人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
ずっと眺めていたい富士山。

2020年シルバーウィークは信州を予定していました。
けど、日本海側から中部エリアの天気が今ひとつなので行先変更!富士山麓エリアで二泊三日のキャンプにしました。

マイカーで移動&宿泊はキャンプなんてGoToの恩恵ゼロです。(笑
高速道路とかキャンプ場も割り引いてくれたらいいのになぁ〜〜



ずっと眺めていたい富士山。_b0108109_09165046.jpg

着いた初日はずっと吊るし雲がみれた。

富士山の上空は大気の流れが違うんだろうか。。。

時々変わった雲が出現する。街中でこんなのがみれたら大騒ぎです。


吊るし雲は、高い山の風下に現れます。上空の風に乗って流れる普通の雲と違い、いちど出現すると場所がほとんど動かず、「吊されて」いるように見えるので「吊るし雲」と呼ばれています。
つるし雲は「レンズ雲」と呼ばれる種類の雲の一種で、
 ・「上空の風が強い」
 ・「湿った空気が存在する」
という状況の時に発生しやすくなります。
上空の強い風が高い山を越えたり回り込んだりするときに風下側で空気の波が起こり、風が上昇している部分で雲ができるのです。

引用:Weathernews

ずっと眺めていたい富士山。_b0108109_09314560.jpg


1日中富士山麓から富士山を眺めていると雲の形が変わって面白い。

笠雲が出ると天気が崩れるらしい。

案の定雨が降ってきた。

レンズ雲の一種で,山頂付近に現れる笠か帽子をかぶせたような形の雲。気流が山を越えるとき,断熱冷却して雲を生じ,風下の山麓におりてくるときは断熱昇温して雲を消失させる。
そのため空気は常に入れ替っているが,雲は同じ場所にとどまっているようにみえる。
富士山のような孤立峰でよく発生する。

引用:コトバンク

ずっと眺めていたい富士山。_b0108109_09410179.jpg

やっぱり見上げる角度が普通の山と違う。高い高い!


ずっと眺めていたい富士山。_b0108109_09442933.jpg

20年振りくらい。白糸の滝。

自然はいつ行っても同じ姿で同じ動きでそこにある。

市街地だと行くたびにあれが無くなったりこれが出来たり全く変わったりするけどね。

当たり前なんだけど、変わることに慣れてしまって数十年振りでも変わらないものを見てなんだか新鮮に感じた。


ずっと眺めていたい富士山。_b0108109_10103976.jpg
田貫湖

ここからダイヤモンドヘッドが見れるらしい。。。

その数日間の日の出時刻はさぞカメラマンが多いだろうな〜



ずっと眺めていたい富士山。_b0108109_10174554.jpg

河口湖

裾野が雲で隠れても山頂が見えていると絵になるな〜〜!

三密じゃないサイトを見つけたので静かな朝でした。

朝目覚めてテントの中からずっと眺めていました。

日本で一番のヒーリングスポットかも。

日本で一番のパワースポットかも。

気持ちが浄化されていってます。


ずっと眺めていたい富士山。_b0108109_11005603.jpg

ここでどれほどの時間、富士山を眺めているんだろうか。

そして、同じような景色を何度もシャッターを切っています。(笑

デザインが気に入って付けたレンズフードにけられてるのはご愛敬。(笑



ずっと眺めていたい富士山。_b0108109_11035934.jpg


三湖台

青木ヶ原樹海。

ここだけは人工物が皆無。

マイナー処だけど眺望抜群です。

画面見切れてるけど左側が富士山です。

1200年前に溶岩が流れて元々ひとつだった奥の本栖湖と

精進湖(見えないけど)と手前の西湖を堰き止めたのがよくわかります。


ずっと眺めていたい富士山。_b0108109_12535900.jpg

R139号。朝霧高原あたり。

暮れた陽が山頂の雲に差してピンク色に染まっていた。


ずっと眺めていたい富士山。_b0108109_13001194.jpg

すっかり陽が落ちてしまった。

けど、帰るのに後ろ髪を引かれるほど

空が光を失うまでくっきり裾野が見えていた。


運転していたら住宅地の家の間から富士山の山頂が見えたので停車して、
嬉々としてカメラを向けていたら、通りすがりのダンプのドライバーが笑っていた。
「こんなところよりもっと見えるところがあるだろー」なんて思われてるのかも。。。


こっち(地元)の方に、「こんなところに住んでると富士山も見なくなるでしょう?」と訊いたら、
「そんなことないです。よく写真を撮りに行きますよ」なんて返事が帰ってきた。


テントを設営していた近くで、滞在中ずっとデリカが泊まっていて、還暦頃の方が車中泊されていた。
まぁ贅沢な車中泊です。リタイア後は時々海外に行って普段はこんな半ホームレスな生活がいい。


50を過ぎても富士山を見れたときの嬉しさは中学生の頃とち〜っとも変わらない。
新幹線に乗っても静岡を過ぎると左側の車窓が気になってソワソワするし。


やっぱり日本一です。富士山。


撮影:FUJIFILM X-T1 ここに掲載の画像は全てADV.モードで撮りました。


2020.9 SilverWeek Hokkaido, Japan


海外もビジネス渡航が徐々に解禁の流れになってきました。
観光目的も解禁されると世界中のフラストレーション溜まった旅好きさんがどっと出かけそうで航空運賃の入手も困難になりそうです。

このGoToのご時世、飛行機使ってホテルに泊まるのがコスパ最高なのでしばらくそれに乗っかろうかな。。。手軽に国内を飛べるのも今のうちなのかも。
普段の週末ならいけない場所へ飛行機で行ってホテル泊でもお値打ち。コレ活用しない手はないですね。



by travelster | 2020-09-27 08:22 |  ├中部 - Chubu | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/30233727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 川越 at 2020-09-27 18:36 x
さすがの写真ですね。同じフジのカメラを使っているのに、雲泥の差、月とスッポンとはまさにこれのことです。ところでADV.モードってなに?いまだにX-E3をまともに使えていないです。(^^;
Commented by travelster at 2020-09-27 20:55
★川越さん
X-T1もすっかり旧モデルなんですが、新しいのはドンドン出てくるのでずっとこれを使い続けるつもりです。(自分のスキルと感性の向上がんばります)
ドライブダイヤルにADV.があり、これに合わせるといろんなフィルターを選択できるんですが、
・トイカメラ
・ミニチュア
・ポップカラー
・ハイキー
・ローキー
・ダイナミックトーン ← この記事の画像はこのモードで撮りました。嫌いではないけどちょっと誇張されすぎかな。(笑
・ソフトフォーカス
・パートカラー
色々使ってみて遊ぶのは面白いのですが、
載せる時はどれかにしないと統一性が無くなってしまうので(個人的な感想)、
選ぶのに迷ってしまいます。
Commented by 川越 at 2020-09-28 08:00 x
ダイナミックトーンフィルターのことでしたか、そういえば色々なフィルターがあった気がしますが、まだ一度も使ったことがありません。多分カメラの機能の1/100も使えていません。もう少し使えるようになりたいけど、時間がかかりそうです。どうもありがとう。(^^)/
<< テント新調!ZANE ARTS... 7ヶ月ぶりのフライト♪ 道東へ... >>