人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
コリウールの灯 - Lumière de Collioure

パステルカラーで彩られるコリウールの町も、

陽が落ちて海はコバルト色に変えながら、

オレンジの灯が入り江を染めていく。

(以下全て拡大可)


コリウールの灯 - Lumière de Collioure_b0108109_1959756.jpg




浜辺の両脇を城壁で囲まれたコリウールの町並みは、

海から眺めるとそのまま額に収まりそうなほど絵画的。

ここにイスとワインとアンチョビがあれば申し分なしだ。




コリウールの灯 - Lumière de Collioure_b0108109_2015479.jpg




徐々に、夜の帳が降りてきて辺りは暗闇が迫ってきた。

持ってきた一脚では、さすがに露光不足でジ・エンド。

町に戻って、もう少し飲み直そうか。南仏最後の夜だ。




コリウールの灯 - Lumière de Collioure_b0108109_19595980.jpg




まだまだ宵の口というのに人波はぱったりと途絶えてしまった。

少し飲みたい気分だったけどバーの類いがあまりない。

南仏最後の夜は肩すかしを食らってしまったかな?





コリウールの灯 - Lumière de Collioure_b0108109_2004286.jpg







コリウールの灯 - Lumière de Collioure_b0108109_201255.jpg







コリウールの灯 - Lumière de Collioure_b0108109_2015290.jpg






町は眠りについたかようにしーーん。。。と静まり返っているし。。。

おとなしくホテルに戻って南仏の旅も静かにフェードアウト。

ドライブはバルセロナまでの200キロを残すのみだ。



高速で一気にスペインに戻って”初”バルセロナ。

数日前BCNに到着した夜、空港でクルマを借りて、

ナイトランで南フランスに来たから初めてのようなもんだ。

Yesterday is another day. たった2日間のBCNだけど、楽しみ。






2010.5.6 Collioure, Languedoc-Roussillon, France




F R A N C E I N D E X

《 P R O L O G U E 》
Discover Southwest France
I'm home from Barcelona

《 T O W N S 》
濡れるカルカソンヌ
欧州最大の城壁都市 - La Cité -
絶壁に建つ砦 - ペイルペルテューズ
ランチタイムはエウスで
コリウールの色 - Couleurs de Collioure
コリウールの灯 - Lumière de Collioure

《 C O U N T R Y S I D E S 》
French roads
Forked road
Les Pyrénées
南仏の車窓から

《 W I N E R Y S I T E S 》
Limoux
Maury

《 A U B E R G E 》
ワイン貯蔵庫がダイニングになったオーベルジュ

《 O T H E R S 》
フランスキャンプ事情
Ermitage - 隠者の家

S P A I N I N D E X

《 B A R C E L O N A 》
BCN#1
BCN#2
BCN#3
BCN#4
BCN#5
BCN#6
BCN#7
BCN#8


Collioure






フランスがらみでチェックしていた映画 Je t'aime... moi non plus が先週金曜日(2010/8/6)までだったので急いでみてきた。
メモも兼ねてここに書いておきます。

ヤフーより解説引用:
ミュージシャン兼俳優のセルジュ・ゲンズブールが、当時の妻ジェーン・バーキンを主演に監督デビューを果たした衝撃作。そのスキャンダラスな内容と映像から、修正版で公開されていた作品が、オリジナル版でデジタル・リマスター上映される。ジェーン・バーキンふんするヒロインを中心に、彼女と恋に落ちたゲイの青年とその恋人の三角関係が展開。愛の不確かさをとらえたゲンズブール監督の手腕と、圧倒的な輝きを放つジェーンの美しさに酔いしれる。

