Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
カテゴリ: ├Thailand( 38 )
光が降り注ぐ!神秘的な洞窟『カオ・ルアン洞窟』 - Tham Khao Luang Cave



ペッチャブリー県の穴場『カオ・ルアン洞窟』

かつてタイの王様が何度も訪れたと言われるこの場所は、

ペッチャブリー市街から洞窟の駐車場までクルマで数分のアクセスの良さ!

駐車場に到着すると、そこからトラック(有料)に乗せてもらってこちらも数分で洞窟に到着!

そこからさらに急な階段を降りてゆきます。距離は短いけど滑りそうなので要注意!

洞窟の中にはたくさんの仏像があり、そのフォルムが光に照らされて神秘的♪

階段を降りきった所でしばらく空を見上げ立ち尽くしてしまいました。



b0108109_1429764.jpg


この洞窟があるペッチャブリーはラーマ4世の避暑地としてその歴史が始まり、この洞窟には何度も瞑想に訪れたそう。
1999年のアメリカの『タイム』誌で、「今世紀もっとも影響力のあったアジアの20人」
の1人にタイ人から唯一選ばれたラーマ5世(在位が明治天皇とほぼ同じ)がラーマ4世を祀った仏像もここに安置されているのだとか。

こんな荘厳な雰囲気の場所に祀ろうと思われたご先祖様への献身。わかる気がします〜
観光客だけではなく信心深いタイの人たちが多くここに訪れる理由も理解できます。


b0108109_14453461.jpg



同行するメンバー二人とこの3泊のバンコク行きを決めて、まる二日間のプラン練りでバンコクからほど近い行き先候補に思い浮かんだのが、

・アユタヤあたりの世界遺産エリア
・パッタヤーあたりのビーチエリア


だったのだけど、、、「ほかに穴場ないかな・・・」と思い巡らせながらしばらくの空想旅行♪
そして、「これは行ってみたい!見てみたい!」と思ったのがこの洞窟でした。

★宿泊は?
日本ではマイナーなこのスポットも、欧米人やタイ人には人気のある洞窟らしく心配していた宿事情も杞憂で、、、
ペッチャブリーの町自体はコンパクトサイズ。でも、
調べてみればあるわ・・・あるわ・・・気の利いた宿泊施設が町中&郊外にたくさん。

★ドライブルートは?
タイ北部の山岳地域のような変化に富んだドライブルートは期待できないものの、
主要道を避けて脇道に入るとローカルな雰囲気が残っていて、良さそう♪

ってことでペッチャブリー行きが決まったのでした。。。



ペッチャブリー県はバンコクから南西に位置してミャンマーの南端と接している。
b0108109_164709.png
ペッチャブリー県(Click!)


カオルアン洞窟はペッチャブリーの北部。
b0108109_1451040.png
カオ・ルアン洞窟はバンコクから140kmほど(Click!)



閑話休題。
ペッチャブリーが日本のガイド本には少ししか紙面が割かれていないマイナーなエリアなのですが、ペッチャブリー駅のある中心部は実は実はとても由緒のある建物や祠が点在している町でした。
2〜3日間のタイ滞在でバンコクの喧騒からちょっと離れたところに。。。というリクエストにいいかも。
時間的にバンコクから日帰りでも不可能ではなけれど、1泊するだけでも落ち着けました。。。

そんなサイズの町でした♪


★宿泊
Swiss Palazzo (Click!)

2017.7 Khao Luang Cave, Phetchaburi, Thailand
by travelster | 2017-07-29 23:11 |  ├Thailand | Comments(8)
Amphawa floating market - late night and early morning
連日の酷暑&真夏日7月の某週末、3泊4日でバンコク郊外ドライブしてきました。
(初日と最終日はほぼ移動のみ)


ドンムアン空港@バンコクに到着したのが午後10時すぎ。
予約してあった24時間営業のドンムアン空港レンタカーカウンターでキーを受け取ってクルマ(ToyotaYaris)をピックアップ。
(24時間営業はここ、Thai Rent A Car (Click!)だけだったのが決めた理由)
ドンムアン空港のレンタカーピックアップはカウンターの近くまで配車してくれるのでとてもラクちん。


b0108109_14463713.png
地図詳細(Click!)



