Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
「月世界」と呼ばれる神秘的なエリア - Mystical area Lamayuru 'Moonland' of Lower Ladakh.


b0108109_86013.jpg







b0108109_86198.jpg







b0108109_864120.jpg



サスポルからインダス川沿にさらに西へ進み、

カルシをすぎて左に折れてしばらくすると景色が一変する。

切り立った茶褐色の岩山を縫うように続く少しずつ高度をあげていく。

今夜の宿泊ポイントのラマユルまでこんな風景が続く。”月世界”と呼ばれるエリア。



b0108109_96698.jpg







b0108109_963567.jpg



行き交う車はほとんどなく、すれちがうのは隊列を組んだインド陸軍のトラックくらいだ。

この隊列と出会うたび、バイクを停めて全て通り過ぎるまで待っていたのだった。

バイクからずっと手を振っているとどのドライバーも手を振り返してくれた。








僻地とはいえ軍事的な要衝となるエリアなので路面状態はとてもいい。

走りやすい路面と、あまりにもダイナミックな景色なのでスピード感が全くなく、

知らずのうちに100km/hくらい出てしまう。80km/hくらいで走っていても景色が止まって見える。



b0108109_973912.jpg


目前に迫る岩山の岸壁に圧倒される。ダイナミックな風景がずっと続く。

ラダックの道路標識は全てアルファベットでキロ表示なのでわかりやすい。

ガードレールは有るところ無いところとあってその基準がよくわからない。

適当に思いつきで設置してあるように思えた。実際そうなのかもしれない。


b0108109_1282085.jpg


鉄橋は路面も鉄板なので要注意!!




b0108109_12171199.jpg



荒涼とした月世界にもところどころに緑が。。。




b0108109_12432552.jpg



ここまでくるとラマユルまでもうすぐ!



b0108109_12244386.jpg



思い思いにバイクを停めて、カメラを取り出し撮影を!

これもツアーではできない愉しみ。


b0108109_12141549.jpg






b0108109_12465216.jpg



ラマユルで2軒目に見つけたゲストハウス。”Dragon Hotel & Garden Restaulant"

部屋を見せてもらった。バスタブはもちろん無いが一応お湯は出たのでここに投宿した。


b0108109_13314792.jpg


ゲストハウスの庭からは緑が多く眺めることができて、殺伐とした山肌とのコントラストが美しかった。

ラマユルは全く観光化されていないため、ゲストハウスもあまりなくいくつかのゲストハウスも簡素な作りだった。

この夜も数時間停電を繰り返していた。こんなひとときに普段の生活の豊かさと便利さとありがたみを感じるのだった。




b0108109_14541381.jpg

ラマユルゴンパ





b0108109_15445033.jpg



このラマユルにいると、レーですら都会に思えてくるから不思議。。。

もっと奥に行ってみたいと思うのはバイク乗りの性だろうか。

今回もここで引き返さないといけないのが心残りだ。。。



b0108109_12493274.jpg


Lower Ladakh (Sham) Route:
(A) Leh → (B) Suspol → (C) Lamayuru ※黄枠 MoonLand


(Google Mapで見る)





2018.5.2-5.3 Nubra Valley, Jammu and Kashmir, India
# by travelster | 2018-12-01 15:51 |  ├India | Comments(2)
サスポル散策♪ - Lower Ladakh

下ラダック(シャム)をツーリング中、サスポルという村で休憩をとった。

レーを発って約60km、1時間半ほど走ったところにある小さな村。

道路に面したカフェでコーヒーを飲み終え、少し裏山を散策に。


b0108109_1330657.jpg


緑豊かなアプリコットが生い茂る木々の小径を少し歩くと、

街道からは眺めることができない雄大な景色が広がっていた。


b0108109_10574636.jpg






b0108109_111235.jpg







b0108109_114429.jpg








b0108109_1162037.jpg







b0108109_11134885.jpg


雄大な風景を眺めながらのどかな時間がゆっくりと過ぎていくのを楽しんだ。

この日は1泊2日の下ラダックツーリング。あと55km先のラマユルまで走るだけだ。


b0108109_11182686.jpg


裏山から街道に戻って来ると、向こうからサイクリストが来たので声をかけたら日本人だった。

アルプスならサイクリストはたっくさん見かけたけど、ラダックではとっても珍しい!!

