Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
自転車で巡ったアンコールワット遺跡群 - Angkor ruins -
b0108109_1292892.jpg







b0108109_1237550.jpg








b0108109_12432683.jpg







b0108109_11472781.jpg







b0108109_11521486.jpg



シェムリアップから自転車で日帰りで回れるエリアにあるアンコールワット遺跡群は
メジャーな遺跡が集まっていて、ツアーが組まれているコースも多く人気が高い。
でもでも、ゆったりと自分のペースで観て回るなら自転車かトゥクトゥクがいい。←絶対!


旅の前半を付き合ってもらったガイドのvisaに勧められて買ったのが一週間通しのチケット。
現地の物価感覚だと割高にも思える値段。。。とあってか遺跡群と道路はとても手入れが行き届いていた。



b0108109_11222541.jpg


そしてパブストリートの旅行代理店で借りた自転車で、

旅の後半をシェムリアップ近郊で過ごした。


b0108109_1126221.jpg



地図に載っている遺跡以外に民家や土産物屋の類いは一切無くって、バスが通る道からはずれれば、

よく言えばのどか。。。悪く言えばちょっと気味悪いくらいに森が広がっていて誰も居ない。

寂しい遺跡に行くと突然アボリジニのような子供達が出て来てびっくりさせられた。

家らしき建物も見当たらず森に住んでるのか、遺跡を遊び場にしてるのか。。。

金を無心するわけでもなくちょっと距離を置いて無邪気に友達と遊んでる。

「子供かぁ」とホッとしつつ、悪意ある奴だと危ない状況かもと感じた。

独りのときはまったく人の気配がない道へは行かないようにしたのだ。

逆に観光客で溢れかえっている遺跡もこれまた近寄り難くて。。。




b0108109_1115913.jpg


早朝の日の出は曇り空で成果なし。

燃えるような赤い朝空を見てみたかったな。



b0108109_1101344.jpg


BAYONへつづく道。

メジャーな遺跡なのでトゥクトゥクやクルマの往来はそこそこある。




b0108109_11134690.jpg


旅先の朝の日差しを受けながら動き出す街を眺めて観察するのが好きだ。

シェムリアップの街を15分も走れば森に差しかかる。

遺跡へと向かうアスファルトの道路は、

ゴミひとつ落ちていなくて快適。


b0108109_11141685.jpg


CyberShotとK5、緩衝材がわりのタオルと着替え、それに

サンオイルを入れたバッグをハンドルにくくりつけて。

iPhoneと小額のお金と地図をポケットに忍ばせて。

フレームにはミネラルウォーターのペットボトル。

↑無理矢理挟み込んでたのでよく落とした(笑



b0108109_11152215.jpg






b0108109_11144656.jpg


いちいち乗り降りのロック、アンロックが不便だと思った。

クルマみたいにキーレスエントリーなアイテムがあったら絶対売れるよな〜



b0108109_11161623.jpg







b0108109_1117359.jpg







b0108109_11182121.jpg






b0108109_1119444.jpg







b0108109_11193785.jpg







b0108109_11195918.jpg







b0108109_11205011.jpg
シェムリアップ滞在中のGH
「U-DARA」






b0108109_11232665.jpg







b0108109_1123482.jpg


アンコール遺跡群へは自転車がお勧めなのは、

有名な遺跡にはツアーバスがどっっっ!!と押し寄せ、

大渋滞な上にチケットを買うのも長蛇の列って言うのが理由。

観光客の多さが雲泥の差なのもアンコール遺跡群ならでは。。。だ。

少し手間を加えて自分で旅をコーディネートするだけでグッと自由な旅になる。


b0108109_12591727.jpg


そんな感じだったからボクは早朝と夕方に移動&遺跡巡りにあてて、

日差しのキツい正午2時間前後は遺跡の芝生で寝て過ごした。

カラフルなハンモックで昼寝している現地人がけっこう居て、

旅にハンモックもいいなぁ。。。と思ったりしたのだった。




2014.4.29〜2014.5.5 Angkor, Siemreap, Cambodia


《 カンボジアの旅記事一覧 》
【Summary】Golden Week 2014
【Cambodia#1】後部座席が指定席!
【Cambodia#2】爽やかすぎるカンボジアの田舎道を行く
【Cambodia#3】カンボジアのマチュピチュ プレアヴィヒアから眼下を望む - Preah Vihear Temple -
【Cambodia#4】プレアヴィヒア遺跡にて - Preah Vihear Temple -
【Cambodia#5】夕呑み夕涼み。。。
【Cambodia#6】Go back to Siem Reap
【Cambodia#7】密林の奥にたたずむコーケー遺跡に登った - Koh Ker -
【Cambodia#8】究極の廃墟?!ベンメリア遺跡 - Beng Mealea -
【Cambodia#9】湖の水かさが10m増減する集落へ行く - Kampong Phluk -
【Cambodia#10】アンコールワット - Angkor wat -
【Cambodia#11】シェムリアップにタイムズスクエア?! - Pub Street -
【Cambodia#12】自転車で巡ったアンコールワット遺跡群 - Angkor ruins -
【Cambodia#13】Siem Reap Snap Shots
【Cambodia#14】エキサイティングなアトラクション!ジープ・ツアーでトンレサップ湖へ - Kampong Khleang -
by travelster | 2014-12-23 15:04 |  ├Cambodia | Comments(4)
Commented by bashlinx at 2014-12-24 10:21
自転車でまわるの楽しそうですね^^体力があるうちに行かなくちゃですなぁ・・・・
Commented by selfish555 at 2014-12-24 10:42
アンコールは死ぬまでに行きたいトコの一つです。
Commented by travelster at 2014-12-27 10:15
★bashさん
時間に縛られないのが一番良かったかも。自転車^^
フラットなので体力なくなっても大丈夫です。
歳取った頃には電動自転車になってますよ(笑
Commented by travelster at 2014-12-27 10:17
★かっちゃん
死ぬまでに行きたい所やまほどあるな〜^^;
これからは子連れで楽しめるとこやね!
<< 【台湾】弾丸トリップ。台北&九份 Osaka Night View >>