人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2




朝、5時前に自然に目が醒めた。外がうっすらと明るい。
昨夜、眠りに着いたのが午前1時を回っていたので起きれるか?と思ったけど旅の朝は昔から目覚めがいいのだ。


寝坊せずに済んだので今日も18きっぷ旅に出かけることにした。
9月10日日曜日の今日は18きっぷ有効期限最終日だし!





飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_14344831.jpg


■北か?東か?大きな分岐点『豊橋駅』
岐阜駅へ向かう夜明けの街の風が少し涼しい。ようやく残暑も和らいできた。
昨日より一本遅い岐阜6時37分発の豊橋行き新快速に乗り込んだ。
昨日は豊橋駅でそのまま東海道線に乗り換えた。
今日は豊橋駅で飯田線に乗り換える。


東海道線は日本経済の大動脈を走る路線。
飯田線は日本を代表する秘境を走る路線。
この豊橋駅が分水嶺のように思えてしまう。


さてここから終着の天竜峡駅まで5時間半、停車駅48駅の旅。
豊橋発天竜峡行きの列車は2両編成で、ロングシートではなくクロスシート。
2両とはいえトイレが備わっているので安心!気兼ねなく水分補給ができる。
一番先頭座席が空いていたのでここに着席。
立っている人はおらず座席が8割埋まる程度の混み具合だった。


コロナ禍のさなかの2021年の春にクルマで飯田線沿いにドライブしながら飯田線を探索したのだけど、
(過去記事『狭路&険道を行く!JR飯田線の秘境駅&限界集落を巡るドライブ旅♪』)
電車だとどうかな?興味津々。



飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_14361227.jpg








■鉄分濃いな〜
時々、先頭にきて熱心に何かをメモっている人、
駅に着いたら必ずドアに行って駅名の看板(だけ)を撮っている人、
停車中に駅に降りて車両やら車両番号(キハとかモハとか・・・)を撮っている人、
撮るポイントが明らかに普通の観光客と違っていてマニアックで興味深く観察してしまう(笑


飯田線は秘境を走る路線だからか鉄分の濃い乗客が多い。
鉄分の濃さが全身から醸し出されていて見ていて景色と同じくらいに飽きないねぇ!






飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_14363630.jpg




豊橋駅〜天竜峡駅の区間内でも特に中部天竜駅から北がグッと秘境感が増す。⤴️⤴️⤴️
駅も当然無人駅で、駅前には人家が見当たらない深い峡谷をゆく。


鉄道に詳しい人たちはためらいなく駅のホームに降りる。
取り残されるのが心配で降りようという気にならないんだけど?


乗降客が少なく山あいなのになんでこんなに駅間距離が短く駅数が多いのか・・・
と思っていたらWikipediaに答えがあった。

駅はほぼ開通時の沿線集落ごとに設けられている。このため駅間距離が旧国鉄の地方路線としてはとても短いのが特徴で、全長195.7 km中に起終点を含めて実に94の駅がある。それらの平均駅間距離は約2.1 kmと大都市の市街地路線並みであり、また地方鉄道の簡易な規格で建設されたことから速度は低く、急カーブや急勾配も多く見られる。
引用:Wikipedia

なるほどね・・・
これだけ崖上に線路が敷かれていて災害もあるにも関わらず一年を通してほぼ運休なく事故なく正確に運行しているのが凄いとしか言いようがない。
日本に居ると当たり前のことだけど、保線作業のクオリティに頭が下がる。



飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_11243664.jpg



■遠かった『水窪駅』
2021年春のドライブでは通行止めやらでどうしても辿り着けなかった水窪駅。
来てみると駅から見下ろせば、眼下に広がる結構大きな街だった。


飯田線はほぼほぼ、天龍川沿いに走ってるのだけど、佐久間駅から大嵐駅の18キロの区間だけ山1つ分東側の街道を走っている。
佐久間湖(ダム湖)ができる際にこの区間がもろとも水没するので強引に線路を付け替えたんだとか。水窪駅もその区間の中にある。







