったり降りたりすること數十分。

「これは自力では無理だわ。。。」

明るく広い空を見渡す視界がひらけたところに出た。
緩いカーブを描いた線路と、チクバン鉄橋が目の前に飛び込んできた。


b0108109_13204539.jpg

長〜〜い!!柵もなにもない。先も見えない。向こうはバンドン方面。

はるか眼下の谷底に集落や棚田が。その落差は80mもある。

枕木の間隔は不均一で大人が落ちる隙間は充分にある。

手すりもないこの鉄骨の上を歩くなんて無理。。。

なんて思っていたら、地元のおっちゃんが、


b0108109_12093061.jpeg


僕が立っている横からなんの躊躇もなくスタスタと渡り始めたよ。

眺めてると行けそうな気がするもののやっぱり無理!!

途中で列車と鉢合わせになったらどうするの?




b0108109_16393556.jpg

もうあんなところまで歩いちゃった。。。



b0108109_14452246.jpg

しばらく列車が来ないらしいので、

枕木に座りしばし景色を堪能♪

枕木の間隔が、、広い!!

左手には高速道路が。


b0108109_13492668.jpg


ここまで連れてきてくれたセキュリティベストを着た若い鉄道職員。

昨日も日本のテレビクルーをここまで案内したんだって。。。その番組観てみたい。

もう少しするとあっちから(バンドン方面からジャカルタ行き)列車が来るよと教えてくれた。






3日前この列車に乗ったんだ。。。

橋は歩いて渡れなかったけど、

もう充分目的を果たせた!

チクバン鉄橋、凄い!



バンドンからプルワカルタまで、鉄道と高速道路の両方を体験できたわけだけど、
眼下の棚田の風景は高速道路の運転席からは見ることができない。
ゆっくりと風景を楽しむなら鈍行列車がいい。

線路が生活の一部になっているインドネシア。
線路の上を歩いてもお咎めなしっていろんな意味で凄い。

郷愁を誘う線路と風景が、映画「スタンドバイミー」のワンシーンのようだった。






実際にチクバン鉄橋を渡っているムービーが
YouTube に上がっていたのでシェアさせていただきました♪



2019.5.3 Cikubang railway bridge, West java, Indonesia


by travelster | 2019-08-25 15:36 |  ├Indonesia | Trackback(30) | Comments(0)
幻想的!!バンドンから日帰りで行く火口湖『カワプティ』 - Kawah Putih, Indonesia

カワプティはインドネシア語でKawah(=火口) Putih(=白)と呼ばれる火山湖。
名前から活火山を連想させるこの火口へは、ジャカルタから180km。バンドンから50km。火口近くのチウィディ(CiwidyValley)から12kmのところにある。
バンドンからでも十分日帰り圏内の距離だけど、朝の空いてる時間に訪れたかったので前日にチウィディに前乗り。

翌朝、チウィディ峡谷の絶景を眺めながらカワプティを目指す。
木立の中を抜けて20分ほどでカワプティに到着♪

バンドン標高約768m、チウィディ標高1,400m、カワプティ標高2,430m。
薄い長袖がちょうど良いくらいに涼しい。

火口湖へのアクセスは入り口の大きなパーキングに停めてそこから乗合バスで行く方法とマイカーで行く2通り。

b0108109_10232634.jpeg

次のパーキングまで車で行き、

そこからは湖畔まで歩いて数分だ。


b0108109_16321529.jpg


b0108109_17233854.jpg

遊歩道の階段を少し下るとすぐに湖面が見えた。

400年以上前にできた噴火口に水が溜まったもの。

湖水には硫黄分が含まれていて湖面の色が鮮やか!!


b0108109_17214087.jpg


後から気づいて撮った看板にこう書かれていた。

この火口には火山の煙に硫黄分が充満しているので15分以上居ないようにと。

阿蘇山や立山の地獄谷、箱根の大涌谷の強烈な硫黄臭に比べたら全然大丈夫。

これで15分が限界なら日本の硫黄泉入れないよ〜〜!


b0108109_17002720.jpeg

酸性の湖なので遊泳禁止だ。


b0108109_16344834.jpeg


立ち枯れた木々がフォトジェニック。



b0108109_16413191.jpg

なんとも不思議な光景だ。



b0108109_16580040.jpeg

日陰のところはターコイズブルーが一層鮮やかに。



b0108109_17002720.jpeg


火山列島の日本でもこんなに間近で眺めれるところはないんじゃないかな。

きっと日本なら立ち入り禁止の柵と遊歩道が作られていて、

ビューポイントには温泉卵とか売られていそう。



b0108109_10255981.jpg

一緒に写真入ってくださいって言われる。珍しいのかな外国人が。どうして??

ここで3組くらい声かけられて一緒に撮られました(笑

彼らはカワプティでキャンプしてるんだって!!

