人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
帰路の途
帰路の途_b0108109_204339.jpg


帰国日の午後をクタ・ビーチで過ごした。
クタの通りを歩き出すと早々にゴルゴ松本似の兄ちゃんに声を掛けられた。
『命!』ポーズの自己紹介がウケると見るや
「バリ初めて?」「何処行ってきたの?」
と矢継ぎばや。日本に出稼ぎに来たこともあってとても日本語達者なのだ。
「ウブドに居てた!」
と言ったら加トちゃんのまね。2本指で鼻さして加トちゃん、ペ!
「なんで??」
「田舎ッペ。ね!」

ノリが良すぎて知らない間にだまされそう。。。(笑
お昼を付き合ってすっかり仲良くなって(?)、友達がやってるらしいシルバージュエリーの店に。(お決まりの展開か?)
ファーのソファーが置いてあり日本人芸能人のポスターなんかも貼ってあってブラック&ゴージャスな店。
そこそこいい値で売っていた。けど最後は半額にまでまけてくれた。
悪くはなかったけど結局、何も買わずお店をあとにした。。。
こうアミーゴな雰囲気が形成されてしまうと断りづらいところだけど、あまり欲しくないモノは結構あっさり断れてしまうのでボクは楽なのかも。。。

ゴルゴと別れて浜に出る。
長いーーーー!歩けど歩けど先が見えないロングロングビーチ。
引き潮に洗われた細かい砂の波打ち際は鏡のようにつるっと輝いていている。

防砂林の下を歩けば
「まだ波あるよ~。まだまだ乗れるよ~!」
とボード貸しがひっきりなしに声を掛けてくる。
断るのもうざったくなってきて浜のほうへ逃げ、砂の上に腰を下ろして夕陽が落ちそうな水平線を眺めていれば今度は絵売りが声を掛けてくる。
やっとこさ絵売りを追い払ったら、木彫りの置物売りやらネイルアートのおばちゃんやら入れ替わり立ちかわり。
夕陽をさえぎるように次から次へと対面に座られ商談が始まる。
ここでのんびり日没を眺めるのは無理だとようやく気がついた。
とびきりの夕暮れビーチタイムやのになぁ。。。

地平線に夕陽が落ちたのをなんとか見届けてビーチを後にしサーフショップにパブが乱立するクタの繁華街を抜ける。
日が落ちたばかりだというのに歩道はパブに入りきらないレッツパーティ!!なオージー達でごった返して享楽的な賑わい!
商業主義ののさばるレギャン通りに出れば2002年10月のテロ事件がうそのような人とクルマの波。
テロの被害を受けたサリクラブの跡地は今も雑草が生えた更地のまま。
青白いライトに照らされたMemoral Wall(テロ慰霊碑)には犠牲になった202名全員の名前が刻まれていた。
今も多くの花束が捧げられていた。

アニミズムに満ち満ちたアップカントリーの棚田の風景と純朴で信仰心の厚いバリの人々。
開発が進みすぎた感のある街を差し引いてもとびきりの波とビーチ。
世界中のツーリスト、アーティスト、サーファーを魅了するバリっていかほど?
って行く前は少し疑いの気持ちもあったけどもう激しく納得なのだった。

そう言えば、渡バリの前に(ブログでも書いた)セルビア在住旅フリークの知人に
「バリに行くねんーー!」
とメール打ったら、返ってきた返事が一言
「Great!!!!」
って。中欧から遠く離れたアジアの小さな島を良く知ってるなぁ。。。と。
バリの魅力はワールドワイドなんや~と遅まきながら思ったのだ。

関空行きの機上から眼下に三日月形のビーチに白い波がうっすらと。そして、
ビーチに沿うクタの街の灯りは夜の帳が下りてさらに賑やかさを増しているように見えた。


B A L I '08 I N D E X

《 P R O L O G U E 》
Exploring Bali

《 D R I V E 》
バリ東部 - Drivin' Mt.Batur Area
バリ中部 - Up Hill Country 'Jatiluwih'
バリのみち

《 R I C E T E R R A C E & W A T E R F A L L 》
テガララン
ジャティルウィ - The Wind from Bali
ウブド近郊 - Ubud Cross Road
ギッギッの滝 - Air Terjun Gitgit

《 D A N C E 》
レゴンダンス#1 - バリダンスに酔う♪
レゴンダンス#2 - ちょっと奇妙なダンサー達♪
ケチャとトランスダンス

《 B E A C H 》
サヌール#1
サヌール#2 - ごった煮ビーチ♪

《 P E O P L E & L I F E 》
バリの集落
明日はお祭り♪
ブサキ寺院 - 聖なる場所に偽ガイドはびこる
三人姉妹
市場の女たち
洗濯物は吊るさない!?
ミネラルウォーター?

