人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
2022 北海道 #8 - 利尻富士を眺めつつ裾野の未舗装路をゆく@利尻島





2022 北海道 #8 - 利尻富士を眺めつつ裾野の未舗装路をゆく@利尻島_b0108109_20501843.jpeg




南浜湿原




2022 北海道 #8 - 利尻富士を眺めつつ裾野の未舗装路をゆく@利尻島_b0108109_20501999.jpeg



朝陽に照らされる枯れたシダの葉




2022 北海道 #8 - 利尻富士を眺めつつ裾野の未舗装路をゆく@利尻島_b0108109_20501163.jpeg








2022 北海道 #8 - 利尻富士を眺めつつ裾野の未舗装路をゆく@利尻島_b0108109_20501269.jpeg



湿原の植物は見渡す限り、ほとんど枯れていたけど、

少しだけけなげに咲いていたのをパチリ。

リシリアザミという利尻島固有種とか。







海岸沿いの舗装路から外れて、裾野のダートを探検!



2022 北海道 #8 - 利尻富士を眺めつつ裾野の未舗装路をゆく@利尻島_b0108109_12331897.jpeg


未舗装路がところどころ枝分かれしている。けど、

島が円錐形なので地図がなくても迷うことはない。

臆せず進む!




2022 北海道 #8 - 利尻富士を眺めつつ裾野の未舗装路をゆく@利尻島_b0108109_20501545.jpeg


絶景だねぇ・・・




2022 北海道 #8 - 利尻富士を眺めつつ裾野の未舗装路をゆく@利尻島_b0108109_13042404.jpeg







2022 北海道 #8 - 利尻富士を眺めつつ裾野の未舗装路をゆく@利尻島_b0108109_12594972.jpeg



海岸に出ると、昨日まで居た礼文島が見渡せた。

あっちからこっちを眺めていたんだ・・・



穏やかで起伏のあるバリエーション豊かな礼文島はさながら定食メニュー!

かたや、猛々しい独峰の利尻富士で一本勝負!!の利尻島はさしずめ特盛丼。

住むならリゾートの風情を持ち合わせた利尻島かな!

ご近所さんな島なのに正反対でユニーク!




2022 北海道 #8 - 利尻富士を眺めつつ裾野の未舗装路をゆく@利尻島_b0108109_20501656.jpeg







2022 北海道 #8 - 利尻富士を眺めつつ裾野の未舗装路をゆく@利尻島_b0108109_20501492.jpeg


空は広く、綺麗な海。

北の楽園に思えてきた・・・




2022 北海道 #8 - 利尻富士を眺めつつ裾野の未舗装路をゆく@利尻島_b0108109_12582304.jpg


サツドラが利尻島にあった。

薬局とプラスを掛けたロゴがかわいい。

旅をしているこの時点では未発表だったけど・・

2022年9月末にコンサドーレ札幌の株式を取得(※)したニュースが。

親会社のサツドラHDはスタートアップに投資したりとか色々手広くやってる。

「++」のマークには「いつもの暮らしに楽しさをプラスする」という意味が込められているそうだ。



※正確にはサツドラホールディングスグループ会社の株式会社リージョナルマーケティング。
 ニュースリリース『株式会社コンサドーレの株式取得について』→(Click!)

2022.9 Rishiri Island, Hokkaido, JAPAN


# by travelster | 2022-11-14 22:07 |  ├北海道 - Hokkaido | Comments(0)
2022 北海道 #7 - 凛々しすぎる!利尻富士の稜線に見とれて・・・@利尻島




礼文島から見える利尻山に見惚れて、フェリーで礼文島から利尻島に来た。
フェリーでたったの45分。夏の間は礼文島→利尻島は1日3便出ている。
また、利尻島⇄稚内間もフェリーが出ているので相互アクセスが良い。


まぁるい島の形はとても屋久島と似ている。
利尻島の面積は182平方キロメートル、屋久島は504平方キロメートル、と屋久島の方が3倍弱も大きい。
屋久島はとても1日では回りきれないけど、利尻島の外周は舗装路が通じていて60kmほどで1時間もあれば一周できるサイズ。
どこかに一泊、車中泊することにして初日はぐるっと反時計回りに一周してみることにした。


