人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima
厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_19491494.jpg
先週/今週の土日月、二十数年ぶりにぶらり広島の宮島に行ってきました。

前回は中学の夏休み。広島に赴任した叔父の兄ちゃんを訪れて。

そのときはただただ暑かったことを覚えています。

今日も暑い!”巡礼”の気分です。



厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_19335724.jpg
日没の少し前に到着。

ちょうど潮(※後述)が引いていたので大鳥居まで歩きます。



厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_16485218.jpg
大鳥居は本社火焼前より八十八間のところに建てられています。
(縁起のいい距離ってわけですね)

重量は約60トン!土に埋まっているのではなく自重で建っているそうです。

ここに限らずですが、昔の建造物は"人力で建てた"という事実が全てを凌駕します。

木造の鳥居では高さ大きさともに日本一。樹齢500年あまりのクスノキはそれは見事です。


厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_16524584.jpg
実は宮島に着いてからここが世界遺産に登録されている事を知りました。


厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_17192815.jpg
ガイジンが多いと思ったらなるほどどうりで。

世界遺産ブランドの吸引力は凄いとあらためて思う。

右の白人女性はひたすら石を鳥居の上に載っけていました。


厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_178385.jpg
日暮れまであとわずか。


厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_19725.jpg
そして陽が暮れ夜の帳が降り、

光を失った大鳥居はシルエットに。

徐々に潮が満ち人が減ってゆきます。

いい加減そろそろ帰ろうと思いかけたところ、

厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_18174720.jpg
大鳥居にほのかに朱が差してきました。


厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_224794.jpg
人々の居る三笠浜からライトアップが始まっていました。

気づけば足元には15センチほどひたひたと波が打ち寄せ、

周りは誰も居なくなったので三脚を仕舞い三笠浜の方へあがります。


厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_17264827.jpg
思い思いに大鳥居を眺める人々。半数近くが外国人観光客。

大鳥居を間近で、そして潮が満ちたところを見れたのは幸運です。


厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_1732192.jpg
腹が減った~。さぁ、あなご飯!と思っていたのですが、

表参道のお店は軒並み閉まっていて夕食を食べ損ねてしまいました!




そして、翌朝。。。

厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_17392414.jpg
本殿へお参り。

なんと一番乗りです。


厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_17492250.jpg
三脚でもゆっくり撮影出来ました。
(もちろん受付で三脚使用許可を得て)

曲がりくねった回廊を行くと本社に出ます。

回廊を歩くとさまざまな角度から大鳥居や本殿が。

海にせり出すように造られたのは神聖な島の土地を避けたためとか。

この長いアプローチ効果は現代の博物館&美術館などの意匠に通じている気がします。

厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_17595854.jpg
本殿・幣殿・拝殿
ゴミが。。。(泣)

厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_18351574.jpg

人の居ない朝の廻廊。

厳粛な気持ちになります。

床板に隙間があいているのは、

高潮や台風のパワーを吸収するため。

こんな細かいところにも先人の知恵が。。。

本来の板は下にあり、上には養生板が載せられ土足で歩けるようになっています。

厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_1845811.jpg
表参道


前回の中学生の頃訪れたときは、子供だったからか大鳥居を見ても本殿を見てもまったく面白くなく何が凄いのか良く分からなかった。
それから色々な見聞を経て、再び訪れてみて受ける印象の違いといったら。。。写真に取り組みだしてなおさらその傾向が強くなった気がします。

広島市街から日中に宮島日帰りでも時間的にはまったく可能ですが、大鳥居を眺めるなら夕暮れ時が格別です。夏休み中にもかかわらず写真の通りさほど人も多くなくゆったりと大鳥居を眺めながらマジックアワーを過ごすことが出来ます。本殿は18:30に閉まりますのでご注意。宮島に1泊すれば翌朝の本殿もゆっくり参拝することが出来ます。宮島発フェリー最終便は22時過ぎまで動いているのでその日に本州側に戻ることも可能です。せっかく行くなら干潮時に大鳥居まで歩いていきたいところ。潮汐時刻と日没時刻をチェックして旅行予定を立てられるとベストだと思います。(ボクは帰ってからチェックしましたが^^)