単独で輪行で成田からラダックに来てこの界隈を自転車で1週間の旅だって!

フロントに小さなカバンとデイパックという軽装備。気をつけて楽しんで!






5年前は素通りしたこの村の裏手にこんな絶景が広がっていたなんて、、、

バイクを走らせて身体全体で風をきって走るのは最高だけど!!

バイクを降りてこんな絶景を眺めながら散策するのも格別!!


b0108109_12324164.png


Lower Ladakh (Sham) Route:
(A) Leh → (B) Suspol → (C) Lamayuru



少し曇ってきたので少しひんやり。雨が降ることはないけど、宿も決めていないしそろそろ発つことにしよう。

この先にまたひとあじもふたあじも違った絶景があるのだ♪



# by travelster | 2018-09-24 10:46 |  ├India | Comments(0)
残雪残る難所のカルドゥンラを越えてヌブラ峡谷へ・・・1泊2日ツーリング


「Hotel Ladakh Greens」のバルコニーから。

雪の残る山肌に朝日が照らされていくのをずっと眺めてた。

今日はヌブラへ向かう。一泊二日の山岳ツーリング敢行♪絶好の天気だ。


b0108109_14181330.jpg


ここのホテルには5泊取っているので着替えだけをパッキングしてバイクにくくりつけて。。。

チェックアウトせずに、フロントにはヌブラで泊まること、

明日戻ることを告げてイザ出発!


b0108109_08162131.jpeg


裏山から眺めるレーの街。奥のポプラが茂っているあたりがホテルのあるところ。

レーの街の向こうに連なる山並みの稜線がくっきりと見渡せる。

背後の山の峠、カルドゥンラ(”ラ”は峠の意)に向かう。


b0108109_141921100.jpg


今回の旅の同行者Mr.Jackとおっさん二人旅。

強烈な紫外線と砂埃対策にフェイスマスクは必須。

道は頭に入ってる(五年前に行った)ので地図も要らない。

持ち物はILP(※)とカメラとスマホと一泊分の着替えを詰めて。

ヌブラまでは満タン無給油で行けるのを前回実証済み。

服装は日本の早春と同じ軽めのアウタージャケット。

グローブはスリーシーズン用でも大丈夫だ。


(※)
Inner Line Permission:
パキスタンと中国とインドに囲まれたヌブラ峡谷エリアへの外国人の訪問は入域許可証が必要。
事前に旅行代理店を通して取得しておく必要があるため、ホテルのフロントに申し出て取得した。


b0108109_14185324.jpg


登ってきた道をふりかえる。レーの街は左側山の向こう側に隠れてしまった。

南側斜面なので雪は溶けてかなり少なく茶褐色の山肌が露わに。

標高は4,000m以上で森林限界を超えている。空気が薄い。

ツアーと違い停まりたいときに停まって写真が撮れること。

この自由さがプライベートツーリングの醍醐味でもある。

と、引き換えにすべて At Your Own Risk の旅。

この緊張感&スリルがとても楽しみだ!!


b0108109_2212788.jpg




b0108109_1815959.jpg


カルドゥンラに到着♪

前回と違って車で行ける世界最高地点のカフェ(諸説あり)は改装中で、プレハブのような小屋になっていた。


↓これは前回(五年前)、単独できた時の一枚。
b0108109_15502962.jpg

この時の記事はこちら(Click!)



b0108109_18183425.jpg




b0108109_22252331.jpg


北斜面はまだまだ雪が残っていて、、、


b0108109_22204068.jpg


峠を下った直後の数十メートルは除雪もおいつかず雪道のままの難所。ここだけ交互走行。

ゆっくりと慎重に走ってたのが、ここで最初で最後の立ちゴケ!!!!

