人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -
西穂高の星空を堪能した次は、平湯の一泊をはさんで中央アルプスエリアへ。
中央アルプスの雄、『宝剣岳』の麓に広がる千畳敷カール(2,612m)から頂上山荘へ登ってきました。

千畳敷カール行きのロープウェイ乗り場までは、マイカー乗り入れ禁止なので
[クルマ]⇒バス停のPに一泊駐車⇒[バス]⇒しらび平⇒[ロープウェイ7.5分]⇒千畳敷
とバスに乗り換えて行くことになります。
SW中に唯一、待ちを食ってしまったのが千畳敷カールへ向かうロープウェイです。

クルマでバス停に到着すると、『ロープウェイ待ち4時間半』のボードを掲げた人が数人。。。
「え゛~~!!」
現在、お昼の12時前。
ロープウェイ待ち(4.5h)+ロープウェイ(10min)+山頂の幕営場までの登山時間(1.5h)⇒18:00。。。この日の日没時刻⇒17:48 。。。
幕営地までたどり着くのに日没に間に合いません。山なので陽が隠れるのはもっと早いです。
カメラ撮影やテント設営もあるので少なくとも日没までプラス半時間の余裕が欲しいところです。

山を見上げると霧模様に。あぁ~気持ちまで霧模様。。。
この時間から仕切りなおすのはかなり気が引けるなぁ~~。
駒ヶ根名物の『ソースかつ丼』をほおばりながらしばし算段します。
新聞の天気予報欄はゆっくり下り坂と書いてある。晴れ空は諦めました。

満腹になりつつ思案する心中知ってか知らずか駐車場のおっちゃんが寄ってきて、
「山泊まるの?たぶん2~3時間で乗れますよ。」
掲げられたボードの『4時間半待ち』は”最大”なんだって。ちょっと安心。
念のため今夜の幕営地の連絡先(頂上山荘)に電話を入れ状況を確認します。
「今日は大丈夫です。」
って。お山の上もオッケー♪予定通りGo!と相成ったのです。

ロープウェイの待ち時間はもったいなかったなぁ~。晴れていただけに。


中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_21405141.jpg

大型バスで狭路をバンバン行きます。

中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_21415513.jpg

このあたりも1ヶ月経てば紅葉まっさかりに違いない。

中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_21441234.jpg

バスの乗客は2組4名だけ。
日帰り登山客の乗車は断ってはりました。
もはやこの時間(と言っても昼過ぎ)から行っても帰りは日が暮れてしまうからです。
日帰りの人たちは残念そうにしていましたが仕方がないですね。まだ登れるだけ良いのかもしれません。

中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_2149922.jpg

ロープウェイ乗り場。ごろんと寝ている人多数。

中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_21495194.jpg
恐ろしい整理券ボード。。。
ボクらは最後の 16:03 です。
気長に気長に待つことにしよう。
(結局1時間ほど繰り上がりました♪)

バスは頻繁に出てるのに対しロープウェイは1時間に2本。
ここでかなりの待ちが発生するのももっともな気がします。


・・・・数時間後・・・・


いよいよ到着♪
早速登ります!

中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_22154110.jpg

ロープウェイ降り場から歩き出して十数分でこの景色。
険しい山容と対照的にカール一面が緑黄色に彩られてます。
高山植物咲き誇る盛夏と紅葉の秋の谷間の今の時期でも鮮やか。


中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_2215639.jpg
西斜面はすっかり日陰になって気温が下がってきました。
尾根向こうの東斜面はまだ陽は暮れていないようなので先を急ぎます。


中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_22353055.jpg
登ってきたところを振り返って、の1ショット。
眼下に千畳敷カールが広がりロープウェイ降り場が見えます。
登山道は瓦礫の岩場で落石防止のネットがいたるところに。崩落が多いのでしょう。


中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_2275864.jpg
尾根へとつづく登山道。そろそろ森林限界です。
見た目は険しいけど、そんなにハードではないです。
トレッキングポールがあるとあとあと脚の負担が全然違います。
しっかりポールを突けば理論上その加重分、荷物が軽くなる計算です。


この後、がれきの乗越浄土から尾根に出て
宝剣山荘を経て中岳の先にある頂上山荘のカールで幕営しました。
頂上山荘での食事は宿泊客のみ。弁当を頼めたのでそれとお茶で辛抱です。

中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_214816.gif
(C)長野県山岳ガイド&信州百名山 (Click!)


中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_2113338.jpg
霧が出て、だれもテントから出てこない静かな(寂しい?)夜でした。
霧がなければいい景色に違いないのだけど。く~っ!
することないので8時に寝ました。ZZzz z z ..


テントをたたく雨の音で目が覚めた。
翌日も朝から霧。昨夕登ったルートを下ります。
霧で濡れた岩で滑らないようゆっくりと。
中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_2227468.jpg
迫る岩肌はちょっと迫力です。
座ってずっと景色眺めていたいところ。
登山道が狭くそういうわけにもいかず少々残念。

中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_22503197.jpg
霧の千畳敷カール。
晴れていれば南アルプス一望のはず?
こんな悪天候で写真をとってる物好きはボクだけ。
色々撮ったけどどれもいまいち。面倒でも三脚立てないと!と反省。
ネットを探しても晴天の千畳敷カール画像は数あれど霧のは。。。ないなぁ~!

なにはともあれ久しぶりの登山二連発。
シルバーウィークも無事に終了です♪

2009.09.21 Senjyojiki, Nagano Pref, JAPAN

駒ヶ根市

※次回より再び南イタリア旅を再開します。





map

中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_101483.jpg
- 宝剣岳(詳細) -

中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千畳敷カール -_b0108109_1016437.jpg
- 宝剣岳(広域) -


by travelster | 2009-10-01 22:27 |  ├中部 - Chubu | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/12040215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by selfish555 at 2009-10-02 17:47
そのカッパまさか?バイクのカッパや・・・?蒸れなんだ???

