人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1
GW前半は天気に恵まれ連日快晴で気温も暖かかったこともあって予定していた通り、ぐるりと東北一周してきました。
弘前では先週まで街中でも雪が残っていたらしく、ここ数日の気温の上昇で一斉に桜が咲いたそうです。
東北地方はどこも桜、桜、桜、桜が咲き乱れきっていました。

今回は走りメインで走行距離トータル2,500キロを越えました。
予定外の800キロもありました。(爆

なのであまり写真がありません。
というかじっくりと腰を据えて撮れていません。
本気撮りしていると一日1キロも走れなかったと思います。
岩木山や鳥海山、月山のふもとでは桜と雪と新緑の競演です。
走りながら止まって撮ろうと思った事は、100回じゃきかないかもしれません。


超長文です。1回にまとめるつもりでしたが、文字数制限にかかってしまいこれでも2回に分けてます。
がっつりツーリングモードで走ったのでツーレポ風にまとめてみます。

#1
Day0 大阪⇒
Day1 ⇒仙台⇒松島海岸
Day2 松島海岸⇒女川⇒宮古
Day3 宮古⇒大間⇒むつ
#2
Day4 むつ⇒竜飛⇒弘前
Day5 弘前⇒酒田⇒山形
Day6 山形⇒仙台
Day7 仙台⇒大阪

桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_1030523.jpg


/// Day0 快晴 2012.4.27 ///


■さぁ東北へ!

東北へは名古屋から太平洋フェリーで仙台へ。
名古屋に金曜日の19時に出て、仙台へは翌日の16時40分に着きます。
ほぼ一日船中に居るのでヒマと言えばひまですが、寝ている間に目的地につくので体力的に助かります。
身動きの取れない飛行機のエコノミーよりもよほど楽かもしれません。

隣に停めていたバイク(YAMAHA FJ?)乗りさんは福井ナンバー。
明日の夕方、仙台に着いたら一気に実家の盛岡まで行くそうです。
敦賀発の日本海航路が週3便から1便になったので、名古屋から帰ることが多くなったとか。


桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_94119100.jpg



あらかじめホテルを確保しておいて初日に盛岡まで行ってしまうのはいいアイディアです。
盛岡周辺は雫石、小岩井、八幡平、安比など走りどころが多いです。
次の東北はそうしてみようかな。


泊:フェリー船中

/// Day1 快晴 2012.4.28 ///


■公園ビバークはPKB?

定刻どおり、夕方に仙台港に着岸。
この時間からあまり動けないので、海岸沿いに塩釜を経由してとりあえず松島方面に向かいます。
被災した塩竈あたりは舗装が新しくなっていました。少し脇道に入ると更地が広がっています。
松島に着く頃には陽が暮れてきたので松島海岸駅近辺で宿を探し始めました。ホテルやレストランが多く結構賑わっています。
松島海岸に芝生が敷き詰められた松林のきれいな公園を見つけました。
宿はやめにして今夜はここで寝ることにします。人もあまり通らず思ったより寒くもなく星が見れるほど天気もよさそうなのでテントを張るのもやめました。
虫の多い夏ならテントは必須ですが、この季節は虫の心配も要りません。

松島海岸駅前に出歩いてこじんまりとしたテーブル3席ほどの居酒屋へ。
キャンプで料理も良いけど店でご当地名物で一杯。。。も最近のツーリングのお気に入りパターンです。
この夜は迷わず生ビールと七輪で牛タン盛り合わせを。

グランドシートを敷いて、シュラフにくるまり星空を見上げながら就寝。。。
露はしっかり降りるのでシュラフカバーは必須です。ブーツやヘルメットにもレインカバーを掛けておきます。

