人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
ただただ美しかった夕刻の知床五湖 - Shiretoko five lakes landscape


/// Day #3 ///


サロマ湖のキムアネップ岬のキャンプ場で三日目の朝を迎えた。雨は上がっていた。
昨夜は層雲峡を発って、20時くらいに遠軽で夕食を摂り、大雨の中ここに着いたのは21時くらいだったかなぁ。
夕食前に管理人に電話を入れて遅くなるって伝えていたので急がなかったし、去年も泊まっていたので何も心配はなかった。





ただただ美しかった夕刻の知床五湖 - Shiretoko five lakes landscape_b0108109_08274169.jpg




ただただ美しかった夕刻の知床五湖 - Shiretoko five lakes landscape_b0108109_08002503.jpg

夜中の風雨に備えて炊事場を風除けにして設営

大きな荷物はまとめて炊事場へ避難させておいた

画面右手の茂みの向こうにサロマ湖が見渡せる

この寂寥感とわびしさが道東っぽくて好きなのだ


今日は知床半島へ!
去年は羅臼から北上して知床五湖に向かい、寸前で通行止めを食らって行けなかったので今日はリベンジ!

途中、網走刑務所に寄ったり、釧網線(網走駅←→北浜駅)に乗ってみたり、斜里の農道をドライブしたり。。。
大いに道草くって東へ向かったのだった。


■知床五湖
知床五湖には2パターンの歩き方を選ぶことができる。

1. 高架木道
  ・無料
  ・往復(1.6km)
  ・熊が侵入できないように散策路両脇にワイヤーが張ってある
2. 地上遊歩道
  ・有料(250円)
  ・大ループ(全周3.6km)と小ループ(全周1.6km)の2通りある。
  ・大ループ、小ループは熊よけのワイヤーなどはないので熊対策のレクチャーを受ける(約10分)
  ※無料の高架木道も含まれる。


ただただ美しかった夕刻の知床五湖 - Shiretoko five lakes landscape_b0108109_21051967.png


で、参加したのは地上遊歩道の大ループ。

結論から言うと、高架木道だけで良かった!
地上遊歩道は、五湖が見える(湖岸に出る)のは散策路の2割程度で、あとの8割はクマザサの中でした。(笑
植生についてもっと知識があれば、ガイドの説明を受ければ見方が違ったかもしれない。
事前レクチャーでは熊対策の話がメインだったこともあり、熊におびえながら、

「湖ちょっとしか見えへんやん・・・」
「五湖と言ってもどれも同じに見える・・・」

と思いながら歩いたのだった。
一方、高架木道から見る風景は断然ダイナミック!
視界がグッと開け、バリアフリーで歩き易く知床連山も一望!

地上遊歩道を歩いて良かったことは・・・
高架木道に出てきたタイミングが夕暮れの時間になったこと!
高架木道から見える風景が西に開けてるので、夕暮れの雲と、夕陽に照らされた知床連山が美しかった!


地上遊歩道の大ループ

ただただ美しかった夕刻の知床五湖 - Shiretoko five lakes landscape_b0108109_20454045.jpeg




ただただ美しかった夕刻の知床五湖 - Shiretoko five lakes landscape_b0108109_20454151.jpeg


湖岸に遊歩道は地形的に無理があるのかもしれないな〜



ただただ美しかった夕刻の知床五湖 - Shiretoko five lakes landscape_b0108109_20474578.jpeg



地上遊歩道の終わりに来てようやく視界が開けた!

地上遊歩道の終わりが、高架木道の終点になる。



ただただ美しかった夕刻の知床五湖 - Shiretoko five lakes landscape_b0108109_22185835.jpeg


右にチラッと見えているのが高架木道の終点


ただただ美しかった夕刻の知床五湖 - Shiretoko five lakes landscape_b0108109_20474548.jpeg


高架木道からの眺め


ただただ美しかった夕刻の知床五湖 - Shiretoko five lakes landscape_b0108109_20454165.jpeg

地上遊歩道を1時間半ほど歩いたおかげで

ダイナミックな夕空に出会えた!


ただただ美しかった夕刻の知床五湖 - Shiretoko five lakes landscape_b0108109_20474412.jpeg


この木道に沿って熊よけのワイヤーが張られている

これに比べたら地上遊歩道の無防備なこと・・・(笑



ただただ美しかった夕刻の知床五湖 - Shiretoko five lakes landscape_b0108109_20472313.jpeg



知床五湖の最も美しい時期の5月〜6月はまた、ヒグマの活動期。プロガイドを付けないと地上遊歩道は歩くことができない。
それ以外の季節だと、10月上旬〜中旬が紅葉の見頃で良いらしいので次に来るなら秋かなぁ・・・



2021.8.8 Shiretoko Five Lakes

■2021 夏旅 北海道道東
No.1 大雪山黒岳へ!!『神々の遊ぶ庭』と呼ばれる絶景をトレッキング - Trek Daisetsuzan National Park
No.2 斜里の広域農道探訪 - Rural landscape with straight farm road of Shari
No.3 ただただ美しかった夕刻の知床五湖 - Shiretoko five lakes landscape
No.4 知床旅情を味わう♫ 熊の入った家、瀬石の露天風呂 - Hidden charm of Shiretoko, Bear's guesthouse, 'Seseki' Wild hot springs.

■2020 夏旅 北海道道東
7ヶ月ぶりのフライト♪ 道東へ・・・ - Drive around Eastern Hokkaido



by travelster | 2021-08-31 21:07 |  ├北海道 - Hokkaido | Comments(4)
Commented by 川越 at 2021-09-01 10:24 x
地上遊歩道の終わり、光の具合も良くて素晴らしい眺めですね。
立派だけど、木道というのかな?熊除けの意味もあるんだろうけど、自然の中に違和感も感じてしまいますね。もちろんこんな歩道があれば安心して歩けるから、あれば何も考えずに歩いちゃうだろうけど。(^^;
Commented by travelster at 2021-09-01 15:11
★川越さん
手付かずなのがいちばん良いんでしょうけどネ。
自然へのインパクトが少ない建て方なのかなとは思いました。
地形のカーブに合わせた形状にしたらもっと自然な感じなのかも。

クロアチアにあるプリトヴィッツェ湖群国立公園を思い出しました。
ここも木道の遊歩道になってるんですが、地形のカーブに合わせて浮かせたような造りで、木道とそこを歩く人影が公園の風景のアクセントになってました。

”プリトヴィッツェ湖群国立公園”で画像をググってみてください♪

過去記事のURLも貼っておきます(httpつけるとエラーになるので外してます)
travelster.exblog.jp/8115887
Commented by 川越 at 2021-09-01 15:30 x
プリトヴィッツェ湖群国立公園、すばらしいですね。日本はまだこんなふうに楽しませる術を知らない感じですね。日本は環境が良すぎるのかな?過去記事も読みましたが、行ってみたくなりますね〜。
Commented by travelster at 2021-09-02 07:20
★川越さん
欧米の国立公園はビジターセンターも含め、よく考えられてますね。
日本は、元々そこに暮らしている人たちがいたりして全体的な統一感を出すのは難しいのかもしれません。
<< デザイン・機能・高コスパの登山... 斜里の広域農道探訪 - Rur... >>