インドネシアでキャンプ旅、してみたい!


b0108109_17351876.jpeg

湖のそばにいくとかすかに硫黄臭がした。

15分以上居てはいけないって注意書きに気づかず。

半時間以上湖畔を散策したり、写真撮ったりしていました。笑


b0108109_16250522.jpeg

日が差すと湖面が眩しいエメラルドグリーンに。

陽が陰るころはどんな色になるのだろう?


b0108109_17245712.jpg

だんだんとインドネシア人観光客も増えてきた。

午後になればジャカルタからの日帰り客でごった返しそう。

湖畔を移動しながら湖を眺めると色が変わってまさに絶景。来てよかった!


b0108109_10312975.jpg

パーキング横には土産物屋や焼きとうもろこしを出す店が並んでいた。
ここで焼きとうもろこしを食べて少し腹を満たしてさぁどうしよう?

ダメ元でも「やっぱり間近で見たい!」と3日前に列車で通ったチクバン鉄橋にクルマで行くことにした。
遠くからで眺めれればと思っていたのが、偶然に偶然が重なって。。。

2019.5.3 Kawah Putih, Ciwidey, Bandung, West Java, Indonesia


by travelster | 2019-07-15 20:42 |  ├Indonesia | Trackback(9) | Comments(0)
朝靄残るチウィディバレーの景色を眺めて観光化について思ったこと - Ciwidey Valley, West Java, Indonesia

Ciwidey Valley

b0108109_18471064.jpg


b0108109_18474845.jpeg



b0108109_19200603.jpg

ホテルを出たらこの景色が飛び込んできた!
朝陽が差す田園と朝靄の残る景色が眩しい!!
クルマからカメラを引っ張り出し夢中でシャッターを切った。

ここはバンドンの南西40kmほどのところにあるジャワ島のリゾート『チウィディ』
丘陵地帯の起伏に沿って棚田や茶畑が広がり、ホテルやバンガロータイプのコテージではなく、
キャンピングスタイルのグランピングサイトが流行り。
(Ciwidey Glamping でググってみてください♪)

欧米や日本のグランピングサイトと少し趣がちがっているのはターゲットがファミリー層であること。
たいてい、乗り物や遊戯施設などのアトラクションが併設されていて、子供にとっては天国のような場所だ。
それにしてもバンドンに来てから、まだ欧米人はおろか外国人観光客を見かけない。

インドシナ半島の東南アジア諸国(タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマー)あたりだと、
どんな僻地でも欧米人バックパッカーであふれかえっていて彼ら向けに観光化されているけれどジャワ島中西部のこの辺りは、
現地発着のツアーを取り扱った旅行代理店もないし中長距離のバスもインバウンド向けレンタカーもなく(予約のやり取りはWeChatでインドネシア語だった)、
特産品を扱った土産物屋もなければカフェやレストランもない。
インバウンド向けの観光化はまだこれからといったところ。
そういう意味では日本もようやくここ数年で都市圏以外の地方の受け入れが整い始めた感がある。
(観光化=自然を資源にしたアクティビティやコト消費の商品化)

この丘陵やライステラスの中を茶摘みを体験したり日帰りや1泊でトレッキングしたりポタリングしたりテント生活できたらきっと楽しいはず。
朝靄の残るチウィディの景色を見てここはその可能性を秘めている場所だと感じた。

欧米人って遊びのギアを考えついたり、ショッピングではない体験型サービスをビジネスにするのが得意だ。
あの着眼点と発想とセンスは羨ましい。

《カメラ》
左下にウォーターマークが入っているのがXiaomi Mi 8。入っていないのがFUJIFILM X-T1で撮影。

2019.5.3 Ciwidey valley, Bandung, Indonesia


by travelster | 2019-06-16 02:36 |  ├Indonesia | Trackback(14) | Comments(2)
茶畑と棚田と渋滞と。。。ジャワ島の避暑地、バンドン北部ドライブ - Lembung, West Java, Indonesia

バンドンから20kmほど北上するとレンバンという高原の大きな街がある。
インドネシア人の避暑地のバンドンよりもさらに高地のため涼しくて過ごしやすい。

バンドンからレンバンは日帰りでちょうど良い距離なので、
レンバンのさらに北に広がるティーガーデンを目指してクルマを走らせた。

レンバンまで断続的な渋滞が続いた。

レンバンは大きな街で、そこから北へ抜ける道が少し分かりづらかったが、タンクバンプラフという有名な火山の観光地があり、
看板に書かれているタンクバンプラフを目指しごにょごにょあっちかこっちかきょろきょろしながらレンバンの街を抜ける。


b0108109_12305843.jpg


渋滞、渋滞、渋滞、レンバンを抜けても片側1車線の道路は渋滞が続いた。
そしてようやく渋滞に終止符。。。渋滞の先頭は???