酸素が薄いからハァハァ言いながらバイクを起こした。

クラッチペダルもレバーも無事!ホッ。。。




昨日、アッパーラダックツーリング中のShey Gompaで見かけたライダーと会った♪

b0108109_17512768.jpg


ヘルメットと胸元にはGoProが。オフロードブーツにライダーズジャケットの本格派♪

彼らはヌブラ峡谷で一泊した後、天空の湖と言われるパンゴンツォに向かうそうだ。羨ましい!

ラダックを含めたヒマラヤ山脈西端のエリアはロッキーやアルプスを凌ぐ風景と秘境が眠っている。


b0108109_1651422.jpg


日本から持ってきた柿の種をアテにしばし談笑♪

あとで大きなトラブルに遭うことなどこの時は想像も及ばず、

タイのライダーに別れを告げてカルドゥンラの北斜面をゆっくりと下る。

峠に着く前から、時々エンジンがストールしていたのがだんだんひどくなって、

セルがかかるもののエンジンに火がつかずニュートラルのまま数キロ下ったところ、

峠から初めての上りに差し掛かったところでとうとうバイクが動かなくなってしまった〜〜


「このままカルドゥンの集落までバイクを押していくしかないのか。。。」

「誰か通りがかりの車に伝えてピックアップしてもらうのを待つしかないのか。。。」

と途方に暮れかけていたところ、ランチを一緒にしたタイのライダー二人が通りがかった。

「どうしたの??」「エンジンがかからなくなって困ってる。。。」「僕たちのメカニックがいるから!」

「えっ???」

彼らはインド人のメカニックを帯同してツーリングしているらしく、ほどなくメカニックの軽四輪が来た!


b0108109_2227946.jpg




b0108109_1634178.jpg


メカニックは慣れた手つきで、ガスの残量とセルが回ることを確認。

プラグレンチでプラグを抜くと案の定、べっとりとプラグがかぶっていた。

スペアプラグをサイドカバーから出してターミナル部分を叩きだしプラグを交換。

エンジンは何事もなかったかのように無事始動!!彼らと会って半時間もかからなかった。


b0108109_16345021.jpg


ここで、数時間?一夜?のタイムロスを覚悟していたのにあっさり解決!!

結果論だけど、冷静になれば自分で直せたトラブルだった。

途方にくれて、やるべきことができていなかった。

大いに反省したのだった。。。


b0108109_16351785.jpg


タイ人ライダーになんどもお礼を言うと、「僕じゃないよメカニックが直したんだから」と、ニコニコ顔。

とはいえ僕にとっては数年分の運を使い果たしたくらいラッキーな出来事だった。

彼らと出会ったことや気づかず通り過ぎていたら、、、

と思うと、いろんな意味で幸運が重なった。


b0108109_2210129.jpg


「あそこから下って来たのか〜」と感慨に浸ってる。。。


b0108109_2321434.jpg


さらに下って、振り返る。。。

距離感が麻痺しそうな

気の遠くなるような

荒々しい峡谷美。


b0108109_22323969.jpg






b0108109_14204870.jpg


いよいよヌブラ峡谷に降りてきた。

ここからシャヨク川沿に西へ進む。

今日泊まるフンダルまでもうすぐだ。

フンダルからさらに西進するとパキスタン!!


