Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
カテゴリ: ├China( 10 )
賑やか!夜のキタイスカヤ@ハルピン

今日、明日と世界遺産石見銀山@島根へツーリング!!

の予定だったけど、梅雨は待ってくれずあいにくの雨。

リサーブしていた宿もキャンセルしてまたのお楽しみ。




b0108109_10193117.jpg



ハルピンのメインストリートの『中央大街』に夜の散歩に出かけた。

電飾輝く重厚な建物が道の両脇にずらり並び、寒さも忘れるほどに明るく鮮やか。

夜遅くまでライトアップされたハルピン随一のショッピングモールを歩けば観光気分にどっぷりと。




b0108109_10195140.jpg



建造物は銀行とか郵便局、○○洋行の名のつくものが多い。洋行とは外国人経営の商社。

ここを開拓したのは、帝政ロシア。そしてロシア人の街だったからなるほど納得。

満州国が出来てロシア人住民は各国に亡命したため今は全く居ない。

逆に日本の名残はき商店を道外(傅家甸)で少し見かけた程度。

氷雪祭り目当てに来た街も歴史の紐解けば奥が深いゎ。。。




b0108109_10201541.jpg







b0108109_1025857.jpg







b0108109_10203730.jpg

よく見るとドアの内側にカーテンが。このカーテンのおかげで店内は暖かい。





b0108109_10205717.jpg







b0108109_10212211.jpg

この石畳を歩きながら、ちょっとマカオの街を思い出した。





b0108109_10214648.jpg







b0108109_10221621.jpg
寒い時だけしかオープンしていない「冰糖葫芦」の屋台。



ホテルへ戻ろうとする頃、通りの温度計は−18度を示していた。

ハルピンではさほど低くない気温でも日本なら結構な寒さ。

でもなぜか、歩いていて辛いと感じた事はなかった。

実際、店に居るより外を歩いてる方が多かったし!

次に来るならやっぱり真冬に来たいと思った。



というのも、




少し郊外に行けばスキーが出来るのだ。

きっと北海道のようなパウダースノーだろうし

泊まったホテルからツアーも多く催行されていた。

中国でスキーってあり得えなさが興味をそそるのだ。

リフトとトイレ事情がとても気になるけどどうなんだろう?



そう言えば道外(傅家甸)で、



公衆トイレが超強烈で、わざわざタクシーを拾ってホテルへ帰ったのは初体験。

どんなトイレだったかって?ディンジャラスなニオイで15m以上近づけず解らずじまい。

(着込んでいたからなおさら無理。。。ってところでした)




ビバ!中国!








2012.2.18-2012.2.21 中国黒竜江省哈爾濱 Harbin, Heilongjiang, China


H A R B I N, C H I N A '12 I N D E X

《 中国黒竜江省哈爾濱 》
- I'm home.
- Harbin Ghost Road Midnight Drive
- −15℃の装い
- 美しすぎる氷と光のまばゆい世界。。。 - Harbin International Ice Festival 2012 -
- China's "Think Different" is ...
- ここはロシア? 中央大街のロシア建築と石畳。。。
- ちょっぴりいかがわしげな地下街 - 哈尔滨 东大直街 -
- タワーブーム再燃
- 厳冬のハルピンぶらり街歩き - 中国黒竜江省哈爾浜
- 賑やか!夜のキタイスカヤ@ハルピン

by travelster | 2012-06-17 00:13 |  ├China | Comments(0)
厳冬のハルピンぶらり街歩き - 中国黒竜江省哈爾浜
昨日は倉敷@岡山の Ivy Square で甥っこの挙式でした。

薄曇りの穏やかな空のもと、レンガ倉庫にツタの絡まる重厚なアイヴィースクエアの中庭で執り行われた人前式挙式が新鮮でした。
赤ん坊の頃からずーーっと見てきてるから、スライドショーの幼少の写真にちょっとウルルンときてしまいました。
おじ(ボク)でこんなんですから、両親(姉&義兄)、祖父母(父母)も感無量の1日だったと思う!


いい一日だった♪


さっ、今冬2月のハルピン@黒竜江省.中国のつづきです。ようやくあと2回で完結です。(苦笑



b0108109_12105026.jpg




観光客行き交う瀟洒な中央大街(キタイスカヤ)から

タクシーで道外(傅家甸)と呼ばれる地区へぶらり。




b0108109_1430038.jpg




b0108109_12121057.jpg



ここはその昔、租借地外で中国人労働者が住んでいた。

ロシア人の街だったハルピンの華人居住区。いわばチャイナタウン。

中央大街の建物を中国人が真似て作ったらしい中華バロックが軒を連ねる。

氷点下の打ち震える寒さなのに砂ぼこりが舞ってる街角に妙な感覚を感じつつ歩く。

歩くのに飽きて、時折バスが来るので乗ろうかと思うが、行き先が全くもって解らず諦めた。



b0108109_14341111.jpg



特にこれといった繁華街や目抜き通りはなく、ここの見所は多く残る中華バロックの建物。

欧州あたりなら花で窓際が飾られてそうな風情ある建物なのに惜しいな。

気候が厳しいとはいえ街路樹もなくって荒涼感すら漂ってる。




b0108109_12114295.jpg




b0108109_12122497.jpg



道外の中華バロックエリアは歩くには広すぎて見きれない!