原因は、バスターミナルから観光バスの入庫&出庫で道路がふさがれていたためだった!
観光バスの駐車場にしては狭すぎて道路まで出て何度も切り替えしてるもんだからそりゃ渋滞するよ〜〜

交通事情がカオスな状態が放置されているのはここに限らずで。。。
インドネシアの深刻な社会問題だわ。


そして、観光バスのパーキングを越すと道路はがらっがら!(今度は逆に対向車線は大渋滞。。。)


↓↓帰路の時の同じ場所の様子↓↓




高度を上げていくと、空気が澄みわたり、気温はひんやりと下がり、朝霧の茶畑の風景が延々と続いた。

b0108109_10561778.jpeg

スクーターも快走〜♪


b0108109_11281570.png

郊外のレストランや土産物屋は、

こんな感じで沿道にときどきずらっと並んでいて、

大抵、見晴らしの良いところに建ってるので景色が見れないのだった。

b0108109_11261197.jpg

ランチしたレストランのテラスから見た反対側。。。

見晴らしはいいけど、建物がローカルすぎます。。。

トイレも汲み取り&手おけで洗う超ローカル仕様。。。

まだまだ観光発展途上なインドネシアなのであります♪

b0108109_11183485.jpeg


b0108109_11294165.jpeg


b0108109_11292368.jpg

うねる丘陵にびっしりと茶畑。

さらに北上すると高度が下がり、


b0108109_11253994.jpg

茶畑の風景はなくなり町に出てきたので来た道に折り返した。

レンバンまで戻り、そのまま南下すればバンドン。

そこを東に折れて山道を行くことにした。

観光ポイントもないただの山道。

そして絶景に出会えた♪

b0108109_11321424.jpeg


新潟の十日町の星峠の棚田を思い起こさせる。

星峠の棚田(過去記事) → 晩夏、北陸へ。。。オートバイ、棚田、きのこ狩り♪ 2015

b0108109_11191167.jpeg

渋滞の疲れも吹き飛び、田園風景に癒された。


b0108109_11214039.jpg


b0108109_11210801.jpg


b0108109_11325990.jpeg
運んでいるのはジャワティー?お米?

b0108109_11332599.jpeg

牧歌的な。。。

b0108109_10553961.jpeg

有名な観光地よりもこんな名もなき道をさまよい走るのが好きだ。

b0108109_11335932.jpeg


1.5車線の山深く細い道の木々の間から望む反対側の斜面には

インドネシアスタイルの家屋がびっしりと立ち並んでいた。

オレンジ色の瓦屋根はオランダ植民地時代の名残だろうか。

b0108109_11342297.jpeg


どことなく山国ニッポンの山村とイメージが重なる。

b0108109_11351481.jpeg

どのお宅も立派!

別荘地のよう。。。


b0108109_11354130.jpg


バンドンを東西に貫く幹線道路。

側道はお約束の渋滞。。

b0108109_11360535.jpg

町に入れば再びカオスな交通渋滞。。。


b0108109_11362770.jpg

大動脈のない毛細血管だけの身体のよう。

血の巡り悪すぎます。。。

高血圧状態。。。


b0108109_11363975.jpg


カオス状態の下道から想像できないがら空きのバンドン市内の有料道路。

バンドン市街をバイパスして今宵の宿まで下道を40km南下する。

この先、渋滞に遭っても今日中には余裕で辿り着けそうだ♪♪

b0108109_20092947.jpg

山道なもんだから真っ暗!

景色いいんだか悪いんだか。。。で、

ようやくたどり着いたホテル。でも管理人不在。

しばらく待っていると管理人がやってきて無事チェックイン。

b0108109_21050184.jpg

バスタブがあったから湯を溜めたら水になった。読みが甘かった。。。

再びクルマを走らせてバドン料理にありつく。やっぱり辛かった。。。

翌朝、ホテルの前から見渡す眺めが絶景!朝から心から癒された。。。


2019.5.2 Lembang, West Java, Indonesia.
by travelster | 2019-06-09 22:08 |  ├Indonesia | Trackback | Comments(4)
電気もガスもない。文明を拒否した伝統的な家屋が残る集落『カンプンナガ』 - Kampung Naga Tasikmalaya



b0108109_20130573.jpeg


バンドンから日帰りで行けるスポットを探していて目に留まった。

日本の白川郷のような山あいにひっそり佇む集落の家並みが。

インドネシアにもこんなところがあるんだ。。。と即決。

バンドンから100kmほど。クルマで3時間あまり。

b0108109_20254240.png

バンドンを出て70km先のガルトまでは













幹線道路なのに、道幅が狭く、交通量が多く

四輪と二輪に加えて馬車や物売りのリキシャ、屋台みたいなのも混じって

混合交通の極み。。。

b0108109_20273716.jpeg


断続的に市街地が続く。

すぐに田園風景と思っていたのが予想外。

インドネシアは中国・インド・アメリカに次ぐ世界第4位の人口。

b0108109_20290040.jpeg

行けども行けども

建物が途切れない。

人口が多いのも納得。

b0108109_20295720.jpeg


b0108109_20311070.jpeg

意外だったのはインドネシア人はクラクション鳴らさない。

抜く(抜かれる)ときも鳴らさないんだよね。

事故らないのかな?事故るよね?