お天気だけはどうにもなりませんねェ~。
そっちのロープウェイも悲惨な状況だったんすね、、、

日本ってなんで日曜と祝日にしか休めないんでしょうか。
「有給休暇」というシステムは日ノ本では正常に機能してません。

Commented by travelster at 2009-10-03 21:25
★かっちゃん
そーです。バイクのカッパです。
山で着ると目立ちます。山用でこんなカッパ無いから!

>日本ってなんで日曜と祝日にしか休めないんでしょうか。
根っこは個人の余暇より商売(=お客さん)が優先するから。
長い日数余暇を過ごすという文化がベースにないから。じゃないかな。

>「有給休暇」というシステムは日ノ本では正常に機能してません。
かっちゃんトコはかなり取りにくそうやね。。。
長期の休みに世間はあまり寛容じゃないからなぁ〜日本って。
みんな休もうよ!って思います。(もちろん生活に支障が出ない範囲で)
ボクは部下(って言い方あまり好まないけど)には、ちまちまと休まずに思い切ってまとめて休み取るように言ってるくらい。
でもメンバーに聞いても大抵、「どこにも出かませんでした〜」って。。。
職場でボクくらいです休暇になるとずっと家居ないの。
イタリアのバカンスとまでは言わなくても、もっとフレキシブルに10日間程度の休みくらい存分に楽しめるゆとりある国民性だったらと思います。
逆にその分、不便さも目をつぶる必要はあるけどね。

あーゴメン、長くなってしまった。。。^^
Commented by scottts at 2009-10-03 23:47
すこしでも時間があればどこかへ行ってしまうtraさんは家でじっとしていることってあるんでしょうか。
しかしいつもいい場所を見つけるし、既に膨大な資料をお持ちですから旅行ガイドの
プロでサイドジョブをされたらいいんでは。 いや一緒に行かなくてもプランを立てるアドバイザーみたいな。
このブログをまとめても素晴らしい旅行本になりますね。
Commented by travelster at 2009-10-04 01:14
★scotttsさん
>家でじっとしていることってあるんでしょうか。
基本的にあまりないです。^^
でも引き蘢るときもあります。
気分的に動く気が起こらず1ヶ月くらい土日どこも出かけないときもありますよ。

>プランを立てるアドバイザーみたいな。
楽しそうですね。
毎晩、寝る間を惜しんで考えそうです。
結果、喜んでもらえたら幸せでしょうね!
>このブログをまとめても素晴らしい旅行本になりますね。
頑張って書きます。そして英語版監修をscotttsさんに。。。(笑)
Commented by top-to-toe at 2009-10-06 00:26
とらちゃんってすげーなー

私とはまた別のタフさ。
こっちの方がすごいな、って思うけどね。
Commented by travelster at 2009-10-06 09:26
★saoriちゃん
saoriちゃんの方がすごいよー。
体力も負けると思います!
Commented by howdygoto2 at 2009-10-07 09:43
おはようございます。
お久しぶりですね。
千畳敷カール は行ったことあります。
ロープウェーだから行けました。
ホント見晴らしのいい場所ですね。
Commented by travelster at 2009-10-08 00:20
★howdyさん
千畳敷いいですね!
曇ってましたけどそれでも圧巻でした。
Commented by asiax at 2009-10-12 07:57
寅さんのブログは海があって、山があって、歴史的町並みや自然、地域ではアジア、ヨーロッパ、日本とほんとに幅広くて、とっても充実してますね。すごいアクティブです。
私は学生時代に槍ヶ岳や鳳凰三山を登りましたが、今はもうちょっと山登りする体力ないです(悲)。
Commented by chika at 2009-10-12 10:50 x
山〜〜〜!
いいよねえ〜〜〜。
ナポリの冬もすてきだけど(笑)。
うちはリパリ島のクリスマス訪ねたことがありますが、
とらやんの写真見てて思い出しちゃった。

それにしてもとらやん、
バイクにカメラに旅に山に(他にもあるね?笑)、
多彩・多趣味ですなあ、ええですなあ〜。(^^)v

この前テレビで槍ガ岳3週間の縦走やってましたが、行きたい〜!
来年の夏よ早く来い〜。
Commented by travelster at 2009-10-13 13:52
★asiaxさんへ
ありがとうございます。
これは性格的なものかも。。。
う~ん、結局なんでも好きになってしまうんですよね。
>私は学生時代に槍ヶ岳や鳳凰三山を登りましたが・・・
学生時代に槍を登られているんでしたらまだまだ楽勝じゃないですか!
結構高齢の方々が多かったのが意外でした。あと茶髪の若い女の子とか。
何人か年配の方とお話させていただいたのですが、山小屋を利用して無理せず楽しんでおられるのが印象的でしたよ。
Commented by travelster at 2009-10-13 14:00
★chikaりん
>バイクにカメラに旅に山に(他にもあるね?笑)、多彩・多趣味ですなあ、ええですなあ〜。(^^)v
はいな~。(笑
高校生までは絵が好きでしたねー。
中学高校通して美術オール『5』が唯一学業の自慢です。ヨメには
「写真も良いけどたまには絵かいたらいいのにー」と言われます。
これまでの状況を見るとおそらく、雑食系なんやと思います。
でも、マニアと称される域までは行かないんですねこれが。
他の楽しいのが気になりだして。(^^
<< 陽が落ちれば街は麗し。 A Sunny and Bre... >>