フェリーが着岸した沓形港から海岸に沿って通じている道道108号は交通量もほとんどなく常に左側に利尻山の眺めがバッチリと。


島の南西部にある利尻町立博物館は入館料200円ととてもリーズナブルだけど展示がわかりやすくとても見応えがあった。
その昔、富山の漁師達が北前船で利尻島(と知床の羅臼)に出稼ぎや移住して昆布漁を開拓したというエピソードが過酷過ぎて最も印象的だった。
富山県は昆布の消費量で日本一の県という事実がそれを裏付けている。


ぐるっと島を一周してみて・・・
島の東部は地形的にあまり利尻山の全貌が見えず、が差すのも朝のうちだけで住居もまばらで最果て感が・・・
山と裾野が綺麗に見渡せるのは島の北西部と南西部で、特に南西部は一日中陽が当たることもあってか風光明媚で南の島のような明るい雰囲気。


南西部の北海道道は漁村の生活路を通っていないため漁村は静かだし少し海岸から高台を通っているので眺めが良く走りやすい。
一方、礼文島の道道40号は島のメイン道路でありながら生活路を兼ねているせいか整っていない感じがして対照的だった。





 2022 北海道 #7 - 凛々しすぎる!利尻富士の稜線に見とれて・・・@利尻島_b0108109_12291391.jpeg


オタトマリ沼と利尻山・・・

なんと雄大で荒々しい・・・

晴天に感謝。




 2022 北海道 #7 - 凛々しすぎる!利尻富士の稜線に見とれて・・・@利尻島_b0108109_12331533.jpeg


沼浦展望台から



 2022 北海道 #7 - 凛々しすぎる!利尻富士の稜線に見とれて・・・@利尻島_b0108109_12330853.jpeg


日没間近・・・

望遠レンズが欲しい・・・





 2022 北海道 #7 - 凛々しすぎる!利尻富士の稜線に見とれて・・・@利尻島_b0108109_12292049.jpeg


西の水平線に沈む夕陽。

礼文島、利尻島に来てから毎朝毎夕、朝日と夕日で心の洗濯!!



 2022 北海道 #7 - 凛々しすぎる!利尻富士の稜線に見とれて・・・@利尻島_b0108109_12461545.jpeg


陽の光を失った利尻山。見飽きない・・・

クルマの座席から夜の帳が降りるのを眺めていた。

そして・・・

真っ暗なうちから目が覚めて、ゆっくりと明るくなる東の空を眺めながら。




 2022 北海道 #7 - 凛々しすぎる!利尻富士の稜線に見とれて・・・@利尻島_b0108109_12331081.jpeg


東の水平線から朝日を拝む。

利尻島は北海道内陸に比べて積雪は少なく、

冬の気候も穏やかなんだと利尻町立博物館の方が言っていた。

その通り、夜間も早朝さほど寒くなく半袖で湯を沸かしてコーヒーと朝食を・・・




 2022 北海道 #7 - 凛々しすぎる!利尻富士の稜線に見とれて・・・@利尻島_b0108109_12331214.jpeg


今日も天気は良さそうだ!

どこを走ろう?