b0108109_21442424.jpg

途中、小さな食堂でパダン料理を。

大きなお皿に、ご飯とお惣菜を載せていただく。

激辛のメニューが多く口と喉が火事!辛いのは苦手〜〜(汗

b0108109_21471231.jpg


ガルトをすぎるとようやく田園風景が広がりだす。

陽に照らされた木々が眩しい。

b0108109_20323526.jpg

ガルングン山をとりまくように今走っている道が通じていて

谷底に流れる川の斜面に広範囲に棚田が広がっていた。

僕らのような観光客から見れば絶景なのになぁ〜

気の利いたカフェやヴィラでも建ってそうな

そんな眺めが10kmほど続いた。






b0108109_20372187.jpeg


b0108109_20394921.jpeg


b0108109_14033986.jpg


b0108109_14045404.jpeg


b0108109_14381185.jpeg

ここの一軒家。人がいたので入らせてもらった。

ここの畑からのライステラスの眺めが絶景だった〜

ロケーション良すぎるぽつんと一軒家!!!だわ。

b0108109_14053867.jpeg


いよいよカンプンナガに近づいたので何度も地元の人に聞いて

カンプンナガへ折れる場所を突き止め、幹線道路から少し逸れて脇道に入ると、

道路脇にはバスターミナルがあり、土産物屋あり、大型バスが何台も停まっていた。

「意外!!そんな観光地なんだ。。。案内の看板も何もなかったのに」

パーキングに車を停める。駐車料や入村料とかは不要だった。

b0108109_20201306.jpeg

手入れされた庭のような谷あいの斜面の長い長い階段を降りていくと

身を寄せ合うように立ち並ぶユニークな住居の村があった。

b0108109_20333347.jpeg



b0108109_20351994.jpeg



b0108109_20370355.jpeg

家屋は白塗りの壁で三角屋根のたたずまいが、

岐阜県の白川郷と似ている気がした。

ここに普通に暮らしている。

b0108109_20382192.jpg

村の中に入ると大勢の人々が居た。

手を振ると全員で手を振り返してくれた。

村の人ではなく、観光で来た人たちのようだ。

普通に生活している家の縁側に普通に座って。(笑

b0108109_20394011.jpg

反対側からもなぜか大歓迎?!

b0108109_20415934.jpg

ガルトから来た小学生たち。

激しいスコールが降り出し半時間ほど一緒に雨宿り。

b0108109_20440909.jpg

めっちゃ珍しがられてる。。。

外国人が珍しくて仕方がないみたい。。。そういえば、

バンドンに着いてから日本人はおろか外国人に出会ってない気がする。

b0108109_20453564.jpg

一緒に写真撮ってと言われ(←誰のカメラでもいいみたい)インドネシアングループに収まってます。^^

黄色の傘のおじさんは、村に降りる階段の途中で休憩していて出会い声をかけたら、

名古屋に住んでたことがあって日本語を話せる。ここに住んでるそうだ。

そして、ガスも電気もない暮らしをしていることを話してくれた。

「そんな原始的な生活だとはしらなかった。。。」


b0108109_20472272.jpeg


おじさんが自宅に取りに行った黄色の傘を貸してくれたのでスコールの中、帰路につくことにした。

村を見渡せる場所に来ると一瞬陽がさして最後、村を見届けることができた。

b0108109_20485657.jpeg



b0108109_20584637.jpg

みんな傘がないのでビニール袋を頭にかぶってる。

インドネシアスタイル?!

b0108109_20535697.jpeg

雨足が弱くなり一緒にいた子供達が追いかけてきた。

わざわざ傘を家に取りに行って貸してくれたおじさんに、

少し気持ちを渡そうとしても頑なに受け取ろうとしかった。

その断り方がとても日本人っぽくてとても親近感を感じたのだった。



b0108109_21004432.jpg

往きは大大大大大大〜〜〜渋滞だったので、帰りも覚悟して帰る。

道中に温泉があるようなので寄ってみた。その温泉の町は『チパナス』

「リゾートっぽいところだったらいいな〜〜!今日はよく走ったしゆっくり湯に浸かりたい」

チパナスにつきどんつきの広いパーキングエリアの手前に居た兄ちゃんに招かれてつれていかれた細い道。

b0108109_14092936.jpg

なんか怪しげ。。。(笑

b0108109_14575630.jpg


ここらしい。。。

半時間くらいだと、

温泉に浸かるだけと、

伝えたらこの部屋に通してくれた。



b0108109_14151838.jpg

簡易ホテル?

b0108109_14161200.jpg

「トイレの便器が浴槽の横にある〜〜」

湯が綺麗なのかは気にしないでおいて、

本当に湯に浸かっただけでチパナスを後にしたのだった。


b0108109_21032829.jpg

夜のとばりが降りて町中渋滞オンパレード!