自転車をトバすには交通事情は混沌としているし、

かといってタクシーは近距離すぎて使えない。

右端に見えるのは良く見た三輪バイク。



こんな感じで、




b0108109_1326225.jpg



ベニヤ板1枚のボディはハンドメイド感満点♪

「どれどれぇ~」

ちょいと試しに数キロばかり乗せてもらった。

窓は開かず曇っていて開放感はいまひとつ!

2ストロークのチープなエンジン音と相まって

全然加速せず、ある意味バイクの方が安心。

だけど寒さには代えられないんだろうなーー

移動が少し面倒~と思った昼さがりだった。



b0108109_12131112.jpg



水たまりは凍結して危険なのでガリガリと。

この蛍光ジャケットが地味な街並に際立っていた。

女性がやってるっていうところが日本じゃあり得ないなぁ。

綺麗に全部削れないなら適当に凸凹なほうが安全だったりして?

てく、てく、、、、てく、てく、、、、てく、てく、、、、てく、てく

碁盤の目の隙間を埋めるうらぶれた中華バロックに食傷気味だったところ、

そこの通りだけ、露天商が店を出していて人通りが多かった。ここは『北三道街』

軒先には干物、鮮魚、レバーの塊、鶏、まんじゅう、パンに駄菓子、文房具などさまざま。



b0108109_14145547.jpg




b0108109_146523.jpg




b0108109_1464118.jpg




下町の活気やら風情なんてこれっぽっちも無くって軽く過去にタイムトリップした。

廃墟の建物をバックにいかにもな中国人が闊歩してここは敗戦後の闇市?

スピーカーからダミ声の中国語で延々と何かをがなりたてている。

そぅじゃなくって威勢のいい呼び声が聞きたいんやけどな~~

この独特な空気に興味津々でもあり居心地悪くもあり。




微妙。。。



b0108109_14753.jpg


道ばたで生レバー!

「衛生的に大丈夫なん?」

「そんな事誰も気にしない?」


気温は冷凍庫並みだけど盛大だー!



b0108109_1472892.jpg


一番繁盛していたパン屋。

みな行儀よく並んでいます。



b0108109_1482968.jpg



ボルシチやピロシキと並んでパンはロシアがハルピンに残した食文化財産。

ここじゃないけど、キタイスカヤでハルピンのロシアパンを買った。

無添加で、柔らかくって、噛めば噛むほど味が出る。

ハルピンへ渡航の際には是非お試しを♪



b0108109_149953.jpg


中国式蒸しパン。マントウ。


b0108109_1493697.jpg




美味そうと思った饅頭?餅?

b0108109_1410327.jpg

結局、見ただけで買わずじまい。

今思えばちょっと後悔。。。












b0108109_14111424.jpg







b0108109_15272531.jpg




北三道街から更に薄暗い路地に入ってみた。

崩れ落ちそうな木製のバルコニーに囲まれた小さな中庭。



b0108109_1614371.jpg




真昼なのにそこだけゴシックホラーの世界。洗濯物一つ見当たらず人の気配も無い様子。

「誰も住んでないのかなぁ。。。」と思いながら少しばかり路地裏探索することに。

第二次大戦頃から治安が悪化し殺人は茶飯事、アヘン窟も多かったとか。

小さなパラボラアンテナを見つけた。今も誰か住んでるんや。。。

恐怖映画のワンシーンに紛れたように昼から不気味。





夕刻、再び冒頭のキタイスカヤまで戻り、

その北端にあるスターリン広場へ。

そこから見渡せるおおきな河。

川岸に下って歩き出した。


b0108109_12151095.jpg


黒龍江(アムール川)最大の支流、松花江。


冬の時季は全て凍っていて対岸まで歩いていける。


右岸に夏は避暑地、冬は氷雪祭りの会場となる太陽島。


左岸にスターリン広場からキタイスカヤを経てハルピン駅へ。


20世紀の初め、ここから物資が荷揚げされハルビンの街が造られた。


たった100年前まではここが不毛の地だったと思うと思わずため息が出た。


ロシア人のフロンティア精神も大陸西部を開拓したアメリカ人に勝るとも劣らず。


そんな大陸的なDNAを持つ人たちと島国農耕民族我日本人は根っから違うって話で。



b0108109_12152685.jpg



と、固く凍ったデカ~~ぃ河を眺めながら色んなコトが頭のなかをぐるりぐるり。



b0108109_12154772.jpg



さてと、そろそろ陽も暮れるし夜のキタイスカヤを歩きに行くことにした。


それは『東洋のパリ』と言われるだけあって夜はグッと華やかな雰囲気。


『東洋のパリ』は上海とかベトナムやらカンボジアにもあるけどご愛嬌で♪


次回、ハルピン連載ラストです。




2012.2.18-2012.2.21 中国黒竜江省哈爾濱 Harbin, Heilongjiang, China


H A R B I N, C H I N A '12 I N D E X

《 中国黒竜江省哈爾濱 》
- I'm home.
- Harbin Ghost Road Midnight Drive
- −15℃の装い
- 美しすぎる氷と光のまばゆい世界。。。 - Harbin International Ice Festival 2012 -
- China's "Think Different" is ...
- ここはロシア? 中央大街のロシア建築と石畳。。。
- ちょっぴりいかがわしげな地下街 - 哈尔滨 东大直街 -
- タワーブーム再燃
- 厳冬のハルピンぶらり街歩き - 中国黒竜江省哈爾浜
- 賑やか!夜のキタイスカヤ@ハルピン