(※)カルドゥンラからヌブラまでの風景は前回の記事「そしてヌブラ峡谷へ。。。」に詳しく。。(Click!)




b0108109_14213411.jpg


ヌブラ峡谷真っ只中。

空がどこまでも青く、流れる川は澄んでいる。

軍事施設の要衝を結ぶ街道なので路面状況はとても良く走りやすい。

ここまで来ると、ツアーのバンもあまり見かけることもなく

軍用のトラックしか走っていない。


b0108109_17152971.jpg


広大なフラットな荒野にサンドバギーが走っていた。

フンダルやディスキットに滞在するツアー客を相手にしたアクティビティだろう。


b0108109_1720529.jpg
この砂丘もヌブラ峡谷の一部。




b0108109_2243528.jpg


トラブルはあったものの無事、目的地のフンダルに到着。

ここはシャヨク川の水の恵みを受けたなだらかで肥沃な平地。

ポプラ並木の茂る木々の中にぽつり、ぽつりとテントサイトとゲストハウス。

宿泊施設以外は民家やガソリンスタンドはおろかレストランすらなく何もない。。。

砂利の道をオートバイをゆっくり走らせながら、眺めのよさそうなゲストハウスを見つけた。




b0108109_14215474.jpg



翌朝。



b0108109_14222529.jpg



部屋の窓から眺める朝のポプラ並木の緑が眩しい。



b0108109_14544472.jpg







b0108109_175598.jpg






b0108109_1753899.jpg







b0108109_1771482.jpg







b0108109_22462140.jpg






b0108109_17301656.jpg





b0108109_14224969.jpg


誰も居ないヌブラ峡谷砂丘。

夕刻になるとラクダに乗せてくれるアクティビティがある。

どこに居たの?と思うくらい多くのインド人観光客で賑わう。


b0108109_22483231.jpg


フンダルの隣の集落、ディスキットにあるゴンパに立ち寄る。




b0108109_1457036.jpg







b0108109_14232515.jpg







b0108109_14251960.jpg


ここでもタイ人ライダー君とインド人メカニックと再会!!!

昨日、ちゃんとお礼を言えなかったインド人メカニックとも会えた!!!

連絡先も聞きそびれて居たので、こうして会えたことが嬉しいことこの上ない!!!


b0108109_14442628.jpg





b0108109_16574255.jpg





b0108109_22502011.jpg







b0108109_2350857.jpg


昨日走った道をたどり、再びレーへ。。。

もう心からリラックスしている。文字通り朝飯前の散策気分だ。。。


b0108109_23374699.jpg






b0108109_2315584.jpg










b0108109_17332591.jpg


カルドゥン集落でランチ♪

ここから峠までは十数キロの距離。

昨日立ちゴケした峠手前の急坂&残雪は??

今日はさらに除雪されていて道幅も広がり難なくクリア。


b0108109_23171188.jpg


そして、カルドゥンラ到着♪





2018.4.30-5.1 Nubra Valley, Jammu and Kashmir, India
# by travelster | 2018-08-16 23:50 |  ├India | Comments(8)
レーから日帰り可能なアッパーラダックへプチ・ツーリング
初日の午前中にすべきこと、はバイクのレンタル手配。それとインナー・ライン・パーミット(ILP)の申請。
カルドゥンラを抜けてヌブラ峡谷へ行くにはこの通行許可証が必要なのだ。
フロントで確認したら今頼んでおけば、翌朝渡せるとのこと。
五年前は曜日の関係で二日かかったけど。ヤッタ!

五年前は二日もかかって取ったのに4回も通ったチェックポイントで一度も見せろと言われずだった。
無いときに限って必要だったりするので必ず申請しておきます♪

ホテルに到着して真っ先に五年前と同じレンタルバイクショップにコンタクトを取ってホテルの場所を伝えた。
ホテルの綺麗な中庭で朝食を終えて青い空にそびえるポプラを眺めて彼らがやってくるのを待っていた。
オフィスが移転してレーの町からちょっと外れにあるので車で連れて行ってもらわないと行けない。

もっとも、レーにはレンタルバイクショップがたくさんあるので近所でも借りれるんだけどね。

しばらくして迎えにやって来たスタッフに連れられて10分ほどのところの店舗に到着。
店内にはRoyalEnfieldが何台も揃っていてどれも新車のようなコンディションだ。



Ladakh Bike Rental (Click!)