この週末は特にひどかったらしい。

b0108109_21042341.jpg



令和初日の夜はこうして更けていったのだった。


Wikitravel
Understand
Kampung Naga is a very unique village in Tasikmalaya regency, West Java, Indonesia. It's inhabited by a community of people with very strong tradition that they keep for centuries. They live in traditional simplicity and without using modern day facilities.
Get in
The village is between cities of Garut and Tasikmalaya in a beautiful valley of Neglasari village. You can get here either by bus, renting a motorbike or hitchhiking from each of these cities. Once you reach the village, there long staircase leading downhill the rice fields, where this traditional village lies across the river.
Respect
If you are a foreign visitor, you should respect their way of life. Don't impose your habits which can be considered rude. Don't be loud, be humble and polite. Understand that these people are not tourist attraction.

2019.5.1 Kampung Naga, Tasikmalaya regency, West Java, Indonesia.

by travelster | 2019-05-26 02:36 |  ├Indonesia | Trackback | Comments(4)
天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia



b0108109_11041775.jpeg


クアラルンプールで乗り継ぎ、到着したのは

インドネシア人の避暑地『バンドン』

空港でレンタカーを借りて

そのまま鉄道駅へ。

b0108109_11065564.jpeg

ローカル列車のチケットを買ってその午後は列車の旅を楽しんだ。

インドネシアのジャワ島随一の風景を列車から眺める。

バンドンを出発してしばらく平地が続くが、

いくつかのトンネルを越えると、

山深い緑豊かな風景が!

b0108109_11075009.jpeg

バンドンを発ってジャカルタに向かう路線は

インドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を通るのだ。

このチクバン鉄橋を見るのが今回の旅の大きな目的のひとつ!

b0108109_11051497.jpeg

線路のはるか谷底に広がる熱帯雨林や

棚田を眺めながら片道約2時間半の車窓の旅♪

自由なクルマもいいけどのんびり過ごせる鉄道の旅も良い。

b0108109_11054895.jpg

乗組員に乗降ドアは開けてはダメよと言われたので

自分の座席で開かない窓の外を眺めていた。

森林と水田とトンネルが交互に続き

いくつか鉄橋を渡るんだけど、

どれがチクバン鉄橋なのか

わからずじまい!(笑

b0108109_11084944.jpeg

山を抜けてしまったようだ。

オーマイガー!!悲しすぎる〜〜!!

これが観光列車なら車掌からアナウンスがあって

スピードを落として景色を楽しませてくれるんだろうけど、、、

世界有数の高さとインドネシア最長の鉄橋なのに事も無げに素通り。。。

外国人の僕らからすればこの路線、観光ポテンシャル(高)なのに勿体無すぎっっ!

b0108109_11091215.jpeg

そして列車はガタゴトとのんびり水田の中を抜けていき、

b0108109_11100476.jpeg

この列車の終着駅、

プルワカルタに到着♪


b0108109_11114091.jpeg

ここで小一時間休憩し再び、

往きに乗った同じ列車に乗って

バンドンへと引き返したのだった。

b0108109_11110120.jpeg

往路の車内↑は静かだったけど、

復路の車内↓はインドネシアローカルの

賑やか〜!なおばちゃんグループと一緒になり

大賑わい〜!外国人が珍しいのか、おばちゃん同士で、

「隣座らしてもらい〜〜ひゃーあっはっはっは〜!」

「写真撮って〜〜!わたし達を撮ってや〜〜」

おばちゃんパワーに圧倒されました。。

b0108109_11133857.jpg

数日滞在してわかったけど、とっても写真撮られ好き!インドネシア人!



エアアジア416便がバンドン空港に到着したのは午前8時前。国際空港だけどコンパクトなローカルな空港だ。
4月最後のこの日、暑くなく寒くなく5月の日本のように爽やかだった。

とりあえず空港でSIMカードを買い、日本でWhatsAppでやりとりしていたレンタカー屋も現れて無事レンタカーを借り、
スマートフォンでGoogleMapを確認し空港を後にした。免許の提示も、クルマのボディチェックもありません。簡単^^

インドネシア名物の大渋滞を抜けて、バンドン鉄道駅へ向った。
しかしスクーターの多さったら。。。右も左も前も後ろもびっしり。
ハノイでも台北でもスクーターは多い気がしたけど全然比較にならないわ。

空港から距離にして5km。20分ほどでバンドン駅に到着。
エコノミー列車のチケット売り場のある駅南側の駅前にあるパーキングに車を預けた。

注意:
エクスプレス(特急)のチケット売り場入り口は駅北側(下の緑バルーン)で、エコノミー(鈍行)のチケット売り場は駅南側(下の黄バルーン)なので要注意!
最初に北側に行ってしまい、思っていた時刻表が駅構内チケット売り場のどこにもなく諦めかけた。。。
歩いて駅を横切って南側に行くことはできず、レンタカーに戻りぐるっと西に回って駅南側に行かなければならなかった。

b0108109_01074363.png

そして、駅構内のチケット売り場にたどり着くと、探していた駅名が書かれた時刻表を見つけた!(ヤッター!)