by travelster | 2012-06-03 16:38 |  ├China | Comments(4)
タワーブーム再燃
b0108109_206848.jpg







b0108109_2063554.jpg







b0108109_2082245.jpg


松花江(見えないけど)はアムール川最大の支流。

北海道の流氷はアムール川の淡水が流れ着いたもの。

この川の水も少しは流氷に混じっているのかもしれません。



b0108109_2091778.jpg



中国の北東の端っこのだから小さな街と思っていたけど、

龍塔から見下ろしたハルピンの街は驚くほど都会。

こんなに広いのに見所少ないのが不思議?!




b0108109_201057.jpg



ところで夜景はどうなんだろう?

真っ暗ってことないよなぁ?

ここと比べてみたかった。




b0108109_20113998.jpg








今朝の SANKEI EXPRESS にこんな記事が。。。

■開業間近で全国のタワーも入場者増
東京スカイツリーの人気と歩調を合わせる様に全国のタワーの入場者数が急増している。メディアでタワー特集が組まれる等注目度がアップ。タワーバブルの様相を呈している。東京タワーではスカイツリーが望める北東の窓が人気だ。2011年度の入場者数は241万人だが今年度は、(中略)、目標を300万人としている。
大阪市の通天閣は、昨年10月から6ヶ月連続で前年と同じ月の実績を越える。「おもしろさとインパクトでは負けない」


東京スカイツリーと張り合うところが大阪らしいです。。。
そう言えば京都タワーは100回くらいは見てるけど登った事無いなぁ。登らないとー


2012.2.21 『龍塔』中国黒竜江省哈爾濱 - Dragon Tower - Harbin, Heilongjiang, China


H A R B I N, C H I N A '12 I N D E X

《 中国黒竜江省哈爾濱 》
- I'm home.
- Harbin Ghost Road Midnight Drive
- −15℃の装い
- 美しすぎる氷と光のまばゆい世界。。。 - Harbin International Ice Festival 2012 -
- China's "Think Different" is ...
- ここはロシア? 中央大街のロシア建築と石畳。。。
- ちょっぴりいかがわしげな地下街 - 哈尔滨 东大直街 -
- タワーブーム再燃
- 厳冬のハルピンぶらり街歩き - 中国黒竜江省哈爾浜
- 賑やか!夜のキタイスカヤ@ハルピン

by travelster | 2012-04-18 21:39 |  ├China | Comments(4)
ちょっぴりいかがわしげな地下街 - 哈尔滨 东大直街 -
先週末は、久々にバイクをもちだしてハーレー3台で若狭湾までプチツーリング。
京都市内は満開だったけど郊外に出ると桜はまだまだでした。気温が低くエンジンは快調そのもの♪
寒かった先週末とうってかわって今週はグッと春めいてきました。

反対を押してイランに行ったロケット鳩山さんと、自信満々に公開までして失敗した北朝鮮ロケットは『春の珍事』で幕引きになりそうです。
つい数年前のフランスの核実験の時は大した異論もなく大した報道しなかったのに比べ興味本位に報道しすぎに思います。

ロケットも事なき失敗をしたので今週末は心配なく外出が出来ます。
今週末は今年最初の花見に。散り際を楽しんできます♪

ハルピンはあと2、3回の予定です♪






b0108109_0144417.jpg








b0108109_0141532.jpg








b0108109_0171817.jpg








b0108109_0402738.jpg








b0108109_0174999.jpg









b0108109_1232668.jpg








b0108109_0164073.jpg








b0108109_1142651.jpg
Dongdazhi Street



ハルピンの観光拠点『中央大街』からタクシーで走る事、数十分。

ハルピン市民の繁華街『东大直街』に沿って地下に降りれたので行ってみた。

入り口の分厚いカーテンをくぐると寒さから避難してきた人達でごったがえしていた。

階段のお水系?な看板、入り口は薄暗くなぜかトウモロコシや駄菓子が売られていて少し戸惑う。

狭い通りにアパレル中心の店にミニスカートにダウンのギャル風店員がお立ち台で呼び込みを競っている。

ここの地下街がとてつもなく長く歩けど歩けど終わりが無く延々と原宿系の服を見ていて頭が混乱してきたのだった。





2012.2.18-2012.2.21 中国黒竜江省哈爾濱 Harbin, Heilongjiang, China


H A R B I N, C H I N A '12 I N D E X

《 中国黒竜江省哈爾濱 》
- I'm home.
- Harbin Ghost Road Midnight Drive
- −15℃の装い
- 美しすぎる氷と光のまばゆい世界。。。 - Harbin International Ice Festival 2012 -
- China's "Think Different" is ...
- ここはロシア? 中央大街のロシア建築と石畳。。。
- ちょっぴりいかがわしげな地下街 - 哈尔滨 东大直街 -
- タワーブーム再燃
- 厳冬のハルピンぶらり街歩き - 中国黒竜江省哈爾浜
- 賑やか!夜のキタイスカヤ@ハルピン

by travelster | 2012-04-14 08:18 |  ├China | Comments(4)
ここはロシア? 中央大街のロシア建築と石畳。。。

