Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
BCN#1
南仏ドライブからバルセロナに戻り、2日ばかり滞在しました。


スペインの地中海沿いにある『ちょっと大きな地方都市』のイメージしかなかったのですが、
パリやロンドンやアムステルダム以上に洗練された先進的な国際都市に映りました。
パリもロンドンもアムスも行った事ないので根拠の無い比較なんですけどね。


ホテル(Hotel Toledano - Pension Capitol) のあるランブラス通りから1、2分ほど歩けばバルセロナ旧市街中心のカタルーニャ広場。
そこでバルセロナ乗り降り自由観光バスチケットを買って二階建てバスに乗り、お手軽お気軽にバルセロナ市街をぐるっと回ってみる事にします。
バスの停留所は44カ所もあってバルセロナに点在するガウディの作品群を各国音声ガイド付き(もちろん日本語も)でくまなく回れるのがナイスです。
バスは頻繁に運行しているので気が向いたところで降り、好きなだけ歩いた後はすぐピックアップしてくれるのでとても便利。



ツアーは市街観光だけでもバスの他に、歩き、バイクタクシー、自転車、セグウェイと選ぶのに迷ってしまうほどバラエティーに富んでいます。
tripadvisor が行った「世界のセグウェイツアーランキング」でバルセロナは8位にランクインされていました。(2010.10.7)
セグウェイのツアーが組めるってことはつまり、それだけ道路が整備されて歩きやすい(走りやすい)ってことです。
ニューヨークでもクルマのレーンが減り、どんどん自転車のレーンが広がっているそうです。
これだけ道幅が広いと交通インフラのデザイン変更も自由度が高いです。
江戸時代にもっと馬車が走ってれば日本も、と痛感します。



ガイドブックでセグウェイツアーを見つけて狙っていたのですが諸般の事情(嫁さんが溝にでも落ちてケガでもされたら目も当てられません)で今回は断念。
(帰国後のニュースによると、セグウェイオーナーの死亡事故はちょっと信じられなかったですね。。。)
”セグウェイに乗りながら見た街”写真を見てみたかった。ちょっと心残り。



さ、朝一番、貸し切り状態バスで出発です♪

(画像すべて拡大可)


b0108109_13461711.jpg


交差点建物の角がとれて面になっているのはバルセロナ市街の特徴。

空からみればさらにその徹底ぶりがわかります。





b0108109_15561695.jpg


今日は土曜日。家族揃ってこれからお出かけ?

角が取れたスペースにパーキングとゴミ箱。

右左折からの横断歩道への距離も出来て、

さらに左右見通しも良くなり一石四鳥です。



b0108109_13395812.jpg



戸建ての住宅は皆無。住宅のほとんどがアパートメントで市街の道路沿いにびっしりときれいに並んでいます。

街路樹や遊歩道が完璧なほど整備されていて、オリンピック前後で一変したと想像出来ます。

そのアパートメントのあいまにガウディの作品があったりして気が抜けません。

音声ガイドが無いと見過ごす事間違いなしです。



b0108109_13415756.jpg







b0108109_13501674.jpg



街中なのに空がとても広く感じます。

日本なら道幅はせいぜいこの半分くらいでしょうか。

おそらく高さ規制されているのでしょう。すっきりした街並みです。

アパートの1階部分はたいていユニークなブティックやカフェが入っています。



b0108109_13485858.jpg



青天井のパーキングすら無く、抜け目が全くないのが凄い。

どの通りも見た通りのプロポーショナルな。

この街並みに感動すら覚えました。

バルセロナ人がトーキョーでも来た日には迷路でしょう。

やや面白みに欠けるけどガウディの作品群が山椒のように効いています。


b0108109_13542775.jpg



街の北側のメインストリート。アホほど広いです。。。

この信号機、果たして日本で付けれる場所がどれだけあるでしょう?

ところどころさりげなくトンネル化されていたりしてとてもうまくデザインされてます。

アウトピスタ(高速道路)は街のやや外周を通してあり街中は渋滞もほとんど遭わずスムーズなものです。



b0108109_1356686.jpg







b0108109_1405768.jpg







b0108109_1445750.jpg


似たような建て方ばかりな中で、ちょっとだけシックで個性的だったこのアパートメント。






b0108109_148678.jpg








b0108109_14115654.jpg

'La ROTONDA'

これでも病院だそうです。どんなベッドなのか興味津々。




b0108109_1417296.jpg








b0108109_14251453.jpg


交差点を曲がると少しアップグレードした建物が並ぶ通りへ出ます。

ちょっとした空間にもグリーンが行き届いています。ところで、

海外では、こんな地域でもゴミ箱は堂々と鎮座しています。

日本ではトイレ同様ゴミ箱も隠すモノの範疇ですけど、

このあたり欧米はちょっと感覚が違う気がします。

いや、海外に住んだ事ないのですけどね。

観光で観察していてそう思う訳です。

なにを観光してるんだかです。



b0108109_14523757.jpg


FIFAクラブワールドカップ優勝が記憶に新しいF.C.バルセロナの本拠スタジアム『Camp Nou(カンプノウ)』も通ります。





b0108109_14291067.jpg


2004年に復活したトラム。最近のヨーロッパに多い「LRT - Light Rail Transportation」です。

芝生敷軌道が鮮やか!!



b0108109_14353022.jpg


日本だと”消音”とか”防音”とか書かれていそうです。

我が家も築年数経ってきたからカレラ嬢1枚欲しいところです。



b0108109_14473951.jpg


レンタカーの返却オフィスがこんな感じのところにさりげなくありました。

看板をデカデカと掲げるくらいなら、少しくらい迷っても仕方ないかなと。



b0108109_16582895.jpg

規則正しすぎる空からのバルセロナの中心街
(自分のお土産に買った写真集 Barcelona souvenir のカバーより)