コリウールの灯 - Lumière de Collioure_b0108109_16335725.jpg



舞台はフランス。でも、
・”アメリカ中西部の荒野&ぽつんと建つ荒れ寂れたカフェ&ダイナー風” のアメリカンロードムービーのような舞台設定
・ゴミ収集業者のゲイカップルとジェーンバーキンのシンプルな直球三角関係がストーリー
・デートはゴミ収集トラックで。場所はスモーキーマウンテンのようなゴミ集積場
と、キタナイとこばっかりなんですが、フランスにもこんなとこあるのだと判り一安心です(笑)。またジェーンバーキンが若い!
最終日のレイトショーだったので2時間ほど早めにチケット買いに行ったら、まだ1人しか買ってないとの事。どんなマイナーな映画や。。。
と思いましたが結局1/4くらいの入りでした。サラリーマン男2人だけぽつんと前の方の席に座っていたのが浮いてて妙に気になりました。(笑
デジタル・リマスターは画像が綺麗。オリジナルの良さが失われるとか賛否あるけど、個人的にはノイズのない画像&音響の方が好み。たとえれば古いクルマを新車で乗ってるような感覚?

この頃('70)の映画のいいとこ。迫力は今の映画とは比べようもないのですが、
・シンプルなストーリー。ハリウッド仕立ての"手法"や"パターン"、"演出"に慣れてしまった。
・登場人物がまだ存命で、現在と重ね合わせれる面白さ。
・生まれてるけど、知らない。洋画に”物心がつく”までに上映された空白の期間?!
・だけど、モノクロ映画ほどクラッシックでなく時代的に重ね合わせて見れる。
とこの年代特有の背景にあるのかも?
映画の良さなんて相対的なものでどの世代でもあって、ボクの場合それが'70ってことになるんだと思います。

ついでに先週、先々週は『ソルト』『インセプション』も観たので、照明が点いて思ったこと。。。

■インセプション

・分りにくかった。別に観なくても良かった。
・日本人(渡辺謙)が出る必然性は全然なくってこれ、日本の興行収入狙ってるよなぁ。。。(やられたぁぁ)
■ソルト
・アンジェリーナ・ジョリーがカッコ良かった。アクションは昔取った杵柄?ジェイソン・ボーンと闘わせたい!と思った。
・男勝り!人間技じゃない!とつっこみどころ満載感はあるけど、スパイ仕立ては好きなので。
・続編ありのエンディング。楽しみ。

最近は映画はもっぱら平日のレイトショーをネットで予約して行くのが多いです。安いし。
休日にチケット売り場で待たされ、入場しても廊下で1時間はざらに待たされ、中に入るのが遅いと立ち見で人の肩越しに観ていた昔が信じられないです。
by travelster | 2010-08-08 20:36 |  └France | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/13732064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 川越 at 2010-08-08 21:18 x
ここもまたスペシャル美しい町ですね。でもたぶん写真の写し方も大きく影響しているんでしょうね。私が写したらただの明かりになりそうです。(^^; 写真を見ていると、このブログにでているところ全部に行きたくなってしまいます。困ったなぁ。
Commented by travelster at 2010-08-08 22:03
★川越さん
機材はあまりこだわらないのでたいしたもの持っていないんですよ〜
もっとレンズも揃えたいのですが、いつも旅費に消えてしまいます。
フォトジェニックな時間帯って普通食事どきなのでレストランに居ますよね。。。
写真に凝り出してからというもの
・夕食は夕暮れを外すようになった
・日の出前に早起き&戻って朝食
って具合になりました。
さすがに朝は嫁さん起きれないと言うので、起こさないようそっと抜け出します。。。(笑
嬉しいコメント、ありがとうございます。
Commented by jack at 2010-08-09 07:32 x
久しぶりです。

