人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
Before Sunset
エルニドのようなタイトルですがちょっとひとやすみして映画のはなしです。(え?ひとやすみってほど日々更新してないって?^^)
(映画は結構観るのですよ♪旅の話しかしませんが(^^ 映画館も月イチはコンスタントに行ってます♪)
先週末に観た(DVD) 『Before Sunset』 がなかなか良かった&旅がらみってことで。

ラブストーリーもの。舞台はパリ。『before sunrise』の続編。
9年前の一夜(←このできごとが前編)を描いた米国在住の小説家、ジェシー(イーサン・ホーク)とパリ在住のセリーヌ(ジュリー・デルピー)の9年越しパリでの再会から始まる。ジェシーの帰国までのタイムリミット85分間の2人の語らいがこの映画のすべて。

この映画凄いですよ~!
オープニングからラストまでほぼ二人の会話に終始。それも連続するシーンです。
ストーリーの切り替わりもなく、
- 今まで観た中で最もせりふの占める割合が多いんじゃ?
- 今まで観た中で最もせりふ&ワンカットが長いんじゃ?(渡鬼なんてめじゃぁないくらいに長いです)
- まともなセリフのある登場人物は主演の二人だけ。
- 半分ノンフィクションみたい。アドリブのような台本。
って思った。ただただフラットに同じ調子で最後まで。せりふが下品らしくR指定です。

イーサンホークが、役柄にあってないよなぁ~って印象が最後まで尾を引いた。歳とってちょっとチンピラっぽくなって。まぁでもアメリカ人のちょっとホーニー(エッチ好きそう)なところがはまり役でいいのかな?
相手のジュリー・デルピーって女優さんは知らなかった。ハリウッドっぽくなく(いわゆる)美人でもないのだけど最初の少ししおれたような地味ぃ~~な印象から気づかない間にさばけた感じのおねーさんになっていてこれが計算ならすごいなーー。キャスティングはばっちり!と思っていたら別の理由でした。(後述)

こんなシンプルで変化の無さそうな映画の何が良かったかっていうと
- 構成と脚本、絵作りがリアル。
- 時間の流れがリアル。
出だしの9年振り再会の初々しい会話からラストまでの感情の変化と抑制の効いた演技が実際の85分と同じようで観おわれば不思議な感覚。現実みたいなプロットはなかなかに入り込めてナイスでした♪

それとヨーロッパの町の映し方。
これみよがしにあるいはさりげなくでもパリの名所をちらつかせることも無く(セーヌ川は映ってたけどね)ほとんどがフツーの街角。二人がカフェにたどり着くまでの石畳の道。ひょっこり裏道にありそうなカフェ(このカフェ、最近BSの旅行番組(白人コメンテーター)で紹介していた気がする。。。)。ガイドブックに絶対載ってなさそうなぱっとしない公園。こんな飾らないパリが逆に新鮮。
映画の後半ずーっと、遊覧船での西日の黄昏感がなんともグーb(^^だった。
パリはあまり興味なかったけどこの映画を観てパリの街をゆっくり旅したいと思いました。

海外旅行ってそうですよねー。名所&旧跡をハシゴして、ウンチク聞いて、トレンドなショップ行って、展望スポットから写真とって満足(したつもり)。。。より、ジモティーが行き交い、集うところの方が何かありそうで楽しいだろうし、この映画のようなハプニングも生まれたり??

『24』がリアルな24時間なら、『before sunset』はリアルな85分かも。

この映画を観る前に。
これには前作があります。
その間、リアルに9年空いてます。
その9年の時空で2人に化学反応が現れている?
順番に観るに越したことないけど逆も面白いかもしれない。
前作もイーサン・ホークとジュリー・デルピーでスタッフも同じ顔ぶれ。
それを知らなかったので、伏線の多いストーリーやな~と思いながら観てました。
だから今、とても前作が気になって仕方がない。たぶんそのうち両方DVD買うと思いますけど。
さらに前作でイーサン・ホークとジュリー・デルピーは付き合い出し、その後別れ、続編をきっかけにヨリを戻したとか。。。
おたくらもどこまでリアルやねーーん!(^^

そんなんで、amazon見てたら2話セットになったスクリーンプレイが出てるやんか!
送料込みでも安いし、英会話の題材にちょうどよいかな~~と1クリック。
がんばってぺらぺらになってヨーロッパ行って恋活したいです。(笑)

Before Sunset_b0108109_21373052.jpg
ついさっき届きました♪


次回よりエルニド再開です♪
あと2、3回で完結です。



昨夕、観に行ってきました。スパイク・リーの新作。
会場入り口にデーーーーーン!と全長9mの黒塗りハマーが。。。

舞台挨拶でもあるのかな?としたら誰やろ~??

舞台に現れたのはビリー・フランクスと奥さんでした。^^
奥さんの通訳交えて半時間ほど。。。

・映画の俳優が撮影前にブートキャンプに入隊したらしい。
・ビリーはこの映画を5回見たそうだ。
・今は茨木(←大阪です)に住んでるとのこと。
・心斎橋にスタジオをオープンするそう。。。(今日はこのプロモーションですね)

最後は椅子に座りながら全員で軽くブートキャンプ。^^
司会のお姉さん、『体あったまりましたよねぇ~~!』って、暑いです。会場の温度1℃上がりました。(笑

映画は??
しっかり予習して観たら良かった。。。
この戦争のこと、敵と味方、前提を知らずに観たので各登場人物の機智をちゃんと掴めず少し消化不良気味です。
戦闘シーンはプラトーンばりの迫力。虐殺シーンはシンドラーのリストばりの凄惨さ。
ラストシーンはちょっと泣けました。
ボクも5回見ないと。。。^^
by travelster | 2009-07-16 21:43 | ★misc | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/11499280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jack at 2009-07-17 08:13 x
Before Sunset Before Sunrise
タイトル 良いですね。
また 英会話の勉強にもなると思うと・・
見てみます。

試写会・俳優・ハマー
都会のフレーズですね。
もう少し 名古屋に近ければ・・・
この映画も リストアップさせてもらいます。
Commented by *Takako* at 2009-07-17 23:36 x
こんにちは。
ステキな写真いつも拝見しております。どの写真もいつも躍動感あって凄いです!
私は写真は休業中ですが。。

さて、このタイトルに思わずコメントです!
15年位前?の前作があまりにも好き過ぎて
私は続編を観ていないのですが(笑)
当時、ジュリーデルビーはフランス映画出まくってましたよ。
この作品の邦題は「恋人達のディスタンス」でしたね。
Commented by travelster at 2009-07-18 00:29
★jackさん
しかし暑いですね!そちらはどうですか?
試写会は久々に当たりました^^
厚生年金会館だったので座席が狭かった〜(>_<)
本少しぱらぱらと。ストーリーが頭に入っているので読みやすそうです。
セントアンナの奇跡、2時間40分です。見応えありますよ!
Commented by travelster at 2009-07-18 01:11
★Takakoさん
こんばんわ。
>どの写真もいつも躍動感あって凄いです!
ボツ写真も結構あるんですよ〜。かなり厳選してます。^^
前作、かなり昔なんですよね〜。昨夜、早速見ましたよ!こっちも良かったです。前作がいいと言うレビューの方が多いかも。。
続編は邦題つけれなかったみたいです(笑
>前作があまりにも好き過ぎて私は続編を観ていないのですが(笑)
はたしてその後二人はウィーンで再会出来たのか気になりませんか〜?^^
この連休にぜひ!
ジュリーデルビーのフランス映画観たいです。
オススメあれば教えて欲しいなぁ!
<< blue 心残り - Matinloc ... >>