深夜のバンコクの街を抜け、120km西にクルマを走らせた。日本と同じハンドルなので違和感もなく渋滞もなく順調に。
バンコク近郊の幹線道路は片側2,3車線あり、交差点と信号がほとんどないため100〜120km/h前後で流れていて日本の高速道路並みかそれ以上です。
100km/h以下で追越車線を走っていると、走行車線から抜かれちゃいます。
(↑翌日にドライブするペッチャブリー県、カンチャナブリ県も同様に)


タイ独特の道路設計で、ほとんどの幹線道路は中央分離帯が設けられており、ソイ(小道)から幹線道路を横切ろうと思うと、一旦幹線道路に合流(左折)し、数百メートル(時には数キロ)おきにあるUターン車線(最も右側車線に設けられている)やUターンブリッジ(多くは最も左車線)からUターンし一旦対向車線に乗り、戻って来て元のソイに左折します。
信号がないので道なりに進む場合はラクですが、右折したいときや幹線道路を横切りたいときはちょっと注意が必要だったりします。

Uターンの際も信号はないので、交通量が多いと延々待たされる羽目になります。。。
100km/hで流れている対向車線にUターンはちょっとスリリング(笑

また、Uターンではなくジャンクションになっていたり、ラウンドアバウトのところもあります。



関空で借りたポータブルWifi、そしてiPadとGoogleMapで楽々〜〜ドライブ。
眺めたり大雑把にルートを決めるのは断然、紙の地図のほうがいいのだけど、ナビゲートはGoogleMapが役に立ちます。


b0108109_143491.jpg



途中でセブンイレブンに立ち寄ってスナックを購入。飛行機はLCCだったから何も食べず腹べこ!
同行者の二人は隣の屋台(※)でビールをゲット!! (う〜〜飲みたいーー)
国際免許を持ってきたのは僕だけなので我慢我慢。。。
※タイのコンビニは24時過ぎるとアルコールは売ってくれません。

b0108109_1442351.jpg


空港から合計2時間半ほど、バンコク郊外のナイトドライブを楽しんだ。


そして、アムパワーの水上マーケットエリアにたどり着いたのは日付も変わった午前2時前。
ゲストハウスを見つけたものの、鉄格子の門がしまっていてしばらく入れずしばらく思案。
深夜に到着することは伝えていたので、さぁどうしたものかと。。。


鉄格子の門は施錠されていなかったので無事中庭に入ることができ、
やはり寝てしまっていたらしいオーナーとコンタクトがとれて無事チェックイン♪





b0108109_12344823.jpg


昼間は、バンコクからの日帰りツアー客で賑わうこの場所も、とても静か。。。

シャワーを済ませてさっぱりした身体にビールの喉越しと涼しい夜風が心地いい。



b0108109_1241529.jpg



b0108109_12412332.jpg



b0108109_12414055.jpg



b0108109_12415452.jpg



b0108109_12421917.jpg



b0108109_12351944.jpg



b0108109_12354110.jpg



b0108109_14591360.jpg



b0108109_1237044.jpg



b0108109_12372527.jpg



b0108109_1439477.jpg



b0108109_12382683.jpg



b0108109_12384879.jpg



b0108109_14422674.jpg




二日目は、さらに南西方面に下りペッチャブリー県までドライブです。-3-3=3=3


2017.7 Amphawa, Samut Songkhram, Thailand



■過去のドライブフォトをピックアップ。

▶︎南イタリア

- Road to East Coast #1
- Road to East Coast #2
- Road to East Coast #3
- Road to East Coast #4

▶︎北イタリア
- Go North !!! - Mediterranean to Alps

▶︎バリ
- Up Hill Country 'Jatiluwih'

▶︎クロアチア&ボスニア・ヘルツェゴビナ
- Road to Mostar
- Drive a GO GO!
- Road to Plitvice Lakes National Park - Route E71 -

▶︎タイ
- 万事休す・・・
- 喜びもつかの間・・・
- 猟銃の少年
- やってきた男たち
- from Muddy HELL to Forest HEAVEN
by travelster | 2017-07-21 23:31 |  ├Thailand | Comments(0)
Best Uncrowded Beach in Koh Mook, Thailand