こんなふうにテントを張らず夜をすごすのは何年ぶりかなぁ。。。

桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_11254255.jpg


駅寝をSTB(Station Bivouac)と呼びます。さしずめ公園ならPKB(Park Bovouac)?
名前だけなら賑やかそうです。^^

泊:松島海岸

/// Day2 快晴 2012.4.29 ///


■女川カレー

朝のうち少し霧が出ていたものの陽が昇るにつれ青空が広がってきました。今日も雲一つない快晴です。
石巻を過ぎ、海岸沿いのアップダウンを繰り返し山あいの奥まったところから下ると一面、更地の町が目に飛び込んできました。
町の両脇が山に囲まれたせまいこの町は波が最も高かった女川町です。


高台に建てられたプレハブハウスのおちゃっこクラブでランチを。
インドカレーをオーダー。『女川カレー BOOK』という本も出しておられるそうです。
小学校一年生と1歳くらいの男の子を背負った若いお母さんが切り盛りをされていました。
「これだけきれいさっぱりと何もなくなると却って新しい町が作れるんじゃないかなって。。。」
おもいがけず前向きな言葉が一番印象に残りました。


お土産用のカレーも売ってました。名付けて『女川カレー』。女川の名前が残ることを願ってのネーミングだそうです。
若い人達で女川カレープロジェクトが進んでいます。(Click!)
ここのプレハブからはランチをしながら女川町が一望できます。痛々しい眺めです。しっかり目に焼き付けておきます。
あまりに天気が良くて、日だまりに誘われて、初日のランチタイムからお店で長居してしまいました。
もし仙台に来る機会があればまたここに寄らないとな。。。と思いつつ後にしました。


三陸海岸沿いに北上すると山から海辺へ、海辺から山へ、これを何度も繰り返して進みます。
どこも例外無く、少し海辺を離れると日常があり、海辺に降りるとあるはずの町が無い。
これが数十キロに渡って起こってしまうのが津波の被害だと改めて目の当たりにしました。


がれきも片付けられた広大な更地を目の当たりにして正直『日本と思えない風景』に映りました。
どこかの異国のへき地でバスを降ろされてぽつりと残されたような奇妙な感覚でした。


どの町もクルマも人の気配もあまりなかったのですが、志津川はやたらとクルマが多かったです。
クルマの向かうほうを確認すると、見覚えのある建物がポツリと建っています。
そう、あの防災センター。そこに向かうクルマで渋滞していました。
なぜか行ってみる気になれませんでした。




桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_1137462.jpg







桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_11481294.jpg







桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_11515317.jpg

自分があの時ここに居たらどう行動を取ったか?自問自答していました。
悠長にして逃げない人達の動画を見てもどかしく感じたけど、
こんな場所だったら大丈夫と思ってしまいそうです。




桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_1224423.jpg







桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_1252112.jpg







桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_12261178.jpg
3点とも、石巻女子商高。
※断って入らせてもらいました





桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_12321222.jpg
女川町






桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_11345686.jpg







桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_12363615.jpg
ひだまりのプレハブハウス
奥がおちゃっこくらぶのお店
ここから女川町全域を見渡せる
こんな高台にも波が来たそうです。
18mです。想像を遥かに越えています。

大丈夫だろう?と思うのが普通だと思いました。


桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_13245455.jpg
おちゃっこくらぶ






桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_13391117.jpg
町の一番高台にある『熊野神社』
右手斜面の芝生には『We ♥ 女川』
と書かれたシバザクラの植え込みが。
望遠レンズが無くって撮れなかったけど。