※この日(8/22)の厳島の潮汐時刻
日没 18:50 (平均潮位よりやや少ない。この日は干潮→満潮の間に日没を迎えた)
干潮 16:40
満潮 22:56

2009.08.22 Itsukushima Shinto Shrine, Miyajima, Hiroshima Pref, Japan

廿日市市




せっかく広島まで来たので、復路は中国地方をガッツリ走って帰ります。
久々に備忘録を兼ねてレポートを残します。

厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_21125143.jpg
1日目[8/22] 青線&宮島泊 》 2日目[8/23] 紫線&三瓶山泊 》 3日目[8/24] 橙線
(画像をクリックして拡大)


2009/8/23--------------------------------------------------------------------------------------------------------
大阪⇒[山陽道]⇒広島→宮島

§ 広島へ § 
オール高速で行きます。延々100Km/hあたりで走っていると座禅を組んでる気分。ちーっともトリップメータが進みません。高速移動用のハイスペックマシンが欲しくなってきます。150km/hなら2時間余りで着くのに。。。アウトバーンの様な速度無規制なら片道700kmも普通に移動圏内なんだけどなぁ〜〜。
20数年ぶりの広島の街。新旧取り混ぜトラムが走り、落ち着きが感じられどこか東欧の都市のよう。
今や全国区の広島焼きも食べてきた。有名な広島駅の『麗ちゃん』で。折角なので20分ほど並んで入った。
豚+エビ+そばをオーダーして満腹でした。今夜は晩ごはん要りません。。。

走行距離 370km

宮島包ヶ浦自然公園キャンプ場 泊

2009/8/23--------------------------------------------------------------------------------------------------------
宮島→廿日市→[広島30]→[国186]→浜田→[国9]→江津→[国261]→因原→[島根40]→三瓶山

§ 島根へ § 
早朝に厳島神社本殿を見た後、今日は宮島からフェリーで本州廿日市に戻り、島根県の三瓶山を目指します。最短距離で行くのもおもしろくないので、流れの良さそうな一般道をつないで。ドライブガイドブックには載っていませんが快走路の予感。
§ 国道186号 § 
70~80km/hのハイペース路。前半は頭上を行く中国道とランデブー。後半は沿線にスキー場が点在している明媚な景色が広がります。
§ 国道9号 § 
山口から京都までの山陰シーサイドを貫く国道。今回通っていませんが島根県下の益田〜温泉津あたりが最もローカル色強く旅心をくすぐります。
§ 国道261号 § 
70~80km/hのハイペース路。江の川沿いのリバーサイドワインディングロード。再び内陸に向かいます。今日はすかっと秋空のように青く澄み渡っています。
§ 島根県道40号 § 
30~40km/hの超ローカル路。離合困難な場所在り。JR三江線と並行に行く。こちら一両編成一日数本(始駅(江津)⇒終駅(三次)だと一日一本!)の超ローカル路線です。三瓶山が近づくとグッと高原の雰囲気に。気温も20度を下回ってます。こう涼しいと鍋が恋しくなってきます。
厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_21593283.jpg
JR三江線&島根県道40号 竹駅付近

§ 秘湯を見つけた § 
県道40号を外れて半時間ほど山に入ると小さな湯治場「千原温泉」がありました。鍵も無い木枠のロッカーに服を放り込み、がらっと戸を開けると小さな浴場が。洗い場もシャワーも石鹸もシャンプーもありません。浸かるだけの簡素な温泉。ぬるい源泉&にごり湯の掛け流しでぷくぷくと炭酸ガスが沸いています。ぬるいのに体が少しずつ温まっていくのがわかります。川のほとりの洞窟に源泉が湧き出ていて昔は一升瓶に詰めて持ち帰っていたそうです。戦後は広島で被爆された方が療養のため逗留して利用されたとか。。。改築してしまうと規制が厳しく本来の自然湯の良さが失われてしまうためこのような昔のままの佇まいなのです。う~ん、納得。
厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_1940318.jpg
千原湯谷湯治場

§ 三瓶山 § 
北の原エリアは(いい意味で)閑散としていて木立に囲まれたキャンプサイトはかなり広くグッドロケーション。他にファミリーキャンパー2組だけの静寂の夜でした。荷物を少なくするため軽いブランケットのみでしたが、そろそろ冬シュラフが必須です。
厳島神社 - Itsukushima Shinto Shrine in Miyajima_b0108109_19311912.jpg
三瓶山 西の原