バンドン駅南側チケット売り場にある時刻表
b0108109_23370292.jpg
左の列が復路。右の列が往路。
赤枠がバンドン駅と目的の駅、プルワカルタ。


◆往路
バンドン(Bandung)    12:20発
プルワカルタ(Purwakarta)14:53着
◆復路
プルワカルタ(Purwakarta)15:45発
バンドン(Bandung)    18:22着

今日中にバンドンに戻るにはこの便しかなかった。

「この便で行こう!」
「そしてどこまで買うか?」

チクバン鉄橋の最も最寄りの駅はササクサート(Sasaksaat)。
ここで降りてバンドン方面に歩いて(乗ってきた方に戻る)チクバン鉄橋へ行くことも可能だが、

・線路の上を歩いて行く方法(だれも文句は言わない。ただ、安全柵もない鉄橋の上を歩く度胸が必要)
・線路を歩かずクルマで行く方法(かなりの遠回りで案内の看板もないため自力では無理)

の二択だ。どちらも厳しいなぁ。。。
それにササクサートの駅で降りると、復路の列車が来るまで4時間待つことになるのだ。
バンドン駅でこの時刻表を眺めながら悩んだ末、ササクサートで降りてチクバン鉄橋を見に行くことは諦めた。

「プルワカルタまで行こう!」

終着のプルワカルタなら1時間(=いい感じ♪)の待ち時間で引き返せばちょうど夕刻にバンドンに戻ってくる。
(エコノミー列車はプルワカルタまでだが、エクスプレスならジャカルタまで行く)



b0108109_00055504.jpg

片道8,000ルピー(約60円)

2時間半乗れてこの値段。激安です♪

b0108109_23373544.jpg

そんな顛末で無事切符をゲットして初日午後の半日は、無駄な時間を過ごすことなく存分に列車の旅を楽しむことができた♪
心残りは2度も通ったのにチクバン橋を見るどころかどこがチクバン鉄橋かもわからないままバンドンに戻ってきてしまったこと。

チクバン鉄橋を見てみたい思いが捨てきれず、チクバン鉄橋を遠くからでいいから眺めれたら。。。との思いで
日を改めスケジュールの空いた三日後の午後、ドライブがてらダメもとでチクバン鉄橋の近くを通る幹線道路を探しレンタカーを走らせたのだった。






そしてそして。。。




幸運が続き、遠くから眺めるどころか、

なんとチクバン鉄橋にたどりつくことができたのだった。

b0108109_11183222.jpeg

つづき

インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』


2019.4.30 Bandung, Indonesia


by travelster | 2019-05-19 02:55 |  ├Indonesia | Trackback | Comments(2)
帰路の途
b0108109_204339.jpg


帰国日の午後をクタ・ビーチで過ごした。
クタの通りを歩き出すと早々にゴルゴ松本似の兄ちゃんに声を掛けられた。
『命!』ポーズの自己紹介がウケると見るや
「バリ初めて?」「何処行ってきたの?」
と矢継ぎばや。日本に出稼ぎに来たこともあってとても日本語達者なのだ。
「ウブドに居てた!」
と言ったら加トちゃんのまね。2本指で鼻さして加トちゃん、ペ!
「なんで??」
「田舎ッペ。ね!」

ノリが良すぎて知らない間にだまされそう。。。(笑
お昼を付き合ってすっかり仲良くなって(?)、友達がやってるらしいシルバージュエリーの店に。(お決まりの展開か?)
ファーのソファーが置いてあり日本人芸能人のポスターなんかも貼ってあってブラック&ゴージャスな店。
そこそこいい値で売っていた。けど最後は半額にまでまけてくれた。
悪くはなかったけど結局、何も買わずお店をあとにした。。。
こうアミーゴな雰囲気が形成されてしまうと断りづらいところだけど、あまり欲しくないモノは結構あっさり断れてしまうのでボクは楽なのかも。。。

ゴルゴと別れて浜に出る。
長いーーーー!歩けど歩けど先が見えないロングロングビーチ。
引き潮に洗われた細かい砂の波打ち際は鏡のようにつるっと輝いていている。

防砂林の下を歩けば
「まだ波あるよ~。まだまだ乗れるよ~!」
とボード貸しがひっきりなしに声を掛けてくる。
断るのもうざったくなってきて浜のほうへ逃げ、砂の上に腰を下ろして夕陽が落ちそうな水平線を眺めていれば今度は絵売りが声を掛けてくる。
やっとこさ絵売りを追い払ったら、木彫りの置物売りやらネイルアートのおばちゃんやら入れ替わり立ちかわり。
夕陽をさえぎるように次から次へと対面に座られ商談が始まる。
ここでのんびり日没を眺めるのは無理だとようやく気がついた。
とびきりの夕暮れビーチタイムやのになぁ。。。