『東方のパリ』と称されるハルピンの朝。

ロシア語でキタイスカヤと呼ばれるこの中央大街は、

石畳が敷き詰められた全長1.5Km程のハルピンきっての目抜き通り。

中央大街に沿ってルネッサンス式、バロック式のロシア建築が軒を連ねている。

北の端にあるホテルから南の端にある昨年末にオープにしたばかりのスタバに毎朝歩いた。

香港やマカオや上海の異国情緒とはひとあじもふたあじも違って少し時代を上った素朴さが残っていた。



b0108109_10155220.jpg


このツアー客のモコモコ度。「これから冬山登山ですか〜〜?」

って言いたくなるけどこれくらい着込まないと肌がピリピリ痛くなってくるのだ。

僕もこのモコモコ着膨れグループに匹敵するくらい着込んでいたから他人の事言えない。

スニーカーやパンプスなんてここでは論外だけど、厚底ブーツは意外に防寒効果あるようで着用率高し。




b0108109_21422285.jpg



この通りだけは

石畳の隙間にすら

ゴミひとつ落ちて無い。





b0108109_1115488.jpg








b0108109_11151557.jpg









b0108109_11162628.jpg








b0108109_1154040.jpg









b0108109_1182837.jpg









b0108109_2129364.jpg








b0108109_101895.jpg




その理由がわかった。

通りがクリーンなのは

掃除部隊が居るってこと。




b0108109_21324257.jpg


来日した中国人が日本の街の奇跡的な清潔さに驚くそうだ。

日本でもゴミも落ちてるしコンビニの前は食べ散らかしあるし!!と思うのだが。

中国に限らず海外に行って意識して見ているとゴミの散らかし方が日本の比じゃないと気づかされる。

謙譲的で自省的なのは美徳なのか?と時々思うけど、美意識は高いんだと思っておいても間違いではなさそうだ。




2012.2.18-2012.2.21 中国黒竜江省哈爾濱 Harbin, Heilongjiang, China



H A R B I N, C H I N A '12 I N D E X

《 中国黒竜江省哈爾濱 》
- I'm home.
- Harbin Ghost Road Midnight Drive
- −15℃の装い
- 美しすぎる氷と光のまばゆい世界。。。 - Harbin International Ice Festival 2012 -
- China's "Think Different" is ...
- ここはロシア? 中央大街のロシア建築と石畳。。。
- ちょっぴりいかがわしげな地下街 - 哈尔滨 东大直街 -
- タワーブーム再燃
- 厳冬のハルピンぶらり街歩き - 中国黒竜江省哈爾浜
- 賑やか!夜のキタイスカヤ@ハルピン

by travelster | 2012-04-01 23:13 |  ├China | Comments(6)
China's "Think Different" is ...

中国で電化製品を買う前に注意すべき事とは、




b0108109_21132367.jpg



もはやそれがホンモノかどうか?

よりも

マトモに機能するのか?

だったりする。





【Think Different】
左端の携帯に書かれてある "Think Different" は15年ほど前のアップル・コンピュータの広告キャンペーンのスローガン。





2012.2.18-2012.2.21 中国黒竜江省哈爾濱 Harbin, Heilongjiang, China




H A R B I N, C H I N A '12 I N D E X

《 中国黒竜江省哈爾濱 》
- I'm home.
- Harbin Ghost Road Midnight Drive
- −15℃の装い
- 美しすぎる氷と光のまばゆい世界。。。 - Harbin International Ice Festival 2012 -
- China's "Think Different" is ...
- ここはロシア? 中央大街のロシア建築と石畳。。。
- ちょっぴりいかがわしげな地下街 - 哈尔滨 东大直街 -
- タワーブーム再燃
- 厳冬のハルピンぶらり街歩き - 中国黒竜江省哈爾浜
- 賑やか!夜のキタイスカヤ@ハルピン


More
by travelster | 2012-03-24 12:30 |  ├China | Comments(0)
美しすぎる氷と光のまばゆい世界。。。 - Harbin International Ice Festival 2012 -

今年で13回目を迎える氷の祭典、ハルピン氷雪大世界(哈尔滨冰雪大世界)。

世界三大氷祭りのひとつでカナダのケベック、日本の札幌、そして中国のハルピン。

会期は12月の終わり頃から始まって、春節にピークを迎え2月の終わりまでの2ヶ月間。

日本からたった3時間で行けるところにこれほどビッグな祭典があるのを全く知らなかった。

年始に伊豆の旅から帰ってきてから悶々と旅への微熱が続いていたところにこの祭典を知った。

イベントが目当て!って旅のきっかけもいいんじゃないか?自分でも中国に行くなんて意外中の意外。





”氷と光のファンタジー”




