人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
I'm home from Barcelona



本日朝方、無事バルセロナからヘルシンキ経由で帰国しました。


I\'m home from Barcelona_b0108109_1627070.jpg
今日(2010.5.10)の朝日。
モンゴル→中国の上空。



9日の帰国の朝、バルセロナ空港に着くと、搭乗予定のフィンランド航空(finnair)だけ "CANCELED" と出ていた。
先月末のアイスランド火山噴火の不安が頭をよぎった。でも他社の便は普通に飛んでいるしこの1便だけCANCELED。。。
一抹の不安をいだきながらチェックインカウンターで待っていると、数分で受付開始するとグランドスタッフから説明があった。数分と言いながら、1時間、2時間待たされたりするんだから気長に待つ事にした。


I\'m home from Barcelona_b0108109_22175516.jpg
直前に搭乗ゲートが変更されていた。焦った。だから機内に乗り込んだのは一番最後。
列を待ってる間にCAさんを撮らせてもらった。皆手袋を。
ウィルス対策かな?マスクより効果あるのかも。



システムトラブルだったようだ。
日航とコードシェアするバルセロナ発ヘルシンキ行きAY3686便はJTBツアーの25名ほどの団体客が一緒だった。
横でJTBの添乗員さんが日本語でお客さんに詳細にそう説明していたので間違いない。(ボクの英語力では情報が50%は欠落するため)
結局、1時間少々の遅延でスペインを出国し、ヘルシンキからの乗り継ぎ便も予定通り離陸。追い風で定刻より20分ほど早く帰国したのだった。


自宅に帰ってからこんな記事を見つけた。


(2010年5月10日 asahi.com)
- F1スペインGP 日曜日 -
…しかし再び活動を活発化しているアイスランドの火山の噴火の影響で、今朝方までバルセロナの空港は閉鎖されていた。また、ニースやマルセイユでもフライトの欠航が出ているようだ。中国からの帰途で苦労したヨーロッパ勢だが、メディアセンターは再びフライト情報の交換の場と化している…

(2010年5月10日 topnews.jp)
スペインでは現在、再び火山灰の影響が出ており、航空便への影響が広がっている。
最新の報道によると、8日(土)にはバルセロナを含め、スペイン国内で19の空港が閉鎖されていたようだ。
ヨーロッパの航空管制当局は、ヨーロッパの航空便への影響がさらに広がると予想しているが、わずか1週間後にはモナコGPが予定されている。
だがF1界にとってはありがたいことに、中国からの帰国の問題とは違い、バルセロナから陸路で700km移動すればモナコにたどり着ける。


機内の新聞には噴火のことはまったく書かれてなかったけどやはり噴火はあったのか。
9日の日曜日、F1スペインGPがあったのもこの記事を読んで知った。
ははぁ。バルセロナで泊まったホテル前のランブランス通りの8日土曜日の賑わいはこれだったのか。。。



I\'m home from Barcelona_b0108109_16405498.jpg





I\'m home from Barcelona_b0108109_17185134.jpg


カタルーニャ語でインタビューされた。日本からコレ目当てに渡西したと思われたのかも。
当たり前ですが、何言ってるかまったく分らないので「オラ!」とスペインの挨拶だけしておいた。



I\'m home from Barcelona_b0108109_16423093.jpg


観客は、入れ替わりに壇上に上がって一緒に写真に入っていた。誰??ドライバー??
有名なF1ドライバーだったら惜しい事をしたのかも。。。(^^



I\'m home from Barcelona_b0108109_21353100.jpg
- Las Ramblas #1 -




I\'m home from Barcelona_b0108109_22312539.jpg
- Las Ramblas #2 -




I\'m home from Barcelona_b0108109_22313819.jpg
- Las Ramblas #3 -




この後、夕食がてらバルを2軒ほど歩き回った。
この夜はちょうどバルセロナとセビージャFCの試合をやっていて街中が熱狂していた。
皆、バルのテレビに釘付けになって一喜一憂していた。
そんな彼らを横目に、明朝帰国のため午後11時頃ホテルに戻ったのだった。
ホテルまで戻ると、まだF1スペインGPのイベントが続いていた。
今度はバルセロナに1週間居るのも悪くないな、と思った。