走行距離 230Km

島根県三瓶山北の原キャンプ場 泊

2009/8/24--------------------------------------------------------------------------------------------------------
三瓶山→[国184]→[国54]→三次→[国183]→[国181]→江府→[国482(津山街道)]→八頭→[国29(若桜街道)]→山崎IC⇒[中国道]⇒大阪

§ 写真封印 § 
まじめに風景を撮りだしたらとても今日中に帰れなくなるのでこの日はカメラ封印です。したがって1カットも残っていません。給油以外ずっと走ってました。朝は5時に目が覚め6時には三瓶山キャンプサイトを出発。三瓶山東の原は牧草地が広がり北海道のニセコあたりを思わせるスケール。先を急がなければ1時間はここに居たかもしれません。さて、三次@広島という町を一度見てみたかったので南下します。
§ 三次へ § 
この三次までの間60キロ、ずっと一面乳白色の朝霧。幻想的なクルージングでした。何度も現れるフォトジェニックな風景に足を止めそうになります。国道54号に入ってもあたりは霧に包まれていましたが少し交通量が増え始めます。三次は秋から冬の霧の海が有名です。三次はローカルな地方小都市。江戸、明治の建物が少し残る商店街がありました。三瓶山を出て2時間半。ようやく学校に行く制服の姿がちらほら。夏休みは終わったの?
§ 中国地方分水嶺 § 
2日目同様、高速は使わず中国地方分水嶺を何度も行き来しつつ中国山地を東へ横断することにします(自宅まで島根→広島→鳥取→岡山→鳥取→岡山→鳥取→兵庫→大阪と県境を8回またぎました)。ざっと中国道で南北分ければ南(山陽エリア)の一般道は交通量多め、北(山陰エリア)は少なめです。なので中国道よりも南下しないように東に進みます。山の中を延々70〜80km/hペース。
タイやベトナムならこんな山道の路肩を普通にクワを持って山岳民族が歩いています。家族が2ケツ3ケツ4ケツでカブで走ってます。3つ4つ峠を越すと民族衣装も変わり住居も変わります。彼の国ではそんな変化が面白いです。単一民族の日本じゃありえないし歩いている人などいないもんなぁ~~。なんて思いながら。
§ 国道482号 § 
北側に大山の雄姿を眺めながら走れる眺望ルートです。この日は空がクリアで山頂が良く見えました。今日は横目で眺めながらスルーします。
§ 国道29号 § 
通称若桜街道。70~80km/hのハイペース路。建設中の鳥取道(鳥取県は唯一高速が通っていませんでした!)が全線開通すればクルマはそちらに流れ、若桜街道もさらに走りやすくなりそうです。
§ ETCの功罪 § 
帰宅時間を逆算し、山崎ICから中国道に入ることにします。そして、平日の真昼なのに中国道の空いている事と言ったら!吉川あたりまでは前後視界に1、2台程度。地方の自動車専用道路並みにがっらがら。昼間のこんな中国道は初めてでした。一方深夜の大型車の交通量の多さは以前の昼並み。完全に昼夜逆転しています。流通のパラダイムシフトです。また、常時在庫切れ状態だったETC車載器が無料化を見据えて余りつつあるようです。ミルウォーキー製マイバイクにはETC未搭載なのですが、どうしたものかと算段中です。。。

午後3時すぎ、無事大阪帰着。本日は山中メインに500kmたらず。即、テントとブランケットをベランダに干し(干したテントはおもいっきり近所から見えるので、またキャンプ~?と思われてますね。きっと^^)、シャワーを浴びて一杯やりながら写真整理。ロードノイズが夜も頭から離れませんでした。

走行距離 490Km

Gas--------------------------------------------------------------------------------------------------------
日付 距離 消費 単価
8/22 313Km 19.80L @125 2,475円 東広島  COSMO
8/23 137Km 10.23L @130 1,329円 廿日市  ENEOS
8/24 292Km 16.37L --- 1,997円 庄原   ENEOS
8/24 221Km 14.01L @127 1,779円 岡山美作 ENEOS
8/24 152Km  9.91L @123 1,219円 大阪   IDEMITSU

