人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
Southernmost Point in Japan Mainland




Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20425349.jpg





週末は土日とも天気が良かったので反時計回りに紀伊半島をオートバイでぐるっと一周走ってきた。
梅雨入り前のこの時期は寒くなく暑くなく虫も居ないのでキャンプもすごし易く年間を通じてツーリングに最適なシーズンだ。

関西エリア在住のバイク乗りには琵琶湖一周と並んで紀伊半島一周は超定番コース。バイクの免許免許取りたての高校時分『本州最南端』『半島一周』という旅心をくすぐるコトバに胸が躍った。結局高校時代は紀伊半島一周は未達成で内陸を半周で終わったのだけどね。今から思えばたった50ccのバイクでスニーカー&薄々のキャンバスジャケットに軍手という信じられない軽装だった上に無計画だから無理もない。とにかく遠くまで行けることが楽しくって気にしていた事といえば天気とガソリン代だけ。大阪から200キロほど離れた尾鷲で所持金1,000円も無いことに気づいたけど充分足りると思ってたのだから我ながらこの楽天さに驚いてしまう。夜遅く家に着くとトリップメーターは380km(この距離は今でもよく覚えています)。大阪⇒奈良⇒三重⇒京都と山道ばかりでこの距離だ。後にも先にもこの日のツーリングが最もタフだった気がする。

それから幾度と紀伊半島一周リベンジを果たしたのだが、今回は潮岬へ行った事が無い嫁さんを連れてテントを積んでペアライド。
土曜日の朝8時半に大阪を発ち、日曜日の午後5時に帰宅する週末の600キロショートトリップ。

現在は高速道路が少しずつ南へ南へ延伸し、以前に比べ格段にアクセスが良くなったのとひきかえにローカルな雰囲気が失われつつある紀伊半島の海岸エリア。トロピカルルートと呼ばれる和歌山県和歌山市から静岡県浜松へ抜ける42号線(全長469.7km)は中速コーナーが連続する走り応えのあるルートだ。南端の潮岬に近づくにつれ交通量は減り、海岸に奇岩が目立ってくる。けれども国道から運転しながら眺めているだけではついつい通り過ぎてしまう交通の流れの速さ。
バイクを降りて少し歩いてみる。岩間の水溜りをよけながら先へ先へ。振り向いてバイクが見えなくなるくらいまで歩くと不思議な岩礁が広がってる。無粋なコンクリートの防波堤の向こうには時々こうして面白い景色が隠されていたりするから行ってみる価値はありそうだ。








Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_2043493.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20431480.jpg






翌朝。

テントの外が明るくなってきて目が覚めた。
時計を見ると4時半。今日の日の出は4時47分!寝坊した。
急いでジーンズを穿きジャケットを羽織ってテントを飛び出して、バイクを駆って目的の場所へ急ぐ。ここから7キロ余り。誰も居ない串本市街を抜けて到着。すでに日の出直後だった。

もう空は明るくマジックアワーを逃してしまい完全に出遅れた感じ。。。気落ちしながらもバイクを停め、浜へ降りて波打ち際の中へ入っていった。ファインダーをのぞくと思ったより空にグラデーションが残っていたのでまだ撮れそうだ。それから半時間あまり、水際の光の変化を楽しみながらシャッターを切ったのだった。






Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20451230.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20452997.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20454110.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20455786.jpg






場所は『橋杭岩』。南紀の超有名スポット。
昨日の夕方ここを通ったときはちょうど干潮で今とは違ったイメージ。
昼間見ると周りの雰囲気もあってがっかり感は否めないだけに早起きして行く価値はありそうだ。
ボクの個人的な感想を言うと売り物である奇岩よりも足元の潮位で変化する水際模様の方が面白いように思う。



そして、キャンプ場への帰り道。





Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_2047494.jpg





JR串本駅からすぐ近くにある串本の漁港に寄ってみる。ちょうど水揚げの時間だった。
近辺の魚場は水深が深く、イサキ、サバ、チヌ、マダイ、グレ、アジなど魚種が豊富なのが特徴。
船からの水揚げを近くで見るとなんとも迫力がある。
若い漁師3人が船から魚を網ですくい上げ、アームを調整しながら網を陸に渡す。陸側では年配の漁師さん2人が網から落とされた魚をコンベアーに流している。
魚の量も凄いけど水揚げ作業のコンビネーションが絶妙で飽きもせずしばらく眺めていたのだった。




Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20475584.jpg










Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_226043.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_226226.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_2264859.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_2048762.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20481998.jpg






潮岬の東隣に位置する紀伊大島へ渡る。
ここはオスマン帝国(現トルコ)とゆかりの深い島だ。

1890年にトルコ軍艦『エルトゥールル号』が親善交流先の横浜からの帰り、串本の沖合で遭難したときに島民挙げての救援活動が行われたことを記念するトルコ軍艦慰霊碑と記念館、キリムのタペストリーや絨毯、美しい絵柄が描かれたお皿、Tシャツを揃えた2軒のトルコ土産店がこの島の突端にある。
トルコ人が日本人に友好的な理由がこの時の日本人の献身的な救助活動がきっかけであることをテレビで観た記憶があった。前のワールドカップの日本vsトルコ戦でもテレビ局が友好的な両国関係を紹介していた。一見地理的にも文化的にもまったく関わりがなさそうな両国をたった1つの救援活動が結びつけている。利害関係や首相が変わるたびに関係が変化する昨今の日本の状況を思うと、このような事故をきっかけに長い期間を経てなお友好が保たれていることがとても貴重に感じたのだった。





Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20493040.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20494177.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_2153691.jpg





看板を読み進めると最後に、2010年6月3日。。。と。
「えっ??」
「3日前??」
「どういうこと??」
「出来立てホヤホヤか?これは」
見渡してみれば銅像も周りの芝も真新しい気がする。

土産物屋のおばさんにそのことを訊くと、今年はくだんの事故から120年目にあたり、6月3日当日は亡くなった乗組員を追悼する盛大なセレモニーが行われたそうだ。皇室の方も参列されていてそれはそれは多くの人でにぎわったそうだ。今、ここを歩いている客はボクと嫁さんの二人だけでしーーーんとしているのにねぇ。もしいつかトルコを旅する事があればアタテュルク初代大統領の名前はチェックしておこう。。。そしてトルコで年配の人に訊いてみようと思ったのだ。







串本から海岸沿いに東へ進む事35キロあまり。勝浦漁港にて。

お昼時だったにもかかわらず水揚げされたマグロの解体がまだ行われていた。ここの生マグロ水揚げ高は日本一。頭を取った後のマグロの腹にひじまでつっこんではらわたを取り出す。やっぱり食用にはならないそうだ。これはかなりのボリュームで、棄てるのがもったいない気がするが内臓は腐敗が早いからだろう。おなかが鳴ってきたので漁港内にある魚市場で腹ごしらえを。立食での寿司は久々。市場でいただく食事はまた格別だ。

※以下、漁港の写真7枚のうち1枚は写真で見るとちょっと血なまぐさくグロテスク?
 いや、実際はぜんぜんそう思わなかったのですけど。。。
 と、一応注意書きさせてただきます。



Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20505168.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20512044.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_22311853.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_2051592.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_22253462.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20515534.jpg







Southernmost Point in Japan Mainland_b0108109_20521561.jpg





寿司がうまかった事は言うまでもなく。
今度はツーリングがてら2、3泊かけてゆっくり熊野の山中を歩いてみたいと思っているのだが、さて実現するだろうか。。。


2010.6.5-2010.6.6 Kushimoto, Wakayama, Japan
by travelster | 2010-06-07 22:34 |  ├関西 - Kansai | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/13422562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bashlinx at 2010-06-08 09:48
串本は面白いポイントですねぇ 潜ってもよし!(^^)!トルコの沈船調査は私の知り合いの水中カメラマンが関わってますよ^^
Commented by travelster at 2010-06-09 09:12
★bashさん
そうですね。串本まで下るとかなり海も澄んでいてダイビングスポットが多いです。
釣りも盛んです。釣りはしませんがちょっと舟に乗ってみたくなりました。
>トルコの沈船調査は・・・
それは面白い話が聞けそうですね。興味ありますなー。
Commented by jack at 2010-06-10 08:48 x
5月の連休
奈良 十津川 勝浦 尾鷲(泊) 鳥羽 渥美
とツー

串本まで行きたかったけど
ちょっと 届かなかった!!
昔 いったことがありますが、海沿い良いですね。

トラさん
旅のお供のレンズはどんなレンズもっていかれるのですか??
ズームは 確かに重く、大きいので
旅お供には不向きですね。
Commented by selfish555 at 2010-06-10 15:34
和歌山は数年前の大晦日、師匠んちに泊まりに行って以来行ってないなぁ。
1泊2日では海岸線を走るので精一杯ですね。那智は行かなかった?
人の写真見ると行きたくなるなぁ~!
Commented by travelster at 2010-06-12 00:15
★jackさん
GWはツーリングでしたか。写真とれました??
潮岬のキャンプ場はなかなか開放感たっぷりですよ♪
行くときは声かけて下さいな。
レンズ?いつもの広角ズームですよ。はい。そんなに持ってませんから!
Commented by travelster at 2010-06-12 00:19
★かっちゃん
那智は。。。
後部座席の人に尋ねてみたら行かなくていいって。。。
さらっとスルーしました。(笑
恵那もうすぐですな。
だいぶ前から先約入ってて行けなないけど皆によろしくねぇ〜〜
Commented by top-to-toe at 2010-06-12 21:25
たろうという名のエルモがかわいい。(笑)

旅出たい。
Commented by travelster at 2010-06-13 21:28
★saoriちゃん
かわいすぎで盗まれやしないかと心配な子でした。
Commented by scottts at 2010-06-15 12:20
traさん、岩の間から赤く輝く日の出がすばらしいですねえ。 いい写真ですね。
紀伊半島一周ですか、初夏のいい天気でのツーリングは最高に気持ちいいでしょうね。 行きたいなあ。
船から魚の水揚げは見たことがないのですが、迫力あるでしょうね、一度見てみたいです。 寿司の立ち食いもしたい。
Commented by travelster at 2010-06-15 21:10
★scotttsさん
太陽が昇りきってなければ空を入れたカットも撮っていたかもしれませんね。
出遅れましたけどなんとか撮れました。ツーリングは今が一番いい季節です。
シアトルにもこのようなシーンを見れるところは探せばあるんでしょうね!
Commented by tajiri8jp at 2010-06-18 08:00
いうまでもなく、とありますが、写真を見ただけで涎がこぼれます。
Commented by travelster at 2010-06-18 22:19
★tajiriさん
こんばんわ。
これだけマグロが並んでいたら食べない訳いかないですね!
カマ焼きも食べたのですがこちらも食べごたえありました。
太地町はやはりというか少し寂しかったです。。。
<< Forked road French roads >>