日本で事前にメールで国際免許は要らないこと、日本の免許で借りれることは確認済み。

僕はその中からブルーのClassic 500ccを跨らせてもらい、店の前のボコボコの未舗装の道を500mほど走らせて決定。
タイヤは真新しく、走行距離も少なく、オイル漏れもなく、で申し分なし。
それに、大抵ヘルメットはボロボロでスポンジもへたってクサイんだけど、この店のは新しくかっこいい。


b0108109_1575197.jpg


倒した時のことを考慮して全てのバイクにエンジンガードが付けられている。
返却する時は申し訳ないくらい泥々で土まみれになってしまうんだなー
日本みたいに小キズなんて気にしてられないのがインド流!

宿に帰って軽く身支度を整えて、いざ出発♪


ラダック近郊は「上ラダック」「下ラダック」に分れていて、

レーから手軽に訪問できるのが南東方面の「上ラダック」。

初日は手始めに上ラダックエリアをプチ・ツーリング-3=3=3


b0108109_12541178.jpg
Shey Gompaより


b0108109_12542952.jpg


レーからバイクを走らせて半時間。

少し高台までバイクで駆け上ると、

眼下に湿原の風景が一望出来る。

10世紀にここに王都が定められた。

雄大な眺めと悠久の歴史にため息。


b0108109_17374342.jpg


ここで出会ったタイからきた同じくバイクツーリング中の二人組みライダーが撮った風景に写り込んでた(笑

そして、彼らのおかげでツーリングが続けることができたのはこのときは想像もしなかった。。。


b0108109_12544893.jpg


タルチョーがなびく風景は、

チベットにいる気にさせてくれる。

どこに行ってきたかと訊かれてインドと言うと、

いわゆる、なインドを想像されてしまうので、訂正したくなる(笑)。

あの混沌とは真逆の、、、牧歌的で雄大なヒマラヤを見たくてここに来てるから。



b0108109_13352110.jpg
ゴンパにはダライ・ラマの写真が。。。


脳内がライディング・ハイになってるから切り替えないといけない。

気を鎮めて穏やかな気持ちになるまでゆっくり歩いて回る。

中国にあるチベット(文化)は潰されてしまったけど、

インドにあるチベットは今も生き続けてる。

懐の深さは中国よりインドに軍配!


b0108109_14363449.jpg
Gesmo's Restaulant



b0108109_1444209.jpg
Gesmo's Restaulant

レー滞在中、宿の近くに見つけ、あまりの美味しさにリピートしていたレストラン、ゲスモ。

いつも混んでいて賑やかで、よく動き回ってる店員は全員愛想よくって、

そしてどの料理も抜群に美味くって!いい店見つけた♪




# by travelster | 2018-06-03 16:45 |  ├India | Comments(2)
Hotel Ladakh Greens
b0108109_152784.jpg



レー到着日から出発日までの6日間、このホテル・ラダック・グリーンズをベースにしてツーリングに出かけた。

砂埃と人混みのレーの中心から徒歩10分ほど郊外に歩くだけで緑に囲まれた景色が広がる。

Wifi事情が良くなく頻繁に切れるけど、ラダックで便利を求めてはいけないよね。。。





b0108109_15584128.jpg


一階の部屋を案内されたけど、見上げれば「絶対、上階のバルコニーは眺めが良さそう・・・」

ダメ元で右上の部屋に変更を申し出てみたところ空いてたので問題なくチェンジしてもらえた。




b0108109_16265319.jpg


301号室バルコニーからの眺め。

部屋チェンジ正解♪




b0108109_15552289.jpg





b0108109_1540967.png
booking.com




b0108109_15315589.jpg

レーのメインストリートが歩行者専用になって改修されていた。

それとひきかえに(?)路肩で野菜や果物を売っていた露天商のおばちゃん達が居なくなって寂しい感じ。


2018.4.29〜5.5 Leh, Jammu and Kashmir, India
# by travelster | 2018-05-27 21:40 |  ├India | Comments(0)