人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
忘れ去られた峡谷の中の住居群 - マテーラのサッシ -

ss7を降り、ティンマリ通りを抜けてマテーラの中心部へと向かった。

そのマテーラのサッシ地区にある世界最古の定住集落であり世界遺産でもある洞窟住居とやらを見て、午後からはプーリア州のアルベロベッロまで行き、今夜はあのトンガリ屋根のトゥルッリに泊まろうと思っていた。マテーラは小さな町だろうからランチを兼ねてお昼の時間をゆっくりするにはちょうど良いと思っていた。

それがそれが。。。コロっと予定が変わってしまったのだった。

マテーラの街は思った以上に大きな街だった。大学らしき建物にオフィスや住宅もあって学生らしきイタリア人が多く、さっぱりとしたアカデミックな雰囲気がした。小さな中世の町をイメージしていたボクは少し戸惑ってしまった。アルド・モロ通りに面したマッテオッティ広場の近くでインフォメーションを見つけたので(休憩中だったがドアを開け)カウンターのおばさんにクルマを停めれる場所と、サッシへの行き方を訊く。

地図のコピーをくれたのでそれを頼りにサッシに向かう。

ユダの裏切りによって捕えられたイエス・キリストがゴルゴダの丘で両手と両足を釘打ちにされる十字架刑までの12時間を描いたかなりショッキングな映画『パッション "The Passion of the Christ" (2004年)』のロケ地がこのサッシなのだ。あの重々しい空に覆われた寒々しく荒涼とした深い峡谷。灰色だけのあの異様な世界がすぐそこに。。。胸が高まってきた。





数分でサッシの広場に着いた。


忘れ去られた峡谷の中の住居群 - マテーラのサッシ -_b0108109_16134161.jpg
- Piazza San Francesco -



「地図ではサッシの洞窟住居はここのはずやけど??そんな雰囲気ないなぁ〜〜」


と思いながら、広場の真ん中のこの売店を左に折れた。途端、


視界には大きく窪んだ大地とびっしりの洞窟住居が。。。



忘れ去られた峡谷の中の住居群 - マテーラのサッシ -_b0108109_16292990.jpg




現世からいきなり別の時空にひきずりこまれたよう。。。




忘れ去られた峡谷の中の住居群 - マテーラのサッシ -_b0108109_17194423.jpg



集落の外れに出れば。。。



忘れ去られた峡谷の中の住居群 - マテーラのサッシ -_b0108109_1761778.jpg



荒々しいまでに手つかずの深い峡谷が。


朽ち果てて石が崩れ落ち、雑草に埋もれた住居。


石畳の道と黙々と歩く。人にも犬にも猫にも出会わず。


まるでゴーストタウンだ。ここは廃墟のツーリストサイト?


いや、洗濯物が干してあるところもある。人が住んでいるのだ。


少し広い通りに出た。クルマも停まっている。小さな水飲み場もある。


リノベーションされたリストランテを見つけた。少し現実に戻る。なるほどね。


忘れ去られた峡谷の中の住居群 - マテーラのサッシ -_b0108109_16392995.jpg
- Risotrante 'la talpa' -




忘れ去られた峡谷の中の住居群 - マテーラのサッシ -_b0108109_10441811.jpg
- Day Dream -




ここは地中海沿岸で最も大規模で完全な形で現存する住居群だとか。


20世紀中頃、住民は強制移住させられゴーストタウン化したのち、


近年、アーティストたちが住み出し'93に世界遺産登録された。


苛烈な中世イタリア農民の時代がかすかに残ってるよう。


ほんとうに此処はなんとユニークなところなのだろう。


そして、ユニークな絶景宿も見つけてしまった。



2004.12.28 Sassi, Matera, Basilicata, Italy


マテーラ



■南イタリアドライブ旅'04  I N D E X

《ナポリ》

- Merry Christmas !
- Keep your head up.
- 朝雨
- ナポリの光と影

《ソレント》
- 陽が落ちれば街は麗し。
- 地震の津波の余波の余波?!

《アマルフィ》
- 断崖のスリル 'The Amalfi Drive'
- 荒れる海と眩しい日差しのアマルフィ
- destra-sinistra
- STOP
- Una piccola città
- ドルチェ - dolce -

《マテーラ・ロコロトンド》
- 忘れ去られた峡谷の中の住居群 - マテーラのサッシ -
- HOTEL SASSI
- 笹倉鉄平の世界
- Locorotondo

《ドライビングショット》
- Drive In Rain
- Road to East Coast #1
- Road to East Coast #2
- Road to East Coast #3
- Road to East Coast #4

《おまけ》
- Bari, miscellaneous...
by travelster | 2010-01-17 00:34 |  ├Italy | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/12678492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nontan91 at 2010-01-17 01:17
いいところに行ってますね~^^
ここ行きたかったんですよ。
一日いてお天気の悪いときに黒雲の間から
ここに光が射す瞬間を撮りたいな~と^^
しかし、素敵な写真ですね、一枚目の広場の写真も
とても素敵です。やっぱりとらさんは一年中旅行してるようにしか思えない(笑)
Commented by scottts at 2010-01-17 07:31
うわ~これはすごい。 洞窟住居なんて話には聞きましたが写真も見るのは初めてです。
さすがtraさん行くところが普通とちがいますねえ。
こういった稀有な被写体は写真も面白いです。
ハイチの地震が頭によぎって、ここで地震があったら壊滅的に破壊されるでしょうね。
地盤がしっかりしてるんですね。
Commented by top-to-toe at 2010-01-17 20:37
マテーラ本気で住みたいんだけど。
お金さえちゃんと出して補修すれば誰でも入居できるもんね。

ってか多分今私はどこにでもいいから引っ越ししたい。
.....できればヨーロッパ。
こ・く・が・い・だっしゅつっ!
Commented at 2010-01-17 23:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by travelster at 2010-01-18 13:10
★nontanさん
nontanさんも目を付けられていましたか!^^
すごいところですね。ここは。
おっしゃるとおり、光の加減でグッと雰囲気変わりますね。
>やっぱりとらさんは一年中旅行してるようにしか思えない(笑)
ある意味そうかもしれません。
たぶん、頭のなかは年中どこかしら行ってます。(^^
Commented by travelster at 2010-01-18 13:20
★scotttsさん
北米のネイティブアメリカンの洞窟住居とは全く違いますね。気候風土が違うのですが。
広いイタリアで、たったここ一箇所だけに寄せ集まって存在してるのが面白いです。
ハイチは時々ドキュメンタリー見ていて別の意味で気になる国でしたがあんな地震が起きるなんて。。。
>ここで地震があったら壊滅的に破壊・・・
地震で崩れそうな遺産って相当ありそうですね。
アンコールワット。。。カトマンズの街。。。いつくずれてもおかしくないのですが。
Commented by travelster at 2010-01-18 13:32
★saoriちゃん
ユニークでしょ。。。
廃墟同然の場所をアーティスティックなエリアに昇華させてしまうなんてすごいよね。
マテーラでもサンタフェでもウブドでもいいからただ、絵を書いて過ごしたい。
なんて時々思います。
Commented by travelster at 2010-01-18 13:46
★鍵コメさん
了解しました♪
<< HOTEL SASSI Road to East Co... >>