b0108109_14295468.jpg
poolside






b0108109_14324527.jpg
dish






b0108109_15195615.jpg
exploring






b0108109_14311786.jpg
eastend of island






b0108109_14304045.jpg
dusk






b0108109_14301645.jpg
evening






b0108109_14315562.jpg
moonrise






b0108109_14283694.jpg
The Sevenseas Resort







2016.8 KohMook, Trang, Thailand


■2016 夏旅 〜 タイ・ムック島 〜
季節外れの静かな南の島へ。。。
バンコクの喧噪を逃れて。。。水上マーケットとリバークルーズ
おちゃめなタイの国内線LCCノックエア
身近に起きた海外旅行中の爆破事故。。。トラン@タイにて
タイの地方都市、トランの過ごし方
季節外れのタイの島で何もせずに過ごした数日間♪ - KohMook, Thailand -
Best Uncrowded Beach in Koh Mook, Thailand
by travelster | 2016-12-26 22:18 |  ├Thailand | Comments(0)
季節外れのタイの島で何もせずに過ごした数日間♪ - KohMook, Thailand -

b0108109_13361415.jpg
Pawapi Resort Website (Click!)




b0108109_13355395.jpg



バンコク、トランと一泊ずつしてようやく3日目にしてやっと辿り着いたムック島。
着いたのはいいけど、ローシーズンだったみたいでツアーと言うツアーがすべてクローズ!

ムック島のメインはEmerald Caveへのツアーで、それを目当てに来たんだけど軒並みクローズ!
どうりで観光客の姿を見かけないと思った。。。(それくらい調べてから来い〜〜!)


Emerald Cave Web Site (Click!)
The Best Morakot Cave(Emerald Cave) (Click!)


まぁ、季節外れに来てしまう(行ってしまう)のは僕らしいかな!
ハイシーズンの観光地は大の苦手なのと季節外れの人の少なさは全く嫌いじゃない。
ローシーズンだからこそ知る事ができる現地の素顔に触れる事が好きだし旅の愉しみでもある。


ムック島のメインストリートは無いに等しく、トタン屋根の雑貨屋とリビングが丸見えな床屋と簡素な小学校があるくらい。
全く観光化されていないんだけどビーチに出ると違う島に来たのかと錯覚するほどに綺麗に刈られた芝生が敷かれていてヤシの木と瀟酒なリゾートコテージが建っていた。


島の東端に突き出た部分が、Sivalai Resort Website (Click!) ←ハイクラス。ちょっと高め。
その西隣のビーチに並ぶコテージが、Pawapi Resort Website (Click!) ←シバライに比べリーズナブル♪ここに滞在した♪


b0108109_2138481.jpg
Pawapi Resort & Spa


パワピのコテージはエアコン有りのコンクリート壁の部屋とバナナの葉を編んだファンのみの部屋の2種類。
両方タイプとも海に面しており、高床式になっていてその分海がよく見渡せる。
ローカルな部屋の雰囲気が良かったファンの部屋に泊まった。


食事をコテージまでサーブしてくれる若いご夫婦が接客に慣れていないのか初々しくて微笑ましかった。
旦那さんは昼間はたいてい、小型ブルドーザーでビーチを整地したり土嚢をヤシの木の周りに積み上げて、
波に浸食されないように整えたりしていてシーズンに備えて忙しくしていた。


よく停電したので初めの頃は200mほど離れたフロントまで言いに行っていたのだけど、
ブレーカーの場所を訊いたらフロントよりずっと近くのコテージの床下にあったので、
そのうち落ちたら自分で戻しに行っていた。
広いビーチだけどプライベートビーチみたいなもんだからバスタオルだけ巻いて行ったり来たり。。。
犬に(?)サンダルを持って行かれて探しまわったり。。。
そんなのんびりした日々を過ごした。


b0108109_13364350.jpg
ビーチではしゃぐ島の子供達。平和だな〜♪





ビーチにびっしり!やどかりアート♪


ツアーが無いもんだから滞在中の数日間ずっと島を出ずに居た。


初日はスクーターを借りて島を探索したんだけど、島全部の道を走るのに1時間もかからなかった。
海岸沿いは未開発なので道もなくヒトデのように島の中央から数本の道が海岸線に通じている。
島の西側は漁師の集落がポツリポツリとあって入り江の浅瀬に木舟が係留されていた。


b0108109_13382811.jpg


ムック島の海はお世辞にもあまり綺麗じゃぁなかった。
曇り空だったからか、晴れたらもっとマリンブルーだったのかもしれないけど。
シーズン中にやってくる観光客は、ツアーでしか行けない島や洞窟に連れられるのだ。



b0108109_1339204.jpg


島民にとって海は観光資源ではなくあくまで生活の場、なのだろう。
環境に対する意識は島の外部の人間が教えないと判らない。
(有害なものは島の外部の者が持ち込むのだから)