さくっと行っチャイナ〜!とは誰も言わなかったけど行ってきた♪




渡中2日目、ハルピンをほっつき歩いて夕方にはまだ少し早い時間だが、ホテルに戻った。

旅行カウンターで氷雪大世界会場へ行くバスの乗り場を尋ねてみたところ、

『ウチで(氷雪大世界の)ツアーありますよ♪』

『会場までバスで往復送迎します』

『本当に?いくらですか?』



聞いてみるもんだ。問題はピックアップが17時って事。会場に着く頃には確実に陽は落ちているだろう。

日没の半時間前には会場に入りマジックアワーの時間帯をカメラに収めようと思っていた。

帰りはなかなかタクシーが捕まらないことは聞いていたのでしばらく迷った。

往復バス代がフリーでチケット代のみのツアーで行くことにした。

17時を15分遅れてホテルの前でマイクロバスに乗り込む。

会場に着くと日は暮れきっていたけど、ま、仕方ない。

すんなりたどり着けただけで善しとしよう。。。

すんなりと事が運ばないこの中国で。

入場料300元。送迎はサービス。


b0108109_20191588.jpg
氷で出来たエントランスのチケットブース。

べっこう飴で覆われた赤い果実の串。

街でもこの屋台を良く見かけた。

噛んだら歯が折れそう!

中にチケット売り場がある。

チケットはまとめて買ってもらう。

参加者はボク以外は6名全員中国人。

色々説明していたが何を言ってるのかサッパリ!

なので帰る時間と集合場所だけ100回ほど確認しておいた。

b0108109_20265946.jpg

午後の1時までなら10元(1,200円)。それ以降は300元(3,600円)に跳ね上がる。

日本の物価なら妥当な値段でも現地の物価から言うとかなり高額だと思う。

値段が明記されていて英語も併記されているのでナットク明朗会計。

英語表記って旅行者にとってはとてもバリアフリーだと思うのだ。

言語に制約されないピクトグラムが世界津々浦々普及すればと思う。

日本もまだまだ"日本語のみ"が多く個人旅行者にはわからない事だらけだ。

英語表記よりも中国語表記を普及させたら口コミで中国から観光客が大挙して来そうだ。

経済的には潤うけど、トラブル頻発しそう。。。そう感じた時、自分が保守的だってことに気がついた。




手軽に旅が出来ない場所ほど旅冥利に尽きるってこともまた事実で。




くるりと後を振り返れば会場への入り口。





b0108109_20261137.jpg

ハイシーズンなら押せや押せやで体力使い果たしていたかも。。。

えぇと、学生通道。。。五道。。。四道。。。三道。。。

漢字なのに意味が分からないょ。



b0108109_21291738.jpg

入場ゲートを抜けると、旗やビデオを持った小姐さん達が十数人。

観光用の馬車も数頭、鼻息を荒くして客を待っている。

多くの商売人で賑わっていたのはこの辺りだけ。

まだ陽が落ちて暫くなので人もまばら。

オリジナリティ溢れる光の世界。

できるじゃん!中国!(笑



b0108109_21303184.jpg

氷は全てハルピン市街を流れる松花江の氷を切り出したもの。











b0108109_22105655.jpg













b0108109_22125765.jpg













b0108109_22375124.jpg













b0108109_22385966.jpg

寒さを忘れそうになるくらいに幻想的。

滑らない様に階段にはマットが敷かれている。

欄干にもたれたりして氷が崩れないか気になるな〜

あの高い建物も。。。崩れたら即座に撤去するんかなぁ〜

なんて失礼きわまりない心配ばかりしてしまうけどこれもご愛嬌?!



b0108109_21315719.jpg













b0108109_21413366.jpg

よく見れば氷の中に電灯が封じ込まれている。

会場全ての氷の中に電気を通しているから大掛かりな仕掛けだ。

龍やアニメキャラクターの彫刻とかは無いのかって?どれも氷をぶった切っただけですが何か?







b0108109_22354186.jpg

予想以上に明暗差があって失敗写真も少し。。。

と思うと夕暮れ前の写真も撮っておきたかった!









b0108109_22363955.jpg













b0108109_21324626.jpg

ここを歩いていると光に包まれているよう。

色で感じる暖かさの違いを感じた。

黄色と青色で5度は違う。

ような気がした。





b0108109_21363564.jpg

気温が低すぎて、氷を触っても手袋がくっつかない。

肌触りはプラスティックのようにつるりとしていて体温で溶ける事も無い。

零下が続くとはいえオープン直後とこの時期(2月)で氷の形は変わってるんだろうか。。。







b0108109_2204024.jpg

広い会場内にはレストハウスも数軒。

乾燥しきっているので窓も曇らない。

しかし空いている。ピークはこれから?







