Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
タグ:Mudding ( 6 ) タグの人気記事
from Muddy HELL to Forest HEAVEN
b0108109_218879.jpg

さァ~~、今日のねぐらに到着です♪
なかなか良いのではない?
タイトルは少し大げさですが(^^、心情的にはそんな気分なんです。
ギシッ・・・ギシッ・・・と抜けそうな床に心地よさすら感じる。
シャワーを浴びてさっぱりしたら、みんなにデジカメの画像を見せてあげると大喜び。
こんなときデジカメって便利やな~~って思う。コミュニケーションツールとしてこれ以上のモノはないですね~。
夕食の準備が出来るまでこのテラスで涼しい風に吹かれて。。。
タイのこと、日本のこと、仕事のこと、家族のこと、色々話が尽きなかった。(※)

夕食が楽しみだ~~~♪

※英語圏以外では必ず「旅の指差し会話帳」を持って行くのですが、この本とても重宝してます!

b0108109_21192222.jpg

何と言う花かな?部屋の窓を開けると咲き乱れています。
とんでもない山奥にこんなにひっそりとこぎれいな集落に自分は今、居る。

ほんと旅は不思議なものだとつくづく思います。


過去のドライブフォトをピックアップ。

■南イタリア

Road to East Coast #1
Road to East Coast #2
Road to East Coast #3
Road to East Coast #4

■北イタリア
Go North !!! - Mediterranean to Alps

■バリ
Up Hill Country 'Jatiluwih'

■クロアチア&ボスニア・ヘルツェゴビナ
Road to Mostar
Drive a GO GO!
Road to Plitvice Lakes National Park - Route E71 -

■タイ
万事休す・・・
喜びもつかの間・・・
猟銃の少年
やってきた男たち
from Muddy HELL to Forest HEAVEN
by travelster | 2006-07-24 21:55 |  ├Thailand | Comments(4)
やってきた男たち
ジムニーを置き去りにして猟銃少年と粘土状泥地獄をトボトボ歩いていると、後ろからぐっちょり!ぐっちょり!と音が。。。

振り向くとランドクルーザーがこちらに向かって登ってくるではないか!

向こうも何事かと思ったのだろう、男3人女1人クルマから降りてきた。
野戦兵士みたいなのも居て、少し緊張が走った。

英語の話せる女の人にボクはつたないコトバで顛末を説明する。
彼女はボクの話、
  チェンマイでクルマを借りて旅しながらここまで来たこと。。。
  下に停めてあるのはそのクルマで、スタックして動けないこと。。。
  これからXXXに向かおうとしているところ。。。
を静かにうなずきながら聞いてくれた。
彼女:「独り?」
ボク:「そう!」
彼女:「今日中に降りないといけない?」
ボク:「全然かまわない。明日でもあさってでも。」
またボクも彼女たちの事を尋ねた。
皆、政府施設関連の仕事仲間でまだこの先の山奥に向かう途中らしい。(あまりここでは詳しく書けないのですが。。。)

手を借りて取り敢えずクルマを移動する。
立ち話をしていると、カブに乗った男がぞくぞくと泥道を駆け上がってくるではないか。。
b0108109_2141253.jpg

皆でどうしたものか相談している。でもなんとなく、ボクの事だけでもなさそうな感じだ。ちょっと休憩モード。。。
しかし、さっきまでたった独りだったのがこんなに大勢に。事態、急展開なのである!!

結局、クルマは施錠できる場所に退避して、彼らに同行して一晩お世話になることに♪
どんなトコロなのだろう?
どんな夜になるのだろう?
さっきまでの不安は微塵も無くなり、わくわくする期待だけが膨らんでいった。


過去のドライブフォトをピックアップ。

■南イタリア

Road to East Coast #1
Road to East Coast #2
Road to East Coast #3
Road to East Coast #4

■北イタリア
Go North !!! - Mediterranean to Alps

■バリ
Up Hill Country 'Jatiluwih'

■クロアチア&ボスニア・ヘルツェゴビナ
Road to Mostar
Drive a GO GO!
Road to Plitvice Lakes National Park - Route E71 -