前にも書いたけどフィリピンのエルニドの村は観光開発の好例だ。(過去記事 Click!)



b0108109_1341438.jpg
島の中央のカフェ
ゲストハウスも併設されているが海から歩いてだと少し遠くスクーターが必要。
昼間は木漏れ日でキモチ良さそうだったけど夜は真っ暗だろうなぁ。




スクーターを借りて島探索♪

島のなかほどに大きな池があった。

その池はゴミを棄てる場所になってしまっていた。

大量のペットボトルゴミに埋もれて暮らしているようだった。

自然に還らないモノを持ち込むならゴミの廃棄について教える義務がある。

決して島の住民の環境リテラシーが低いから。。と言った問題ではないと思う。。。


b0108109_21322080.jpg


島の東端の遠浅ビーチから島を眺める。

パワピのコテージのベランダから毎日海を眺め、

丑三つ時にはシバライ・リゾートでマッサージしてもらって、

ランチとディナーはムック島の突端のレストランでゆっくり食事を。

ここ、大きなレストランなんだけどいつ行っても客は皆無で店員しか居なかった。

壁も無いオープンなレストランなので時々、人馴れした鳥が食べ物をつばみにやってきた。


b0108109_21372167.jpg
KOH MOOK SIVALAI BEACH RESORT Restaurant and Bar



b0108109_22513457.jpg
ムック島全図


東側に突き出た部分がSivalai Resort。浅瀬のビーチでこの島のランドマークになっている。
西側のMorakot Caveがこの島のメイン観光スポット。洞窟があるのだけど陸路では行けずツアーの舟のみになる。
ハイシーズンにはライフジャケットを着用して鈴なりになって洞窟に入って行く。大勢だと秘境感ないかも。。。



b0108109_20293354.jpg
ヤシの木に覆われたSivalai Resort Restaulant & Bar



b0108109_13401287.jpg


シバライのレストランで食事をしながら海を眺めていたら見えた月の出。

海が月に照らされてとても幻想的。。。



b0108109_13403237.jpg


月光に明るく染まった夜空を遮るものは一切何もなく、

地平線まで月に照らされた海がキラキラと広がっていた。

店員さんたちも暇を持て余して座り込んでおしゃべりに夢中。

ローシーズン万歳♪♪




2016.8 Koh Mook, Trang, Thailand


■2016 夏旅 〜 タイ・ムック島 〜
季節外れの静かな南の島へ。。。
バンコクの喧噪を逃れて。。。水上マーケットとリバークルーズ
おちゃめなタイの国内線LCCノックエア
身近に起きた海外旅行中の爆破事故。。。トラン@タイにて
タイの地方都市、トランの過ごし方
季節外れのタイの島で何もせずに過ごした数日間♪ - KohMook, Thailand -
Best Uncrowded Beach in Koh Mook, Thailand
by travelster | 2016-12-18 22:26 |  ├Thailand | Comments(4)
タイの地方都市、トランの過ごし方

b0108109_13284063.jpg
MyFriendHotel
Booking.com web site




b0108109_13321422.jpg
Pink Scooter




b0108109_14135728.jpg
MyFriendHotel




b0108109_13392829.jpg
market #1




b0108109_13395466.jpg
market #2




b0108109_1421354.jpg
market #3




b0108109_142586.jpg
market #4




b0108109_14264874.jpg
market #5




b0108109_14431073.jpg





b0108109_13291875.jpg





b0108109_10151647.jpg





バンコクから南西へ約800km、プーケットから東南へ約140kmに位置するトラン県。
隣接するプーケット県、クラビ県に比べたら知名度は低い
プーケット島の南東約140キロメートル、アンダマン海に面した南北約120キロメートルにわたる長大な海岸線と、その沿岸に散らばる石灰岩の岩山や美しい珊瑚礁の島々が印象的なトラン。県土の約3分の2が国立公園に指定され、無垢の自然が残るナチュラルリゾートとして、近年は近隣のプーケットやクラビに続いて欧米などからの個人旅行者も訪れるようになりました。また20世紀初頭までは国際交易の拠点であり、マレー語で「夜明け」を意味するその地名のとおり、連日外国からの船が暁の港へ到着していたそうです。当時の繁栄を物語る街並み、中華系住民がいまも大切に守り伝える信仰や暮らしぶりなどに触れることができるのも、トランの魅力となっています。
(タイ国政府観光庁HPより)


