人気ブログランキング |
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
Relax Time...
暑いマニラの昼下がり。

白い鉄の扉を抜けると椰子の木の向こうに駐機場が見えた。
出発まで間があるし機体でも撮ろうかと思ったけどKEEP OUT。
チェックインカウンターには昔、銭湯にあったような懐かしい体重計が。
これで荷物と体重を量る。荷物10キロを超えると追加料金が必要なのだ。
でも心配は無用。ヨメさんとボクの二人あわせても30Lバックパック1コだから。
計測は体重と荷物の総量にして、軽い分はキャッシュバックしてくれないかなぁ~?(笑

隣にあるIsland Transvoyager Inc. の待合室へ。籐の机と椅子。木の本棚には旅写真集が。
部屋はきーーーん!と空調が効きいていて外のけだるい暑さがここだけ別空間だ。
先に居た米国人ペアも英国人老夫婦も長袖を羽織って暇を持て余してる。

まだ出発まで一時間たらず。少し早かったかな?


b0108109_1647452.jpg


b0108109_2023080.jpg

こんな本に旅心をゆさぶられる。
旅のきっかけは1枚の凄い風景写真とかノンフィクションノベルだったりする。
(だから、逆に有名な観光地を知らなかったり。)
旅先での自分へのお土産はこんな本を買うのがお約束。(ここのは買えないけどね!)
ぱらぱらとめくる。日本のカメラ雑誌と違う写真。視点と切り口、新鮮さが面白い。
海外の旅&風景写真ってどこかジャーナリスティックな味があって好きだ。
自然の風景や端正な街に人物を入れ、情緒性を壊しつつメッセージを加えているところがいい。
(なんてイッチョ前なこと言って石飛んできそうです。。。)

ソファーでもあればこのまま横になってずっと本を読んでいたい。
日本を発ってまだ3日目なのに、とても遠いところに来た気がする。
どこかアフリカ奥地のリゾートのようで。。。

しばらくしてグラスタによるライフベストの説明を聞いたあと、一堂ぞろぞろと外にでる。
離陸時刻が近づくと旅行客も増えてきた。皆手に座席札を持って並んでいる。
「やっと行ける~。」
いい大人が心の中はジェットコースターに並ぶ子供の気分♪
なにせ滅多に乗る事無いし、一時は本当にマカオとマニラで終わったらどうしよう!と思ったものだから。

b0108109_211168.jpg
「Mr.XXXX〜〜 !」
「(あれ?もう呼ばれた?一番?)」

促されて駐機場にゆく。
b0108109_20234038.jpg
The 19-seat Dornier Do-228-200
(日本では奄美大島,小笠原諸島,隠岐などへ運航)

9年前、ネパール独り旅でポカラに行く際カトマンズから乗った機体と同じだ。
あの時は乗り遅れ左側に座ってしまい、エベレストを見逃したっけ!
西進したので、常にヒマラヤの山々は右(北)側に望み、
左(南)側はずーーっとインド亜大陸しか見れず、
逆光でしかも霞んでいたのを覚えている。

b0108109_21192541.jpg
アメを受け取り、ボーディングパスを渡しいざ搭乗!
「扉に頭、注意してくださ〜〜い!」

b0108109_2355348.jpg
席は自由席だったようで、誰も居ないのでコックピットの真後ろの席をいただき♪(^^
もちろんフライトアテンダントは同乗せず、パイロットと乗客のみだ。

b0108109_20304351.jpg

後から誰も乗ってこないなぁ〜〜!なんで??

見れば座席にシートカバーが??

b0108109_202959100.jpg
他の人たちはみな後ろに駐機していた飛行機に乗ったみたい!!

行き先が違うのか?全員エルニド空港のはずだけど?

全てのシート下にミルク積んでるやん?

文字通りプライベートジェット?!

それとも貨物機?!


