人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
THE GIRL WITH THE DRAGON TATOO

先日観てきた映画『ドラゴン・タトゥーの女』が良かったので久々に映画ネタを。


THE GIRL WITH THE DRAGON TATOO_b0108109_0511792.jpg



H.I.S.にEチケット控えをもらいに行ったついでに映画館へ。空席が少しアリ。。。と、
ちょっと予定外な感じで観に行ったですが予想以上に良かった。
もしかして早くも今年一番の映画かも??
キレ味抜群の内容でした。

あらすじ書いてないのでネタばれはないと思います。

オープニングは超スタイリッシュで
クールで、
ハードで、
痛々しく、
エンディングはかなーーり切ない。

オープニングはメタリックな映像とツェッペリンの曲で始まる強烈なインパクト。
なんともスタイリッシュでイキナリぐぅぅ~~っっ!!と引きこまれていってしまいます。
冒頭からストーリーとセリフが始まるあのハリウッドパターンに慣れっこだったので新鮮な印象です。
フィンチャー監督のダークサイドな寒々しいタングステンカラー調の青ざめた映像が心底、身に沁みてきます。

舞台がスウェーデンだからか序盤は地名とか名前が長く覚えづらく、血縁関係が複雑で解りづらい展開。
それでもミステリアスにサスペンスが深まっていき。。。コーヒーを飲む手が止まってしまいます。
主人公のおっちゃんは他の俳優さんでもよかったとして^^、もう一人の主人公、

ルーニー・マーラ演ずる精神障害を持ちパンクで健気で頭脳明晰なピアスだらけのリスベットが際立ってます。
ふっとした時の緩い表情の中に素の彼女の雰囲気が出ている気がしてツンデレ感満点です♪
地がパンク系な女優さんなら自然すぎで逆に面白くなかったかも知れません。
役と地とかけ離れてながら抑制の効いた演技に見入ってしまいました。
パンクスタイルとサルエルパンツが違和感なく似合ってました。

中盤のヤマ場、リスベットがヤられるシーンもヤりかえすシーンも強烈。
過激すぎでベトナムやインドでは上映禁止になったって言うのも納得してしまいます。

拷問シーンがやばいです。24(TwentyFour)よりもリアルさなら断然こちらに軍配です。
ムチでしばかれたり電気や薬物を投与されてもイマイチ痛みがわからないけど、
この映画のは。。。「く、苦しぃ。。。」リアリティーありすぎです。
あのシーンは5分だったのか20分だったのか。。。
胸がつまって時間感覚がトンでました。

この映画2時間半と長編だったのですが結局、一睡も出来ませんでした。
上映中に息つく "間" があるとついウトッ…とするんですよね。最近。。。

切なすぎる終わり方で次回作が待ち遠しい!!
原作は三部作構成でこの映画は第一部。
なので第二部を先に読んでみたい。



トレイラーその1(音楽)






トレイラーその2(台詞)







HONDA CL350に跨るルーニー・マーラ

THE GIRL WITH THE DRAGON TATOO_b0108109_235161.jpg
Return of The Cafe Racers



リスベットが乗っていたバイクが気になったので検索してみました。HONDA CL350だそうです。
北欧でカブは全く似合いませんし、東南アジアでカフェレーサーもまた似合いません。
こうしてみるとバイクもロケーションを選びますねー。ファッションもしかりで。
パンクにカフェレーサーはお約束ですけど嫌味はなかったです。
久しぶりにブリティッシュバイクに乗りたくなってきました。
ただこのバイクでキャンプは似合わないな~~





『ものすごく うるさくて ありえないほど 近い』の試写会が当ったので\(^^)/明日観てきます。
⇒観てきましたーー
2、3度ウルッと来る場面以外、退屈だった。これは好みで分かれるかな。
個人的に戦争、恋愛、法廷ものどんなジャンルも実話っぽいのが好きなのです。
サンドラ・ブロックもトム・ハンクスも好きな俳優だったので期待値が高すぎたかな?
ベッドで息子から「(生前)ダディはママのことを『愛してる』って言ってたよ」って言われてる
サンドラ・ブロックにいちばんウルルンきてしまいました。今回は出番少なかったサンドラ・ブロック。


ルーニー・マーラインタビュー
ELLE TV CELEB & PEOPLE


過去の映画ネタはこちら
EAT PRAY LOVE
Before Sunset
Long Way Round
MY BLUEBERRY NIGHTS
Grbavica (邦題:サラエボの花)
by travelster | 2012-02-15 22:09 | ★misc | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/17803614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by selfish555 at 2012-02-19 18:02
それ「デヴィッド・フィンチャー」が監督なんで気になってます。
今日行く予定だったんですが、インフルエンザになりました(笑)
Commented by travelster at 2012-02-23 01:05
★かっちゃん
インフルエンザってあのインフルエンザ?うそぉ。
○ンフルネンザは気をつけないとね!
もう一度ちゃんと診てもらおうよ!(笑
<< I'm home. 足元を固めろ! >>