陸路では大嵐駅〜水窪駅は狭小な林道しか通じておらず通行止めで水窪に辿り着けなかったが、鉄道だと大嵐駅からはほぼトンネルでわずか数分で着く。
道路と並行して走ってるとノロノロだけど、山越えは鉄道(飯田線)の圧勝だな〜〜


水窪駅を過ぎると、大嵐駅、小和田駅、中井侍駅、伊那小沢駅とクルマではアクセスしずらい秘境駅が続く。
特に小和田駅は道路が通じておらず、一番近い塩沢集落から徒歩で1時間かかる秘境駅の中の秘境駅。
電車に乗ってるとこの凄さはわからないかもしれない・・・






飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_14394310.jpg




飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_13434113.jpg

徒歩でしか行けない小和田駅

一番近い集落からでも徒歩1時間の秘境駅







飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_13465052.jpg
この男の子はホームに降りたまま乗ってこなかった・・・

ここで折り返して豊橋に戻るんだろうなー




飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_23424028.jpg

開発の手を寄せ付けない天龍川上流域



飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_23445154.jpg
天竜峡大橋


終着の天竜峡駅で岡谷ゆきに乗り換える。ここで降りる人多し!
20分の接続時間。ランチの時間もないな〜〜
駅弁があった頃が懐かしい!
駅弁復活してほしいね。


さて、ここから岡谷駅まで45駅、3時間20分の旅・・・まだ先は長い!!
飯田、松川、駒ヶ根あたりの飯田線は盆地の真ん中を通っていて市街地ばかりで景色は今ひとつ・・・
伊那盆地をゆく車窓から見える風景は秘境感はないので一番退屈だったかもしれない。


かたや並走する中央道は木曽山脈の裾野を通っているので傾斜する盆地の見晴らしがとてもイイ!
一般道も棚田のビュースポットがあちこちにあって長野県下でもお気に入りのエリアだ。





飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_23472167.jpg








飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_23460340.jpg



岡谷で中央本線に乗り換える。

塩尻を経由してここからはお馴染み木曽路。

国道19号と並行するので乗客も交通量も多くなる。





飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_23452743.jpg



ツーリングやドライブで長野エリアまで足を伸ばした帰路はたいてい国道19号。
そんなお馴染みの国道19号とさらにその下に流れる奈良井川や木曽川を眺めながら列車に揺られているのは実にオツなひとときだ。
中央線の下りに乗る時は向かって右側席がお約束。眺めがいい。


ちなみに奈良井川は、
西は伊勢湾に注ぐ木曽川と、
東に遠州灘に注ぐ天龍川に挟まれているのにもかかわらず、
日本海に注ぐ信濃川水系なので、
両側の木曽川&天龍川と流れが逆なのが興味深い川なのだ。


