人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia



天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_11041775.jpeg


クアラルンプールで乗り継ぎ、到着したのは

インドネシア人の避暑地『バンドン』

空港でレンタカーを借りて

そのまま鉄道駅へ。

天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_11065564.jpeg

ローカル列車のチケットを買ってその午後は列車の旅を楽しんだ。

インドネシアのジャワ島随一の風景を列車から眺める。

バンドンを出発してしばらく平地が続くが、

いくつかのトンネルを越えると、

山深い緑豊かな風景が!

天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_11075009.jpeg

バンドンを発ってジャカルタに向かう路線は

インドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を通るのだ。

このチクバン鉄橋を見るのが今回の旅の大きな目的のひとつ!

天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_11051497.jpeg

線路のはるか谷底に広がる熱帯雨林や

棚田を眺めながら片道約2時間半の車窓の旅♪

自由なクルマもいいけどのんびり過ごせる鉄道の旅も良い。

天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_11054895.jpg

乗組員に乗降ドアは開けてはダメよと言われたので

自分の座席で開かない窓の外を眺めていた。

森林と水田とトンネルが交互に続き

いくつか鉄橋を渡るんだけど、

どれがチクバン鉄橋なのか

わからずじまい!(笑

天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_11084944.jpeg

山を抜けてしまったようだ。

オーマイガー!!悲しすぎる〜〜!!

これが観光列車なら車掌からアナウンスがあって

スピードを落として景色を楽しませてくれるんだろうけど、、、

世界有数の高さとインドネシア最長の鉄橋なのに事も無げに素通り。。。

外国人の僕らからすればこの路線、観光ポテンシャル(高)なのに勿体無すぎっっ!

天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_11091215.jpeg

そして列車はガタゴトとのんびり水田の中を抜けていき、

天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_11100476.jpeg

この列車の終着駅、

プルワカルタに到着♪


天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_11114091.jpeg

ここで小一時間休憩し再び、

往きに乗った同じ列車に乗って

バンドンへと引き返したのだった。

天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_11110120.jpeg

往路の車内↑は静かだったけど、

復路の車内↓はインドネシアローカルの

賑やか〜!なおばちゃんグループと一緒になり

大賑わい〜!外国人が珍しいのか、おばちゃん同士で、

「隣座らしてもらい〜〜ひゃーあっはっはっは〜!」

「写真撮って〜〜!わたし達を撮ってや〜〜」

おばちゃんパワーに圧倒されました。。

天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_11133857.jpg

数日滞在してわかったけど、とっても写真撮られ好き!インドネシア人!



エアアジア416便がバンドン空港に到着したのは午前8時前。国際空港だけどコンパクトなローカルな空港だ。
4月最後のこの日、暑くなく寒くなく5月の日本のように爽やかだった。

とりあえず空港でSIMカードを買い、日本でWhatsAppでやりとりしていたレンタカー屋も現れて無事レンタカーを借り、
スマートフォンでGoogleMapを確認し空港を後にした。免許の提示も、クルマのボディチェックもありません。簡単^^

インドネシア名物の大渋滞を抜けて、バンドン鉄道駅へ向った。
しかしスクーターの多さったら。。。右も左も前も後ろもびっしり。
ハノイでも台北でもスクーターは多い気がしたけど全然比較にならないわ。

空港から距離にして5km。20分ほどでバンドン駅に到着。
エコノミー列車のチケット売り場のある駅南側の駅前にあるパーキングに車を預けた。

注意:
エクスプレス(特急)のチケット売り場入り口は駅北側(下の緑バルーン)で、エコノミー(鈍行)のチケット売り場は駅南側(下の黄バルーン)なので要注意!
最初に北側に行ってしまい、思っていた時刻表が駅構内チケット売り場のどこにもなく諦めかけた。。。
歩いて駅を横切って南側に行くことはできず、レンタカーに戻りぐるっと西に回って駅南側に行かなければならなかった。

天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_01074363.png

そして、駅構内のチケット売り場にたどり着くと、探していた駅名が書かれた時刻表を見つけた!(ヤッター!)

