人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
弥陀が原トレッキング中に緊急ニュース?!
弥陀が原トレッキング中に緊急ニュース?!_b0108109_18133348.jpg




/// Day2:晴れときどき曇り。地元は記録的豪雨 ///


「明日どうしようかねぇ〜?」
しとしとと雨が降り続く昨夜のホテルの部屋での話題。
北アルプスを貫く山岳観光ルート『立山アルペンルート』を西から東へ全線抜けるつもりだったが、テレビを見てもネットを見ても明日の天気予報は全般的に雨模様。
運賃1万円払って何も見えなかった。。。乗っただけ。。。では18きっぷトラベラーには割が合わない。(笑

テレビのチャンネルをニュースに合わせ、かき集めた観光チラシやらiPhoneやらtabletやらを見せあいながらベッドの上であーだこーだ。雨はともかくこの予定を考える作業が好きだ。投宿先のホテルまでの時間と空間を色んなパズルを探しながらはめ込んでみてはまた探して組み立てる。旅のシミュレーションでありちょっとした空想旅行モードに頭の中がスイッチしてる。

旅の予定の立て方は意外と人それぞれ違ってておもしろい。
A.正確かつシーケンシャルにスケジュールを組む!
B.時間軸や空間軸は割と適当。パラレルにスケジュールを組む!
C.あえて何も調べない。観光案内所で情報収集したり、現地人に訊いたりして行く!
D.何も調べなくても大丈夫!添乗員とか友達とかにおまかせ&ついていく。
なんだかAとBは血液型そのまんま。。。でも当たってる?
ボクはたいていBである。事前には綿密に調べるのに本番になればわりと適当で気分次第で動く。
1〜2時間、50〜80キロ程度の誤差は織り込み済み。何カ所も見所を回る観光はニガテだ。見たいところが2カ所あったら無理してキッチリスケジューリングしてでも回るよりは絶対1カ所に絞るほうだ。時間気にしながら道草は喰えないってもの。道草大事!寄り道は旅のスパイスだ。
相反するようだけど昼夜を問わず長距離移動は全然苦に感じないのでそこはバイク乗りの性分なのかも。。。

結局昨夜は、この4パターンに絞った。
a.立山アルペンルートをすべて見る。そして直江津へ。(晴れのベストパターン)
b.列車(18きっぷ)で周遊。そして直江津へ。(雨でも出かけるパターン)
c.レンタカーを借りて富山近県を周遊。そして直江津へ。(雨でも出かけるパターン)
d.トラムで富山市街観光。そして直江津へ。(雨で悶々パターン)

夜通し降っていた雨はなんとか朝には止んでいた。が、
電鉄富山駅に行くと室堂のライブカメラが霧だけを映し出していた。
駅前のトヨタレンタカーに問い合わせると1台空いているって!?借りようぜぇ!
って事で今日のプランは a と c の折半。行き先は立山アルペンルート、アシはレンタカーで。。。

室堂へは学生の頃、雷鳥沢へ1週間ほど夏スキーに行ったっきりだ。
初夏でも数百メートルほど雪渓(山崎カール)が残っていて、スキーをかついで登っては滑ったっけ。
20年以上前の事で懐かしさもあり、室堂まで行って雷鳥沢辺りを歩いてみたかったが濃霧のため室堂は諦めて霧の晴れた弥陀が原まで行って折り返すことにした。

弥陀が原トレッキング中に緊急ニュース?!_b0108109_5502594.jpg
www.alpen-route.com



前回はツアーバスで通り過ぎただけの弥陀が原で下車。
帰りのバスが来るまでの2時間ほどトレッキングを。
夏の山はやっぱり涼しくて気持ちがいい!!





