人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
A Sunny and Breezy Day - 西穂高#2 -
A Sunny and Breezy Day - 西穂高#2 -_b0108109_1739441.jpg



A Sunny and Breezy Day - 西穂高#2 -_b0108109_17275021.jpg



A Sunny and Breezy Day - 西穂高#2 -_b0108109_1812984.jpg



A Sunny and Breezy Day - 西穂高#2 -_b0108109_1848929.jpg
稜線に人が居るのが見えます。台形のような形をしたピークが「独標」です。その左のトンガリが西穂高岳です。



A Sunny and Breezy Day - 西穂高#2 -_b0108109_19345160.jpg



A Sunny and Breezy Day - 西穂高#2 -_b0108109_1748554.jpg


雲海を見下ろす山の上で迎えたシルバーウィークの2日目。昨夜はぐっすり。今日も快晴そのもの!!
日の出早々にテントを撤収し、不要なものを山小屋に預けて身軽な荷物で(軽食とジャケット)西穂高の中腹まで散策に出かけた。

山荘から先の登山道は、
視界をさえぎる木々も山もなく、
はるか眼下に雲海を見下ろす絶景の中を歩く。

さらに上を目指す人たちはとっくに先を行ってるし、
日帰り登山の人たちはまだまだここまでやってこない。

道中は雄大な日本の屋根の景色を独り占め!
ここに温泉でも沸いていて日本酒でもあれば極楽やろうなぁ。きっと。

東を望めばはるか彼方に富士山の雄姿もはっきりと。ここは別世界!!!
「なぜ、あなたはエベレストを目指すのか」と問われて「そこに山があるから」
ジョージ・マロリーのこの言葉はすべてのアルピニストが共有する感情に違いない。
こんな景色を見、クリーンな空気を胸一杯に吸い込めばまた登りたくなるのが人情ってもの。

これだけ天気が良いと下山するのは実にもったいない気がした。
次来るときは縦走を目指そうか!


2009.9.20 Nishi-Hodaka, Gifu Pref, JAPAN



高山市






A Sunny and Breezy Day - 西穂高#2 -_b0108109_1943079.jpg
- 西穂高詳細 -


右下に上高地が見えます(小梨平キャンプ場も絶景です。ここにテント張るなら梓川沿いに!)。上高地から見た西穂高斜面のちょうど裏側になります。
地図から分かるとおり、上高地から西穂高をめざす場合、標高差があり日数を要します。
どちらからのアプローチも絶景。雄大な山容がすばらしく人気が高いのも納得♪

■新穂高温泉(標高1117m)⇔[ロープウェイ]⇔しらかば平(標高1308m)⇔[ロープウェイ]⇔西穂高口(標高2156m)
 クルマで行けるのは、新穂高温泉かしらかば平まで。今回はしらかば平から乗車しました。
 ロープウェイで一気に2,000mまで上がります。

■西穂高口⇔西穂高山荘
 登り標準時間:約1.5時間
 下り標準時間:約1.0時間
 西斜面なので日没を見ることが出来ます。山荘で食事できるのが嬉しい。
 テントスペースはあまり広くないので午後遅くならないのが無難です。(16時着で結構いっぱいいっぱいでした)

■西穂山荘⇔独標(←連峰のうちの1つのピーク)
 登り標準時間:約1.5時間
 下り標準時間:約1.0時間
 岐阜と長野県境の稜線を歩きます。
 さえぎるものがなくパノラミックに見渡せる登山道です。斜度はゆるやかでストックも不要でした。(独標から先は中~上級コース)

A Sunny and Breezy Day - 西穂高#2 -_b0108109_19431111.jpg
- 西穂高広域 -


西穂高&上高地エリアへは東日本からは松本、西日本からは高山がゲートシティとなる。
※SWは松本⇒上高地方面のR158はヒドい渋滞でした。ボクは反対車線でしたので免れましたが、渋滞先頭の上高地行きパーキング(あかんだな駐車場)が朝から満車なものだから、片側1車線の山道が延々15km以上びくとも動いてませんでした。恐ろしい。。。あの多くの人たちはあの日上高地にたどり着けたのだろうか。。。
 ハイシーズンはご注意を!
by travelster | 2009-09-27 07:26 |  ├中部 - Chubu | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/12010623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maribali at 2009-09-28 00:53
素晴らしいシルバーウィークを過ごされたんですね!
夜空の写真ももちろん素晴らしいんだけど、↓の一枚目のスナップはインパクトありますね。さすがです!
雲海を見ながらのビール、聞いただけでも溜息です。

私達は軽井沢滞在だったので、奈良井宿まで行ってきました。
アップできるような写真は一枚も撮れず。
やっぱりトラさんは凄い。。。
Commented by enzz3121 at 2009-09-28 01:38
か~~~~!すげ~~~!
Commented by selfish555 at 2009-09-29 12:47
老体に鞭を打って、酸素濃度が薄い雲海の上、遥か彼方に富士山。
くゥ~ビール飲みてェェェ~最高のロケーションぢゃん!!!
来年の夏、富士山に行く計画を練ってます(練ってるだけ)。
Commented by travelster at 2009-09-30 09:35
★mariさん
SW、後半少し天気崩れましたがまずまずでしたね。
奈良井行かれたんですね!渋滞は大丈夫でしたか?

久しぶりの山はなかなかでした。
K10Dと交換レンズは重かったけどもって行って正解。
>↓の一枚目のスナップはインパクトありますね。
ありがとうございます。でもまだまだ納得行かないカットも多くって。
ヨメさんには練習台になってもらってます。^^
Commented by travelster at 2009-09-30 09:37
★enzzさん
ありがとうございます。
でもまだまだ納得行かないものも多くって!
もっとコンスタントに撮れんとな~と思っています。
Commented by travelster at 2009-09-30 09:48
★かっちゃん
そう、横から嫁ちゃんに鞭打たれながら登るのは気持ちよかった。(え、違う?)
山はえ~よぉ~。富士山もいいねぇ~。(ちょっと混んでるのが玉にキズやけど。。。)
<< 中央アルプス木曽駒ヶ岳 - 千... 標高2,385mから夜空を見上... >>