人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
The Narrows #1
ザイオン国立公園にはたくさんのハイキング&トレッキングコースがある。
地球の歩き方やインフォメーションセンターで貰ったガイドブックを読む。
1~2時間のぶらぶらハイキングコースから気後れしそうな程ハードな半日から1日のエクストリームなコースまで色々ある。

1,000~2,000m級の岩山を数時間~1日がかりのトレッキングまで難易度に合わせて選べる。
700mもある垂直の一枚岩を鎖を頼りにてっぺんまで登ることが出来るコースもあったりするのだから凄い!
どれも細かい規制はなく全て Your Own Risk で参加出来る。

数あるコースのうち迷いに迷った末に選んだのがナローズ(TheNarrows)のリバートレッキング。
切り立った峡谷の間を流れるひざ下くらいの川を、杖を突きながらざぶざぶと歩きながら遡上するのだ。
決め手はずばり「涼しそう&楽しそう」だから!(この日は暑かったし~!)

滝やよじ登らないといけないようなポイントはない。
ただ、川の両側が切り立った岸壁で上流に向かうにつれじわじわ~~っと狭くなっていくのが面白い。
上流のどこかで雨でも降ればこの地質だから鉄砲水で一気にどばぁぁ~~~っ!!!
とこのナローズに流れ込んでくるのだろう。
だから時々犠牲者がでるそうだ。大丈夫だろうか??

ナローズの入り口にポツリとこんな立て看板が。。。

ZION NARROWS HIKE
DANGER LEVEL
BEGINS 1 MILE AHEAD


"EXTREME"
"HIGH"
"MODERATE"
"LOW"



Extream(絶対キケン!)だけ赤で書いてあった。
こんな大事な事を80cm四方くらいの看板に書いてあるのだ。見逃さなくて良かった~♪
アメリカの旅を始めてから少し「注意力」がついたような気がする(^^)
能動的に、とでも言うのかな。。。四六時中、自発的に注意を払うようになったと思う。
この日は"LOW"だったので迷わずゴ~!

舗装された RiversideWalk という川沿いのトレイルを1マイルほど歩くとそこからがリバートレッキングのスタートだ。
川に入るのでショートパンツとストラップつきのサンダルがオススメ♪
バスツアーの旅行者はここで引き返すので歩いている人がグッと減る。
特に朝早いのでほとんど人が居なくなった。。

ここから先は施設も何もないので、気の済むまで上流に向かって歩いて行きまた引き返してくるだけだ。。。
どこまで行くかは全く各人の自由なのだ。
身ひとつで大自然にほっぽりだされると、強烈に心細くなる気持ちと同時にドキドキ感が入り混じってなんとも言えないシアワセな気分になる♪
往復で最大4時間、つまり片道2時間で必ず引き返すことを一応の目処にしてスタートした。

The Narrows #1_b0108109_10215677.jpg
歩き出して半時間そこそこのあたり。まだ川幅も広い。
川の流れも緩やかなので、右へ左へと浅そうなところを選びながら歩く。
ゴロっと岩が落ちて来たりしたらひとたまりもないなぁ~~!
The Narrows #1_b0108109_10552076.jpg
少しずつ川幅が狭くなってきたけど、まだまだ!
ただただ岩には圧倒されっぱなし。。。
The Narrows #1_b0108109_1023130.jpg
水は少し透明なカフェオレって色。
岩も良く見るといろいろな表情がある。
水の流れをすねに受けながら標準レンズに換えて撮影した♪
The Narrows #1_b0108109_12311145.jpg
陽が全く差さないので7月というのにとても涼しい。(この日は朝でも暑かったにもかかわらず)
夏でなければ寒くて、それより水が冷たくて歩けないのかもしれない。。。
The Narrows #1_b0108109_1054057.jpg

歩きだして1時間ほどの場所。いよいよ狭くなってきた!
前を見ても後ろを振り返っても誰も居ない!
なんで皆帰るのかな~?
そろそろヤバイ?
でも、この先もうちょっと見たいぞ~!

《Information》
Camera - Pentax MZ-3
Lens/Filter - SIGMA 18-35mm ASPHERICAL/Kenko C-PL(W) & SIGMA 28-70mm/COSMOS UV
Film - FUJIFILM PROVIA
Scanner - MINOLTA Dimage Scan Dual III
RetouchSoftware - Photoshop

view map

1999.7. The Narrows, Zion National Park, Utah, U.S.



■北米旅 ’99 I N D E X

《はじめに》
1ヶ月の有給休暇?!
北米紀行旅ルート ♪

《アメリカ合衆国》
- U.S.Highway #2
- レイク・マクドナルド・ロッジ
- シェ~ン、カムバック!
- U.S.Highway #2 その2
- 旅荷を解いて・・・

《カナダ》
- Love Vehicle
- Trans-Canada Highway#1
- Harley-Davidson@Banff
- レイクルイーズ
- バンフのお手ごろホテル - Banff International Hostel
- Holiday@Banff
- 粋なG.S.
- Banffに別れを告げ・・・
- じゃ、遠慮なく・・・

