人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』 - 'Cikubang railway bridge' is Oldest Highest Longest and Scared!!


インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』 - \'Cikubang railway bridge\' is Oldest Highest Longest and Scared!!_b0108109_12093061.jpeg

インドネシア到着2日目の平成最後の4月30日。
バンドンから列車に乗ってプルワカルタまで往復したのだけど、
座席の窓が開けれなかったのでどれがチクバン鉄橋かわからずじまいだった。。。
(その時の記事→天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪)

「やっぱりこの目でチクバン鉄橋を見たいっっっ!!」

令和になって3日目の5月3日、午後がまるまる空いたので、
午前中にカワプティにあるホワイトクレーターを見学した後、
GoogleMap を頼りにそのままレンタカーでチクバン鉄橋を見に行くことにした。

インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』 - \'Cikubang railway bridge\' is Oldest Highest Longest and Scared!!_b0108109_15161888.jpg


下道でバンドン市内まで戻り、そこから高速道路に乗りジャカルタ方面に向かった。
新東名や新名神のような高規格のこの区間は谷底からはるか上を山々を突き抜けるように走っている。
バンドン市内から半時間も走らない頃に、対向車線を隔てた右手の向こうに鉄道橋が見えた!

「あれだー!!チクバン鉄橋に違いないー」

と思いつつ写真をとる間も無く通り過ぎてしまった。
この区間は日本の高速道路よりもインターチェンジの間隔が長く出口が全然出てこない。。。

「あーこのままじゃ、ジャカルタまで行ってしまうよ。。。」

結局、次の出口は列車に乗った時に引き返した街と同じ街、プルワカルタだった。
ここで高速を降りて下道をバンドンに引き返す。


チクバン鉄橋の最寄りの駅、ササクサート駅までレンタカーでやっとの思いでたどり着いた。
さてここからチクバン鉄橋までどうやって行こうか?!


インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』 - \'Cikubang railway bridge\' is Oldest Highest Longest and Scared!!_b0108109_13310335.jpg

手段は線路の上を歩いて行くのがもっとも簡単。。。だけど難易度は最高度。。。
チクバン鉄橋にたどり着くにはもう一つの柵のない高い高い鉄橋を歩いて渡る必要がある。
これは絶対無理!列車の本数が少ないとは言え橋の上で列車に遭遇したらと思うとゾッとするし、落っこちたら確実に死ぬよ?



インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』 - \'Cikubang railway bridge\' is Oldest Highest Longest and Scared!!_b0108109_13482376.jpg

駅のホームで思案していたら、駅長さん?がチクバン鉄橋に行きたいのか?行きたいなら連れてってあげるよ!と。
代わりに若いセキュリティの文字が書かれたベストを着た職員がバイクで引導してくれることになった。やった!!ついてる!



インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』 - \'Cikubang railway bridge\' is Oldest Highest Longest and Scared!!_b0108109_13391688.jpg
黄色が高速道路。緑が鉄道。紫が連れて行ってもらったローカルな道。

すぐにササクサート駅の職員はバイクにまたがり、先導してもらった。
ササクサート駅から細い道をくねくねと下り、
山に囲まれた谷底の集落を横に通り過ぎ、未舗装の山道を上ったり降りたりすること數十分。

「これは自力では無理だわ。。。」

明るく広い空を見渡す視界がひらけたところに出た。
緩いカーブを描いた線路と、チクバン鉄橋が目の前に飛び込んできた。


インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』 - \'Cikubang railway bridge\' is Oldest Highest Longest and Scared!!_b0108109_13204539.jpg

長〜〜い!!柵もなにもない。先も見えない。向こうはバンドン方面。

はるか眼下の谷底に集落や棚田が。その落差は80mもある。

枕木の間隔は不均一で大人が落ちる隙間は充分にある。

手すりもないこの鉄骨の上を歩くなんて無理。。。

なんて思っていたら、地元のおっちゃんが、


インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』 - \'Cikubang railway bridge\' is Oldest Highest Longest and Scared!!_b0108109_12093061.jpeg


僕が立っている横からなんの躊躇もなくスタスタと渡り始めたよ。

眺めてると行けそうな気がするもののやっぱり無理!!

途中で列車と鉢合わせになったらどうするの?




インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』 - \'Cikubang railway bridge\' is Oldest Highest Longest and Scared!!_b0108109_16393556.jpg

もうあんなところまで歩いちゃった。。。



インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』 - \'Cikubang railway bridge\' is Oldest Highest Longest and Scared!!_b0108109_14452246.jpg

しばらく列車が来ないらしいので、

枕木に座りしばし景色を堪能♪

枕木の間隔が、、広い!!

左手には高速道路が。


インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』 - \'Cikubang railway bridge\' is Oldest Highest Longest and Scared!!_b0108109_13492668.jpg


ここまで連れてきてくれたセキュリティベストを着た若い鉄道職員。

昨日も日本のテレビクルーをここまで案内したんだって。。。その番組観てみたい。

もう少しするとあっちから(バンドン方面からジャカルタ行き)列車が来るよと教えてくれた。






3日前この列車に乗ったんだ。。。

橋は歩いて渡れなかったけど、

もう充分目的を果たせた!

チクバン鉄橋、凄い!



バンドンからプルワカルタまで、鉄道と高速道路の両方を体験できたわけだけど、
眼下の棚田の風景は高速道路の運転席からは見ることができない。
ゆっくりと風景を楽しむなら鈍行列車がいい。

線路が生活の一部になっているインドネシア。
線路の上を歩いてもお咎めなしっていろんな意味で凄い。

郷愁を誘う線路と風景が、映画「スタンドバイミー」のワンシーンのようだった。






実際にチクバン鉄橋を渡っているムービーが
YouTube に上がっていたのでシェアさせていただきました♪



2019.5.3 Cikubang railway bridge, West java, Indonesia


by travelster | 2019-08-25 15:36 |  ├Indonesia | Comments(0)
<< 2020 Winter Se... 幻想的!!バンドンから日帰りで... >>