満開でした。

旅を終えて、自宅にたまっていた新聞にちょうどこのシバザクラの事が載っていました。

桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_1348460.jpg

3月末に仮設に住んでいる住民や、老人クラブ、ボランティアなど
約130人が植えたものだ。4月下旬に満開を迎えている。
と言う記事。

一番満開のときに来る事ができて幸運でした。



桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_14185216.jpg







桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_14324043.jpg







桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_1445463.jpg







桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_14533566.jpg







桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_1525676.jpg







桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_158797.jpg




そのままさらに北上して宮古まで走り、今日はここのビジネスホテルにウォークインで投宿。
若いころは必ず山の中のキャンプ場でテント泊でしたが、町ナカでホテルに泊まる夜が増えてきました。
キャンプしながらたまにふかふかの枕とベッドで寝るとその心地よさは倍増です。
呑んで帰れるのも町ナカ泊のいいところだと思います。
この夜も、宮古育ちのおじさんからお裾分けを。
どんこの肝のたたき(←イワシのような食感で脂がのって旨い)と、
しどけのお浸し(←春菊のような風味でお酒に合います)。
ご馳走さまでした♪♪

泊:宮古
/// Day3 快晴 2012.4.30 ///


■陸中をゆく

宮古は岩手県の丁度中間。弧を描く海岸の一番出ているあたりにあります。
この宮古を過ぎて北に向かうと、国道45号はこれまでと違って少し内陸よりを通りアップダウンが少なくなってきます。逆に海岸はより険しく断崖絶壁がつづきます。

このあたりの海岸をWikipediaでひもとくと、宮古より北と南で様相が違っていて、

・南エリアはリアス式海岸
・北エリアは隆起海岸で高さ50m〜200mにも及ぶ大規模な海食断崖


なんだとか。三陸全部がリアス式と思っていましたが。(違うんや。。。)
陸中海岸国立公園として国立公園に指定されているらしく、これはパスせず見ておかないと。。。
と、パーキングにバイクを停めてビューポイントまで行ってみることにします。




桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_15143889.jpg
鵜ノ巣断崖


このビューポイントからさらに断崖に下っていけるトレッキングコースがありました。
ここでこれだけの眺めなので、下に降りればもっとエクストリームな風景のはず!
でも、でも、旅の前半から道草は喰えないのでやむなく断念したのでした。
毎晩飲んで、ごちそう食べてるので動かないとイケナイんですが。。。
小一時間でもあれば無理して歩きにいっていたと思います。



桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_15192769.jpg



宮古以南の海岸線とは違うのが良くわかります。さすがに険しくなってきました。
こうして人家が少なくなってくると、『遠いところに来た感』が出てきて気分が高揚します。
ちなみにこの、パイプの茶色のガードレール。震災後に復旧した道路のガードレールは皆このタイプ。
例の目立ちすぎる白いガードレールよりこちらのほうが見栄えがいいような気がします。
欧州の様に石垣ならなおいいけど、手間が違いすぎるかな。


八戸市を過ぎて三沢市(航空自衛隊とアメリカ空軍、さらに民間機も併用する変わった空港があるトコです)に入り下北半島に差し掛かると地形は一変して、広大な湿地と真っすぐな海岸線が続きます。



桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_15291030.jpg
仏沼


アフリカのサバンナのような風景は『仏沼』。
看板にはラムサール条約登録なんたらかんたら。。。
ラムサールってナンやったっけ?忘れたので帰って調べてみよう。。。。

と、つぶやいていた事を家に帰っても忘れていなかったので調べてみました。
湿地の保存に関する国際条約だそうです。
ラムサールはイランの都市名だとか。イランに湿地があったとは意外です。。。



■コンデジ購入♪

下北半島を斧に例えると、その付け根あたりにあるむつ市に着きました。JRの駅はこじんまりしてるけど、けっこう街です。
仙台から延々三陸の海岸をトレースして来たのではるばる感ありありです。街のどこからでも恐山が見えます。
信仰の山で神々しいイメージをずっと抱いていたのですが、頂上には大きな丸い物体が。
海上自衛隊の防空レーダーだそうです。イメージが壊れてしまいました。


宮古を朝早くに発ったので、現在午前10時半。
実は、Pentax k-5 バッテリーのスペアを充電器に差したまま、さらに充電器は自宅のコンセントに差したままという事実を往きのフェリーで気づいたのです。
さらに本体のインジケータのバッテリー残量が昨日からほぼゼロ状態。(ハルピン@中国から帰ってから出していないので。。。ひゃ〜)
そんなんで八戸にヤマダ電機、K'sデンキもあったのだけど、まだ9時半前で開店しておらずここ、むつに賭けていました。