トランに滞在したのは、アンダマン海の沖合に浮かぶムック島へ向かう道すがらの街だった。

トランの街自体は観光地ではなくメインは海に浮かぶ島々だ。
街中は昔栄えた感じのちょっと寂れ気味の地方都市。って第一印象。
街の中心に大きなマーケットがあって、建物の外まで溢れた店が朝から賑わっていた。

やっぱりバイクに乗って郊外を走りたくなったのでレンタルバイクをチョイス♪
借りれたのは女の子向けのピンク色のファンシーなスクーターにファッションヘルメット。

ちょっと恥ずかしかったのとこんな小さなバイクはベトナムのハノイで乗って以来。
久しぶりでちょっと緊張したけど、街を出れば交通量も少なく見通しのいい道が続いていてすぐに緊張が解けた。

湿度の低い風が心地よく体全体を抜けて行く。
宿で貰ったカンタンな観光マップをポケットに忍ばせて、
トコトコと延々ヤシの実の並木道を走る気持よさと言ったら!!

バイクに荷物満載で長距離を旅するのと違った Slow & Easy half day trip!

トラン郊外には洞窟や森林公園もあって、少し細い道に入ればタイの昔ながらの生活の営みもあって、
バイクで走ったってこともあってか、ココロは一気に旅モード♪(やっとかい??)

翌日、意気揚々とムック島に向かったものの。。。
大いなる季節外れで。。。


2016.8.14 Trang, Thailand



■2016 夏旅 〜 タイ・ムック島 〜
季節外れの静かな南の島へ。。。
バンコクの喧噪を逃れて。。。水上マーケットとリバークルーズ
おちゃめなタイの国内線LCCノックエア
身近に起きた海外旅行中の爆破事故。。。トラン@タイにて
タイの地方都市、トランの過ごし方
季節外れのタイの島で何もせずに過ごした数日間♪ - KohMook, Thailand -
Best Uncrowded Beach in Koh Mook, Thailand
by travelster | 2016-11-19 11:28 |  ├Thailand | Comments(6)
身近に起きた海外旅行中の爆破事故。。。トラン@タイにて
(もう随分日数がたっちゃいましたが。。。)

日常茶飯事と言っていいくらいニュースで流れて来るテロのニュース、爆破事故。
内戦国で起きていることではなく、平和に普通に暮らしている街に突然降り掛かる災難。

それでも大半は海外で起きていて、長期滞在や駐在で働いているなどの事情がない限り、
平和な日本に暮らしているととても現実的に自分の身に置き換えて捉えづらい。
まだまだ自分も含めて多くの人にとって対岸の火事なんじゃないだろうか。

タイへの移動中に知ったニュース。
”タイのリゾート、ホアヒン、プーケット、スラタニ、トランで爆発事故。死亡者あり”


b0108109_14142759.png


トランのどこで???
飛行機は欠航じゃないよね?
現地の交通事情は?外出禁止令とかは?

ネパールのカトマンズに行ったときは(過去記事Click!)前日に暴動が始まって、
旅行客は外出禁止令が出て、ホテルに缶詰状態で街に出歩けなかった事があった。

「今度も同じ状況だったらやだな。。。」
バンコクからトラン行きの飛行機が離陸するまでは気が気で仕方なかった。のだけど、
トランに着いてみたら空港も、街中も普通に活動していてどこで爆発事故があったのか分らないくらい平穏だった。

トランの空港からゲストハウスへは乗り合いバンで連れて行ってもらった。
運転手が途中でしばらく停車していたので前を眺めたら、道路はテープで封鎖されていて、
その奥に見える建物が1階から3階までの窓ガラスと天井が飛び散って、外壁は黒こげになっていた。


b0108109_1372052.jpg


「ここが爆破事故現場。。。ヒドい。。。」
事故の規模から事故当時を想像してぞっとした。

バンはスグ走り出して、目的のゲストハウスで降ろしてもらった。
その惨状はヒドいものだったけど、行き交う人々やクルマの流れは普通で胸を撫で下ろした。




My Friend Hotel (Click!)


