Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
四駆タクシーの中で・・・
ドバイ市街からバスに乗って約1時間あまり、100kmほど先のハッタ(GoogleMapに飛びます)に向かった。
b0108109_19353080.jpg
ハッタの全景。
何もない小さな町。
路地を歩いていると何処からとも無く子供が出てきて、、、
b0108109_19354228.jpg
取り囲まれてしまった!
外国人がめずらしいのか小さい子は皆しゃいでいる。
クーラーとパラボラアンテナが付いているので暑い日は家の中でサッカーでも観てるのかな!
この後学校に行って子供たちと戯れて居るうちにドバイ行きのバスを逃してしまった~!

メインストリートもこの通り、ほとんどクルマも通らない。
b0108109_19535596.jpg
今夜の宿もドバイに取ってあるのでここに泊まる訳にはいかない。手ぶらだし。。。
バスの時刻表も無いのでここを離れて散歩に行く訳にも行かず思案していると、
1台のトヨタピックアップトラックが目の前に停まった。
運転席からドライバーが「乗っていくかい?」と言う。
タクシーのようだ。ドバイまで行ってくれるそうなので値段を交渉。
100kmの遠距離である。メーターもないので白タクかもしれない。
だからちょっと躊躇したものの結局、乗せてもらう事にした。
b0108109_19361963.jpg
ドバイまで荒野の道をまっすぐひたすら走る。
b0108109_1936116.jpg
パキスタンからこのドバイへ出稼ぎに来ている彼。
(色々話した後快く承諾してくれたので一枚頂きました♪)


とても落ち着いた口ぶりでとつとつを話してくれる。
兄弟は8人で(パキスタンでは珍しくない)、3ヶ月後には祖国に帰り結婚すると言ってた。
8人も育てる事が出来る社会が(今の日本社会に照らして)信じられないのだけど!
日本の状況も言うと今度は彼が驚いていた。

ボクの携帯に気がついたので、見せてあげた。2つ折りが珍しいみたいで反応が面白い(^^)
「これタダやで〜!」
と言えば
「本当に?日本は良いところだな〜!」(^^)
って。(ちゃんと理由を説明したけど伝わったかな〜〜)
海外で携帯はあくまで話すためのツールであってメールの文化はあまりないから、絵文字も大ウケ。
デジカメの背面液晶もしかり、ケータイも強力なコミュニケーションツールだと思う。
ちなみに彼も携帯を持っていてメーカーはやっぱりノキアだった。

パキスタンは良いところで安全だと言う事を力説してくれる。
「しょっちゅう新聞載ってるけど・・・?」
「それは一部だよ。ほとんどは自然に囲まれて緑が多いし安全だよ」
と。そう言われるとパキスタンでもちょっと行きたい気がした。。。

荒野のまっただ中、ポツンと建っている小屋の前で彼はクルマを停めた。
「ちょっと15分ほどココで待っててくれる?」
そう言うと彼はクルマを降りて小屋に向かい、入り口で草履を脱ぎ、手を洗い、中に入って行った。
やっとそこが礼拝所ということが解った。
何を差し置いてもアッラーへの祈りである。
彼もまた敬虔なモスリムのひとりなのだった。

ほんの1時間の間にまた少し世界観が開けた気がした。
ニュースでは決して得る事の出来ない小さなことを旅は実感させてくれる。

2003.1. Hatta, U.A.E.

p.s.
今日はとても嬉しかった事があります♪
最近ひいきにさせてもらってる「クロアチアの碧い海の夢」のadriatic-seaさんが今週のピックアップブロガーに紹介されました〜〜!
写真はどれも旅欲をそそられてしまいます。

それから、その中でこのブログを紹介して下さっています♪(^^)/

決して旅の達人でもカメラのプロでもないけど(年中旅してると思われてます(^^))、好きで続けてきた自分の「旅」の記憶を何かの手段で発信出来たら・・・共感してもらえたらいいな・・・
と思ってこのブログを始めたのですが、そんな想いをポーンと投げ返してもらった気がしてとても嬉しいです。