地平線に夕陽が落ちたのをなんとか見届けてビーチを後にしサーフショップにパブが乱立するクタの繁華街を抜ける。
日が落ちたばかりだというのに歩道はパブに入りきらないレッツパーティ!!なオージー達でごった返して享楽的な賑わい!
商業主義ののさばるレギャン通りに出れば2002年10月のテロ事件がうそのような人とクルマの波。
テロの被害を受けたサリクラブの跡地は今も雑草が生えた更地のまま。
青白いライトに照らされたMemoral Wall(テロ慰霊碑)には犠牲になった202名全員の名前が刻まれていた。
今も多くの花束が捧げられていた。

アニミズムに満ち満ちたアップカントリーの棚田の風景と純朴で信仰心の厚いバリの人々。
開発が進みすぎた感のある街を差し引いてもとびきりの波とビーチ。
世界中のツーリスト、アーティスト、サーファーを魅了するバリっていかほど?
って行く前は少し疑いの気持ちもあったけどもう激しく納得なのだった。

そう言えば、渡バリの前に(ブログでも書いた)セルビア在住旅フリークの知人に
「バリに行くねんーー!」
とメール打ったら、返ってきた返事が一言
「Great!!!!」
って。中欧から遠く離れたアジアの小さな島を良く知ってるなぁ。。。と。
バリの魅力はワールドワイドなんや~と遅まきながら思ったのだ。

関空行きの機上から眼下に三日月形のビーチに白い波がうっすらと。そして、
ビーチに沿うクタの街の灯りは夜の帳が下りてさらに賑やかさを増しているように見えた。


B A L I '08 I N D E X

《 P R O L O G U E 》
Exploring Bali

《 D R I V E 》
バリ東部 - Drivin' Mt.Batur Area
バリ中部 - Up Hill Country 'Jatiluwih'
バリのみち

《 R I C E T E R R A C E & W A T E R F A L L 》
テガララン
ジャティルウィ - The Wind from Bali
ウブド近郊 - Ubud Cross Road
ギッギッの滝 - Air Terjun Gitgit

《 D A N C E 》
レゴンダンス#1 - バリダンスに酔う♪
レゴンダンス#2 - ちょっと奇妙なダンサー達♪
ケチャとトランスダンス

《 B E A C H 》
サヌール#1
サヌール#2 - ごった煮ビーチ♪

《 P E O P L E & L I F E 》
バリの集落
明日はお祭り♪
ブサキ寺院 - 聖なる場所に偽ガイドはびこる
三人姉妹
市場の女たち
洗濯物は吊るさない!?
ミネラルウォーター?

《 S T A Y 》
フラッシュバック - Flashbacks
ホワイトハウス - WhiteHouse


2008.9 KutaBeach, Bali, Indonesia

最後になりましたが、バリ旅もまたまたいつものように長くなってしまいました!!
長文ならぬ長ブログ、最後まで読んで下さってどうもありがとうございました。

さて次はいずこへ???
by travelster | 2009-02-08 22:35 |  ├Indonesia | Trackback | Comments(12)
三人姉妹

雑木林の中を抜けると行き止まりになっていた。

クルマを降りてみればおなじみアヒルの行列が。

b0108109_19514533.jpg
畑の向こうはすとんと落ち込みアユン川の峡谷。

川向かいのジャングルの先はウブドの村へ続く。



振り返れば女の子三人がクルマを見ながら何やら話し中。

一人の女の子が地面を指差し
「水が漏れてるよぅ~」

みたいな事言ってる。
クルマに興味津々?
見知らぬ人に興味津々?

あまりに可愛いかったので写真を。。。
b0108109_1955334.jpg

おませな右の子は撮って撮ってと言わんばかり♪
真ん中の子はお姉さんにならってハイ、ピース♪
とても人見知りでシャイな左の子は末っ子かな?

b0108109_18154814.jpg
クルマを出すと手を振りながらぴゅーん!と追い抜いていった。

不審者やクルマを気にせず遊んでるバリっ子がふとうらやましく見えた。

小学生から携帯を持たされ塾に通わせざるをえない今の日本の現実はやはり歪んでいると思ってしまう。


バリではなかったけど、

観光客慣れしてる子からはこんな時手を差し出されておねだりが来たりする。
都会の子でも、山奥に住んでる子でも関係なく。
この子達からはねだられなかった。
何もねだらない子は可愛い。(笑

ちびっこの相手をしていて(相手してもらって?)ひとしきり終わったあとにお金などをねだられたりすることは旅先によっては良くあること。
写真を撮らせてもらって持ち合わせがなく仕方なく小銭を渡した時などはちょっと後味の悪さを感じたものだ。
子供相手にバシバシ写真を撮って、さっさとおカネを渡してるカメラマンも時々見かけるけど、
そこまでして写真を撮るのってどうなん?とボクはとても抵抗を感じてしまうのだ。
元々小さい子なんておカネに興味なんてなく親から言われてるのだろうし。。
そんな場面ではどうしたものだろう。。。と事あるごとに思ったものだ。
ムダにならず子供が喜びそうなのはキャンディーとかチョコか?
コストパフォーマンス、携帯性、実用性、全て兼ねている(^^
欲しくなったら自分で食べるし、非常食にもなるしねー!
出来れば日本の(=現地に無いお菓子)がいいと思う!
スーパーで徳用サイズ買っていっても数百円だ。
出かけるときはディパックに忍ばせて行こう♪