上の2枚の写真
トラさんらしい黄昏時の良い写真ですね

南フランスの夜は 早い??
ほんと 閑散としていますね。
時期的なものなのでしょうか??
Commented by bashlinx at 2010-08-09 08:22
どの写真も絵になりますねぇ^^
Commented by travelster at 2010-08-09 20:21
★jackさん
日没は20時前だったのでそんなに遅い時間ではなかったですよ。
閑散期はさっさと閉店します。。。
イタリアもランチタイム後は一旦閉店するし(シエスタ)、
欧州はプライベートタイムが日本より長いですね。
旅行者には少し不便ですが羨ましいです。
Commented by travelster at 2010-08-09 20:35
★bashさん
おフランスですから。^^
東洋にはない風景ですよね。かたや、
フランス人にはおジャポン(笑)は神秘的で。^^
外人の撮った日本のデジ画像見せてもらうと視点が違って面白いもんです。
Commented by top-to-toe at 2010-08-11 20:05
あー、とらちゃんの夜の青だー。
Commented by travelster at 2010-08-13 09:18
★saoriちゃん
そう。日暮れ後の空が、日本で見た事ないすごい青やった。
空気の湿度でこんなに色が違うなんてね~
Commented by k7003 at 2010-08-13 09:59
ブラボー! いい旅なさってますねー。
Commented by horaice at 2010-08-13 13:23
いいところですね。久々に覗いてみたら、夢の世界が!
色んなフランスがあるんですね。行ってみたいです。
Commented by travelster at 2010-08-14 00:19
★NKさん
夜も気兼ねなく歩けるって言うのはいいですね。
これが普通なんですけどね。
Commented by travelster at 2010-08-14 00:26
★horaiceさん
南の端も端ですからねー。東京と鹿児島以上に違うのかも。
文化的にはカタルーニャなのでバルセロナに近いんだと思います。
Commented by scottts at 2010-08-14 03:32
一日の終わりの街の灯火、そしてそれが入り江に落ちる光....もうすべてがドラマチックで
ただこの景観に感激をするのみです。 この世の中にこのような美しさがあるんですねえ。
Commented by travelster at 2010-08-14 19:45
★scotttsさん
この時間は特にドラマチック&フォトジェニックですね。
自分の日常ではなかなか感じ得ないシーンなのでひとしおです。
そしてまたどこかに出かけたくなってしまいます。
Commented by asiax at 2010-08-15 08:25
まるで地上の漁火のようです。
幻想的な風景ですね。
Commented by travelster at 2010-08-15 16:53
★asiaxさん
言い得て妙です。
どこか良く似た光景だな。。と思っていたのです。
炎の色ですね。フランスがようやく終わりました。
次のはまだ書けていません。(汗
Commented by enzz3121 at 2010-08-16 00:14
先日はお知恵を頂きましてありがとうございましたm(_)m
ご挨拶が遅れまして申し訳ありませんでした!^^;

travelsterさんの写真はいいなぁ・・・
自分とは違う視点で撮れた写真を眺めながら
昨年回った南仏を思い出していました
コリウール・・・いつかまた南仏に行ったなら必ず訪れようと思いました

Commented by jack at 2010-08-17 14:24 x
夜空の青

今まで なにげに見ていた写真
肉眼で見るとどんな青なんでしょうね??

日本で日が暮れ 30分ぐらいした空を思えばいいのでしょうか??
イタリアでは 空と空気
違いが歴然としてました。

上海もですが、(笑)
Commented by travelster at 2010-08-18 21:52
★enzzさん
微力ながらお役に立てたようで良かったです。
あれこれ調べるのも好きですのでまた遠征されるときはなんぼでも聞いて下さい。^^
enzzさんのスキルは勿論ですが、いい場所&瞬間を押さえているなぁ。。。といつも感心しています。

嬉しいコメントありがとうございます!
Commented by travelster at 2010-08-18 22:00
★jackさん
日没から半時間はとっくに過ぎてたけど、深海から上を見上げたような鮮やかな青い色がずっと続いてましたよ。
初めて見るような夜空でちょっと感動しました。
さぁ来週後半から短い夏休みです。
涼しいところに行きたいなぁ。。
Commented by masabike at 2010-08-20 09:36
南仏いいですね、ここをバイクで走って走り終えたらシャンパンなんて夢だなー
Commented by howdygoto2 at 2010-08-22 09:58
ご無沙汰していますがお元気ですか?
残暑見舞い申し上げます。
東京はまだまだ暑いです。
コリウールの灯 を満喫しました。
ありがとうございます。
Commented by travelster at 2010-08-22 17:31
★masabikeさん
フランスは走りごたえありそうですよ。
南仏で買ったシャンパン。まだ栓あけないまま冷蔵庫です。^^
Commented by travelster at 2010-08-22 17:32
★howdyさん
ご無沙汰しています。
大阪も連日真夏日です!
脳みそが溶けかかっています。。。
<< 南仏の車窓から コリウールの色 - Coule... >>