■タイ
万事休す・・・
喜びもつかの間・・・
猟銃の少年
やってきた男たち
from Muddy HELL to Forest HEAVEN

続き・・・
by travelster | 2006-07-23 22:53 |  ├Thailand | Comments(4)
猟銃の少年
一体この泥地獄をあと何キロゆけば良いのだろうか?
だんだん状況が悪くなっている。雪にたとえるとシャーベット状のアイスバーンからだんだん深雪になってきたような。。。
b0108109_22344068.jpg

とうとうハマッてしまった!!
何度リトライしても登れないカーブ。。。

あきらめるときが来たかーーー?

4駆ジムニーを少し過信していたのかもしれない。
この道じゃぁチェーンは必須だった。スコップも、ウィンチも要る。
今朝、宿の主人に念のためルートの状況を確認したところ「少し悪いところもある。ダメなら引き返せばいいよ。」と言っていたので、もっと早く引き下がればよかったのかも。。ずいぶん来てしまったからなぁ。。。
なんて、今更とはいえ自責の念がよぎる。

見通しの利くところまでバックしてクルマを停める。

選択肢は2つしかない。
   荷物をまとめて来た道を戻るか?(これは相当ハードそう。。。クルマも置き去りになる)
   とりあえず一晩車中泊するか?(誰か通れば幸運だけど)
考えながら時がまた過ぎていく。

う~~~ん。。。。。。ン?

視界の横を7つくらいの軍服風の制服を着た男の子が猟銃たすきがけにして子犬連れててくてくと通り過ぎていくではないか!!

え?ちょちょちょっと!!

男の子を呼び止めて
どこに行くの?
ウチはどこ?
誰か近くにいないの?
何してるの???
(て言うかなんでこんな山奥にキミ独りなん??)
訊きたい事が山ほどあるのに、英語はおろかタイ本見せてもタイ語も読めないので全くコミュニケーションが取れない~~。「寝る」「食べる」ゼスチャーも通じてないみたい(;_;)
これは幸い中の不幸??う~ん。
彼は、ただただ困惑の表情を浮かべるだけで、歩いていこうとする。

アカン!アカン!ちょっと待って!頼りなげでも今はこの子だけが頼り。(なんと心細い)
荷物をしょってクルマに鍵をかけ、付いていく!!
(文章だと即座のようですが、20分ほどコミュニケーション格闘しました、このハナタレ少年と。。)

行けば親かサルくらいは居るだろう!!

男の子はやっぱり困惑顔。。。
まぁこの子にしたら「何を慌ててるんだろう??」ってところなのかもしれないけどこっちは必死なのだ。
ボクも状況さえ誰かに伝わったら少しは気が落ち着くんだけどなぁ。(^^

なんて思いが通じたのだろうかさらに50mほど歩いていると後ろからランクルが来た。えへっ?

Northern 'Deep' Thailand


過去のドライブフォトをピックアップ。

■南イタリア

Road to East Coast #1
Road to East Coast #2
Road to East Coast #3
Road to East Coast #4

■北イタリア
Go North !!! - Mediterranean to Alps

■バリ
Up Hill Country 'Jatiluwih'

■クロアチア&ボスニア・ヘルツェゴビナ
Road to Mostar
Drive a GO GO!
Road to Plitvice Lakes National Park - Route E71 -

■タイ
万事休す・・・
喜びもつかの間・・・
猟銃の少年
やってきた男たち
from Muddy HELL to Forest HEAVEN

More - Muddy Road
by travelster | 2006-07-22 22:22 |  ├Thailand | Comments(4)
喜びもつかの間・・・
エンジンを切って1時間が経ってしまった。
状況は何一つ変わっていない。
目の前には1ミリも変わらず倒木がそこに横たわっている。
木を持ち上げようとするがびくともしない。う~~~ん、ちょっとでいいから動いてくれよぉ。。頼むから!