2022.9 Rishiri Island, Hokkaido, JAPAN

Camera:FUJIFILM X-E4
Lens:FUJIFILM XF35mm F1.4 R、XF10-24mmF4 R OIS




# by travelster | 2022-11-13 17:06 |  ├北海道 - Hokkaido | Comments(0)
2022 北海道 #6 - 朝の絶景散歩。ゴロタ浜を歩く@礼文島



鉄府の集落を過ぎると道は未舗装路になった。

轍が残る草むらの中を行けるところまで行ってみよう。

集落の端からから1.5kmほど走ったところに少しスペースがあった。

そこにクルマを停めてミネラルウォーターと行動食とカメラだけ持って歩き出す。



2022 北海道 #6 - 朝の絶景散歩。ゴロタ浜を歩く@礼文島_b0108109_08082732.jpeg



鉄府集落方面を振り返って・・・

朝だからトレッキング客も居ない。






2022 北海道 #6 - 朝の絶景散歩。ゴロタ浜を歩く@礼文島_b0108109_08093520.jpeg


山で遮られているからか風が穏やかでとても気持ちがいい。

礼文島の東側や尾根は強風が止むこと無くゆっくり歩くことができなかったからね。

この時間だからか誰にも会わないし北海道の北の果ての島の最北にいると思うとさらに気持ちが高揚する。




ゴロタ岬への急登を上り切って振り向くとこれまた絶景!

誰も来ないので木の階段で休憩してカロリー補給♪



2022 北海道 #6 - 朝の絶景散歩。ゴロタ浜を歩く@礼文島_b0108109_08193936.jpeg


本当に風も日差しも穏やかでずっと座ってゴロタ浜を眺めていた。

結局1時間ほど居たかなぁ・・・陽がだいぶ高くなってきた。

ちらほらとトレッキング客の姿も。それにしてものどか!




2022 北海道 #6 - 朝の絶景散歩。ゴロタ浜を歩く@礼文島_b0108109_08114383.jpeg


ここは『岬めぐりコース』という名のトレッキングコースの一部になっていた。

ピークシーズンだときっと風景も人波も賑やかなんだろうな〜〜

ところで、



2022 北海道 #6 - 朝の絶景散歩。ゴロタ浜を歩く@礼文島_b0108109_20331096.jpeg


礼文島の東海岸からはいつも利尻山がくっきりと見渡せる。

悠然とした山裾のフォルムがかっこよすぎるぞ!

この勇姿をもっと間近で見たくなった〜

また次回・・・

なんて言ってるといつになるか分からないよ?

ここまで来て行かない理由はないだろう?



2022.9 Rebun Island, Hokkaido, JAPAN

Camera:FUJIFILM X-E4
Lens:FUJIFILM XF35mm F1.4 R、XF10-24mmF4 R OIS



# by travelster | 2022-11-11 20:39 |  ├北海道 - Hokkaido | Comments(0)
2022 北海道 #5 - 須古頓・鮑古丹。風光明媚な『江戸屋山道』を早朝ドライブ @礼文島



礼文島最北端スコトン岬で夜明けを迎えた。



2022 北海道 #5 - 須古頓・鮑古丹。風光明媚な『江戸屋山道』を早朝ドライブ @礼文島_b0108109_13030016.jpeg



雲が多い空だったけど、幸運にも日の出時刻に水平線の雲が途切れ日の出を見ることができた。

神々しい朝日を眺めながらのコーヒータイムは至福のひととき・・・




2022 北海道 #5 - 須古頓・鮑古丹。風光明媚な『江戸屋山道』を早朝ドライブ @礼文島_b0108109_12572704.jpeg


スコトン岬の突端にポツリと島の名産品店。

カフェも併設されているのが嬉しい。

『島の人 礼文島本店』

ウェブサイト(Click)



2022 北海道 #5 - 須古頓・鮑古丹。風光明媚な『江戸屋山道』を早朝ドライブ @礼文島_b0108109_08265199.jpeg


スコトン岬に通じる尾根筋は舗装路が通じていて、一切の人工物がなく左右に海が見渡せる。絶景〜〜〜!

このエリアが嶋一番のお気に入り。冷たい風を身に受けてカメラのシャッターを切った。

島の最北端のスコトン岬からゴロタ岬までのこの舗装道は『江戸屋山道』と呼ばれ

東の水平線からは朝日を、西の水平線へ沈む夕日が拝める。

この道は『岬めぐりコース』の一部にもなっている。

島で一番風光明媚なエリアだと思う。



※岬めぐりコース
礼文島の最北端スコトン岬からゴロタ岬、澄海岬を抜け、レブンアツモリソウ群生地を経由して浜中へと続く全長約12.4kmのコースです。
スコトン岬、ゴロタ岬、澄海岬と3つの岬をめぐるこのコースは、花だけでなく、海食崖がつくりだす礼文島西海岸の眺望を楽しむことができます。レブンアツモリソウ群生地は5月中旬から6月中旬まで開園します(その年の開花状況によって期間は前後します)。
スコトン岬から江戸屋山道、鉄府漁港周辺、西上泊から浜中の区間の路面は舗装されていますが、それ以外の区間は未舗装です。 スコトン岬と浜中にはバス停があり、フェリーターミナルのある香深との間を結ぶ路線バスが運行しています。
引用:礼文島オフィシャルウェブ → ウェブサイト(Click!)