なんて几帳面なバルセロナ人。

と思いきや実はやっぱりおおざっぱでおおらか。

六階を越えないという建築基準があるそうだ。が、実際は、

一階までに「入り口」の階があり、さらに「一階の手前」なる階があり、

三階にやっと一階になり、六階の上に「屋上」、「屋上の上」って”階”って所も。





楽しすぎです。





カタルーニャの青い空と燦々とふりそそぐ太陽のもとオープンエアーの2階席から日本語ガイドにいちいちうなづきつつ、
京都以上に規則正しい碁盤の目の市街路を走ってガウディを眺めるのはなかなかオツなものでした。
次に来る時は、何歳になっているかわかりませんが、セグウェイに乗ってみたいです。
もしケガでもしたら 'La ROTONDA' に行こうと決めています。


自由に動けない(着席状態で)シチュエーションだから却って気負い無く街をパシパシとスナップするのは気持ちいいです。
普段ハンドル握ってると(バイクでも)撮りたいところで撮れないので。(コンデジで撮ってますけどね)
脇見よそ見自由で、トップライトに広角レンズで全くストレスフリーなのはいいです♪
プリントして飾って眺める楽しみとは違う "ただ撮る" 楽しさも満喫しました。



《メモ》
バスルート (PDF)

《二階建てバス過去の記事》
シカゴの二階建てバス




2010.5.8 Barcelona, Spain



F R A N C E I N D E X

《 P R O L O G U E 》
Discover Southwest France
I'm home from Barcelona

《 T O W N S 》
濡れるカルカソンヌ
欧州最大の城壁都市 - La Cité -
絶壁に建つ砦 - ペイルペルテューズ
ランチタイムはエウスで
コリウールの色 - Couleurs de Collioure
コリウールの灯 - Lumière de Collioure

《 C O U N T R Y S I D E S 》
French roads
Forked road
Les Pyrénées
南仏の車窓から

《 W I N E R Y S I T E S 》
Limoux
Maury

《 A U B E R G E 》
ワイン貯蔵庫がダイニングになったオーベルジュ

《 O T H E R S 》
フランスキャンプ事情
Ermitage - 隠者の家

S P A I N I N D E X

《 B A R C E L O N A 》
BCN#1
BCN#2
BCN#3
BCN#4
BCN#5
BCN#6
BCN#7
BCN#8
by travelster | 2010-10-10 18:50 |  ├Spain | Comments(10)
Commented by horaice at 2010-10-10 23:35
バルセロナ、一緒に旅行させて頂いた気分になりました♪
マスタードイエローの壁、いいですね。
ゴミ箱!おっきい!人が入っちゃいそうですね。回収時の騒音すごそうです。
Commented by travelster at 2010-10-11 10:01
★horaiceさん
この壁、とても大きな城壁の一部です。この複雑な色合いはどうやって出るんやろう??
いいところで信号が赤になりました!
ゴミ箱、改めて見ると隣のクルマが小さく見えますね。
Commented by asiax at 2010-10-12 22:40
交差点の角がとれた建物、これは非常に興味深いです。
私がたびした東南アジアはイギリスやフランスの支配下にありましたので、スペインやバルセロナ式の建築に惹かれました。
また、このオープンスタイルのバス、景色を楽しむのにいいですね。ミャンマーのバスで、車内がいっぱいでルーフにのせられたのを思い出します。
Commented by naoko_photo at 2010-10-13 08:21
バルセロナなつかしいです。
この広いきちっとした通りと高いビル、時々発見するガウディーの建築物、きれいな並木道、などなど晴れ渡った空と共に堪能させて頂きました。
このバスは乗ったことがないですが、気持ち良さそうですね~
バルセロナはまた行きたいところです。
サグラダファミリアが2026年に完成するといわれていますが、その時には是非行ってみたいと思っています。
(本当にできるんかい??)
Commented by top-to-toe at 2010-10-13 15:49
スペインはまだ行ったことないのよね。
食べ物も良さそうで行きたいのに何故か縁がないって言うか。
ガウディの作品見たいです....。

大きな壁と動きのある子供たちの一枚。
秀逸ね!素晴らしい!
Commented by selfish555 at 2010-10-13 21:34
あなたはバルセロナ観光協会のまわし者ですか?

日本ももう少し(もっと?)気を使って街づくりして欲しいね!

Commented by travelster at 2010-10-14 13:03
★asiaxさん
東南アジアは西欧風の建物多いですね。
それがイギリスやフランスなのかまで見分けつきませんけど違和感ないのが不思議ですね。
ガウディが支配者ならあの建物がベトナムにも残ったかもしれませんねぇ。
Commented by travelster at 2010-10-14 13:10
★naokoさん
バスに乗っているときはあまり意識しなかったのですが、写真集の空撮を見てこんなに規則正しく並んでるのに驚きでした。
ガウディは有名になってお金が集まりやすくなったので建築スピードも速くなったようです。
それがいいのかわるいのかわからないけど。。。
次回、ガウディを載せようと思っています。
Commented by travelster at 2010-10-14 13:16
★saoriちゃん
食べ物はきっとあうんじゃないかな。
ピンチョスつまみにビール♪
あの立ち飲みのざっくばらんな雰囲気もsaoriちゃん好みじゃないかな。
ボクはこのバルセロナの Casual & Light なバルが気に入りましたー
Commented by travelster at 2010-10-14 13:19
★かっちゃん
はい。いろんな回し者です。
よろしくおねがいします。^^
<< BCN#2 稜線美 >>