パイロット2名、ヨメさん、ボクの空の旅の始まり。

ドアを閉めたかと思うと、シートベルトの確認もなく、

パイロットは後を振り向く事も無く、機体は動き出し、

少し走り出せば、あっけなく、ふんわりとテイクオフ♪
b0108109_19421869.jpg
ルソン島マニラ上空

b0108109_20583879.jpg
日本の都市部では見られない自然の海岸線が彼方まで続いている。。。

b0108109_20585731.jpg
少し右に旋回しながらゆっくりとルソン島を離れる。

エルニド村のあるパラワン島まで海の上をゆく。

b0108109_19495636.jpg



エンジン音がうるさく海が続き少し退屈。。。約1名は爆睡中~ZZzz

ヘッドフォンでフュージョンでも聴きながら。。。。

冷えたビールを飲みたい気分。。。

b0108109_2047083.jpg
エルニド近辺の地勢やら、ミニロックリゾート、ラゲンリゾートの紹介が書かれている。

国際線もパックのミニロック島&ラゲン島のコテージに宿泊するツアー客はエルニド空港に到着後ボートでそれぞれの島に送迎(地図:赤点線)される。
(パマリカン島のアマンプロリゾートに至ってはなんとマニラから島に直行してくれる!)
ボクたちはエルニド村(地図:EL NIDO TOWN)に滞在し、村をベースに近辺の島々を巡る予定だ。
このミニロック島、ラゲン島を含むパラワン諸島に点在する島の形状とビーチ、海の透明度、珊瑚が、それはそれは凄いらしいのだ。

b0108109_2112714.jpg
通り過ぎたのはこの島のみ。

あとはひたすら海の上。

遥か先の陸はベトナムだ。

ブルルルルルルルーーーッ!!!!

b0108109_2182375.jpg


なにか足下がひんやりすると思ったら。。。
b0108109_21101255.jpg
ドライアイスを散らかしたような状態に。。。

b0108109_21142735.jpg


少し腰を浮かして前方を覗いてみると、
b0108109_2262839.jpg


滑走路はもう目前。

ビーチの真横だ。


b0108109_23582817.jpg
天気上々!

到着ナリ〜♪


砂利の滑走路を踏みしめながらクルリと機首の向きを変えるとタラップが降ろされた。のどかな空港やんかぁ〜。
タラップを降りて野原の真ん中に降り立つと音楽がどこからともなく。。。嬉しい歓迎が待っていた。

2009.05.04 Manila/El Nido, Philippines



■P H I L L I P I N E S '09 I N D E X

《 P R O L O G U E 》
- 南の島へ…

《 M A C A U 》
- ポルトガルの灯に誘われチャイナの闇に紛れて
- macau monochrome
- 格子アパートメント@澳門
- セカイイサンに集う

《 M A N I L A 》
- マニラにて
- Relax Time...

《 E L N I D O 》
- エアポート。陽は傾き、風そよぐ。 - El Nido Airport -
- El Nido Sunset
- 煌めく水面から暗闇の洞窟へ。その先は... - Small Lagoon -
- Big Harvest - Big Lagoon -
- The Rocks - Matinloc Island -
- 心残り - Matinloc Island -
- blue
- 怖っ!!ワイルドすぎる家。。。
- Nostalgia - El Nido Village -
- お見送り
by travelster | 2009-06-07 17:21 |  ├Philippines | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/11141701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by asiax at 2009-06-07 20:33
ディープ、ディープ、ディープ
すごすぎます。
機内がくもった時点で、私、真っ青です。
ほんと、いいたびされてますね。
写真もリアリティがあって迫力あります。
Commented by top-to-toe at 2009-06-07 21:51
いい旅だね。
奥さん幸せ♪
Commented by travelster at 2009-06-08 00:15
★asiaxさんへ
ディープな旅はアジアの奥地に行かれてるasiaxさんに敵いません。
最初はエンジンから???!!!と。。。
そしてフィリピンの海に散るのかと思いました。(笑
リアルさだけが取り柄ですから。でももっと旅のシズル感出したいんです。(^^
Commented by travelster at 2009-06-08 00:23
★saoriはん
うん。ヨメは幸せ者だ。(笑)
とりあえずボクの薄給を別にすればね。(爆)
Commented by scottts at 2009-06-08 09:46
とにかく感心して見させていただいていますが、さすがトラベルプロの旅の仕方は違う!
土地土地の本物を歩いていらっしゃる。
Commented by selfish555 at 2009-06-08 12:46
プロペラ機で爆睡って○○ポンらしいね(笑)よく寝れるなァァ(笑)
着陸して「この続きはまた次回~」なんて演出止めて下さい(笑)
徹夜して一気に書き上げて下さい。お願いします。(笑)