b0108109_231467.jpg













b0108109_22162115.jpg

今年の干支『龍』は中国も同じ。

街中でも良く見かけた『龍』の文字。









b0108109_2234110.jpg













b0108109_22281445.jpg

普通にニセモノなのかなぁ〜これも。。。と思ってしまったのだ。

世界中のあらゆる製品は Made in China で溢れていて、

同じ中国人が作ってるのに品質が大きく違う不思議。







b0108109_2214176.jpg

なんだか今回、悪口ばかりやな〜〜と、

ここまで書いて思ったけど、

ま、いいか!(笑

次行こう♪





b0108109_2225045.jpg













b0108109_2383583.jpg













b0108109_22201657.jpg













b0108109_2221624.jpg













b0108109_22214418.jpg













b0108109_22232179.jpg













b0108109_22241914.jpg













b0108109_2225933.jpg













b0108109_2226371.jpg

ハルピン市のビール一人当たり消費量はドイツのミュンヘンに次いで世界第2位だとか。

ハルピンで飲んだビールはどこも少しぬるかった。常温で出してくれれば冷えてるのに?









b0108109_2140140.jpg













b0108109_22303455.jpg













b0108109_22314371.jpg













b0108109_22311091.jpg






ショボくなくて良かった。。。って思ったのが正直なところ!

中国らしいスケールの大きさとまばゆすぎる光の世界。

世界中探してもココだけしか見れないファンタジー。

年を追うごとに規模が大きくなっているらしい。

近い将来LEDでハイテク化されてるかも?!

再びエントランスゲートまで戻れば、

入場者が続々と増えてきてるょ〜

もう少し居たいんだけどなぁ〜

ここがツアーの痛いところ。


さて、明日は何処へ?




【chill out】
特に何することなく、ただ普通にのんびり過ごす。
キャプションの英文、あまり自信なし。おかしかったらこっそり教えて下さい。

2012.2.18-2012.2.21 中国黒竜江省哈爾濱 Harbin, Heilongjiang, China

ハルビン



H A R B I N, C H I N A '12 I N D E X

《 中国黒竜江省哈爾濱 》
- I'm home.
- Harbin Ghost Road Midnight Drive
- −15℃の装い
- 美しすぎる氷と光のまばゆい世界。。。 - Harbin International Ice Festival 2012 -
- China's "Think Different" is ...
- ここはロシア? 中央大街のロシア建築と石畳。。。
- ちょっぴりいかがわしげな地下街 - 哈尔滨 东大直街 -
- タワーブーム再燃
- 厳冬のハルピンぶらり街歩き - 中国黒竜江省哈爾浜
- 賑やか!夜のキタイスカヤ@ハルピン

by travelster | 2012-03-11 03:08 |  ├China | Comments(10)
−15℃の装い


夜のアイス・フェスティバル防寒対策は。。。
思いつくだけ着込んでいったのだった。

b0108109_22302878.jpg


上から順に、

★頭部★
ニットキャップ
(裏地はフリース地でかなり暖かい)
バイク用フェイスマスク
(これがないと吐く息でカメラが結露してしまう)

★トップス★
長袖ヒートテック
(汗をかいても冷えず最も重宝した)
長袖Tシャツ
フリースブルゾン
グースダウン
N-3B
ウール手袋
バイク用ウィンターグローブ

★ボトムス★
ストレッチタイツ
(これも重宝した。蒸れ知らず)
フリースのアンダー
ジーンズ
(1日動いた後、一番湿っていたのがジーンズ)
オーバーパンツ
5本指ソックス
ウールソックス
スノーブーツ
(地面の冷気を完全にシャットアウト)

どれだけ着込むんよ?!
って言わないで〜〜
日中は暑かった!
汗かいたよ。


1月のハルビン(零下30度)だったらこれでも足りなかったかも??

日中(零下10度)は、ダウンとオーバーパンツなしでも充分。

デジ一眼はジャケットの中で、脇にかかえて暖めていた。

おかげで懸念していたバッテリーは丸1日でも余裕。

控えのバッテリーは2本携帯したものの出番なし。

サブカメラは結局買わず Pentax K-5 のみ。

世界で最初に防滴カメラを造ったPentax。

南極観測基地で採用されたPentax。

K−5の耐寒動作保証は−10度。

寒冷地向きで心強いカメラだ。






2012.2.18-2012.2.21 中国黒竜江省哈爾濱 Harbin, Heilongjiang, China

H A R B I N, C H I N A '12 I N D E X

《 中国黒竜江省哈爾濱 》
- I'm home.
- Harbin Ghost Road Midnight Drive
- −15℃の装い
- 美しすぎる氷と光のまばゆい世界。。。 - Harbin International Ice Festival 2012 -
- China's "Think Different" is ...
- ここはロシア? 中央大街のロシア建築と石畳。。。
- ちょっぴりいかがわしげな地下街 - 哈尔滨 东大直街 -
- タワーブーム再燃
- 厳冬のハルピンぶらり街歩き - 中国黒竜江省哈爾浜
- 賑やか!夜のキタイスカヤ@ハルピン

by travelster | 2012-02-29 23:44 |  ├China | Comments(12)
Harbin Ghost Road Midnight Drive

