人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
ボローニャ紀行

ちょっと間があいてしまいました。
イタリア編に続いて旅行記を始めようかと思ったのですが、確実にGWをまたいでしまうのでどうしたものかと迷ってる間にもうGWです。GWも噴火の影響でどうなることやら。。。


先日書店で、井上ひさしさんの『ボローニャ紀行』が平積みされていたので購入。
30年以上も恋いこがれ、恋人より慕わしいというボローニャへの傑作紀行。紀行という控えめなタイトルに反してとても面白く、鋭く、分りやすくイタリアの事が書かれていました。


ボローニャ紀行_b0108109_70424.jpg




「イタリア半島は、長靴をはいた脚そっくりに見えるが、ではその長靴をはいているのは男か、女か」
答えは圧倒的に男性?
「脚の付け根にヴェニスがあるから」とか「サッカーボール(シチリア島)を蹴ろうとしているから」
とかいかにもイタリアらしいエピソードの紹介で始まり。。。
そして、到着したミラノ空港の出入り口でタバコを吸ってる時に1万ドルと百万円の札束とボローニャの古地図や古書がはいった鞄が盗まれた話へと続きます。お金より30年にわたって書きためたボローニャについてのメモ書きを失ったのが一番悔しかったそうです。


心の中でチクショウ、チクショウと叫びながら、やがてやってきた小型バスに乗りました。二時間あと、ボローニャの宿舎についてすぐ、自宅に電話しました。
「…鞄を盗られててしまった」
悲痛な声で告げると、イタリア暮らしの長かった妻が9,800キロ彼方でハハハと笑い出しました。
「イタリアを甘く見たわね」
「…?」
「イタリアは職人の国よ。だから泥棒だって職人なんです」


そしてナポリでアメリカの潜水艦がイタリアの泥棒に盗まれた話を奥さんから聞かされて、”それよりはマシかと、みるみるうちに気が晴れて、その夜はぐっすり眠った。”と、ボローニャ紀行の第一日はこんな風に締めくくられています。初日から相当凹んでしまう状況なのにその後普通に旅行されていたようですから筋金入りの楽天家だったのかもしれません。

ある高名な建築家に、観光客をよびこむためにどうしたら良いか尋ねたそうです。その建築家はあっさりとこう言ったそうです。


「東京のどこでもいい、あるいはあなたの故郷の山形の田舎でもいい、いま現にある建物や町並みを、そっくりそのまま百年間、保存してご覧なさい。日本の百年前の姿を観るために、それこそ世界中から人が集まってきます。保証しますよ」


イタリアの都市の美しさを見るたび、いつもこの言葉を思い出すと書かれてあります。ボクもこれから折につけ思い出してしまいそうです。自分に顧みて『今日、明日の景気の向上』と『百年後の日本のため』の選択を迫られて後者を選べるか?と問われている気がするし、正しい指針をボローニャの地域社会の取り組みが示しているようです。

この本のキーワードは『ボローニャ方式』。イタリアのあの風景も決して自然の成り行きで保たれているんじゃなく強いビジョンがあってこそなんだと気づかされました。町並み再利用や、まさに日本で叫ばれている地域活性化がボローニャではどのようにして実現したか、大学の在り方、中央政府に頼らない住民主体の町づくり、憲法にまで切り込んだ深い考察から、ベルルスコーニのハチャメチャな政治とマフィアの実態といったブラックな部分、巨大病院『ウンベルト病院』からはじまるイタリアの”とんでもない話”集まで井上さんの軽いタッチで書かれていて笑えます。(いや、本当は笑えないんですけど。。。)

by travelster | 2010-04-18 08:17 | ★Books | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/13168857
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by masa at 2010-04-18 22:55 x
traさま
先日は遊びに来ていただき誠にありがとうございました。
お返事がすっかり遅くなり、ホントにすみませんでした。
お写真を拝見したところ、ステキなところをドライブしてきた
ご様子ですね。うらやましいです。
私もまた、あっちへ行ってレンタカーで走りたいと思ってます。
でも当分は無理かな~
これからもどうぞよろしくお願いします^^
Commented by naoko_photo at 2010-04-19 09:40
イタリアはまだ行ったことがなくて、でも、よくスリの話を聞くので行くのを少々躊躇してしまいます。
でも、今回のお話やtravelsterさんの旅行記、写真を拝見して、やっぱり一度は行かなくては!と思ってしまいます。

ほんと、もうGWですね。
今回は全く旅行の予定を入れていなくって、きっと途中で耐えられなくなり家を飛び出すのかも、という危険性があります(笑)。
スペインは何年か前、今のブログを始める前に1週間ほど行ったことがあります。
バルセロナはもう一度是非行きたい、大好きな街です。
たくさん写真を撮ってきてくださいね。
火山噴火の影響がGWまでもちこさなければいいのですけれど。
お気をつけて。
Commented by yumiko-shiba at 2010-04-20 19:25
お久しぶりです
覚えていらっしゃいますでしょうか?

リンクをいただきましたyumiko-shibaです

ITALY いいですね
そして旅行記の始まりがこんな文章から始まるなんて
とてもユニークです♪

少し前にまたハワイへ行ってきました
私も今旅行記をアップしています

また刺激をいただきに寄らせていただきますm(_ _"m)
Commented by travelster at 2010-04-21 20:40
★masaさま
いえいえ〜全然大丈夫です。
時間があれば、海外をバイクでロングツーリングしたいと思っています。
大型バイクがクルマより安く借りれると良いのですけど。。。
こちらこそよろしくお願い致します。
Commented by travelster at 2010-04-21 20:52
★naokoさん
耳にタコ出来るくらい聞かされますよね。
でもイタリアは郊外&クルマの旅だったせいか、スリの事一度も意識せずじまいでした。
普通に注意していれば大丈夫だと思います。
是非行って下さい。イタリア!

GW、いい景色に巡り会えればと思っています♪
Commented by travelster at 2010-04-21 20:56
★yumikoさん
覚えていますよー
というかハワイのフォト、楽しませて頂いてます♪
次、行く事があればビッグアイランドに行ってみたいです。
このブログにもハワイ載せてますので良かったら見ていって下さい♪
Commented by scottts at 2010-04-23 15:44
あ~ボローニャは将来必ず行ってみるぞと思っている所で、
その歴史を肌で感じてみたいです。 
この本はとても興味があります。 次回日本へ行った時の買い物リストに
早速書き足しておくつもりです^^。
Commented by travelster at 2010-04-24 01:13
★scotttsさん
ボローニャは良い所なんですね。イタリアも懐が深いです。
大阪に来て頂ければ差し上げますよ。本。(笑
Commented by top-to-toe at 2010-04-30 20:43
もうすぐフランスねー。
行ってらっしゃいー。
Commented by travelster at 2010-05-02 22:17
★saoriちゃん
お〜ぅ。行ってきます〜♪
<< 【フランス・スペイン】古城とシ... 花背の里 >>