人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
晩夏の尾瀬を歩いて


前編の野反湖キャンプに続き、”2010ねん夏休み写にっき” 後編です。



/// Thursday ///
キャンプ2泊目はかねてから行って見たい場所の1つだった『尾瀬』へ。
文字通り尾瀬に花を添える"ミズバショウ"も"ニッコウキスゲ"もとっくに終わっているし、
紅葉の秋にはまだ早く、旬のはざまのこの時季だけどその辺りの事はあまり気にならない性分かもしれない。

尾瀬に一番近い町、沼田に本屋を見つけたので登山マップを購入する。

おひるに入った焼き肉屋(沼田市街から尾瀬への途中には焼き肉とかカツ丼など肉系の店が少なからずある♪)で肉を裏返しつつ、地図を広げて情報収集。クルマでのアクセス方法も数パターンあり、それによって泊まれるキャンプ場や歩ける場所も変わって来るようだ。ふむふむ、尾瀬はけっこう広い。。。
(エントリポイントは違っても中で繋がっているので、歩く距離を気にしなければどのキャンプ場でも設営は可能なよう)

公園内にある3つキャンプ場
- 山ノ鼻キャンプ場@尾瀬ヶ原
- 見晴(下田代)キャンプ場@尾瀬ヶ原
- 尾瀬沼キャンプ場@尾瀬沼
のうち、3.3kmの徒歩を含め鳩待峠のパーキングからキャンプ場が最も近い山の鼻キャンプ場をセレクト。
今宵はここに1泊し、夕暮れと翌朝のマジックアワーにささやかな散策を楽しむことにした。
天気予報は”晴れ”。

鳩待峠から山の鼻キャンプ場へのトレッキングコースは全てカラマツの木道(もくどう)が敷かれている。
この木道というコトバは、広辞苑にも載っておらず尾瀬から生まれたのだそうだ。
木道の設置費は平均12万円程度。一歩に換算すると約2万円である。
木の端に東京電力(*)のマークと設置年が焼印されていた。
H17,H18,H20。。。新しい。高価な価値はある。
他に群馬県や福島県のマークがあったり、
年代によって敷き方や楔が違ったり、
木道に着目しても面白い。


食料や飲料を背中にしょって運搬している人(ボッカ)とすれ違った。
ゆうに重さ50kgはありそうだ。ヘリでの運搬が主流の現在、珍しい。
ボッカを職業とする人が居るのは、尾瀬以外に夏の白馬だけという。

日没前に、少し山の鼻ビジターセンタ近くの散策路を歩く。
季節的には旬を過ぎたこの時季でも、それを感じさせないくらいに圧倒的で独特な尾瀬の雰囲気に魅了された。

(*)尾瀬国立公園の大半は東京電力が所有し、管理&保守している。

/// Friday ///
少し東の空が明るくなってきた。
テントのジッパーをおろし空の様子をうかがう。
時計家に忘れ、携帯も圏外で日出までの時間が判らない。
見上げると空だか霧だか雲だかわからないがほのかに青白くなっている。

タンクトップだと少し肌寒かったのでカッパを羽織りテントを出る。
早朝は、熊がうろついてるらしいので声を出しながら歩き出し、霧の尾瀬を楽しんだ。

(以下、写真全て拡大可)


晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_14113478.jpg







晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_14121148.jpg







晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_14123975.jpg



圧倒的な木道の存在感、風景に際立つ。

幻想的な朝はいいなぁ。。。まるで天国を浮遊しているようだ。

テントは荷物だが、こんな風景に出会えると思うと山キャンプが苦にならなくなった。




晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_1413814.jpg






晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_14133664.jpg




小さな池のほとりのベンチでささやかな朝食を。

東の空に陽が差し一瞬あたりが砥粉色に変わる。

夜明けの尾瀬劇場。観客は嫁さんとボクの二人。





晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_14143936.jpg







晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_14153097.jpg







晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_1418921.jpg







晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_1419852.jpg


ひと月もすれば、一面茶褐色の季節の季節を迎える。

尾瀬ヶ原の中央を突っ切るように伸びる木道は、尾瀬のシンボルだ。

最後の2枚は新兵器 Carl Zeiss Planner 50mm F1.4 で撮影。イメージがグッと変わる。
(Unsharp Maskかけてるような写りですが、そのままなのです。)



晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_14194115.jpg





夏がくれば 思い出す

はるかな尾瀬 遠い空

霧のなかに うかびくる

やさしい影 野の小径

夏がくれば 思い出す

はるかな尾瀬 野の旅よ

作詞:江間章子
作曲:中田喜直





2010.8.26-28 Oze, Gunma-Pref, Japan



片品村







早朝の尾瀬劇場を堪能した後、ボクらは早々に尾瀬を後にし鳩待峠パーキングに停めてあるクルマに戻った。
沼田 11:20 発上野行き 『JR特急水上2号』 で横浜の実家に用のある嫁さんを沼田駅まで送り届けるためだ。
ここから上野までたった2時間あまりで着いてしまうのか。。。ぜんぜんピンと来ないなぁ!
出発までの小一時間、駅前の喫茶店でお茶しながらボクはこれからのプランを練る。
店を出ると、朝の涼しさがウソのように太陽がギラギラと容赦なく照りつけている。

「さぁ。。。どこへ行こうか?」

独りになった後、再び昨日行った沼田の本屋に行き数冊登山地図を買って検討する。
1.再び尾瀬に戻って続きを楽しむ。か、
2.日光方面に向かい、戦場ヶ原辺りでキャンプ。か、
3.三国街道(R17)を北上する。か

出来れば苗場山をトレッキング&キャンプしたかった(苗場山頂がナイス)のと、三国街道は走ったことが無く、この沿線を見てみたかったので3.を行くことに。

以下、雑感。
・山間のとはいえ幹線道路
 東京日本橋から新潟を繋ぐ主要道だけあってときおり大型トラックが行き交う。
 群馬側より新潟側の方が開けている。自然は群馬側のみなかみの方が豊か。
・トレッキング諦める
 オートキャンプ場以外、山岳エリアでテント張れるところは無い@越後湯沢駅構内ビジターセンターにて。
・苗場のさびれっぷりは思った以上だった
 今、苗場で盛り上がるのは Fuji Rock Festival くらい?!
 バブル華やかなりし頃、たとえば温泉がブームだったらこの苗場にはどんな風景が残っただろう。。。
・ガーラ湯沢
 アフターファイブにスキー♪と1990年にセンセーショナルにデビューしてはや20年。
 改めてこんなところに凄いのを作ったものだと思わずにいれない。

”廃れないリゾート”を造るってやはり日本人には無理なのかなぁ~と思わせるものがある。
レジャー指南の草分け "東京ウォーカー" が創刊されたのも奇遇にも1990年。こちらも20年である。
ヤングカルチャーとしてのスキーブーム後の温泉ブームもすっかり落ち着いた感がある。今って何ブーム??
社会の先行きが明るくないと娯楽の大きなトレンド(=ブーム)は生まれないのかも。。。
山あいに不釣合いな高層ホテルとマンションと錆びたカフェやペンション、カラオケボックスを眺めながらそんな風に感じた。

17号(三国街道)を西進し、117号沿いに再び長野県下に入る。"野沢温泉","戸狩温泉"といった馴染みのある名前が出てきた。
あたりに雰囲気の良さそうなキャンプ場がみつからず、そうこうしているうちに太陽も山の端に隠れてしまった。。。
とうとうと流れゆく千曲川(新潟県下では信濃川。日本一長い)と地図を眺めながら思案する。
「いったい、今日はどこに落ちつくのやら・・・」
西日を追いかけてまたまた新潟に向かうことにした。
県境の峠を新潟側に越えたところの光ヶ原牧場にあるキャンプ場がすこぶる良さそうなのだ。理由は、
牧場が西斜面ということ。(日が暮れていないかもしれないってこと)
そして牧場というロケーションは、たいてい見晴らしがよい所が多く、したがってキャンプ場も、
・雑木林の中の原っぱだった。。。とか
・遊園地のように賑やか。。。とか
・単に山奥なだけ。。。

なんてハズレな確率は低い。

アクセスは新潟県道・長野県道95号上越飯山線。ツーリングマップルには
『急斜面を一気に駆け上がる 長野県側は狭路もあるが気持ちのいいワインディングが楽しめる』
と書かれてある。陽の暮れた長野県側の道を高度を上げる。

県境の峠にさしかかったとたん正面から陽が差した。ぎりぎりのタイミング!


晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_1421595.jpg



県道95号関田峠(1129m)付近。後が長野県。先が新潟県。


晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_14213910.jpg







晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_14224022.jpg



ここからは視界がよければ遠く日本海に浮かぶ佐渡島や能登半島も遠望出来る。



晩夏の尾瀬を歩いて_b0108109_14231164.jpg



諦めず来てみるものだ。
かくして、県道95号はお気に入りの道の1つになった。
さて、キャンプ場はというと、しばらく牧場の中を走っても看板も見当たらない。牧場のどこかすみっこで野営を。。。
と思ったのだが、あまりにも蚊が多すぎるので退散したのだった。

そしてすっかり陽が沈んでしまい、キャンプする気も失せたので上越市街まで下る。
合衆国のフリーウェイのような8号線を走り、ジャンクション(?)を降り市内のラーメン屋に入る。
夕食にとんこつラーメンを。スポーツ新聞を手に取り、
『金本、セ・リーグの最年長満塁本塁打 首位返り咲き』
の見出しに気をよくする。
「もう十分かな。。。」
休みを2日残しているが涼しい山とその風景を堪能した気分に満ち満ちていたので帰路につくことにする。
不思議なものでバイクの独り旅は平気なのにクルマの独りはなんだか寂しい。
確実に暑い大阪に戻るのは気が引けるけどねぇ。
そう思いつつ店を出る。

しばらく海の向こうの漁火を見ながら日本海沿いを走る。糸魚川インターから北陸道に乗った。
富山市街か金沢市街でビジネスホテルでも取って、明日は市内観光するのもいいかな。。。
と思いながらも高速を降りそびれていると、
富山県~~!
石川県~~!
福井県~~!
滋賀県まで来てしまう。そして日付けが変わり、


/// Saturday ///
そのまま京都府も過ぎ、2:30 に大阪の自宅に到着。尾瀬からざっと670Km。
そして起きてから23時間。。。長い1日だった。

数日締め切った家の中は、夜中にもかかわらず蒸すような暑気が漂っていた。脳みそが溶けそう。

はるかな尾瀬 遠い空~♪

もう少し山に居れば良かったか。。。



《備忘録》
2010/8/25 00:56 駒ヶ根 293Km 18.61L @135 ¥2,512 SHELL
2010/8/25 16:01 六合村 258Km 16.80L @132 ¥2,218 COSMO
2010/8/27 12:40 猿ケ京 246Km 17.00L @138 ¥2,346 Mobil
2010/8/27 18:38 上越 184Km 13.10L @128 ¥1,760 ENEOS
2010/8/27 22:52 加賀 249Km 15.50L @136 ¥2,108 SHELL
2010/8/28 01:43 大阪 245Km 16.34L @128 ¥2,092 IDEMITSU

TOTAL 1,475Km 97.34L @132.8(←平均) ¥13,066
街中の方が、ガス代が安く薄利多売。(笑
by travelster | 2010-09-05 08:57 |  ├関東 - Kanto | Trackback | Comments(32)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/13921336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by naoko_photo at 2010-09-05 09:34
尾瀬の朝靄、本当に素敵ですね。。。
ため息出ちゃいました。
キャンプは苦手でもう最近はやらなくなってしまいましたが、キャンプするとこういう景色に出会えるのですよね。
朝は本当に神秘的。
夕暮れの写真撮影もいいですがやっぱり朝が一番!ってこういう写真を見ると思ってしまします。
秋の尾瀬にも行ってみようと思っていますがキャンプは無理なので早起きにかけます!
ありがとう♪
Commented by travelster at 2010-09-05 10:59
★naokoさん
晴天だと日の出前後の空の変化が早いですが、曇天だと夜明けの余韻がゆっくり消える感じでこれはこれで楽しめますね。
曇りで遠景の山はあきらめ、木道と枯れた草木を主題にしたのですが雲間から漏れる光と霧がうまく演出してくれました。

山の鼻の至仏山荘(今回泊まったキャンプサイトの前)はロッジの様で綺麗でした。部屋をキープ出来るか問い合わされてみてはいかがでしょう?
外がすぐ湿原なので日暮れ後も歩けるし、朝も楽ではあります。
嫁さんは山小屋が苦手なので逆にテントなんですよね。(笑

URL: www.welcome-to-oze.com/mountain.html
Commented by bashlinx at 2010-09-05 19:25
尾瀬らしい写真ですが 朝靄が出ていてラッキーでしたねぇ 良い空気感になっております^^久しぶりに行きたくなりましたよ
Commented by selfish555 at 2010-09-05 21:15
うーん、最近ハヤリの「熟年」トレッカー?(笑)
綺麗な写真ですね!見とれちゃいました。