2022 北海道 #5 - 須古頓・鮑古丹。風光明媚な『江戸屋山道』を早朝ドライブ @礼文島_b0108109_08245525.jpeg


真冬は通れるんだろうか・・・

北の果てとはいえ、四方を海に囲まれているから、

北海道内陸部よりずっと積雪量は少なく気温も下がらず過ごしやすいそうだ。




2022 北海道 #5 - 須古頓・鮑古丹。風光明媚な『江戸屋山道』を早朝ドライブ @礼文島_b0108109_08255862.jpeg







2022 北海道 #5 - 須古頓・鮑古丹。風光明媚な『江戸屋山道』を早朝ドライブ @礼文島_b0108109_08464891.jpeg








2022 北海道 #5 - 須古頓・鮑古丹。風光明媚な『江戸屋山道』を早朝ドライブ @礼文島_b0108109_08344371.jpeg


ゴロタ峠から北のスコトン岬を望む。

先端まではクルマでも徒歩でも行ける。




2022 北海道 #5 - 須古頓・鮑古丹。風光明媚な『江戸屋山道』を早朝ドライブ @礼文島_b0108109_08383036.jpeg

ゴロタ岬から南のゴロタ浜と遠くに鉄府の集落を望む。

ここからゴロタ浜までトレッキングルートが整備されていて下ることができる。

僕はここから鉄府の集落までクルマでぐるりと移動し、南側からゴロタ浜を散策したのだった。



前夜の事。

同じ場所を前日、日没後に通ったのだけど・・・
日暮れの空の焼け方があまりにも綺麗過ぎて日没ショーを楽しんでいた。
鉄府の集落まで下ってみようと草原の道を走っているとすっかり陽が落ちてしまった。



2022 北海道 #5 - 須古頓・鮑古丹。風光明媚な『江戸屋山道』を早朝ドライブ @礼文島_b0108109_13102666.jpeg


そこは街灯も住宅の灯りも何もなく(当たり前だけど)真っ暗。

初めて通った場所で地形も分からないので

道路の先が崖で海だったら?!

ちょっとビビりながら、

の、ドライブ!


2022 北海道 #5 - 須古頓・鮑古丹。風光明媚な『江戸屋山道』を早朝ドライブ @礼文島_b0108109_13130479.jpeg
鮑古丹神社(鳥居のあるところ)



そもそもは、鮑古丹神社で海を眺めながらコーヒーでも飲もうと思っていたのに

道草を食い過ぎて真っ暗になって先がどうなってるのかも分からないので

狭路を慎重に(恐る恐る?)方向転換して来た道を戻ったのだった。

そんなヒヤヒヤの夜ドライブからのリベンジ・・・だった訳。





Camera:FUJIFILM X-E4
Lens:FUJIFILM XF35mm F1.4 R、XF10-24mmF4 R OIS

2022.9 Rebun Island, Hokkaido, JAPAN

# by travelster | 2022-11-05 20:55 |  ├北海道 - Hokkaido | Comments(0)
2022 北海道 #4 - 季節外れの礼文島は荒々しさに満ちていた・・・桃岩台展望エリア




日本最北端の有人島『礼文島』へ・・・


ここ数日、本州と北海道の大部分は台風14号の影響で広範囲に雨模様だった。
雨雲レーダーの画像を見ると、北海道北部だけ雨雲がかかっていなかった。
「ならば!!」と、まだ行ったことのない礼文に行こうと即決!
今居る上富良野から稚内港までざっと300km。
本州の感覚だとやはり距離がある〜
とはいえ4時間あれば着くと思えば近い!