「クルマがスタックした訳ではない。通り道の隙間さえ作れればこの状況を切り抜けれるのだ。。。」

木を押したり引いたりしてもやはりびくともしない。斜面から倒れた勢いそのまま地面にめりこんでいるんからたやすく動かないと解かっているけど。。。ったく。。。

本当にどうしようもないのだろうか?木を動かす以外に方法は?このときばかりは自転車を担いで動けるちゃりだーがうらやましく思えた。
また、誰かとこの危機を共有しているなら少し気も紛れようものだけど、独りでは途方に暮れている場合ではない。
休まず諦めなければなんとかなるものだ。転がすように力を加えてみたら、少し?

動いた~~~~~~~~!!!

小さく独りガッツポーズ!
あとはもう必死で木を動かすのみ。
少しずつ、少しずつ、ズリズリと。。。
なんて夏期休暇なんだ。(笑)
b0108109_21283461.jpg

はぁ~~~。ロスタイム2時間ちかく。。。
右側の崩れそうな路肩のぎりぎりの隙間を抜ける。。。
今日は「一回休み」を20回くらいやったけど、今のは「五十回休み」くらいやゎ。。。ホンマに~。もぉ~。びっくりさせるなよなぁ~。(と心の均衡を保とうとしている自分が居た)
なぜか、今頃になって心臓がドキドキしてきた!!
b0108109_21285665.jpg

ふつうの自分なら、これでも無理?って思います。。。
イザ!という時の自分を1人、知ることが出来た気がした。。。

な~んて、このときはまだ良かった。。。

ここからわずか100メートルほど先で本当に、ジ・エンド。


過去のドライブフォトをピックアップ。

■南イタリア

Road to East Coast #1
Road to East Coast #2
Road to East Coast #3
Road to East Coast #4

■北イタリア
Go North !!! - Mediterranean to Alps

■バリ
Up Hill Country 'Jatiluwih'

■クロアチア&ボスニア・ヘルツェゴビナ
Road to Mostar
Drive a GO GO!
Road to Plitvice Lakes National Park - Route E71 -

■タイ
万事休す・・・
喜びもつかの間・・・
猟銃の少年
やってきた男たち
from Muddy HELL to Forest HEAVEN
by travelster | 2006-07-20 21:41 |  ├Thailand | Comments(2)
万事休す・・・
マジでベソかきたくなるような1日だった。。。

山に入ったのは良いものの、高度を上げるにつれ粘土質の路面がぬかるみ、バックしては進み。。。
1歩下がって2歩進むを繰り返し、わだちと格闘すること2時間。
誰ともすれ違わず少々心細くなってきた頃だった。。。
b0108109_2244594.jpg

目の前には信じられない光景が。。。
b0108109_22403434.jpg

木が道を塞いでいる。。。

倒木自体は日本でも良くあるけど、すでに補修工事のおっちゃんが居たりしてちょっと凹む位のものだ。
今はタイの山奥の地図にも無い道に一人ぼっちの状況である。。。

引き返す術もなく、進む術もなく、クルマはおろか人ひとり会わず、ただ、心を落ち着けるしかない。。。

さぁ、どうしよう?


過去のドライブフォトをピックアップ。

■南イタリア

Road to East Coast #1
Road to East Coast #2
Road to East Coast #3
Road to East Coast #4

■北イタリア
Go North !!! - Mediterranean to Alps

■バリ
Up Hill Country 'Jatiluwih'

■クロアチア&ボスニア・ヘルツェゴビナ
Road to Mostar
Drive a GO GO!
Road to Plitvice Lakes National Park - Route E71 -

■タイ
万事休す・・・
喜びもつかの間・・・
猟銃の少年
やってきた男たち
from Muddy HELL to Forest HEAVEN
by travelster | 2006-07-18 23:16 |  ├Thailand | Comments(4)
奥地へ・・・
b0108109_21513426.jpg

パーイ(Pai)から50km先の町コンロム(KongLom)に出ようと峠越えルートをチョイスしたのが運のつき。
この写真の集落を最後に悪戦苦闘の長い1日が始まろうとは。。。

Tan Chet Ton ~ Northern Thailand ~
by travelster | 2006-07-18 21:57 |  ├Thailand | Comments(0)