師匠がうらやましいのは「時期を外してる」事。仕事の都合でしょうが「混雑してない」これ程うらやましいものはありましぇん!
時期が外れる事で見れないもの、得られないものがあっても、それ以上に「混雑してない・閑散としてる」自然の中に溶け込むにはもってこいですな!
Commented by naoko_photo at 2010-09-05 22:32
わざわざありがとうございます☆
Commented by enzz3121 at 2010-09-05 22:37
おぉ!尾瀬!僕もこないだ行ったんですよ
しかも、ナイトの尾瀬を撮りに・・・
そしたら、雨と雷で断念しました
ヘナチョコなエンゾです(--;

ぼちぼち季節が季節ですから、より一層熊に気をつけてくださいね^^;
Commented by horaice at 2010-09-05 22:58
幻想的ですね。
行ってみたくなりました。いつか行きます!
これからの行き先は、近場の海外&濃くないですから;-)!!!
Commented by travelster at 2010-09-06 09:36
★bashさん
こちらから(関西以西在住)尾瀬ってやはりなかなか行けない場所でして(ツアーとかだと手軽なんでしょうけど)、初訪問で良い風景に出会えてラッキーでしたよ。
数あるコースのほんの一部だけしか歩いていないので次回はじっくりまったりいこうかと。
Commented by travelster at 2010-09-06 09:47
★かっちゃん
最近のハヤリは山ガール。ボクは山ボーイ。山ボーイですよ。
まだまだ熟年じゃありませんよ!

最初は混雑を避けてただけなのが、自分のブログを見返すと『季節はずれマニア』の様相です。
いっそ季節はずれ評論家にでもなろうか。。。
か、本でも書こうか。。。『ファンタジック!閑散期のたび』とか『季節はずしの極意』とか。(爆
Commented by september30 at 2010-09-06 10:01
素晴らしい写真群ですね!
原生の平野に敷かれた人工の木製の小径との対比が何ともいえない不思議な世界を創り出します。どこまでもどこまでもその上を歩いていたい。歩きやすいから。(笑)
有限な雰囲気が見事にかもし出されています。
Commented by travelster at 2010-09-06 10:14
★naokoさん
いえいえ。こちらこそいつもN.P.の情報ありがとうございます。
Commented by travelster at 2010-09-06 10:17
★enzzさん
尾瀬行かれたのですね。
再チャレンジ期待しています!
Commented by travelster at 2010-09-06 10:26
★horaiceさん
関西から尾瀬はなかなか行けないもんねぇーー(ある意味、ソウルや台北より遠いと思う)
いいのが見れて良かったなぁ。。。とつくづく。
昔は、”歩く”なんて旅するには効率悪すぎでちっとも興味なかったのに。。
旅のバリエーションがグッと増えた気がするよ。
Commented by travelster at 2010-09-06 10:34
★september30さん
ありがとうございます。
朝靄で山が見えなくなったことが逆に彼方に広がりが生まれました。
枯れた草木もモニターで見ると、思った以上に良かったので出しました。
木道はとてもシンボリックでした。尾瀬においては邪魔モノでは無いようです。
Commented by howdygoto2 at 2010-09-07 09:27
おはようございます。
写真とっても幻想的でいい雰囲気ですね。
どれもみんな好きな写真です。
Commented by jack at 2010-09-07 12:02 x
新兵器 登場ですか!!

下から、2枚目の写真
ロゴと写真 ベストマッチ

私も 尾瀬は行きたいところです。
オフシーズンに行って、独り占めして
オンシーズンをイメージして楽しむのも、一つですね。

行動力
それにしても 恐るべし ですな~~~
Commented by travelster at 2010-09-07 12:41
★howdyさん
ありがとうございます。
Commented by travelster at 2010-09-07 12:50
★jackさん
久々にレンズを買いました♪いいレンズですよ。
昨日からペンタックスのニュー一眼(k-5)のうわさが立っていて気になっています。
K-20D,K-7と見送ったので今度は。。。

