人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
中国東方航空の乗り継ぎで上海空港を彷徨う・・・
今年の夏旅はミャンマーに行ってきました。
ミャンマーは初訪問です。

ミャンマーへは中国の激安エアライン『中国東方航空』を利用。こちらも初体験!
乗り継ぎがありえないほど悪いのですが、他の航空会社と比べて安かったので決めました。


旅程は、
関空→上海(乗り継ぎ2h30m)→昆明(乗り継ぎ10h10m)→マンダレー
と中国国内で2度乗り継ぐ旅程で、行き先が東南アジアなのに合計フライト時間20h20m!

結論を先に書くと、上海で機体燃料漏れという理由で同日に飛ぶことができなくなり、
上海21:05発→翌朝7:00発→8:00発
となってしまいました。


関空から上海へのMU748便はほぼ予定通り上海に到着。
上海浦東国際空港で入国手続きを済ませます。

そして昆明への搭乗手続きを済ませ、乗り継ぎの出発ゲートで搭乗を待ちます。昆明へも同じMU748便です。
人民元のキャッシュも関空で少し替えていたので水や軽食も買うことができました。
ここまでは順調だったのですが。。。

搭乗時刻の21:05になっても手続きが始まらず、遅延のアナウンスもないので待つしかありません。
気がついたら、搭乗時刻のサインが消えています。

「一体、どういうこと??」

他の乗客から聞くところによると天候不順のため少し遅延が生じているとのこと。
理由も判明して、「仕方ない」とこの時は思っていたのですが、

搭乗時刻から1時間が経過した頃、機体燃料漏れのため翌朝出発と決定との事。(泣
直接係員に聞かないと何も知らせてもらえません。中国人乗客は怒って係員に食ってかかってました。

中国東方航空の乗り継ぎで上海空港を彷徨う・・・_b0108109_13515941.jpg
さらっと貼られたこのお知らせ。
この時点で搭乗ゲートに四時間。


ここからが大変。。。
トランジットではなくトランスファー(荷物の受け取り&預け入れ、再搭乗手続きが必要)になるため、
中国東方航空748便の乗客たち全員(約40名ほど??)夜中の上海空港さまよいツアーが始まります。

1人の中国人スタッフが引率するのですが、事前説明を一切せず空港内をスタスタと移動するので乗り継ぎ客は右往左往、迷子続出です。(僕もそのうちの一人)

→搭乗ゲートからフロアを移動し預け荷物をピックアップ。(僕は預けませんでしたが)
→再び閑散とした夜中の空港内をゾロゾロと移動しチェックインカウンターにて翌朝便の搭乗手続きを行ってチケットを貰います。
→そしてまた何の説明もなく空港から出てバスに乗せられドナドナ気分で上海郊外のホテルへ移動。(時刻は午前2時前。やれやれ。。。ようやく落ち着きました)

ホテルに到着後もスタッフからは正式に翌朝の集合時刻も周知されず、乗客同士で確認しあう始末。(笑
ホテルではカップラーメンのウェルカムサービス(笑)がありました。深夜で食べる気にもならず受け取りませんでした。

中国東方航空の乗り継ぎで上海空港を彷徨う・・・_b0108109_13305897.jpg
上海郊外の周りに何もないところで降ろされ、、、
いかにも中国!なホテルに到着。
假日酒店?ホリディイン??

中国東方航空の乗り継ぎで上海空港を彷徨う・・・_b0108109_13522235.jpg
ワンフロアにいくつかのゾーンが分かれている。
迷いそうになるくらいの部屋数。
そして寒々しい。。。

中国東方航空の乗り継ぎで上海空港を彷徨う・・・_b0108109_13524322.jpg
悪趣味バスルーム。。。



→翌朝4時にロビーに集合し、バスで再び空港へ。(ほとんど寝れません〜)
→搭乗手続きは前夜に済ませているので、セキュリティチェックを通って搭乗ゲートへ。
→またまた7時搭乗が8時搭乗に遅延。。。ようやく上海を離陸。


結局、空港に9時間、ホテル移動(往復)1時間半、ホテル滞在わずか2時間半。
トランスファーではなくトランジットであれば、ずっと搭乗ゲートに居れば済んだのかも。
微妙な空き時間です。。。でも、搭乗ゲートに居たのにホテルには来(れ)なかった人もいたなぁ。。。