バンドン駅南側チケット売り場にある時刻表
天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_23370292.jpg
左の列が復路。右の列が往路。
赤枠がバンドン駅と目的の駅、プルワカルタ。


◆往路
バンドン(Bandung)    12:20発
プルワカルタ(Purwakarta)14:53着
◆復路
プルワカルタ(Purwakarta)15:45発
バンドン(Bandung)    18:22着

今日中にバンドンに戻るにはこの便しかなかった。

「この便で行こう!」
「そしてどこまで買うか?」

チクバン鉄橋の最も最寄りの駅はササクサート(Sasaksaat)。
ここで降りてバンドン方面に歩いて(乗ってきた方に戻る)チクバン鉄橋へ行くことも可能だが、

・線路の上を歩いて行く方法(だれも文句は言わない。ただ、安全柵もない鉄橋の上を歩く度胸が必要)
・線路を歩かずクルマで行く方法(かなりの遠回りで案内の看板もないため自力では無理)

の二択だ。どちらも厳しいなぁ。。。
それにササクサートの駅で降りると、復路の列車が来るまで4時間待つことになるのだ。
バンドン駅でこの時刻表を眺めながら悩んだ末、ササクサートで降りてチクバン鉄橋を見に行くことは諦めた。

「プルワカルタまで行こう!」

終着のプルワカルタなら1時間(=いい感じ♪)の待ち時間で引き返せばちょうど夕刻にバンドンに戻ってくる。
(エコノミー列車はプルワカルタまでだが、エクスプレスならジャカルタまで行く)



天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_00055504.jpg

片道8,000ルピー(約60円)

2時間半乗れてこの値段。激安です♪

天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_23373544.jpg

そんな顛末で無事切符をゲットして初日午後の半日は、無駄な時間を過ごすことなく存分に列車の旅を楽しむことができた♪
心残りは2度も通ったのにチクバン橋を見るどころかどこがチクバン鉄橋かもわからないままバンドンに戻ってきてしまったこと。

チクバン鉄橋を見てみたい思いが捨てきれず、チクバン鉄橋を遠くからでいいから眺めれたら。。。との思いで
日を改めスケジュールの空いた三日後の午後、ドライブがてらダメもとでチクバン鉄橋の近くを通る幹線道路を探しレンタカーを走らせたのだった。






そしてそして。。。




幸運が続き、遠くから眺めるどころか、

なんとチクバン鉄橋にたどりつくことができたのだった。

天空をゆく!鈍行列車でインドネシアの餘部鉄橋『チクバン鉄橋』を渡ってきた♪ - Traveling by train through Indonesia_b0108109_11183222.jpeg

つづき

インドネシアの餘部鉄橋?やっとたどり着けた『チクバン鉄橋』


2019.4.30 Bandung, Indonesia


by travelster | 2019-05-19 02:55 |  ├Indonesia | Comments(2)
Commented by 川越 at 2019-05-19 16:56 x
相変わらずのアクティブさですね。一緒に連れて行って欲しいくらいです。ところでおこおばちゃんたち、まるで大阪のおばちゃんたちのよう。実はとらやヒョウ柄の人もいたんじゃないでしょうか?ところで列車のダイアは時刻通りなんですか?
Commented by travelster at 2019-05-21 07:52
★川越さん
久々の投稿です。(^^;
お変わりないですか?

このおばちゃんたち、元気でしたわ。パワーに圧倒されました^^
列車のダイヤは時刻どおりでした。エアコンは家庭用の白物家電が設置されていました。(笑
窓が開けれなのが残念だったけど。
これからしばらく載せていきますね。
<< 電気もガスもない。文明を拒否し... 「月世界」と呼ばれる神秘的なエ... >>