前ブログの続き。
カルネ申請ね・・・時間とお金に余裕があればやりたいけどね~!
それにショベルでオーストラリア一周なんて無理っしょ(笑)
カナダに決まったら「バンクーバー~ナイアガラ、ボストン」って感じッス。
Commented by maribali at 2009-06-09 21:42
あのパマリカン行きのお向かいのエルニドラウンジ!同じ場所だ~!
飛行機も同じ機種ですねきっと。
今自分の写真と見比べながら何だか嬉しい気分です~♪
あのドライアイスの白い煙はビックリしますよね。
それにしてもちょっと多すぎやしませんか?ミルク冷やしてた?
この飛行機で爆睡とは、さすがトラさんの旅慣れた奥様!
私なんか興奮しちゃって目の玉きょろきょろでしたよ。
野原の真ん中、どんな音楽どんな嬉しい歓迎だったのでしょう。。。

三枚目の写真同じ場所で撮りましたが。。。
チケットとこの角度、とっても思いつきません。
次わくわくしながら待ってます。
Commented by travelster at 2009-06-10 21:20
★scotttsさん
トラベルプロ。いいですね!
全部自腹で、リターンもないのですが。(^^
さくっと日本に来られるscotttsさんには敬服します。(^^
>土地土地の本物を歩いていらっしゃる。
本物かどうか判りませんが、そういう気持ちは大きいですね。
その印象を写真でうまく伝えれればなとは思います。
Commented by travelster at 2009-06-10 21:26
★かっちゃん
寝付きいいからね。彼女は。
ボクは乗り物乗ると外の景色が気になって寝られない。
>着陸して「この続きはまた次回~」なんて演出止めて下さい(笑)
ばれた?(笑)これでも毎日徹夜で書いてるんよ。一日一善。一晩一行!
>カナダに決まったら「バンクーバー~ナイアガラ、ボストン」って感じッス。
朝日に向かって走るか、夕陽に向かって走るか。。。
西に向かう方が時間が少し長くおトクだよ!
Commented by travelster at 2009-06-10 22:01
★mariさん
やっぱり同じ場所したね〜!アマンプロの飛行機も格納庫にあったのでそうだと思っていました。
mariさんの翼の写真見ていて多分アマンプロの方が機体が大きい気がしてました。
滑走路もパマリカン島の方が立派だし。
ドライアイスの煙、何なんでしょうね?判ったら教えて下さい。^^
ヨメさんは疲れたらどこでも寝れるんです。うらやましい。。。
ボクはずっと窓の外べったりでした。(笑
Commented at 2009-06-12 10:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photoboy5 at 2009-06-12 20:18
 こんばんは、冒険旅行楽しそうで羨ましいです。
今年は海外旅行を実行するぞと年始に誓った自分ですが、
折からの経済危機の影響をもろに受けて仕事三昧になって
います^^; どこかでタイミングを見計らって日本脱出を
はかりたいですわ 笑。
Commented by jack at 2009-06-13 07:11 x
最後の写真 ノスタルジックで
好みです。

バイクのマフラー色々と変え
たどり着いたのが モーターステイジブラスシガー
サンダンスも中古やけど一度は カッコエエ
けど ブラスの音には・・・・
プロペラ機に乗っている感覚で・・・・

最近 近くの大学へ
海外旅行行くため英語を週一習いに

今は トラさんのブログで旅気分
それにしても 奥さん 訳の分からない宿とか
恐るべしです。
Commented by travelster at 2009-06-14 19:51
★photoboyさん
自分も平日は仕事三昧です〜。(+ +)
夏休みもGWも直前でないと取れるかどうかわからないので決定も直前なんですよ。
今から夏旅行の予約なんてありえない〜〜(汗
Commented by travelster at 2009-06-14 19:54
★jackさん
最後のボクもお気に入りです(^^
モーターステージは大阪ですね。行った事ありますよ。
当時、883にと思っていましたがお金がなくて断念しましたよ〜。
英語がんばってください。
ボクも細々とですが英語に触れるようにはしております(^^
Commented by travelster at 2009-06-14 19:55
★鍵コメさん
ありがとうございます。
また行きたい場所がひとつ増えました♪(^^
<< エアポート。陽は傾き、風そよぐ... マニラにて >>