ゲストハウス"MyFriendHotel"のエントランスは大きな机がいくつか置かれていて
読書をしたり外を眺めるのに丁度良いスペースになっていた。

チェックインした後、ここに腰を下ろして降りしきる雨をしばらく眺めていた。曇り空つづきで、時々スコールになる。
こんな天気だからこれから南の島に向かうのになんとなく気分もカラッと晴れない。

雨がやんだので散歩でもしようとゲストハウスの前の通りを歩き出してビックリ。
50メートルほどの距離にさっき見た爆破事故の建物があった。



45秒頃の奥正面の建物が泊まったゲストハウス


タイに来る日程が3日早ければホントに遭遇していたところだったのだ。
そのばに居合わせていたらとてもショッキングだったことは想像に難くない。


時々、対岸ではひどい火事が起こるし面倒なことや理不尽と思えることもあるけど、
対岸にはそれ以上にわくわくさせることがたくさんあって、
出控える理由にはならないなぁ。。。


2016.08.14 Trang, Thailand



■2016 夏旅 〜 タイ・ムック島 〜
季節外れの静かな南の島へ。。。
バンコクの喧噪を逃れて。。。水上マーケットとリバークルーズ
おちゃめなタイの国内線LCCノックエア
身近に起きた海外旅行中の爆破事故。。。トラン@タイにて
タイの地方都市、トランの過ごし方
季節外れのタイの島で何もせずに過ごした数日間♪ - KohMook, Thailand -
Best Uncrowded Beach in Koh Mook, Thailand
by travelster | 2016-09-25 11:42 |  ├Thailand | Comments(4)
おちゃめなタイの国内線LCCノックエア
バンコクからトランへの移動にタイの国内線LCC(格安航空会社)ノックエアーを利用した。
あまりなじみのない航空会社だけどタイ国内では航路も多い。
日本語のサイトも2015年10月に出来たばかりだ。


b0108109_21321316.jpg




お値段もバンコク⇄トラン往復約6,000バーツ(≒1.7万円)ととても安くLCCだけど受託手荷物も15kgまで無料。
コーポレートカラーは黄色。鳥のくちばしがロゴマークになっていて鳥に見立てた飛行機の機体がとってもユーモラス♪♪



b0108109_21185448.jpg



1機1機胴体部分の色が違っているのも面白くってついつい見入ってしまった。ユニークでかわいいな!
CAやグランドスタッフの服装は全て黄色で、これはエアアジアの赤色に対抗してるのか〜?
離陸すると小さな紙袋に入れられたスナックとミネラルウォーターが配られる。
LCCだと有料のところもあるのにこれも無料。(写真撮り忘れました)


予約はノックエアーのWebサイト(Click!)からワンストップで完了♪
カードで決済すればメールが届くのでそれをバウチャー代わりにプリントして持って行くだけ。
カンタンカンタン。逆にこれでイイのかと少し不安なくらい。




b0108109_18555147.jpg

機体を撮ろうとフレーミングしつつ、「こっち向かないかな〜」

と思って構えていたら振り向きざまの笑顔♪

ホスピタリティ溢れてます♪

トラン空港にて。


b0108109_19194864.png

絶対ポケモン意識してるな〜

のノックエアーWebサイトローテーションバナー


b0108109_19201478.png

Wifi♪

b0108109_1920343.png

お姉さんフレンドリー♪


機内販売品も子供好きする商品が充実していて明らかにビジネスユーザより子供狙いなのが分る。
ちなみにノックはタイ語で鳥を意味するそうだ。空飛ぶから鳥。そのまま〜(笑


2016.08.14 Trang, Thailand




■2016 夏旅 〜 タイ・ムック島 〜
季節外れの静かな南の島へ。。。
バンコクの喧噪を逃れて。。。水上マーケットとリバークルーズ
おちゃめなタイの国内線LCCノックエア
身近に起きた海外旅行中の爆破事故。。。トラン@タイにて
タイの地方都市、トランの過ごし方
季節外れのタイの島で何もせずに過ごした数日間♪ - KohMook, Thailand -
Best Uncrowded Beach in Koh Mook, Thailand
by travelster | 2016-09-09 21:40 |  ├Thailand | Comments(8)
バンコクの喧噪を逃れて。。。水上マーケットとリバークルーズ
エア・アジアXJ611便は関空を夜中の0:10に出発し、バンコクのドンムアン空港に同日早朝の4時に到着。
日本の8月の蒸し暑さと比べると赤道に近いタイの方がカラッとしていて涼しく感じた。