弥陀が原トレッキング中に緊急ニュース?!_b0108109_15594585.jpg
立山カルデラ展望台

バス停から所要時間20分ほどの登りで行ける。

冬には眼下の辺りで10メートルほど雪が積もる。

ここだけは雪不足なんて無縁の場所なのだ。





弥陀が原トレッキング中に緊急ニュース?!_b0108109_1614794.jpg
フラットで歩きやすい弥陀が原遊歩道







弥陀が原トレッキング中に緊急ニュース?!_b0108109_16462488.jpg
尾瀬ケ原(過去記事Click!)をグッと広くしたような湿原が広がっている。



「涼しいぃ〜〜!!」

人が少なくゆったり歩けた。

iPhoneをイジっている友人が言った。

「なんか大阪エライことになってるらしいで!」

今日の未明の記録的豪雨で地元のどこかが冠水してるらしい。。。

「うそッ?ウチ大丈夫かな。。。」





弥陀が原トレッキング中に緊急ニュース?!_b0108109_1722331.jpg

富山から信濃大町に抜けたいマイカー客向けのビジネス。お値段まぁまぁいい商売だ。

立山駅から信濃大町まで直通道路が無い故のビジネスだったりする。

立山アルペンルートの交通もその雇用も同じなワケで。

でも無理に道路通さない(通せない?)ほうがいい。

手軽に行けないところもあってもいい。

ボクら旅行者は不便だけど。。。






投宿した直江津の宿にて。
今朝未明の豪雨がテレビで流れている。
1時間91ミリ!の記録的豪雨は自宅の近辺だった
ニュースはまったく詳細が判らないので不安が募ってきた。
気になりタブレットでネットを検索したら載ってたローカルな書き込み!
普段はくだらない便所の落書き(にChのこと)の野次馬的記事がリアルで見入る。
冠水していたら即帰るつもりだったけど、ギリギリセーフだったので旅を続ける事にしたのだった。
それにしてもこんな時に居ないって。。。GWのポカポカ陽気の東北ツーリングの時も関西は大雨だったし。晴れ男??

あすは早朝に佐渡島初上陸!

2012.8.14 Midagahara Plateau, Toyama-Pref, Japan
by travelster | 2012-09-02 20:36 |  ├中部 - Chubu | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/18886898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from MusicArena at 2012-09-07 17:55
タイトル : 立山逍遥 #3
弥陀ヶ原 ランチをゆったりとった後、室堂ターミナルから各駅停車の高原バスに乗り込んで弥陀ヶ原を目指す。 立山駅・室堂ターミナル間の往復チケットを買うと、天狗平または弥陀ヶ原で一度だけ無料で途中下車が可能となっている。そのかわり、再度バスに搭乗するには降り立った時点で乗り込む便の予約が必要となる。13:00過ぎに室堂ターミナルを出発した高原バスが弥陀ヶ原バス停に到着したのが13:20過ぎ。再搭乗は15:15発の便に予約して弥陀ヶ原高原を散策することにした。 因みに弥陀ヶ原および称名廊下...... more
Commented by 川越 at 2012-09-03 10:05 x
ほんとに旅行はいろいろ考えるのが楽しいですね。行く前でも、旅行中でも。

私達はA型なんですが、旅行のプランはいつもアバウト。調べたりはもちろんするんですけど、その調べたところに行かなかったり・・・(^^; 結局ほとんど現地でぶっつけ本番ばかりで、要領も効率も悪いです。

冠水は無事で何よりでした。先日は川越でも1時間に150ミリという猛烈な集中豪雨がありました(ほんの20分ほどですが)。最近はこんな天気が多いですね。
Commented by selfish555 at 2012-09-03 12:53
「大雨」自然の偉大さの前にはひれ伏すしかありませんな。

立山アルペンルートはずっと前から行きたいと思ってます。
が、「ナンボかかんねん!」って料金の為早々に計画から外れます。
大自然の中に身を置くのはすばらしい事ですね!


<ウナセルベッサポルファボーレ!
ベッサだけが分かりません。
<ウナカメラリーベラ?
これは「部屋空いてますか?」ですね。

Commented by travelster at 2012-09-04 22:00
★川越さん
旅だから要領なんて気にしないのが正解!仕事じゃないですし^^
150ミリ/時間ってほとんど滝ですねぇ。
関東圏は特にゲリラ豪雨多い気がします。
Commented by travelster at 2012-09-04 22:05
★かっちゃん
立山アルペンルートは競合他社居ないから余計に高い?のかな。
距離で換算したらのぞみとか飛行機より高いよーー(笑
セルベッサ=ビールで、ビール下さい!
でっせ♪
<< エネルギーのこと。思ったこと。... 清閑な長町武家屋敷。賑わう近江... >>