人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
バイクタクシーで眺望抜群のマンダレーヒルへ♪





バイクタクシーで眺望抜群のマンダレーヒルへ♪_b0108109_16303651.jpg
足元に注目!
パゴダでは土足禁止なのではだしなのだ






バイクタクシーで眺望抜群のマンダレーヒルへ♪_b0108109_1631293.jpg







バイクタクシーで眺望抜群のマンダレーヒルへ♪_b0108109_16294384.jpg
夕陽に照らされたエーヤワディー川(イラワジ川)







バイクタクシーで眺望抜群のマンダレーヒルへ♪_b0108109_16301373.jpg
南側(左側)がマンダレー市街




バイクタクシーで眺望抜群のマンダレーヒルへ♪_b0108109_14323924.jpg
堤防のないゆったり流れる川のは東南アジアらしい風景のひとつ



上海と昆明の乗り継ぎですったもんだしたけど、マンダレーにはなんとか同日の夕刻に到着。
空港を出ると「市内まで?乗せるよ」と、最初に声をかけてきたドライバー。
「歯が黒い〜!」がミャンマー人の第一印象。噛みタバコで歯といわず口の中が赤茶色でギトギト。(>_<)


乗り合いバン(車種はTOYOTA HIACE VAN←ミャンマーのバンはほぼこのモデルだ)に乗り込み、
しばらく待ってると欧米人バックパッカーと地元っぽいミャンマー人の女の子が乗って来た。
ミャンマーの女の子は頬にタナカを塗っていた。ミャンマーに来た実感が湧いて来た。


人数の集まりが悪いので「追加料金払ったら出れるぞ」と言われたけど「待つよ」と答えた。(もう払うもの払ったんだし)
数分待つと、合わせて6名ほど集まったので待ってゴー♪


マンダレー空港からマンダレー市街中心地までは約40kmで1時間あまり。
真っ黒な偏光フィルムが貼られた窓を少し開けて風を入れた。
真っ平らな大地に緑がずっと地平線まで広がっている。
雨の天気予報だったけど抜けるような青空の快晴!
「ハロー!マンダレー」心の中でそう呟いた。


マンダレーはヤンゴンに次ぐミャンマー第二の都市。半時間ほど走ると市街地に入ってきた。
高層ビルは無いものの、とにかくだだっ広く同じような建物が規則正しく並んでいた。
街を眺めていると、通り名には1刻みで数字が振られていることに気がついた。


バンに乗るときドライバーにホテルの名前を告げてGoogleMapを見せると、「80-81,29」
こんな感じで、なにやら番号をメモっていたのだけどやっと意味がわかった!


道路は京都市街のように等間隔に碁盤の目になっていて、
・東西道路は北から南に1から45まで
・南北道路は東から西に46から90まで
通りの番号が振られている。


だから、「80-81,29」だったら南北の80thと81thの通りの間の東西の29stに面した場所、ってワケ!
「なるほど〜」これは一発だわ。
合衆国のインターステートハイウェイと同じルール。合衆国はさらに奇数と偶数を東西と南北を区別している。
京都の「上ル、下ル、西入ル、東入ル」より分かり易いかも!(あ、京都の通り名は粋なのでこれはこれで好きです)


バイクタクシーで眺望抜群のマンダレーヒルへ♪_b0108109_12425013.png
GoogleMapにもその番号が記載されている



ホテルの前で降ろしてもらい、フロントでチェックインを済ませて、マンダレーヒルの行き方を訊いた。
マンダレーに着いたら一番行きたかった場所で、のんびりしてると夕暮れのマジックアワーに間に合わない!


「モーターバイクで乗せて行ってくれるって?」それは嬉しい。バイクなら渋滞も関係なく確実に着く。
部屋に荷物を置きにだけ行ってホテルの前で待ってるとすぐに来てくれた。若い気の良さそうな兄ちゃんだった。
ヘルメットをかぶり後ろに乗せてもらって一路、マンダレーヒルに向かったのだった。





日本のようにキープレフトはないので小排気量のバイクも車線の真ん中を走る

右は王宮のお堀。タイのチェンマイのようだ。





後部座席の横ノリが上手♪

ひっくり返りそうで見てられない(>_<)






なんとか日没に間に合った!

この夕暮れを眺めて、やっと旅が始まった気がした。


バイクタクシーで眺望抜群のマンダレーヒルへ♪_b0108109_17121369.jpg

マンダレーはミャンマーのほぼ中心にある。



難民問題でニュースになっているイスラム教徒のロヒンギャのいるラカイン州はここから西へ300kmほどの西海岸地域。
仏教徒のビルマ族が大多数のマンダレーにいるとこの深刻な問題も他国の出来事のようだった。



2017.8.12 Mandalay, Myanmar



■ミャンマー旅の記事一覧
【未分類】中国東方航空の乗り継ぎで上海空港を彷徨う・・・
【マンダレー】バイクタクシーで眺望抜群のマンダレーヒルへ♪
【バガン】バガンのパゴダ(仏塔)巡りに便利な小さな町。ニャウンウー - Nyaung U
【バガン】バガン随一の眺望!サンライズ&サンセットの名所『シュエサンドーパヤー』へ電動バイクで行ってみた
【バガン】Explore Old Bagan holidays !
【カロー】山あいの小さな町、カローでのんびり過ごす - The former British Colonial Town -
【インレー湖】インレー湖へ注ぐ運河の町。ニャウンシュエ - Nyaung Shwe -
【インレー湖】雨中のインレー湖ボートトリップ♪ - Exploring Inle Lake in a Rainy Day
【マンダレー】ピクチャレスク! 世界最長&最古の木造橋『ウーベイン橋』の夕暮れ - U Bein Bridge at dusk
【マンダレー】圧巻!食事に向かう僧侶の大行列。ミャンマー最大規模にして最高位の僧院『マハーガンダーヨン僧院』
by travelster | 2017-09-09 23:02 |  ├Myanmar | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/27089507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 川越 at 2017-09-10 17:09 x
こういうスクーターに乗りながらのビデオっていいですね、見飽きません。
Commented by travelster at 2017-09-10 23:19
★川越さん
意外と臨場感あるでしょう〜?
乗り合いバスだとこのアングルは無理なのでバイクの利点ですね♪
Commented by inamoku at 2017-09-12 09:17
あ、ミャンマーってタイの都市の一つだと思ってた。(^_^;)
ヘルメットは任意なんですね。
ユルい感じがいいなぁ。
Commented by travelster at 2017-09-12 19:31
★いなやんさん
やっぱり存在感ないのかな〜?ミャンマー(笑

行く前にネットでチェックしたところ、
1.外国人のバイク運転
 →マンダレーはNGらしい。バガンはOK(バイクレンタル屋も多い!)
2.ヘルメット着用義務
 →バラバラ。でも外国人は被った方が無難。
だそうで。実際行って見たら確かに!って印象でした。
ミャンマーは警官の数が少ないそう。
交通量の多い街でも信号もほとんどなく!ちょっとタイムスリップしたような感覚♪でした。
<< バガンのパゴダ(仏塔)巡りに便... 中国東方航空の乗り継ぎで上海空... >>