ぜんぜんマメに更新出来ていませんが末永くおつきあいください。
これからもよろしくお願いします♪



■U.A.E & Oman '02 I N D E X

《アラブ首長国連邦》

- アザーンの国へ
- Deep blue
- ぴゅ~んと
- Dubai 'Twilight' Creek
- 夜の街を歩けば・・・
- The ghost agency site
- 災い転じて?!
- Dubai Now
- relax and walk in the early morning
- Gold Rush
- 四駆タクシーの中で・・・
- おそろい
- スパイスの香りから
- 魅惑のジュメイラ
- Monochrome Nostalgia
- デザートシティの微熱

《オマーン》
- Road to Muscat
- 神戸ミニチュア版?! マトラ
- 大晦日の夕涼み
- マーケットの男達
- Year of fears
by travelster | 2007-08-29 22:49 |  ├U.A.E. | Comments(6)
Commented by pond365 at 2007-08-30 21:37
「それは一部だよ。ほとんどは自然に囲まれて緑が多いし安全だよ」
周りからいつも危ないところって言われるから力説してたんでしょうね。
でもこれは本当にそうなんでしょうね。

traさん紹介されてますね。
traさんがピックアップされたときは私も紹介してください(^^
Commented by jack at 2007-08-31 07:34 x
タクシーでの会話も 良い感じで・・・

クロアチア
紅の豚のアドリア海ですね。
碧い海・碧い空   
クロアチアの方のブログ 少し拝見しました。
欧州の歴史も感じ、本当に 良い写真が、そそります。

真っ赤なプロペラ機で・・・・・・・・・夢

以前は 青い空は カルフォルニアだったけど・・・・今は・・・・・・・・
Commented by travelster at 2007-08-31 21:37
★pond365さんへ
なるほど。そうかもしれませんね〜♪
余計な事聞いたたかも・・・(笑)
是非はともかく日本は丸腰ですから、たいていの訪問先で好意的なのでそんな時、少し誇りに感じます。
ボクがピックアップされたら?覚えときます!(^^)
それまでお互い続けていたいね♪
Commented by travelster at 2007-08-31 21:38
★jackさんへ
ようやく朝晩涼しくなってきましたねぇ〜〜〜♪
先週、福井は小松でキャンプ。
その帰り、数年振りに九頭竜〜白鳥経由で帰りました。
岐阜も暑かったぁ〜〜!!
Commented by ck-photo at 2007-09-01 00:28
こんにちは〜。
ということで、
こっちのIDでもお邪魔虫いたしまする(笑)。

traさん(寅さん?笑)のブログ、
いつもとてもおもしろいですが、
特に今回の記事は読みながら
「うんうん、そうそう〜」と思うこと多し。
その全部を書くと長〜くなるので無理ですが(笑)。

新聞やニュースから作られる「イメージ」=その国、
ではないということ、ほんと、そう思います。

>そんな想いをポーンと投げ返してもらった気がしてとても嬉しいです。

おー、そう言っていただけるとなんだかこちらこそ、うれしいですよ。
だって、本当にそう思ったんだもん(笑)。
本当は写真だけではなく、
書かれていることも興味深いとか
アレコレ紹介しようかと思ったのですが、
わたしのうんちくよりもまずは見てみろと(笑)。
(traさんに内緒で勝手に紹介してよかったのかなあ〜と
ちょっとドキドキしましたが。爆)

こちらこそ、これからもどうぞよろしく〜。
これからもtraさんの旅の記憶のかけらを分けてくださいね。
Commented by travelster at 2007-09-02 22:48
★ch-photoさんへ
こんばんわ!
そぅ。本家の方もぼちぼち読ませてもらってまぁ〜す♪
タクシー小話も笑わさしてもらいました(^^)

chikaさんのブログ読んでると、高校時代の無二の親友を思い出してしまいます。
高校3年間いつもバイクで一緒につるんで旅して、美大(ボクは工学系)に進んで、いつからかエルサレムを真ん中にしたデカイ油絵ばかり描くようになって結局、札幌で牧師やってるあいつを。
油まみれになってオフロードバイクばかりいじってたヤツを開眼(?)させたエルサレムってどんなとこなんやろぅ・・・変わったやつやな〜(笑)と当時は想ったもの。
今でも不思議なところやけど。。。

こちらこそこれからよろしくーー!
<< おそろい Gold Rush >>