人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
エネルギーのこと。思ったこと。2012年の夏
2012年夏の節電期間が終わった。
ヒートアップした竹島&尖閣諸島もいっときよりクールダウン。

主なニュースは原発→領土問題→選挙へとシフトしつつある。(どれも全く解決してないけど。。。)

■原発のこと
原発ゼロでも電力不足にならないことが今年の夏が終わって解かった。今度は、原発ゼロだと電気代が2倍に上がりますよ!って言っている。新聞に書かれている『◯◯省やら△△大学による試算によると・・・』っていう記事もすっかり信用しなくなった。
南海トラフ巨大地震のレポートも少し眉唾に思っている。すぐに公共事業の話になってるのが腑に落ちない。
国民をナットクさせる(公共事業投資に税金使うコト)のに説得力がある。


『Chikirinの日記』と同じくらいよく読んでいる中島聡さんのサイト『Life is beautiful』の記事を引用する。


本当に意味のあるコスト比較をしたいのであれば、原発を稼働し続けることによりこれから増える使用済み核燃料をきちんと負の資産として計上し、より厳しくなる安全基準により再稼働が不可能になる原発が少なくとも4割程度はあり(国会事故調による報告書参照)、かつ、稼働可能なものの運営コストも大幅に上昇する、という前提でコスト計算すべきである。それに加え、万が一同じような事故を起こした時のためのお金を政府と電力会社で毎年積み立てておくことも必要だし、避難経路の確保のためのインフラ投資コストも無視できない。

安全神話から脱却し、問題の先送りを辞めれば、脱原発をしてもしなくても電気代は高くなる。そこをちゃんと説明せず、一方的に脱原発のコスト増だけを政府の試算として発表するのは世論操作以外の何物でもない。


いつもクールな文脈ですんなりと読める。客観的だし。

バイク2人乗り高速走行が出来なかった頃(当時、先進国では日本と韓国のみ)、当時の運輸省はバイク2人乗り高速走行により交通事故が大幅に増大するという、膨大な報告&反証レポートを(税金を使って!)作っては何年ものあいだ認可を拒絶していた。
二人乗り高速走行による事故死増加率やら渋滞増加率やらをもっともな理由を作り上げてまとめる。
報告書がまやかしであるのは明らかだったけど警察を含めた省庁のダイヤモンドよりも硬いまでの抵抗ぶりを見ていると「タンデムで高速遠乗りツーリングなんて一生無理やろなぁ。。。」なんて思ったものだ。
ふたを開けてみればバイク2人乗り高速走行で大きな事故が起こったり、社会問題になった例はない。
認可が下りたのは大型バイクを売り込みたい米国(主にハーレー社)の外圧だ。


■テリトリー争いで見えてくるもの
なるべくして起こったことではなく内政が不安定だと安全保障がこんなに波が立ってしまうってこと。
東京都に防波堤と船だまりを造らせて買えばよかったものを。。。のだサンはアホなんだろうか。
出来ない宿題を石原サンがやってくれるところだったのに。それを2億で買えば済んだのに。
左派な政治家はあの島をノシで包んで中国に献上したいと大マジで思ってるはずだ。
北方領土のこと話しあおう!と言っている腹黒いプーチンが温厚にすら見える。

論壇の雑誌が面白い。
「Will」とか「正論」とか「世界」とか。。。
深い深い学識を持ったハズな人たちの文章が感情丸出しで良い。
怒り心頭の中国&韓国いいかげんにせい!な保守の(私感挟みすぎ!!な)意見と、
やっぱり自省が必要であっちが正しいんだよ。。。なリベラルの(この状況でまだ言うか??な)意見
溜飲を下げたい読者諸兄にはちょうどイイのかも?でも

論壇雑誌は極端だけど、読んでいる(観ている)新聞やテレビがどっち寄りなのか(意識してないなら)知った上で読むようにしたい。
毎朝、産経系の新聞を読んでるけど、寄った記事は判るので割り引いて読んでる。(産経は原発ゼロ反対の立場)
実家に帰れば朝日。産経に載ってることが全く載ってないのが凄い。

中島さんのサイトに、読売と東京新聞の原発の扱いの違いが端的に比較されていた。


例えば、読売新聞の「再処理稼働へ『原発ゼロ』は青森への背信だ」 と東京新聞の「『ウラン節約』ウソだった 再処理『原発維持のため』」。

読売新聞の社説は「将来は原発0%を日本のエネルギー政策として選択すると、青森の六ヶ所村に再処理のために中間貯蔵してきた3000トンの使用済み核燃料は行く先を失う。だから原発0%を選んではいけない」というのが主題だ。

逆に、東京新聞の社説の主題は「使用済み核燃料の再処理は詭弁にすぎない。本当の理由は『再処理路線でなければ、使用済み核燃料の受け入れ先がなくなり、原発が止まってしまうことになる』からだ。そんなデタラメをもう許してはならない」というもの。

全く同じ問題を表と裏から見ているだけだが、結論がまったく逆なところが興味深い。


東京新聞を関西でも売ってくれないかな。
by travelster | 2012-09-15 01:12 | ★misc | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/18949017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 佐渡 弥陀が原トレッキング中に緊急ニ... >>