こんな複雑な地形、世界中探しても無いんじゃない?
山紫水明、奥深き山国&島国の日本。





飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_23434230.jpg






飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_23435384.jpg






飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_23442183.jpg


夜も更けて列車の旅も終盤・・・




飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_14413376.jpg


乗り間違えることなく乗り遅れることもなく無事全線走破♬




■総合計
総延長距離     524.7Km
駅数(出発駅含む) 142駅
乗車時間      約16時間13分

■停車駅
岐阜→尾張一宮→名古屋→金山→共和→大府→刈谷→安城→岡崎→幸田→豊橋
《豊橋で東海道線から飯田線に乗り換え&乗継時間14分
→小坂井→牛久保→豊川→三河一宮→長山→江島→東上野→田城→新城→東新町→茶臼山→三河東郷→大海→鳥居→長篠城→元長篠→三河→大野→湯谷温泉→三河槙原→柿平→三河川合→池場→東栄→出馬→上市場→浦川→早瀬→下川合→中部天竜→佐久間→相月→城西→向市場→水窪→大嵐→小和田→中井侍→伊那小沢→鶯巣→平岡→温田→門島→唐笠→天竜峡
《天竜峡で乗り換え&乗継時間23分》
→川路→時又→駄科→毛賀→伊那八幡→下山村→鼎→切石→飯田→桜町→伊那上郷→元善光寺→下市田→下平山→吹伊那→大島→上片桐→伊那→田島→高遠原→七久保→伊那本郷→飯島→田切→伊那福岡→小町屋→駒ヶ根→大田切→宮田→赤木→沢渡→下島→伊那市→伊那北田畑→北殿→木ノ下→伊那松島→沢羽場→伊那新町→宮木→辰野 →川岸→岡谷
《岡谷で飯田線から中央線に乗り換え&乗継時間36分》
→みどり湖→塩尻
《塩尻で中津川行きに乗り換え&乗継時間25分》
→洗馬→日出塩→贄川→木曽平沢→奈良井→薮原→宮ノ越→原野→木曽福島→上松→倉本→須原→大桑→野尻→十二兼→南木曽→田立→坂下→落合川→中津川
美乃坂本→恵那→武並→釜戸→瑞浪→土岐市→多治見→高倉寺→春日井→大曽根→千種→鶴舞→金山→名古屋
《名古屋で東海道本線に乗り換え&乗継時間10分》
→尾張一宮→岐阜

■18きっぷ旅的観点からの感想
こうして見ると停車駅数の多さもさることながら、乗り換え5ヶ所ともほぼ乗継ぎにロスのないところが凄い!
そしてこんなタイトな乗り換え時間の接続が全て何の問題もなく実現できている日本の鉄道ってやっぱり凄い!
また、どの列車にもトイレがあったから余裕で乗り換えれたと言う点も無視できない。


前日の洒落た車両の伊東線に乗ったので思うのだけど、
飯田線ももう少しブランディングしたら良いのになぁ・・・もったいないなぁ・・・
と思うところ。多額の投資をしなくても、
・車両の座席を観光用途に替える
・車両を秘境ムード溢れる外観にラッピングする・・・
これするだけで写真撮ってSNSにシェアする旅好き若者爆増→Z世代に集客効果絶大!じゃないか?


飯田線の特急『伊那路』の車両はどう見ても通勤列車・・・特急とは思えなくて。
ペルーレイルの『ビスタドーム』の様なイメージで秘境鉄道にしてはどうだろう?
旅好きシニア層が喜ぶこと請け合いだと思うのだけど!


飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_14325242.jpg





飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_14332464.jpg


飯田線制覇なるか?ちょっとハードな鉄旅。 2023夏18きっぷ旅 DAY2_b0108109_14334208.jpg


2023.09.10 Nagano Pref, JAPAN


■過去の飯田線沿線記事



by travelster | 2023-09-13 18:52 |  ├中部 - Chubu | Trackback | Comments(2)
Commented by 川越 at 2023-09-14 11:26 x
最終日もちゃんと起きて出掛けたんですね。最近の自分は以前なら何も迷いなく動けたことが、全然行動に移せなくなっていて、トラさんの行動力が羨ましいです。飯田線乗ってみたいなぁ。思うばかりなんですけどね。(^^;
Commented by travelster at 2023-09-14 13:01
★川越さん
僕も晴天の日に一日中家に居たりするのがだんだん苦にならなくなってきています!笑
昔なら天気良いと居ても立ってもいられず何かしら出かけてましたが・・・
代わりに読書量が増えました。

>最近の自分は以前なら何も迷いなく動けたことが、全然行動に移せなくなっていて
それは(ストイックに自転車で走り回っていた)川越さん基準だからじゃないですか?
普通に一般人並みになったのでは〜?本当にグータラな人が雪かきしたりキノコ採りに行ったりしませんから、、、全然大丈夫しょう〜〜!
<< 祝!『優勝』解禁!道頓堀ダイブ... 賑やかさを取り戻した熱海。黒船... >>