去年は信州が週末圏内になり、
今年は信越エリアも週末射程圏内としました。v(^^
Commented by k7003 at 2010-09-08 14:16
懐かしくてたまらない尾瀬の風景です。(*^^)v
世界中駆け巡る一生で、本格的な山登り、小屋泊まりを経験したのは、半世紀の昔、この尾瀬がたった一度だったのです。!!!
Commented by travelster at 2010-09-08 18:10
★NKさん
なんとまぁ。。。(**)
尾瀬はNKさんにとってノスタルジアを誘う場所だったわけですね。
しかし、そういう思い出の引き出しは多ければ多いほどいいですね。
Commented by 川越 at 2010-09-11 09:52 x
「季節はずしの極意」いいですね。売り場に並んだらすぐに買います(^^)
尾瀬には一度しか行ったことがありませんが、ちょろっとのぞいただけで帰ってきました。巨大な水芭蕉が記憶に残っています。
でもこの一連の写真は素晴しいですね。
なんとなくカメラは一眼ではないイメージだったのですが、違っていました。新しいレンズで新しい風景を見せて頂くのを楽しみにしています。
Commented by travelster at 2010-09-11 11:29
★川越さん
わはっ。読者1名確保♪
こんな花が無い風景でも朝夕は本当に綺麗です。感動しました。
木道に鮮やかな赤いキノコが1本、ぽつん。。と。
ふと川越さんを思い出しましたよ。^^

今日は家でまったりしてまして、先ほどブログにお邪魔していました。
きのこペンションが気になります。^^
Commented by tajiri8jp at 2010-09-12 19:32
夏が来れば思い出す歌ですが、尾瀬には行ったことがないのが残念です。
Commented by travelster at 2010-09-12 22:09
★tajiriさん
その思いがやっと来年からなくなりそうです。(笑
関西からは微妙に遠いですからね。
ボクはさくっと礼文に行ってしまうtajiriさんが羨ましいです。
Commented by 川越 at 2010-09-13 20:52 x
関田峠、良さそうな道ですね。今度走りに行ってみようかなって気分にさせてくれます。
「ペンションきのこ」はキノコ鍋がおいしいのですが、いまのところキノコが採れないそうです。もう少し秋が深くなってからのほうが、いくならいいかもしれません。
Commented by travelster at 2010-09-13 21:11
★川越さん
交通量少ないのでバイクのダウンヒルは気持ち良さそうです。
カーブがタイトなのであまり速度は出せないけど景色は抜群です。
長野側からが向かうのがbetterですよ。

そうですね。言ってるうちに鍋の季節になるんですよね。
キャンプが楽しい季節になってきました。
Commented by 川越 at 2010-09-14 09:46 x
travelsterさま
確かに長野側のほうが少し勾配が緩いようですね。それでもかなりの登りになりそうです。このキャンプ場、良さそうなので行ってみたいと思いましたが、直火のたき火ができないようで、残念です。でも茸が採れそうだから、秋には行ってみようかと考えています。ネットにはほとんど情報がないのが残念です。
Commented by akari-goto at 2010-09-14 17:29
とらさん(と呼んでみました・笑)こんにちは!
ブログあちこち見せてもらってますがどの写真良くてどこにコメントするか迷ったけど。あの崖のところにギリギリ建ってた家もすごく惹かれたけど・・笑

この記事の写真たちすごく幻想的。
・・まるであの世みたい。(行ったことないけど) 

とらさんの写真たちは、何てゆーか・・3Dメガネをかけて見てるような気分になります。
匂いとか湿度とか風を感じるようで。
手を伸ばしたら、触れそうな気がする!

とらさんの目で見てる世界はこんななのですね・・私の目となんか根本的に機能が違うと思いましたよ・笑
Commented by travelster at 2010-09-15 09:02
★川越さん
ネットの情報少ないですね。
見落としただけかもしれませんがキャンプサイトの看板が見当たらなかったのでもし行かれるなら一応、電話確認してみてください。
Commented by travelster at 2010-09-15 09:18
★akariさん
こんにちは。色々見ていただきありがとうございます。
初めての尾瀬だったのですが、朝は幻想的でしたよー。
ほんとあの世な感じです。
>私の目となんか根本的に機能が違うと思いましたよ・笑
同じですよー。
普通に景色を見ながら歩いてますから。。。
あんましバシバシ撮らないです。
時々「ここ撮るといいよ!」と風景が教えてくれるので、そんな時はそっとカメラ出して撮ってます。
Commented by 川越 at 2010-09-16 12:07 x
>travelsterさま
ありがとうございます。今度の連休に無理して行ってみようかと思いましたが、ちょっと無理でした。月末には行けるかもしれませんので、行ったら報告します。ここってほんとに情報がないですね(^^;
Commented by travelster at 2010-09-16 21:22
★川越さん
無理なさらずにー
でも忙しいときほど行きたくなるんですよね。。。
”とら”でいいですよ。^^
<< 翁杉大往生 ゲリラ豪雨でテントに戻れなかっ... >>