《アメリカ合衆国(再入国)》
- Republic
- Winthrop #1
- Winthrop #2
- 機上にて。。。
- 閑話休題
- 機上にて。。。#2
- Windy City
- シカゴの休日
- シカゴ点景
- Chicago 'L'
- Navy Pier
- got shrimp?
- 怪しくも魅惑的な・・・
- Bourbon Street
- GuestHouse@FrenchQuarter
- Fly to Southwest ...
- フェニックスのヒッピーおばさん
- 泣きたい気分。。。
- Navajo Nation
- 夕暮れ迫る。モニュメントバレー
- 神々の庭
- Twilight time
- YOU DON'T KNOW ME
- 絶壁の絶景!アーチーズ国立公園
- 何の店??
- Land Art - アーチーズ国立公園
- Color Country
- 峡谷の端にて。。。
- Best Scenic Route of UTAH state
- 宿1軒だけの町。。。
- 朝駆けのブライスキャニオン♪
- Dixies Afternoon...
- 絶対また来たい!と思った国立公園♪
- The Narrows #1
- The Narrows #2
- きらめく峡谷 - GLITTER GLUCH
- 世界最大のサボテン!
- アリゾナ州南部の小さな砂漠町。ツーソン
by travelster | 2007-02-24 12:12 |  └U.S. | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/6523094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pond365 at 2007-02-25 23:35
いや~ すごいところですね。
Extremeで行ってしまって、流されて、行方不明になっても、
誰も気づいてくれなさそう(^^;コワー
Commented by jack at 2007-02-26 17:08 x
猿の惑星・・・・・のイチシーンを思い浮かべる
または インディージョンズてな所かな!!

鉄砲水なんか出たら、逃げ場無し^^;
冒険好きのjackでも、心細く、引き返したくなりそうな風景ですね。

旅好きな人と話をしていたら
http://www.the-sky.jp/tariff/ITRTW_ONE.html
いま ファースト・ビジネス・エコノミーで
こんな価格帯で、世界一周出来るんですね・・・
2ヶ月ほど 時間があったら、ビジネスぐらいで、
世界一周をしたいものです。 有効期限 1年 一度考えてみようかな?? 
30から40万で エコノミーで・・・・・・学生に戻れれば
Commented by Lilywhites at 2007-02-26 22:34
うわ~、怖いです...いつも同じことを言ってしまいますが、広角の使い方がマジで達人、本当に最高に素敵です。
Commented by scottts at 2007-02-27 15:39
この壮絶といいましょうか圧巻といいましょうか、岩の巨大さと
岩肌の荒々しさはモノクロでこそダイナミックに表現できるのでしょうね。
川の静かな流れが余計にその凄さを引き立てていますね。
いや~本当に力強いすばらしい写真ですね。
Commented by travelster at 2007-03-02 22:05
★pond365さんへ
お返事遅くなってすみません。
こうして昔の写真を見てると改めて凄さを感じてしまいます。
Extreamで行っても誰も引き止めないと思うから余計にヤバイです。
危ない・・・危ない・・・
でもチャレンジする輩がいてそうな気がします。
Commented by travelster at 2007-03-02 22:09
★jackさんへ
お返事遅くなってすみませ~ん。
団塊の世代がリタイヤしてこれからは世界一周旅行はあたりまえになっていくと思います。
ボクがリタイア(出来たらいいけど。。。)するころは年金もないでしょうからおとなしくしていようと思ってマス。
でも航空運賃30万ならもろもろ含めてもなんとか手が届きそうかな。
Commented by travelster at 2007-03-02 22:12
★Lilywhitesさんへ
お返事遅くなってすみません。
自分で言うのもなんですが広角の方が合ってるような気がします。
だから逆に望遠で切り取ったいい写真を見ると凄く羨ましくなります。
Commented by travelster at 2007-03-02 22:15
★scotttsさんへ
お返事遅くなってすみません。
このときはとてもおだやかな川だったので足元の怖さは無かったですね~。
少しでも流れがきついと流される恐怖感ありますから。。。
日本にこんな場所があったらすごい人出で大変なことになるだろうな~とちょっと思いました。
Commented by nontan91 at 2007-03-03 02:04
いや~、これは川の水飲むってわけにもいかなそうだから、
水も持っていかないといけないんでしょうね、こんなとこ2時間歩くのは
かなりスリルもあるでしょうけど、フォトジェニックで素敵です^^
G・Wにウラジオストクに行く計画たててます^^
Commented by travelster at 2007-03-03 09:52
★nontan91さんへ
ウラジオに行くんですか~?もちろん新潟からフェリーですねっ!いいな~。
宿を取らないとビザが下りないとかで諦めたことがあります。(今はどうなんだろう?)
行きたくなるような写真たくさん撮ってきてくださいよ!
楽しみにしています♪
<< The Narrows #2 絶対また来たい!と思った国立公園♪ >>