人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
テガララン #1 - Tegallalang
夜明けとともに目が覚めて、朝食もソコソコに宿を出てウブドから山の方へクルマを走らせること20分少々。
右へ左へとカーブをやり過ごし隣の村に差し掛かった頃、木漏れ日の間からちらっちらっと棚田が見える。
ギャラリーや土産物屋らしき数軒が並んでいる。少し徐行。
「この辺りかなーーー」
軒先の途切れたところでクルマを停め、少し眠気が残る目をこすりながら降りてみた。
土産物屋はどこもシャッターが閉まっていてだれも居ない。
「おぉっっっ??!!」
道路の路肩から谷を覗き込んだら拍子抜けするくらい目の前に別世界が広がっていたのだった。

※画像は全て左クリックで拡大できます。

テガララン #1 - Tegallalang_b0108109_2027311.jpg
朝日が眩しい7時半頃。
ドラマチックに陽ざしが変わる。

逆光の朝日に緑の段々カーペットが浮かび上がっている。
「凄い。凄い」
ヤシの木と水田のハーモニーは機械に頼らない多大な労力と自然が創り出せる壮大なアート。
風情のある日本の棚田とはひとあじもふたあじも違う趣きがある。
足元には棚田を見渡せるかやぶきのカフェが連なっている。
暑いお昼は軒下でフルーツジュースのみながら・・・ってのもいいかもねーー。
ただしツアーのポイントにもなっているそうなので人が鈴なり!物売りも売る気満々!だったりして?(笑)

テガララン #1 - Tegallalang_b0108109_2014524.jpg
別の日。同じ場所。8時半頃。
この時間ならディティールまで良く見渡せる。
フォトジェニック狙いなら少し早起きして7時台がいい。


テガララン #1 - Tegallalang_b0108109_20364437.jpg
眼下にカフェが見える。
ヤシの葉(?)の屋根が粋!


テガララン #1 - Tegallalang_b0108109_1005829.jpg
あぜ道を歩いてみたい気がした。でも、
それをとどまらせるほどに神々しい。


『天国の階段』と称されるバリ島の棚田。
ここでおコメを作る作業がいかに重労働かは想像に難くない。
それを支えているのはバリ島の豊かな精神世界に根ざしているからだろうか?
バリ・ヒンズーのルーツのひとつ、草木にまで精霊が宿るとされるアニミズムに満ち満ちている。この自然も神からの贈り物。
しんどくて割が合わない。やってられない。。。なんて価値観ならこの風景はとっくに無くなってるだろう。

物質至上主義の世界の中で勝ち組と負け組に分けられ格差拡大が叫ばれている日本社会。
豊かさを求めるためとはいえ全てのモノサシが効率化であり生産性。それを実現するためレバレッジな時間術を求められる社会生活。
日本の競争社会と経済活動にこれっぽっちのアニミズムな精神世界と良心を取り入れることはもはや出来ない。
全ての物に神が宿る。そんな謙虚な気持ちとゆとりを自分のココロの中には持ち続けていたいと思う。

2008.9 Tegallalang, Bali, Indonesia




B A L I '08 I N D E X

《 P R O L O G U E 》
- Exploring Bali

《 D R I V E 》
- バリ東部 - Drivin' Mt.Batur Area
- バリ中部 - Up Hill Country 'Jatiluwih'
- バリのみち

《 R I C E T E R R A C E & W A T E R F A L L 》
- テガララン
- ジャティルウィ - The Wind from Bali
- ウブド近郊 - Ubud Cross Road
- ギッギッの滝 - Air Terjun Gitgit

《 D A N C E 》
- レゴンダンス#1 - バリダンスに酔う♪
- レゴンダンス#2 - ちょっと奇妙なダンサー達♪
- ケチャとトランスダンス

《 B E A C H 》
- サヌール#1
- サヌール#2 - ごった煮ビーチ♪

《 P E O P L E & L I F E 》
- バリの集落
- 明日はお祭り♪
- ブサキ寺院 - 聖なる場所に偽ガイドはびこる
- 三人姉妹
- 市場の女たち
- 洗濯物は吊るさない!?
- ミネラルウォーター?