総距離 1,115Km (Gasの距離はTripメータから。本文中の走行距離はGoogleから。合計がほぼ合ってるのはさすが)
ガソリン 70.32L
平均 15.58Km/L
by travelster | 2009-08-27 20:47 |  ├中国 - Chugoku | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/11791388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by scottts at 2009-08-28 07:22
じっくりと写真を撮ってますねえ。 いやなかなかのクオリティですね。
厳島は情報誌などで写真を見ていましたが、これと全然違います。
以前は見過ごしていましたが、これを見てぐっと親近感が湧きました。
流石世界遺産というのがよく分かりました。
Commented by jack at 2009-08-28 08:34 x
また 写真が変わって上手くなった
と言う言い方は おかしな話ですが、
最近の写真 すこぶる良い感じです。

特に 今回の1枚目は ど迫力とバランスがとれて
なんて えらそうなですが、
スコットさんではないですが、 クォリティも・・・

ちなみに レンズはいくつか持ち歩き
そのたびに 交換ですか、
もしくは 2台のカメラで 広角・望遠??

私の知っている子が、厳島神社で結婚式を数年前
確か 1年前からの予約だったか
で 外人さんの注目の的だったそうです。
Commented by maribali at 2009-08-28 10:58 x
奈良井宿といい厳島神社といい、行ってみたい度が
上がりっぱなしです!
半数近くが外国人観光客。。。
異国人の目にはこの風景はどう映っているんでしょう。
かなり神秘的なんでしょうね。

国内の写真を人とは違った視点でこんなに素敵に撮れるなんて。。
さすがトラさんスゴイです。

それにしても1.115kmって。。。タフです。。。
Commented at 2009-08-28 15:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by top-to-toe at 2009-08-28 15:59
あぁー。ニアミス。
私昼ごろいってたよ@宮島。
シャヨクわかずに、牡蠣食べた。

...20個(笑)

冷凍もんでもおいしかったさー。
Commented by selfish555 at 2009-08-28 23:12
なんだかんだ言いながら「お出かけ」しまくりやん!!!
厳島神社、スバラシイっすよね!オイラは6~7年くらい前に行ったきりです。
モチろんその時はカメラ持ってなかったんで写真は撮ってません。
コレみてまた行きたくなった!
Commented by travelster at 2009-08-29 00:05
★scotttsさん
自分も魅力を再認識です。
大鳥居は色の変化が早いので夢中でした。
本殿は難しかった。。。結局、正面から向き合って撮りました。
出来を見ると大鳥居のが自分らしいのかなと。
嬉しいコメントありがとうございます。
Commented by travelster at 2009-08-29 00:19
★jackさん
クォリティ上がってますか?ほんとに?嬉しいな^^
レンズは毎回換えています。だからゴミが良く入ります。目立たなければ気にしないようにしていますけど。
もう少し自分の要求レベルが上がればボディを複数使い分けるようになるかもしれません。その前にもう一台揃えないといけないけど。^^
率直な意見またお願いします。お世辞もウェルカムです。^^
Commented by travelster at 2009-08-29 00:31
★mariさん
>異国人の目にはこの風景はどう映っているんでしょう。
ボクも同じ事考えてました。ずっと見入ってましたからねぇ〜。
陽が沈む瞬間は『ブラボー!』『ビューティフル〜〜!』でしたよ。彼ら。^^
秘境ならどう撮っても新鮮ですけど、世に氾濫している場所の写真ってある意味難しいのかもしれませんね。
いつも嬉しいコメントありがとうございます♪
Commented by travelster at 2009-08-29 00:32
★鍵コメさま
ありがとうございます。
近いうちに連絡致します。
Commented by travelster at 2009-08-29 00:41
★saoriちゃん
入れ違いか〜。
写真展の後、原爆ドームと平和記念公園行ってたな。
同じ。ボクの場合、日中は写欲湧きません。
牡蠣20個??さおりちゃんは牡蠣好きやねー。
こっちは宮島で何も食べずに終わったっていうのに。。。
Commented by travelster at 2009-08-29 00:53
★かっちゃん
久々ですよ!続けてこんなお出かけは。
まぁちょっと棚ぼたの休みだったのでね。
神社仏閣マニアならここは必修科目ですね?
ボクの知らないところいろいろ行ってそうやなぁ〜!きみは〜。
もう一日あれば石見銀山も行ったのに。残念無念。
<< My Expression -... 奈良井のお盆 #2 >>