さて、旅のメインはバルセロナからも近くカタルーニャのおとなり、フランス南部のラングドック-ルションを巡って。
日本へはあまり輸入されておらず馴染みの薄いこの地方のワイン。
フランスの全生産量の約4割を占めるフランス最大のワイン生産地帯なのだ。
地中海性気候の温暖な気候でぶどうが良く育ち、放っておいても多量のワインが出来る。
試飲しながらのヴィンヤードめぐり(※)。そして白と赤、ロゼの3本を買った。
飛行機の事はなんとかなるんじゃないかと、なぜか買う時はあまり気にしなかった。

前夜ホテルの部屋で3本のボトルをタオルにくるみデイパックに詰め、割れて困るものは別にしてせっせとパッキング。

そして空港。
分っていたがやはり機内持ち込み出来ない。もう一度チェックインカウンターに戻り、預けた。『割れ物』と書いた”気休めの”テープを貼って。
スーツケースでも割れてしまう手荒な扱いだからまったく不安だったけど、没収されるよりは1本でも無事ならまだましと思おう。
出国手続き後の免税店でワインを買った人が機内でボトルを割ってしまい、客席はワインの匂いで充満していた。
「預けたワインは日本まで無事か。。。」
飛んでいる間、気が気ではなかった。心配が叶ったのか結果は1本も割れずに関空のターンテーブルに出てきた。
正直ほっとした。安ワイン。でも、すごく嬉しい。
テスティングして、買って、トランクに仕舞うのもいちいち気遣いながら旅して持って帰ってきたのだから。(もっと確実な方法をご存知でしたら教えて下さい!)
しばらく、この強運なワインをたしなみながらこの旅を綴って行こうと思う。
時々バルセロナの写真を交えながら。



いつものようにぼちぼちなので多分長くなると思います。おつきあいください♪



※フランスの飲酒運転時の呼気中濃度基準は日本のそれより少し緩い。個人差ありますがグラス1〜2杯が目安だそうです。



2010.5 Barcelona, Spain



F R A N C E I N D E X

《 P R O L O G U E 》
Discover Southwest France
I'm home from Barcelona

《 T O W N S 》
濡れるカルカソンヌ
欧州最大の城壁都市 - La Cité -
絶壁に建つ砦 - ペイルペルテューズ
ランチタイムはエウスで
コリウールの色 - Couleurs de Collioure
コリウールの灯 - Lumière de Collioure

《 C O U N T R Y S I D E S 》
French roads
Forked road
Les Pyrénées
南仏の車窓から

《 W I N E R Y S I T E S 》
Limoux
Maury

《 A U B E R G E 》
ワイン貯蔵庫がダイニングになったオーベルジュ

《 O T H E R S 》
フランスキャンプ事情
Ermitage - 隠者の家

S P A I N I N D E X

《 B A R C E L O N A 》
BCN#1
BCN#2
BCN#3
BCN#4
BCN#5
BCN#6
BCN#7
BCN#8
by travelster | 2010-05-10 21:46 |  ├Spain | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/13282815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by horaice at 2010-05-10 22:00
とらさん、おかえりなさいませ♪♪無事帰国できてよかったですね!
あちらの気候はどうでしたか??? 
インタビューされたんですね~!それは中々ない経験!人の賑いが伝わってきます!
Commented by travelster at 2010-05-10 22:20
★horaiceさん
ただいまです〜
気候はねぇ。。。今の日本と同じくらいな印象。
朝晩は少し肌寒かったり、お昼過ぎは暑かったり。。。
でもでも、南仏で雪降りました。積もりました!平地でですよ〜。
バルセロナではZARAとH&Mの紙袋持ってる人多かった。日本と同じですね。^^
ヘルシンキは空港から出ていないけど、皆ファッショナブル。
つかのまですが、北欧の空気を感じましたよ。
フランス、ぼちぼち載せますのでよろしく♪
Commented by top-to-toe at 2010-05-10 23:15
おかえりー。
up早いなー。素晴らしいなー。

ヘルシンキ、ファッショナブルだった?
意外だわ。私が行ったのは冬だったからかなぁ。どっちかっつーと素朴だった。
あ、でも一緒に飲んだのが消防署のおっちゃんたちだったからかもしれない...(笑)

Commented by selfish555 at 2010-05-10 23:37
オカエリー!

新婚旅行へ行く前に色々なトコへ行かないで下さい!