中国東方航空の乗り継ぎで上海空港を彷徨う・・・_b0108109_22124384.png
関空→上海→昆明→マンダレーは西南西にほぼ一直線。
(それぞれブルーのバルーンで示しているところ)



後から聞いた話、中国東方航空は遅延はよくある事、なんだとか。安さと利便性、どちらを取るかですね。
段取りが悪く説明も何もありません。ほんと、ありえない不親切さです。
早め早め、確認に確認を重ねた行動が大事だと思いました。


当初の旅程では昆明で乗り継ぎ10時間10分だったのが押して押して、2時間の乗り継ぎになりましたが
昆明で中国出国の手続きを行いマンダレー行きのMU2579便は無事、離陸し昆明を後にすることができました。

結局マンダレーの滞在時間は削られなかったので結果オーライだった。だから、
「絶対、中国東方航空なんて利用しないッ!」って思ったけどまた使うかも^^


そのうち、こんなトラブルにも慣れてしまいそうなのが怖いです。


★教訓三か条★
其の一:
中国を経由する場合、乗り継ぎでも必ず数千円の人民元キャッシュを持っておくべし!(さもないと水すら買えません)
其の二:
最終目的地到着後の予定は半日程度の遅れを見越して余裕をもたせておくべし!(空港でWifiは使えないので連絡もできません)
其の三:
常に人の動きの変化にアンテナを張っておく事。航空会社からの説明はないと思え!(変更が生じても誰も教えてくれません)



2017.8 Shanghai, China


■ミャンマー旅の記事一覧
【未分類】中国東方航空の乗り継ぎで上海空港を彷徨う・・・
【マンダレー】バイクタクシーで眺望抜群のマンダレーヒルへ♪
【バガン】バガンのパゴダ(仏塔)巡りに便利な小さな町。ニャウンウー - Nyaung U
【バガン】バガン随一の眺望!サンライズ&サンセットの名所『シュエサンドーパヤー』へ電動バイクで行ってみた
【バガン】Explore Old Bagan holidays !
【カロー】山あいの小さな町、カローでのんびり過ごす - The former British Colonial Town -
【インレー湖】インレー湖へ注ぐ運河の町。ニャウンシュエ - Nyaung Shwe -
【インレー湖】雨中のインレー湖ボートトリップ♪ - Exploring Inle Lake in a Rainy Day
【マンダレー】ピクチャレスク! 世界最長&最古の木造橋『ウーベイン橋』の夕暮れ - U Bein Bridge at dusk
【マンダレー】圧巻!食事に向かう僧侶の大行列。ミャンマー最大規模にして最高位の僧院『マハーガンダーヨン僧院』
by travelster | 2017-08-26 19:34 |  ├Myanmar | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/27072896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from write an essay at 2021-11-19 21:00
タイトル : write an essay
中国東方航空の乗り継ぎで上海空港を彷徨う・・・ : travelster... more
Commented by bashlinx at 2017-08-28 06:52
安いものには何かあるという事ですなʅ(◞‿◟)ʃエクアドルから帰ってきた時はちゃんと説明もありホテルも用意してくれたけど さすが中国クオリティですね〜(^_^)a
Commented by travelster at 2017-08-29 20:13
★bashさん
ChinaEasternはLCCではないのに、
・LCC並の料金
・荷物重量制限(追加料金)が緩い
・ちゃんと機内食が出る(LCC比)
・シートが広め(LCC比)
・ブランケット無料(LCC比)
・飲み物も無料
なので好む利用客も多いみたいです。
このアバウトなところも中国クオリティなのかな(笑
Commented by inamoku at 2017-08-30 15:46
いやいや、サスガに旅慣れてますね。
私なら30分でアウトです。(^_^;)
まぁ、こんな旅は思いつきもしませんが。(笑)
これからは楽しいことばかりだったでしょうか?
続きを楽しみにしています!
Commented by travelster at 2017-08-30 22:41
★いなやんさん
リッチなら直行便でサクッと行けるんでしょうけど〜
変なところで旅慣れてしまいそうです(笑

ミャンマー入りしてからはほぼほぼ順調〜でした♪
メシは当たり外れの差が大きかった・・・

ぼちぼち更新していきます!
気長にお付き合いください♪
<< バイクタクシーで眺望抜群のマン... 光が降り注ぐ!神秘的な洞窟『カ... >>