今日はバンコク泊なので日中はまだ観に行った事の無い水上マーケットへ。。。バンコクには主に、

・ダムヌン サドゥアック水上マーケット
 →ツーリスト向けでバンコクから100kmとちょっと遠い。

・アムパワー水上マーケット
 →一番人気。クルマで1時間程度。

・タリンチャン水上マーケット
 →バスでバンコクから40分程度。土日のみ。上の2カ所に比べて観光化されて無く最もローカル。

がある。
で、僕は3つ目の一番ローカルなマーケット、タリンチャンへ。。。
BTSで終点のウォンウィアンヤイ駅で降りタクシーに乗りタリンチャン水上マーケットへと向かった。
マーケットの入口で降ろしてもらうと、水上マーケットまでアーケードが続いていて、色んなものが売っていて、運河までゆっくり眺めながら歩いた。



b0108109_13534825.jpg

タイのマスコット、カラフル象♪


b0108109_13541543.jpg

タイならではの極彩色&極彩柄のお椀。


b0108109_13543278.jpg




b0108109_13544378.jpg




b0108109_13463257.jpg




b0108109_13465825.jpg




b0108109_13482813.jpg




b0108109_1349059.jpg




船着き場に向かうと、運河を周遊する大きなエンジンが備え付けられたロングテールボートが並べられていた。

b0108109_13493475.jpg


料金はプライベートと相乗りの2コース。

この2人はプライベートかな?


b0108109_13504854.jpg




b0108109_13511367.jpg




b0108109_13513991.jpg


このロングテールボートに乗って、張り巡らされた運河を一時間半ほどかけてクルージング。

水辺の暮らしは質素で崩れかけたように荒れている家も多く見られた。

(撮影&掲載しているのは比較的綺麗なお宅をセレクト)



b0108109_13521776.jpg




b0108109_13523584.jpg




b0108109_13525942.jpg




b0108109_13531553.jpg



マーケットで売られていた大きな焼き魚は何の魚だろう。。。と思っていたら、ナマズだった!!

パンを投げ入れるとこの有様。その群れの多さと言ったら。。。。

バシャ!バシャ!バシャ!!!!とイキが良すぎ!






午前中はたっぷりココに居てそろそろ帰ろうかと言う正午どき。。。

朝は閑散としていたアーケードが多くの観光客で賑わい出していた。


b0108109_14563357.jpg

マーケットで買ったコーヒーゼリー&カフェオレ。日本のコンビニに売ってるのと全く同じ味わい。

ミルクをブレンドするか練乳(のようなもの)をブレンドするか訊いてくれる。

三倍くらいの量でお値段半値くらい。Tasty!!!




来た道を再びタクシー&BTSスクンビット線を乗り継いで再びバンコク市内へ戻った。
BTSは地上2階か3階を走っている高架鉄道で地下鉄のような新しいポップな色使いの車両。
路線もスクンビット線、シーロム線の2系統のみで乗り継ぎが分りやすかった。


BTSの券売機は硬貨専用が多く紙幣は窓口で両替する必要があってちょっと面倒。
タイの硬貨は値段が分りづらくていつも紙幣を崩していたので硬貨が溜まって行く一方だった。


車窓からはバンコクの街並みが一望。
どこまでも整然と建物が並んでいて、そこかしこでビルが建設されていた。
眼下の目を向ければ、道路は色とりどりのカラフルなタクシーが混じった車列でどこまでもぎっしりと埋め尽くされていた。


バンコク市外に戻ってきたのは昼下がり。
今朝の早くから動いていたのでまだお昼???って感じで得した気分。
夕方はざっと強いスコールに遭ったものの、やっぱり日本よりカラッとしていて過ごしやすいねぇ!(日本暑すぎ)


今宵はドンムアン空港近くのホテルで滞在して明日早朝、ノック・エアー DD7 400便 7:20 出発の便でトランへ移動。
そんな折、おとといの8月11日にトランで大きな爆破事故(ほか、タイの各地で爆破事故。テロ?!)があったとのニュースが飛び込んできた。


明日はトランで1泊滞在して、あさっていよいよムック島に移動するのに。。。
外出禁止令とか交通機関の乱れがないといいのだけど。
大丈夫か!?ちょっと気になる。


2016.8.13 Talin Chan Floating Market, Bangkok, Thailand

《CAMERA INFO》
■iPhone 6S
■CAMERA:FUJIFILM X-T1。LENS:XF10-24mmF4 R OIS / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS


■2016 夏旅 〜 タイ・ムック島 〜
季節外れの静かな南の島へ。。。
バンコクの喧噪を逃れて。。。水上マーケットとリバークルーズ
おちゃめなタイの国内線LCCノックエア
身近に起きた海外旅行中の爆破事故。。。トラン@タイにて
タイの地方都市、トランの過ごし方
季節外れのタイの島で何もせずに過ごした数日間♪ - KohMook, Thailand -
Best Uncrowded Beach in Koh Mook, Thailand
by travelster | 2016-09-04 15:17 |  ├Thailand | Comments(8)
季節外れの静かな南の島へ。。。
昨夜(2016.8.20)、タイから帰国しました。
今回はLCC航空チケットが4月早々に取れました。
エアーアジアの関空〜バンコク往復が3万円弱でした。安い!

b0108109_13254786.jpg
トレードマークがくちばしのタイ国内線キャリア'NOK AIR'


■Where to go...
前回のタイ旅はもう10年も前の2006年の夏。。。
タイ北部のチェンマイを起点に山岳地域をドライブでした。

なので、今回のタイ旅は海へ!

タイ南部(くびれているところ)には美しいビーチがある多くの島が点在してます。
どこへ行こうか迷ったのですが、観光客の多そうなビーチは避けたかったので、

・バンコクからアクセスがよくこじんまりとした小さな島
・日帰り可能な島巡りやスキンダイビングなどのアクティビティが楽しめる

を条件に色々調べた結果、決めたのがトラン諸島。
クラビよりさらに100kmあまり南東に下ったところにあります。
そのトラン諸島のうちのひとつの小さな島、ムック島に滞在しました。
ムック島の周りには石灰岩の不思議な景観のさらに小さな島が点在しています。

b0108109_13291417.jpg
'KOH MUK'と書かれた丸印がムック島。


■How to go...
最寄りの街のトランへはノックエアーが就航しているのでバンコク→トランの往復チケットを、前述の関空〜バンコク往復のエアアジアと別にネットで購入しました。

1.バンコク→トラン(NOK AIR。1時間15分)
2.トラン→船着き場(乗り合いバンで1時間弱)
3.船着き場→ムック島(超遅いボロ船で40分程度)

と繋いで島にたどり着きます。
画像では海沿いにトランの街'TRANG'が示されてますが、実際は内陸にあります。
画像の青線のようにプーケットから島伝いに船で南下して行くツアーもあります。(長期旅行者向け)


b0108109_1503175.jpg
Pawapi Resort @Koh Mook



意気揚々と向かったムック島は、、、
もぅ、笑ってしまうほどオフシーズンでした!(笑

つづく♪



■2016 夏旅 〜 タイ・ムック島 〜
季節外れの静かな南の島へ。。。
バンコクの喧噪を逃れて。。。水上マーケットとリバークルーズ
おちゃめなタイの国内線LCCノックエア
身近に起きた海外旅行中の爆破事故。。。トラン@タイにて
タイの地方都市、トランの過ごし方
季節外れのタイの島で何もせずに過ごした数日間♪ - KohMook, Thailand -
Best Uncrowded Beach in Koh Mook, Thailand
by travelster | 2016-08-21 15:33 |  ├Thailand | Comments(8)
旅に出たい
b0108109_11393227.jpg





b0108109_11395216.jpg






ブログを書く気力が失せて、



旅への好奇心も薄らいで、



バイクに乗る気も起きず、



そんな日々が続いて、



ご無沙汰しています。






b0108109_14105666.jpg






b0108109_1432940.jpg






b0108109_13554331.jpg






b0108109_13591136.jpg






b0108109_14285876.jpg






b0108109_14205645.jpg






b0108109_15355289.jpg






これ以上ご無沙汰してるとここが消えてなくなりそうです。



がっつりと面白いところに行けたらバンバン書けるんですけどねーーー。悩ましい。。。



やるな!おぬし〜〜〜〜!と思わせる光景がYouTubeに。








こんな改造しただけで結構走れるものなのが驚き。



こういう逞しさは見習いたいな。タイ人らしいと言えばこんな画像も。。。



『なんという前向き…タイの洪水を楽しんでいる人々の写真26枚』



こんなおおらかさが東南アジアの良いところじゃないかな。



停電で帰宅難民!!なんて彼らにすれば序の口。



チェンマイ北部へのジムニー独り旅は



こちらから。2005年です。




by travelster | 2011-11-19 14:50 |  ├Thailand | Comments(12)