China Southern Airlines(中国南方航空) CZ632 便は定刻の 22:00 関空を発った。
アジア諸国へ向かう機内って、エスニックな匂いが漂っている気がするけど、
チャイナ・サザンも乗機するとぷんとかすかに鼻孔をくすぐった。

「この匂いは何やろぅ?」
「滞在中の中国はずっとこの匂いで??」

香水や香辛料でもない初めての匂い。強いて言えば乾物とか干物?
しばらく匂いのもとを想像しているうちに何も感じなくなった。
五感のひとつが反応した中国の第一印象。



ハルピンに到着したのは日付も変わろうとする土曜日深夜の23:55(現地時間)。2時間55分空の旅。(日本との時差は1時間)
この街は黒竜江省の省都。ロシアと接する黒龍江省はかつては満州だった中国極東極寒の地域だ。

「行きたい国リストのランク外だった近くて遠い国『中国』に、いともあっさりと来てしまったーー」

薄暗いハルピン太平国際空港の外に出ると零下15度のピリッと張り詰めた空気で、しん・・・としている。
さほど厚着していないにもかかわらず、想像していたほど寒さを感じないのは空気が乾燥しているせいだろうか。
1ミリの雪も積もっていないパーキングのクルマと奥に広がる針葉樹林はオレンジ色の街灯にほんのり照らされていた。

道路を渡り、てくてくと空港のパーキングに向かうと1台の Volkswargen 小型タクシーが停まっていた。
千原せいじ似のドライバーにネットで予約したホテルのバウチャーを見せたら判ってくれたので助手席に乗り込む。


ハルピン市街まで約30km。深夜のタクシードライブを楽しんだ。



b0108109_14565598.jpg


有料道路トールゲートで20元(240円)。関空で換えた100元のピン札を払う。
客に払わせるドライバーと精算時に上乗せするドライバーと居てそれぞれ。
アラブ諸国のようにありとあらゆる建造物が無駄かつ無粋に大きい中国。
この手のデザインどうも好きになれないナァ。。。



高速道路余話。。。
中国の高速道路は総延長85,000kmとアメリカに次いで世界第二位だそうだ。
ちょっと気になったので試しに人口/総延長比を出してみたら面白い結果に。


合衆国:3146.5人/km(人口3億14,650,000/総延長100,000km)
中国:20820.1人/km(人口13億5,3310,000/総延長65,000km)
日本:15893.7人/km(人口1億27,150,000/総延長8,000km)
http://www.chuugokukabu.com


計算違い??合衆国ダントツである!!さすが合衆国。
13億の中国でも人口比で日本を抜くのはそう遠い将来じゃないのかも。
中国もアメリカ同様に建設コストが安くジャンジャン造っているのだろう。少し怖い。
中国の高速道路の1/3がここ3年程で造られたそうだ。距離で合衆国を抜くのも時間の問題。
しかし、建設コストをみれば人件費プラス難易度&クオリティで間違いなく世界中で日本ダントツなのかも。


b0108109_14393530.jpg




ハルピン市街に着くまでは周りは民家がほとんど無い大地が続き道はがっらがら。140km/hですいすいと。
こんな零下の気温でも路面が完全にドライでノーマルタイヤで普通に走れるのが意外や意外!
冬季の降水量3~6mmとほぼゼロ。降らないので凍結もなく融雪の必要も無い。
都市部でも大雪が積もってしまう日本にしてみればなんとも羨ましい。




b0108109_14395338.jpg




運ちゃんは中国語で話してくるので何をいってるのかサッパリ。一言も解らない。
カンタンな単語なら解ると思っているのかゆっくりコトバを選んで(笑)話してくれるけど解らないものは解らないよ。。。せいじ〜!
普通にホテルに直行すれば 100元+20元(高速) で 150元でおつりが来るはず。が、氷祭りの会場(結構遠回りして)寄ってくれたりした。
おかげさまで?結局ほぼ倍の 300元(3,600円)のお支払い。後から思えば「氷祭り会場寄ってあげるよ」みたいなことを言っていたのだと思う。
これでメータがなかったら到着早々に印象悪かったかもしれないなァ。。。タクシー代は近距離なら日本のバス感覚なので滞在中は足代わりによく利用した。


海外でタクシーに乗ると道順を覚えておきたいのと遠回りぼったくり牽制も兼ねて現地で貰う観光マップをひざに拡げている。
中東でも東欧でも南米でもタクシーのドライバーとはクルマのメーカーの話題がおおむね愛想よく無難だ。
向こうから好意的に日本車メーカーの事を切り出してくると(その国の)対日感情が良いことが多い。

一番おっかなかったのはマスカット@オマーンのドライバー。
フリーウェイを140-150km/hのスピードで5mほどの車間距離で延々と。それじゃ、前車のバンパーも見えてないよ。。。
一番巧かったのはナポリ@イタリアのドライバー。
そんな運転で疲れないか??目を三角にしてテクニックを御披露してくれる。ヒヤヒヤしたけど巧い。



b0108109_14404162.jpg



市街地に入ると変わった信号機が多いことに気がついた。
(●)(●)(●) ではなく、残り時間を示す数字と矢印だけ。
残り時間の数字と矢印の色が青に赤に切り替わる。

赤から青に変わると数字が最大待ち秒数(たいてい55秒あたり)からカウントダウンされ、0になると一呼吸のあと赤字で再び最大待ち秒数からカウントダウンが始まるという具合。数字は大きく表示されるので視認性もよく、慣れるとこれがとてもとても直感的で便利で合理的なのだ。
↑54(直進青残54秒)
←19(左折青残19秒)
↑20(直進赤残20秒)
な感じでナイスなわかりやすさ。これは中国全土だろうか?

