人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
断崖のスリル 'The Amalfi Drive'
ソレントsorrentoの東からサレルノsalernoまで50kmにわたって延びる海岸線は、ヨーロッパ屈指の美しさを誇る。細い帯状のアスファルトの道は素晴らしい眺望を持つとともに、それ自体が道路建設の偉業でもある。澄み切った青い海へ一気に落ち込んでいる崖に沿って曲がりくねる道路は、美しいポジターノPositanoとアマルフィAmalfiの町を通り過ぎる。

ポジターノはおそらく、この海岸線の中で一番美しく、最もたくさん写真に収められている町だろう。町の急な坂には高級なブティックやパステルカラーの家が建ち並ぶ。

『ロンリープラネット イタリア 日本語版』より抜粋


ソレントから海岸を少し外れると山の斜面には一面のオリーブ畑。

なるほど〜!エキストラバージンオイルも安い訳だ。

南側のアマルフィ海岸に出ると雰囲気が一変。
断崖のスリル \'The Amalfi Drive\'_b0108109_11142249.jpg

頭上から迫りくるむきだしの岸壁は迫力。
土砂崩れが多く法面ばかりが目立つ
日本の道を思うと羨ましい。。。


ステアリングとシフトチェンジが忙しい!!

右手に太陽が照りつける地中海を望み、

小さな町や漁村をいくつか通り過ぎる。

断崖のスリル \'The Amalfi Drive\'_b0108109_11415361.jpg

こんな素朴でワイルドな家を見ると、

『田舎に泊まろう!』じゃぁないけど、

お宅に泊めてもらいたくなる。変?

断崖のスリル \'The Amalfi Drive\'_b0108109_1815863.jpg

少し寂しい雨のポジターノ。

冬の熱海のようなものかな!

それが嫌いでも残念な訳でもなく、

こんな季節外れ感が好きだったりする。

断崖のスリル \'The Amalfi Drive\'_b0108109_10343055.jpg
少し日が差せば、

夏の雰囲気がちらりと顔をのぞかせた。

断崖のスリル \'The Amalfi Drive\'_b0108109_1844495.jpg

アマルフィ海岸沿いのとある町。ちょっとここは鼻が利いた!あ~素通りがもったいない。

それにだ、この斜面の家々の明かりが点る夕暮れの景色はきっと最高に違いないと思ったのだ。

今日はドライブはやめてここに泊まって、夜はそこのリストランテでオイスターとワインと行きたいのだけど!

く~~っ!先を急ごう。


断崖のスリル \'The Amalfi Drive\'_b0108109_11534289.jpg
町に全然似合わないレクサス。ヴィッツは違和感なくすんなり溶け込んでる。

イタリア屈指のリゾート『アマルフィ』と『ポジターノ』の間に

素朴で小さな村がいくつも点在している。
断崖のスリル \'The Amalfi Drive\'_b0108109_11253469.jpg

商店や宿のくどくおせっかいな看板や、

押し付けがましいお国の看板や標語が無いだけで

醸し出す雰囲気が大きく違うものだと海外に行くたび、思うのだ。

日本よ。余計なものが多すぎるぞ!もっとシンプルに粋な国に生まれ変わろう。

断崖のスリル \'The Amalfi Drive\'_b0108109_9391123.jpg
A:ソレント sorrento / B:ポジターノ positano / C:アマルフィ amalfi
(左クリックで拡大)


《DriveTips》
アマルフィ海岸沿いの道路は断崖上のため狭くパーキングスペースは皆無と言っていいほど。
たまに海側にある少しのスペースには縦列駐車ビッシリ。コンパクトカーの方がスペース見つけやすくその点では楽。
バスで行くなら海を望める南側の座席を確保したいところ。乗る前に方角をチェックです。
距離的にはナポリから日帰りドライブも余裕の距離(ナポリ⇒ソレント⇒アマルフィ⇒サレルノ⇒ナポリとぐるり回っても200kmに満たないし)。
喧騒のナポリから足を延ばして、ポジターノまたはアマルフィで海を眺めながらゆっくり遅めのランチ♪もよいかも。
このときは先の道程が長かったのでサレルノまでクルマを進めたけど、出来ればここに一泊、二泊したかったーー

2004.12.27 Amalfi Drive, Campania, Italy

アマルフィ海岸



■南イタリアドライブ旅'04  I N D E X

《ナポリ》

- Merry Christmas !
- Keep your head up.
- 朝雨
- ナポリの光と影

《ソレント》
- 陽が落ちれば街は麗し。
- 地震の津波の余波の余波?!

《アマルフィ》
- 断崖のスリル 'The Amalfi Drive'
- 荒れる海と眩しい日差しのアマルフィ
- destra-sinistra
- STOP
- Una piccola città
- ドルチェ - dolce -

《マテーラ・ロコロトンド》
- 忘れ去られた峡谷の中の住居群 - マテーラのサッシ -
- HOTEL SASSI
- 笹倉鉄平の世界
- Locorotondo

《ドライビングショット》
- Drive In Rain
- Road to East Coast #1
- Road to East Coast #2
- Road to East Coast #3
- Road to East Coast #4

《おまけ》
- Bari, miscellaneous...
by travelster | 2009-10-23 20:57 |  ├Italy | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/12103120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by top-to-toe at 2009-10-24 16:33
ヴィッツが似合うのはわかるなー。
ミクラ(マーチ)も似合ってたからね。

ソレントは友人が住んでたはず。今もいるのだろうか?
イタリア人だけどすごく控えめな彼女。みんなから好かれてた。

きっともう、誰かの太陽になってるだろうな。
Commented by travelster at 2009-10-24 18:19
★saoriはん
お国によって似合うクルマってあるよね。
なら、日本は?日常過ぎて思いつかない。これが。
Commented by tajiri8jp at 2009-10-25 17:18
ジェームズ・ボンドがカーチェイスしそうな道です。落石注意の看板なんかもあるんでしょうねえ・・。
Commented by travelster at 2009-10-25 21:21
★tajiriさん
言われてみればそんな香りがしてきましたよ。^^

『落石注意』の看板、あったかもしれません。
『海に転落注意!』な看板をソレントで見かけました。
ボンドカーが撮影移動中にイタリアの湖に転落した笑えない逸話がありますねー。(笑
Commented by horaice at 2009-10-28 08:02
すご~いっ絶壁の家ですね。ほんとピクチャレスク!
イタリアって、どうしてこんなに絶壁の家が多い気がしますがどうなのでしょう?お国の地形の問題でしょうか。
潮風大変そうですね。
Commented by travelster at 2009-10-28 23:11
★horaiceさん
こんばんわ。
このアマルフィ海岸の数十キロはほんとこんな絶壁ばかりでへばりつくように家々が建っています。
ヨーロッパセレブのお忍びのリゾートだそうです。
岩壁で地盤がしっかりしてるので建てれるんでしょうね。
家も日本家屋のような木造ではなく石造りなので風雪には強そうです!
潮風。。。畳と障子はNGだと思います。(^^;;;;
フィリピンにはこんな恐ろしい崖ハウスもありますが。。。 ⇒ travelster.exblog.jp/11438464/
<< 荒れる海と眩しい日差しのアマルフィ 地震の津波の余波の余波?! >>