Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
インドの黄金の街を歩く

黄金の街。ジャイサルメールの城壁の中を歩いてみた。

城壁の中はそんなに大きくないので迷う事もない。

中世の雰囲気がそのままに保たれた町並みは、

とてもクリーンでアーティスティックだった。

ここは散策が一番のアクティビティかも!


b0108109_8484927.jpg
- KEEP JAISALMER CLEAN -


城壁の中のほとんどは石畳で車が通れない程の道幅。

だからぶらりと歩くにはもってこいの場所なのだ。

店先で「ちょっと見て行ってよ!」と言われ、

「町の中をぐるっとしたらね!」って言って

また戻ってきてしまうのはご愛嬌。笑



b0108109_11454233.jpg



サリーをまとったインド人ファミリーの観光客がとても多かった。

彼女達にとってもジャイサルメールは、人気の観光スポットなのだ。

サリーという民族衣装は決して観光客向けでなく普段着なのがいいなぁ!



b0108109_8492233.jpg



城壁内のいたるところに描かれたウォールペインティング。

もはやアートの域に達している大胆なものから緻密なものまで。

建物しかり。この辺りのインド人は器用で緻密で根気があるのかも。


b0108109_850524.jpg



城壁内のいたるところに点在するハーヴェリーや宮殿の彫刻は必見。

あまりに多すぎて見慣れてしまうけど、よくよく見れば繊細な彫刻だ。

中世のものとは思えないほど保存状態が良くタイムスリップした気分。

普通なら崩れ落ちても不思議ではない程、何世紀もの時を経ている。

う〜〜ん、昼間見ても実に神秘的。中も見せてもらえる。

インテリアはゴージャスそのもの。入ってみるべし!



b0108109_10323248.jpg







b0108109_9125818.jpg



インド製のバイク、ローヤル・エンフィールドはラダックツーリングの心強い相棒だった。

ウィンドウシールドとホワイトカラーが珍しい。カラーバリエーションは実に豊富。

歳をとって、重いハーレーをもて余すようになったらこれに乗りたいぞ〜!