『花の浮島』と呼ばれる礼文島は高山植物の咲き誇る春先から初夏にかけて、がシーズン最盛期!!
9月中旬の今は本州ならまだまだ残暑が厳しいけど、北海道は季節が2ヶ月は早い。


高山植物なんてもう咲いていないだろうけど、ピークシーズンの混雑は苦手な性分なので、
閑散期の今がちょうどいい時季かもしれない〜〜


と、ワクワク気分で稚内まで車を走らせたのだ。



2022 北海道 #4 - 季節外れの礼文島は荒々しさに満ちていた・・・桃岩台展望エリア_b0108109_09485335.jpeg


札幌と稚内を結ぶオロロンライン。

天塩川を超えてからが本当に人工物が無く、

『原野』って言葉がふさわしい荒凉とした風景が広がる。

富良野も斜里も知床も北海道らしい雄大な風景だけど、

道北ではこのサロベツ原野の『何も無さ』が

北海道度100%な風景じゃないか?



稚内からフェリーで2時間ほどで礼文島の香深港に到着!
宿も予約せずに全くノープランだったのでフェリーターミナルのインフォメーションでもらったパンフレットを手に、
手始めに島の南部エリアを走ることにした。




礼文島の南部はダイナミック・・・

岩山は枯れた全ての植物に覆われ・・・

茶褐色の絵の具で描かれたような風景が・・・



2022 北海道 #4 - 季節外れの礼文島は荒々しさに満ちていた・・・桃岩台展望エリア_b0108109_09071021.jpeg




ここはスカイ島(スコットランド)か??

イメージしていた礼文と違う〜〜!

荒々しくてしばし感動・・・



2022 北海道 #4 - 季節外れの礼文島は荒々しさに満ちていた・・・桃岩台展望エリア_b0108109_09074419.jpeg



南端は行き止まりになっていた。

赤い屋根はユースホステル『桃岩荘』






2022 北海道 #4 - 季節外れの礼文島は荒々しさに満ちていた・・・桃岩台展望エリア_b0108109_09081619.jpeg


『桃岩』

ネーミングが可愛らしすぎる!



2022 北海道 #4 - 季節外れの礼文島は荒々しさに満ちていた・・・桃岩台展望エリア_b0108109_09102852.jpeg



可憐な花の咲き誇る最盛期シーズンを過ぎた

この寂しさを増幅するような風と空よ!




2022 北海道 #4 - 季節外れの礼文島は荒々しさに満ちていた・・・桃岩台展望エリア_b0108109_09111432.jpeg



西日本から関東エリアを横断した台風14号の影響で強風が続く。

荒々しい高波と海辺に暮らす漁師の営みをしばし眺める。

冬は北海道内陸と比べ意外に過ごしやすいのだそう。




2022 北海道 #4 - 季節外れの礼文島は荒々しさに満ちていた・・・桃岩台展望エリア_b0108109_09183552.jpeg



午後の陽に照らされ強風に揺れるススキの穂を眺めながら

雪に覆われた冬の景色を想像していた。

きっと別世界・・・



2022 北海道 #4 - 季節外れの礼文島は荒々しさに満ちていた・・・桃岩台展望エリア_b0108109_09191273.jpeg


れぶんアツモリロードの南端。

集落『知床』の家並み。

背後の崖がスゴイ!



2022 北海道 #4 - 季節外れの礼文島は荒々しさに満ちていた・・・桃岩台展望エリア_b0108109_09212427.jpeg


『利尻富士』の勇姿!

礼文島滞在中いつも眺めていた。

と、初めて見た球形の消波ブロックがお茶目。



Camera:FUJIFILM X-E4
Lens:FUJIFILM XF35mm F1.4 R、XF10-24mmF4 R OIS


2022.9 Rebun Island, Hokkaido, JAPAN




# by travelster | 2022-10-19 22:07 |  ├北海道 - Hokkaido | Comments(2)