むつにもヤマダ電機、K'sデンキがありました(地方行くといつもこの2店がセットであります。何故??)。
両店とも「お取り寄せになります」とにべもない返事。
いつでも何でも揃っているのがあたりまえな感覚になっていて「なんで置いてないのか。。」と少し。
所在なくコンデジを見ていると ¥5,980 で売ってたので15分ほど悩んで買いました。
無いよりマシですから。SDカードも駄菓子の様にカゴに入れられて数百円です。
安い〜〜!




■ここまで来たら海岸沿いに!

その斧の付け根から柄の方へ下るか、カマの先を目指すかしばらく思案してしまいました。

a.(基準はさておき)ほとんど見所はないと思われる下北半島をぐるっと一周。
b.このまま青森に下って奥入瀬や十和田湖あたりの観光地どころめぐり


ここまで来たら a しかないなーー
b は、15年前の夏のツーリングで訪れているし。今回行けば2度目になります。
最北端とか最南端とか○×岬とか○×一周とか、そんなフレーズには昔からバイク乗り(バイカーでもなくライダーでもなくこのコトバが一番しっくりきます)を惹き付ける何かがある気がします。
これは何やろうね。。。

旅の動機が『点(=目的地)』を楽しむのが普通ですが、バイク乗りは点よりも点を結ぶ『線(=移動)』が目的で、クルマのドライブよりもその比重は格段に高い気がしています。
こんな意識の違いで走り終えたその軌跡にちょっとした満足感に浸れるワケです。
どこかショートカットされていたりすると、ちょっと欠けているような、やり損ねたような、消化しきれないモノが残るのです。


こんなことを無意識の中に思っているんだと思います。


写真が少ないのでだらたらと書いてしまいましたがそんな感じなので綺麗に(?)海岸沿いから本州最北端を目指します。


桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_1683221.jpg



■ここはウシュワイア?

ここまで北に来ると渋滞も無いので、距離はあるけれど時間は読めます。
最北端に近づくに連れてそれらしい雰囲気が。。。。

桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_1181075.jpg




最北端の村のその先ほんの数十メートルだけは土産物屋で賑わっていました。
無粋で大げさなモニュメントも日本ではお約束です。
若かったらこのモニュメントと一緒に収まるためだけに走れた気がします。最北端の証しですから。
恥ずかしいので自分撮りはさすがに止めておくことにしました。




桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_16121773.jpg



ここで、ホタテをひと串いただきます。食べずにはいられないほどプリプリに太ってます。
この先端を囲む様に、小さな村、というよりも集落が形成されていて、
小さな家屋がぽつりぽつりと間をあけて建っています。
その雰囲気はさいはての地の趣がありあり。




桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_16181949.jpg




バイクを降りて、ちょっと散策したい気分です。





桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_16215621.jpg




バイクを主役に入れたくなるのもバイク乗りの性分です。





桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_16253444.jpg





時刻は16時になろうというところ。
かなり陽が傾いてきているので先を急がないといけなくなってきました。
今日は青森まで行く予定でしたが、完全に無理なので通ってきたむつを目指します。
大間岬からむつまで

(北回り)
・はまなすライン経由(いま来た道)で48キロ
(南回り)
・川内ダム経由で99キロ
・海峡ライン経由で116キロ

ガソリンスタンドのおじさんには北回り(いま来た道)を勧められたけど、南回りの川内ダム経由で行く事に。
来た道を引き返すのはやむなき場合を除けばバイク乗りの美学にそぐわないってワケです。(本当?)