たとえばこんなシーンで
走行中の加減速とか
停止中のナビや地図を確認。とか
ちょっとトランクから荷物を。。。とか
あと、判断に迷う黄色が不要になる。とか
デメリットよりメリットが多いと思ったけどどうなんだろう。



b0108109_13215577.jpg



タクシーに乗って思ったささいな事。。。
初乗り料金は0元。(1度だけ8元)
白タクは見なかった。
時々、無駄にクラクションを使う。
禁煙車両って何?普通にタバコを吸う。
どのタクシーも助手席のウィンドウ開閉ハンドルを外していた。
右左折での横断歩道。歩行者が途切れてからではなく歩行者の間を縫って強引に行く!
歩行者は横断歩道以外でも渡る&中央分離帯や車線の間に立っているので市街地ではさほど飛ばさない。
全然使わなかった大量の日本の使い捨てカイロ(10個入り5パックほど!)をドライバーにあげたら盛大に喜ばれた。(笑)


一方、歩行者になってみれば、
横断歩道の有無、信号の有無にかかわらず車のスキを見て、良く言えば安全確認しながら渡る中国人。と、
横断歩道で信号が青になれば左右も見ずに、悪く言えば全く安全確認することなく当たり前に渡る日本人。
両極かもしれない。。。


b0108109_13311796.jpg




午前1時も過ぎた頃ようやくホテルに到着。


b0108109_12285575.jpg

G FOUR HOLIDAY HOTEL Twin 9,000円/3泊
(写真は翌日の。このときは電気も消えていて真っ暗)






b0108109_12304314.jpg

明日は夕方のアイスフェスティバルまで予定なし!

ゆっくり寝ていよう!!

お休み。。。






2012.2.18-2012.2.21 中国黒竜江省哈爾濱 Harbin, Heilongjiang, China



H A R B I N, C H I N A '12 I N D E X

《 中国黒竜江省哈爾濱 》
- I'm home.
- Harbin Ghost Road Midnight Drive
- −15℃の装い
- 美しすぎる氷と光のまばゆい世界。。。 - Harbin International Ice Festival 2012 -
- China's "Think Different" is ...
- ここはロシア? 中央大街のロシア建築と石畳。。。
- ちょっぴりいかがわしげな地下街 - 哈尔滨 东大直街 -
- タワーブーム再燃
- 厳冬のハルピンぶらり街歩き - 中国黒竜江省哈爾浜
- 賑やか!夜のキタイスカヤ@ハルピン

by travelster | 2012-02-26 21:25 |  ├China | Comments(0)
I'm home.
今冬のプチトリップ。
昨夜、無事帰国しました。

b0108109_2338253.jpg



極寒の行き先は、中国黒竜江省のハルピン(哈爾濱)でした。
北欧やロシアじゃなくってご免なさい!
3泊3日の弾丸トラベルです。

トピック
1.世界三大氷祭りのひとつと言われているハルピンアイスフェスティバル。(あと2つはカナダのケベック、日本の札幌)
2.ハルピン街歩き
で終わってしまった。。。



些細な事がクリア出来ない壁の多いこと。短い滞在でがっつりと中国の洗礼も受けて。

気温は日中で-12度〜−15度程度で、着込んで街歩きしたので汗だくだった!

予約した1月初旬は−20度前後だったのでだいぶマシになったんだろう。

TVの天気予報を見ていたら、『向暖』というテロップが流れていた。

とはいえ肌を出していると身を切るような冷たさだったけどね。

あまり撮れなかったけどボチボチ載せていこうと思います。



2012.2.18-2012.2.21 中国黒竜江省哈爾濱 Harbin, Heilongjiang, China




H A R B I N, C H I N A '12 I N D E X

《 中国黒竜江省哈爾濱 》
- I'm home.
-
Harbin Ghost Road Midnight Drive

- −15℃の装い
- 美しすぎる氷と光のまばゆい世界。。。 - Harbin International Ice Festival 2012 -
- China's "Think Different" is ...
- ここはロシア? 中央大街のロシア建築と石畳。。。
- ちょっぴりいかがわしげな地下街 - 哈尔滨 东大直街 -
- タワーブーム再燃
- 厳冬のハルピンぶらり街歩き - 中国黒竜江省哈爾浜
- 賑やか!夜のキタイスカヤ@ハルピン

by travelster | 2012-02-23 01:05 |  ├China | Comments(8)