《 S T A Y 》
- フラッシュバック - Flashbacks
- ホワイトハウス - WhiteHouse
by travelster | 2008-09-27 11:57 |  ├Indonesia | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/9561604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by travel-arrange at 2008-09-28 19:26
バリ、面白そうですね。
travelsterさんの一人旅なのでしょうか。
写真がすごくいいです。行ってみたい気にさせられました。
ところでタイ編と比べると写真がくっきりしているのはカメラが違うんでしょうかね。
スクムビット


Commented by travelster at 2008-09-28 19:50
★travel-arrangeさんへ
このバリ旅は嫁さんと2人で行きました。最近は独り旅ごぶさたです。
>行ってみたい気にさせられました。
そう言ってもらえると嬉しいですね。
タイの時とはカメラが変わりました。
Canon EOS Kiss から Pentax K10D にバージョンアップしています。
Commented by saeko2007 at 2008-09-28 21:16
こんばんは。
ウブドの棚田。朝日を浴びて神々しいまでの美しさですね。
バリでは、いたるところに神様を祀る祠があって、バナナの葉の上にのせられたお供えものがありますよね。
日本の八百万の神に通じるように、バリでもいたるところに神様が宿るという思想なのでしょうね。
バリへ行くと、日本人が忘れかけている大切なものを思い出させてくれるような気がします。
Commented by freetempo_echo at 2008-09-28 23:08
ご無沙汰です!元e c h o i z mです。ブログ変えました。よろしかったらお越し下さい。
10年ほど前に僕も同じ風景を見ました。改めて素晴らしいですね。
あの空気が写し込まれていて感動しました。
あ、例の会案内しております。今回は名古屋です!
Commented by travelster at 2008-09-28 23:23
★saekoさん
このテガラランの美しさは絵画的でした。こんなに美しい棚田はちょっと見た事無いかもしれません。
チャナンのお供え物は信号待ちで売りに来たので、クルマのダッシュボードにも載せてましたよ♪途中で飛んで行ってしまいましたけど。(^^)
あれだけの量をハンドメイドで毎日作ってるのがびっくりですね。

宗教は何かと戦争の種ですが、ヒンズー教の国は総じて心が豊かで幸せが何かを知っているように思えます。
Commented by travelster at 2008-09-28 23:29
★echoizmさん
どもども!確認しておりましたよ。了解です♪
Commented by scottts at 2008-09-29 12:33
travelsterさんが行くところはどこも素晴らしいですねえ。
本当に「凄い凄い」ですよ。
Commented by jack at 2008-09-29 12:44 x
なんとも・・・・な風景で
朝日で緑が鮮やかに
空気も ぴ~~~んと張り

また行きたいところの一つが増えました。
治安を心配していましたが、
良いようで・・・・

カメラ バージョンアップ??
Commented by pond365 at 2008-09-29 21:50
棚田と椰子の木(?)は合いますね~
いや~ホントにきれいな緑と光です。
Commented by いっちー at 2008-09-29 22:54 x
言葉がでなかった。
ぜったい、近いうちに行くって思った
Commented by travelster at 2008-10-01 20:47
★scotttsさんへ
どこも素晴らしい風景です。(^^)
待っていてもなかなか出会えませんが探しに行けば応えてくれる気がします。
だから虜になってしまいます!(笑)
Commented by travelster at 2008-10-01 20:51
★jackさんへ
バリの治安は日本以上に良いですよ♪
時差も1時間で日本と同じリズムだったのが想像以上にラクでした。
一眼レフは去年のバルカン半島旅の時に新調しました。v(^^)
Commented by travelster at 2008-10-01 21:01
★pondさん
バリには棚田がいたるところにあってどこも違いがあって飽きなかったです。ここが一番写真映えする棚田でしたね。
日の出に起床し出かけたのですが、山間部は陽が差すのが少し遅いので丁度良いタイミングでした。
Commented by travelster at 2008-10-01 21:18
★いっちー
数日滞在したウブドからあっちこっち出かけたけど行けなかった場所がありすぎで・・・
そんなに大きな島じゃないのに懐深い〜〜よ。
1ヶ月くらい居ても足りないかも!
<< テガララン #2 - Tega... Ubud Cross Road >>