50km/hペースで2時間。到着は18時。日没までには間に合うかな。。。

南回りは出入りの激しい海岸線で、道はアップダウンの山道。
夕陽を背に受けながら家路を急ぐ様に誰も通らない1.5車線の山道をむつへ向かいます。
川内ダムから陸奥湾へ向かう道(県道253&46)は高原を縫う様に走り、北海道の美瑛のような牧歌的な景色が黄金色に照らされて広がっていました。

「あー時間があれば良い写真が撮れるのになーー」


シャッターを切りたい衝動を抑えて、海岸線に出れば 80km/h 巡行でグッと距離が延びます。
そして、再びむつ市内。


桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_16305215.jpg
正面に恐山。
左は陸上自衛隊むつ基地



むつ市内は思惑はずれて、手頃なホテルがなく公園さがしに切り替えます。
松島のようなよさげな公園があれば。。。ってもくろみです。


市内に見つけた1つめの公園。公園というよりは運動公園で広い敷地にテニスコートと陸上トラックが。
ぐるりと回った後、管理事務所に人が居たのでテント設営を訊いたら
「おっ、良いよ♪」
二つ返事でOKでした。「ありがとうございますーー助かります」


張ったらいいよと言われた場所は、さっき見て決めていた水場のあるトイレの近い芝生の場所。




桜と雪と新緑と。。。東北一周 #1_b0108109_16374296.jpg
(翌朝撮影)



■怖いよ。。。夜中の二人の訪問者

運動公園前のインド料理店で腹ごなしをして、テントで今回の旅のお供「ミレニアム」を読んでいました。

夜中の10時頃。。。
テントに懐中電灯の光芒が。。。

「誰??!!」


ポストしようと思ったら、文字数制限で送信できなかった。長過ぎ!!
ということで、『桜と雪と新緑と。。。東北一周 #2』 へとつづく。。。
by travelster | 2012-05-06 11:22 |  ├東北 - Tohoku | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/18234392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by selfish555 at 2012-05-06 14:37
とにもかくにも「お疲れ様」。

それでも結構「写真撮ってますね」オイラの10倍あります(笑)

被災地の現状を目の当たりにしてどうでした?
Commented by jack at 2012-05-07 07:25 x
あれれ??
マフラーが??

で、野宿に走行距離にフェリー・居酒屋と満載ですなぁ~~
私もいつものメンバーで、
徳島-呉と2泊3日1200㎞と結構走り通しで・・・・・疲れたぁ~~です。

呉 
大和ミュージアムと造船・製鉄所・軍艦・潜水艦・・・・
なんか 映画のロケ地のようで、時空を越えたところにいたような??です。

東北の旅
ゆっくりと話を聞きたいですね。
大阪出張の際 また 連絡します。
Commented by 川越 at 2012-05-07 08:45 x
こんにちは.お帰りなさい。
超大作でどこに反応してコメントを残して良いのやら。コメントだけでも大作になってしまいそうなので、一言だけ(^^;
後半も楽しみにしています。
Commented by travelster at 2012-05-08 22:08
★かっちゃん
オイラの10分の1しか撮ってないの?撮らなさすぎーー

実際そこに立ってみると被災地と言うより荒野。
ここに生活があったのが想像出来ないくらい何も無くなっているから。

要塞のような防波堤を作ったら住めるのか、
波のこないところに住むべきなのか、
どちらが良いのか解らなかった。
Commented by travelster at 2012-05-08 22:16
★jackさん
3日で1200キロは走りましたね〜〜
例の電装系を直してもらったついでにマフラーをノーマルに換えてもらいました。
近々車検なので。ノーマルの方が長時間の高速巡行はラクですね。

サンディエゴで軍艦に乗せてもらいましたけど映画のセットの様でした。
さすがアメリカです。オープンです。

いつ大阪来ます?旅バナしましょう♪
Commented by travelster at 2012-05-08 22:17
★川越さん
大作コメントお待ちしております。^^
後半、お楽しみに♪
<< 桜と雪と新緑と。。。東北一周 #2 ぐるっと東北 >>