今までで好感触だったのはサクマの『いちごみるく』だ(^^

2008.9 Bali,Indonesia



B A L I '08 I N D E X

《 P R O L O G U E 》
- Exploring Bali

《 D R I V E 》
- バリ東部 - Drivin' Mt.Batur Area
- バリ中部 - Up Hill Country 'Jatiluwih'
- バリのみち

《 R I C E T E R R A C E & W A T E R F A L L 》
- テガララン
- ジャティルウィ - The Wind from Bali
- ウブド近郊 - Ubud Cross Road
- ギッギッの滝 - Air Terjun Gitgit

《 D A N C E 》
- レゴンダンス#1 - バリダンスに酔う♪
- レゴンダンス#2 - ちょっと奇妙なダンサー達♪
- ケチャとトランスダンス

《 B E A C H 》
- サヌール#1
- サヌール#2 - ごった煮ビーチ♪

《 P E O P L E & L I F E 》
- バリの集落
- 明日はお祭り♪
- ブサキ寺院 - 聖なる場所に偽ガイドはびこる
- 三人姉妹
- 市場の女たち
- 洗濯物は吊るさない!?
- ミネラルウォーター?

《 S T A Y 》
- フラッシュバック - Flashbacks
- ホワイトハウス - WhiteHouse
by travelster | 2009-02-01 18:32 |  ├Indonesia | Trackback | Comments(12)
The Wind from Bali
b0108109_19352348.jpg


b0108109_19354426.jpg




長らく続いたバリもそろそろ終わりです。(^^

2008.9 Bali, Indonesia



B A L I '08 I N D E X

《 P R O L O G U E 》
- Exploring Bali

《 D R I V E 》
- バリ東部 - Drivin' Mt.Batur Area
- バリ中部 - Up Hill Country 'Jatiluwih'
- バリのみち

《 R I C E T E R R A C E & W A T E R F A L L 》
- テガララン
- ジャティルウィ - The Wind from Bali
- ウブド近郊 - Ubud Cross Road
- ギッギッの滝 - Air Terjun Gitgit

《 D A N C E 》
- レゴンダンス#1 - バリダンスに酔う♪
- レゴンダンス#2 - ちょっと奇妙なダンサー達♪
- ケチャとトランスダンス

《 B E A C H 》
- サヌール#1
- サヌール#2 - ごった煮ビーチ♪

《 P E O P L E & L I F E 》
- バリの集落
- 明日はお祭り♪
- ブサキ寺院 - 聖なる場所に偽ガイドはびこる
- 三人姉妹
- 市場の女たち
- 洗濯物は吊るさない!?
- ミネラルウォーター?

《 S T A Y 》
- フラッシュバック - Flashbacks
- ホワイトハウス - WhiteHouse
by travelster | 2009-01-26 20:50 |  ├Indonesia | Trackback | Comments(12)
Ubud Walker
『モンキーフォレスト通り』

ウブドに訪れてこの通りを通らない観光客は居ないんじゃないかな。
村の唯一の目抜き通りで洗練された(あまり民族色の濃くない)雑貨、洋服の店がずらりと並んでいる。
ウブドに来てからというもの毎日毎日朝から夕暮れまでクルマを走らせ郊外ばかリ出かけてたもんだから、ゆっくり歩くのは最後の日になってしまった。。。ボクは海外でも本屋に居るのが一番好きなのだけど、洋服見るのも結構好きなので連れと一緒でもウィンドウショッピングはそれほど苦にならない。というか楽しい!
オンナ物のお店でもハンガーを手に取って色々とみる方だし。(^^
現地の子が居たりすると洋服の好みとかついチェックしてしまう。
で、どこの国でも女性はショッピングが好きなのだなーーと再認識。(笑
b0108109_0331187.jpg


b0108109_0335484.jpg


b0108109_0351359.jpg


b0108109_0352843.jpg


b0108109_0382672.jpg


b0108109_2341840.jpg

朝に、この道を突っ切ってドライブに出かけた。もうすっかり見慣れた風景。
夕に、この道を歩いてバリ舞踊を観に王宮や博物館に出かけた。
この通りも昔に比べて変わったと聞く。
それでも日本の地方の町と比べてもはるかにのどかだけど!

ウブド郊外の美しい棚田はいつまでも変わらないで欲しいと切に思うのだ。

2008.9 Monkey Forest Street, Ubud, Bali, Indonesia
by travelster | 2009-01-25 03:33 |  ├Indonesia | Trackback | Comments(8)