オンロードの乗りやすさは勿論、オフロードでも扱いやすい350cc。

加えて英国発祥で端正さを備えたフォルム。すっかりお気に入り♪



b0108109_8512072.jpg
- 預言者の像 -


外は灼熱&乾燥の40度オーバー砂漠気候地獄。

仏像を鑑賞するフリして屋内に逃げ込んだ。笑

日陰はエアコンが効いているように涼しいのだ。



b0108109_8515817.jpg



太陽の陽を反射したシースルー素材が、

全てが黄褐色の街に彩りを添えていた。



b0108109_8525249.jpg



でこぼこの壁に、かなり正確なラインで描かれてる。

落書きも欧州の観光地に比べたら雲泥の差。

ほとんど見当たらなかったなぁ。。。

広告はインドのBinaniって会社。

巨大なグループ企業だった。


b0108109_8575425.jpg



錆び具合がなんともいい味な、

城壁の外にあった放置されたトラクター。

湿気の多い日本ではこのような腐食はしないのだ。



b0108109_8584634.jpg



カメラを向けられても愛嬌のあった若者4人組。

危なそうな国や地域だったらカメラを出すのもためらわれるけど、

インドは概して安全で、こんな事がきっかけでコミュニケーションが始まるのだ。



b0108109_8592190.jpg



昼間は騒がしい町中も早朝は静かで涼しい。

日中よりも朝夕の涼しい時間に動くのがイイ。



b0108109_859514.jpg



もはや犬達のひさしとしか用を成さないバイク。笑

町中に駐車されているバイクの半数以上は動かないと思う。

ずっとそこに放置されているのは犬達への愛情に違いない。きっとね。




2013.5.26-27 Jaisalmer, Rajasthan, India

■ラダックの旅記事一覧
【ラダック1】 Fly to Ladakh
【ラダック2】 ラダックの中心地、レーに到着
【ラダック3】 テスト乗り - motorcycle inspection ride
【ラダック4】 Where to go in Ladakh
【ラダック5】 Upper Ladakh (Stod)
【ラダック6】 Upper Ladakh (Stod) - ゴンパ編
【ラダック7】 Upper Ladakh (Stod) - 人々編
【ラダック8】 Lower Ladakh (Sham) #1
【ラダック9】 Lower Ladakh (Sham) #2
【ラダック10】 自動車が通行可能な世界最高所の峠『カルドゥン・ラ』を目指して
【ラダック11】 ラダックのゲートシティ、レーの街をHDRで撮る
【ヌブラ1】 そしてヌブラ峡谷へ。。。
【ヌブラ2】 絶景!夕暮れ迫るヌブラの峡谷美と砂丘
【ヌブラ3】 爽快!まばゆい早朝のヌブラ。そして3日連続のカルドゥン・ラ越え

■ラージャスタン州の旅記事一覧
【ジャイサルメール1】 砂漠のマハラジャの街、ゴールデンシティへ
【ジャイサルメール2】 ジャイサルメールの城砦ホテルに泊った夜
【ジャイサルメール3】 ジャイサルメール流!寝苦しくない夜の過ごし方
【ジャイサルメール4】 ハーヴェリーの彫刻美
【ジャイサルメール5】 Rajasthan dandy, Rajasthan beauty
【ジョードプル1】 ジャイサルメールからジョードプルへ。。。
【ジョードプル2】 The Blue City - Colorful Jodhpur Rajasthan
【ジョードプル3】 The Blue City - 宵歩き
【ジョードプル4】 The Blue City - 朝歩き
【ジョードプル5】 Jodhpur - usual life
【ジョードプル6】 Meherangarh Fort - メヘラーンガル砦
【ウダイプル1】 寝台バスとジュース売りの少年
【ウダイプル2】 So Cute!
【ウダイプル3】 ジェームズボンドも見た湖。ピチョーラ湖 - Lake Pichola -
【ウダイプル4】UDAIPUR ARTS #1
【ウダイプル5】ボリウッド映画デビュー?!
【ウダイプル6】UDAIPUR ARTS #2
【ウダイプル7】インドの女の園に紛れ込んだ?
【ウダイプル8】Day break …
【ジャイプール1】’Pink City’ 1/2
【ジャイプール2】’Pink City’ 2/2

■ウッタル・プラデーシュ州&NCT(NationalCapitalTerritory)の旅記事一覧
【アーグラ】朝日に照らされて。。。荘厳美!タージマハル
【デリー】三週間ぶりのデリー
【デリー】インドのなかのイスラムの街

■バイクツーリング動画
LowerLadakh #1
LowerLadakh #2
LowerLadakh #3
LowerLadakh #4
The way to WonderlandRestaurant in Leh
Khardung La, one of the world highest motorable pass #1 - near by Leh.
Khardung La, one of the world highest motorable pass #2 - near by South Pullu.
Khardung La, one of the world highest motorable pass #3 - Reaching Khardung La top.


■ラダック舞台の映画
【ラダック映画】 ラダックとロンドンが舞台のラブロマンス
【ラダック映画】 バイクに乗ってラダックを走るシャー・ルク・カーン


■Royal Enfield
Royal enfield snapshots of northern india #1
Royal enfield snapshots of northern india #2
by travelster | 2013-09-06 21:35 |  ├India | Comments(2)
Commented by H.O at 2013-09-07 06:51 x
素敵写真とお話楽しませて頂いております。^^
僕もこのロイヤル・・・いいバイクだな~って眺めてました。以前こっちでも見たことがありまして味があるな~って。^^

寝転がっている写真を見たら昔借家拝見で何件か回った時の事を思い出しました。
見に行った物件は何件かインドさんのお宅があり、アポを入れてあったのですがお宅拝見にお伺いしたら何人もの方々(インドさん)各部屋で寝てました。^^; その時はほんとビックリしましたよ(笑)

富士山の一枚も良かったです!^^
Commented by travelster at 2013-09-07 10:02
★H.Oさん
エンジン音もシングル特有の牧歌的な音出しますよ。うるさくない程に。
またRoyalEnfieldまとめて載せるつもりです♪(^_-)☆
富士山。ありがとうございます〜

ゆっくりですがインド、まだまだ続きますのでおつきあいお願いします(^^)
<< ハーヴェリーの彫刻美 ジャイサルメール流!寝苦しくな... >>