《 S T A Y 》
フラッシュバック - Flashbacks
ホワイトハウス - WhiteHouse


2008.9 KutaBeach, Bali, Indonesia

最後になりましたが、バリ旅もまたまたいつものように長くなってしまいました!!
長文ならぬ長ブログ、最後まで読んで下さってどうもありがとうございました。

さて次はいずこへ???
by travelster | 2009-02-08 22:35 |  ├Indonesia | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://travelster.exblog.jp/tb/10249051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by top-to-toe at 2009-02-10 13:00
あー、旅に出たいよぅ。

って、今週急遽オーストラリア行くつもりだったのにぽしゃった。
(3日で計画、チケット購入使用と思った矢先に用事できた。くそー。)

スパイダー柄のパンツの男の子かわいいの。
Commented by travelster at 2009-02-11 20:22
★saoriちゃん
>あー、旅に出たいよぅ。
同感。なかなか休み取れず伊豆もまだいけてないし。。。
今、オーストラリア(ってひとくくりにできんけど)は大変なことになってるねぇ。(**
>スパイダー柄のパンツの男の子かわいいの。
男の子、ボディボード上手かったよ。
Commented by photoboy5 at 2009-02-12 21:59
バリも最後ですか。。。トラさんのブログを通じて少しだけバリの雰囲気を
味わう事が出来ました^^ 海外では良くノリの良い日本語が出来る現地人が
近づいてきますが、大体は時計コピーやアダルトDVDコピーやらの売人、
さらに危ないのはドラッグの売人だったりした経験が多いです^^;
僕もお調子モンなんですが、幸いまだケガはしてません。気をつけましょう^^
さて、次の旅はどんなんでしょうね^^
Commented by top-to-toe at 2009-02-13 01:54
本当は今週行くはずだった@オーストラリア。
面接のためにやめたのに落ちたわ、仕事。

頑張らねばー。
頑張って旅に行く支度金を貯めなくてはー。
(オーストラリアはかつかつでしかも2泊とかで行こうと思ってた無謀な私www)
Commented by jack at 2009-02-13 07:38 x
またまたですが、
観光ガイドとトラさん
表・裏  

バリ 良い旅をさせてもらいました。

春から 近くの大学で
デッサンと英語をならいに行こうと思っています。
英語は 嫁さんと・・・

”旅の友に”を目的に・・・・
Commented by scottts at 2009-02-13 08:55
広角の絵作りがお上手ですね。 いい写真です。
ゴルゴ君の話は面白かったです。 物売りが多いのも風物詩ですね。
とにかくいい旅をされてよかったですね。
こちらもバリ旅行を楽しまさせていただきました。
Commented by mari at 2009-02-14 03:01 x
私の大好きなバリの奥深い写真の数々、本当に楽しかったです!!
寅さんのお写真は隠し味がいくつもあって、
それを探して感心するんです。
それから、一歩踏み込んでシャッター。。。
寅さんワールドですね。

次はどんな旅なんでしょう。。。
楽しみにしています!
Commented by travelster at 2009-02-14 09:54
★photoboyさん
バリの雰囲気感じてもらえたみたいで良かったです。(^^)
おぉ~photoboyさんも経験おありで。
時計コピーなんて持ち帰ると運悪ければ没収なんでしょうねぇ~。
今度は売人話でもしましょう。(笑
Commented by travelster at 2009-02-14 09:58
★saoriはん
オーストラリアを返せ~!って感じやね。
昨日、マニラ行きチケットゲットしました♪残り1席だったので!(新幹線東京⇔大阪往復より安いんだよ!)
でもキャンセルします。。。(泣
Commented by travelster at 2009-02-14 10:02
★jackさん
まぁ~色々ひっくるめて『旅』ですからね。

デッサンですか!絵に興味ありで?!
旅先で時々、風景の水彩画書いたりしましたよ。。。
中学、高校の6年間、美術の成績はオール5でした。
学業でこれだけが唯一の自慢!v(^^
Commented by travelster at 2009-02-14 10:09
★scotttsさん
ありがとうございます。
アジア(特に街中)は物売りが多いですね。
見方を変えればうまくコミュニケーションすることで旅が楽しくなったりもしますから結局自分次第なんでしょうね。
Commented by travelster at 2009-02-14 10:20
★mariさん
ありがとうございます。
バリが多くの人を魅了する理由が行ってみて「なるほどー」と感心してしまいました。
人々、住まい、生活、自然、装飾、文化、宗教どれもうまく混ざり合って調和しているのが日本人のボクからしたら奇跡的に思えます。
ほんとに楽園です。。。
>寅さんワールドですね。
正直どのへんがマイワールドなのか掴めてないのですが、そう言っていただけるととても嬉しいです。
これからも褒めてください。(笑
<< 衝動に駆られて。。。 三人姉妹 >>