迷うから!(笑)

とりあえずは無事に帰国オメデトさん!!!!
Commented by travelster at 2010-05-10 23:47
★saoriちゃん
ただいま〜
>up早いなー。素晴らしいなー。
今日一日、予備日で何もしてないからー。文章書くの苦手なんで時間かかる。
saoriちゃんのように思いついた事すらすら書ける(書いてるように思える)と少しは早いんやけど。(汗;
>ヘルシンキ、ファッショナブルだった?
>どっちかっつーと素朴だった。
そう、素朴。なんというかコンサバティブな感じ。
若い人はちょっと無難にも見える。でも無頓着じゃない。
年配の人(特におばちゃん)は、それがしっくり年齢に合ってるって感じ。
パステルカラーをうまく合わせるよね。北欧の人って。
しかし、消防署のおっちゃんって。。。またまた。
Commented by travelster at 2010-05-10 23:54
★かっちゃん
ただいま!
いゃいゃ、君たちのために下調べに行ってるんよ。あ〜しんど。(笑
北欧はまだリストから外れてない?
右のライフログにも載せてるけど、最新の4travel(雑誌)が北欧特集やでぇ。参考にしてみて。

ところで阿蘇はどうだった?誰来てたの?
マシントラブルなしでつまらなかったんじゃない?(爆
またメールででも教えて♪
Commented by scottts at 2010-05-11 04:26
バルセロナだったら一般的な観光拠点でtraさんらしくないから何か別の意図があるんかなあと読んでいましたら
案の定南フランスが狙いだったのですね。 ラングドック-ルションという場所はプロバンスの中にあるんですか?
広大なラベンダー畑の真ん中に立ってみたいです。
Commented by jack at 2010-05-11 07:00 x
"オラ♪"

お帰りです。
最初のヒコーキの写真 なかなかエエですね。
あのような写真が撮れるのは
いつも アンテナを立ててないと
撮れない写真のような

最近 ワインにはまり掛けて・・・・
特に 赤 時間がたつに連れて酸化して
味が変わるところ
楽天でディリーワインを楽しんでいます。

人・・・なんかカッコエエねぇ、
前の南米のポートレイトも 味があってエエです。
Commented by travelster at 2010-05-11 23:03
★scotttsさん
イタリアに接するプロバンスの西隣がラングドック-ルションと呼ばれる地方になります。そのままスペインへと続きます。
パリからよりも全然近いのですよ!
フランス全土からみれば地理的に南の片田舎なのですが、歴史に揉まれた場所ですね。
Commented by travelster at 2010-05-11 23:11
★jackさん
ほぼ夜間飛行で窓は閉めていたので頃合いを見て撮りました。
旋回中で光の加減が変わるのですが、いい具合に翼に光が当たってくれました。
南米のフォトはクスコを散歩中に。インディヘナはみんなこんな格好でした。
民族衣装は味ありますね!
Commented by selfish555 at 2010-05-12 12:33
わざわざ「下見」して頂いてありがとうございます!(笑)
どこどこの「海外視察」並に税金使ってレポートを提出して下さい!(笑)

スペインは候補からもれてますが、フランスは候補に入ってますよ!
ですがヨメさんと旅行の話題になると「方向性」の違いに戸惑います(笑)
ヨメさんは「リゾート」に行きたく行きたくてしょうがないみたい・・・。
普段の「ビンボー旅行」「行き当たりばったり」「気分次第」は嫌だと・・・。
Commented by travelster at 2010-05-14 13:28
★かっちゃん
前半はきままにワイルドに。後半はリゾートで折半にしたらどう?

リゾートって食に例えるとデザートやと思ってるから、
最後にだけ行くのが一層おいしいと思う。
Commented by asiax at 2010-05-15 17:44
GWのたびよりおかえりなさい
画像を見ていても今回のたびの感動が思いっきり伝わってきます。
トラブルやハプニングも含めて楽しまれたのではないでしょうか。
これからの更新を楽しみにしてます。
Commented by travelster at 2010-05-20 21:52
★asiaxさん
ただいまです。(お返事前後してすみません!)
航空機チケット購入がきっかけでアジアからフランスになってしまい当初はテンション低かったのですが(笑
日数は短いですが、ゆっくりとフランスの南の端を楽しんできました♪
アイスランドの再噴火で帰りが危ぶまれましたがなんとか無事に。
ゆっくりとお付き合い下さい。
<< 濡れるカルカソンヌ fly to barcelona >>