Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
カテゴリ: ├四国 - Shikoku( 3 )
徳島探訪!


1泊2日で徳島の山中をツーリング&キャンプしてきました。
昼間はシャツだけでも走れるけど、朝夕はそろそろジャケットが必要になってきたかな!


b0108109_17463829.png


■四国へ
早朝6時に自宅を発って近畿道にのって中国道を西へ。
週末の朝恒例の宝塚あたりの渋滞もまだ始まったばかりでゆっくり流れます。


西宮山口JCTから阪神高速7号線にスイッチして明石海峡大橋を渡ります。
何度通っても、この橋のデカさに圧倒されます。何年もつんだろう。。。この巨大吊り橋。


淡路島に入ってスグ淡路SAのスターバックスで一休み。
ここのスタバからは明石海峡大橋が一望できる絶好の場所です♪


家族連れ、カップルが思い思いに明石海峡大橋を背にパチリパチリ♪
淡路島ではず〜〜っと山手の斜面を走るので海岸線が見渡せてなかなかの見晴らしです。


淡路の海岸線は自転車で一日かけて一周したことがありますが、
地理的に京阪神の都市圏から近いのにかな〜〜り、ローカル色濃いです。


四国に入り最初のインター、鳴門北から下道にスイッチ♪


さっそくコンビニに入って無料地図をもらった。
スマホよりも、地図本よりも、重宝します。地元の情報マップ。
現在地確認はスマホがベスト。。。だけど、経路の確認はこの手の地図が一番!
バイクのときはたいてい見たい部分が見えるように折り曲げて、後部座席の荷物の上に挟んでます。


地元マップはマメに更新されるし、スマホの画面でフリップするより紙を拡げて見る方が全然イイと思う。
頭の中に道がイメージされるし、距離感も自然に頭にインプットされる気がします。
スマホの拡大縮小は便利そうに思えて距離感が把握出来なくなるんよね。



■徳島の酷道をひたすら西へ
徳島ラーメンのデカ看板が目立つ徳島市街を抜け、眉山をかすめてR438へ。
少し走ると神山町にはいる。ITベンチャー誘致ですっかり有名になった地域振興のお手本とも言える地域です。


若いエンジニアが村に住み着いてだんだんカフェやらピザ屋やら色々出来てきた。なので最初は。。。
この町を見て回る予定だったけど、なんだか、やっぱりがっつり走りたくなって、バイクから降りずに西へと向かいます。


b0108109_1747613.jpg


道路に沿う川の水の色が透き通ったブルーで走りながら眺めていても冷たそう!!



b0108109_1747198.jpg


石垣が風情あっていい感じ♪♪

ひたすらクネクネのR438を延々登るとやっとこさ峠に出た。




b0108109_1892160.png
川井峠





b0108109_17472930.jpg
右奥の白壁が食事処

峠を越した所にポツリと食事処。

時計を見ると11時半だったのでお昼にした。

お店のおばちゃんに『かずら橋』に行く事を告げると

「二時間はかかるねぇ〜」
とのこと。

剣山の前後が軽の離合も出来ない結構な狭路なんだとか。

今来た道より細いらしい。。。気合い入ります。。。

崖崩れ&通行止め、無い事祈る!



b0108109_1747389.jpg


クソ暑い8月を過ぎたからか、緑がみずみずしく見える。

陽が差し、草蒸した匂いが漂う。けっこう好きだ。

夏の季節と昼下がりを感じるこの匂い。



b0108109_17474947.jpg
この辺りの民家の屋根は白いのが特徴的






b0108109_174822100.jpg






b0108109_17483155.jpg



走ってて思った。。。

落差の大きい谷なので道を広げようと思っても無理って話。

雨が降って路肩が落ちれば土を盛って直す。その繰り返ししかないワケで、

土砂崩れを日本から無くすなんて国土をコンクリートで固めるのと同じこと言ってる。

ように思える。日本の山道は広くなったり狭くなったり。譲り譲られで、それでいいんじゃない?

『狭いニッポンそんなに急いでどこへ行く?』

って言わなくなったな〜



b0108109_1749234.jpg







b0108109_17493566.jpg


ヨーロッパでは景観の面からかたいてい石垣(やそのような模様)が組んであるけど、

日本の崖は、法面を無機質なコンクリートで固められていて

「なんだかなぁ」といつも思ってしまう。



b0108109_17494711.jpg


今にも泣き出しそうな空。。。

「降るなよ〜」

の思いが念じたのかこの日はカッパ出番なし(^o^)


b0108109_17502146.jpg


小川から水が溢れ出ていた。

すくって飲めそうなくらい透き通っていた。



b0108109_17505230.jpg


R438とR439はこんな『最徐行』な道がほとんどだ。




b0108109_1751249.jpg

アメリカのアリゾナにあるホースシューベンドの日本版?!

手つかずなら本家に負けないすごい景観なのに、

浅瀬にプールなんて作ってあって。。。
(使われてなさそうだし。。。)

「もったいないなぁ〜〜」

と思ってしまう。






b0108109_1751177.jpg
祖谷渓のかずら橋

足元が細い木で組まれていて川が見えてスリリング。。。

物理的な原理は明石海峡大橋と同じ。。。

そう捉えると安心?!



■長い長い山道を下って。。。
この日は、吉野川流域まで下ってバンガロー泊。
翌日は、香川にはいってお約束のうどんを二軒ハシゴ。


b0108109_2281268.jpg
長田うどん

と、斜め向かいの

b0108109_2283514.jpg
小縣家



香川県下では、うどん以外食った事ないかも?!本当に。。。
もう一杯!

と、JR坂出駅ナカの亀城庵に行ってみたけど閉店してた。残念。
すぐ近所の人気店、日の出製麺は長蛇の三列。。。帰ろう!

そして久々の瀬戸大橋。出来立ての頃は大きく見えたけど、
明石海峡大橋を見慣れたせいか、なんだかこじんまり。
でも奥行き感の素晴らしさはやはり瀬戸大橋♪♪


b0108109_2052251.jpg


与島から230kmちょっと。2時間ほどで帰ってきちゃった。

給油休憩5分間以外走ってた。延々と小雨に打たれながらカッパも着ずに。

濡れるのと、乾くのが、同じぐらいの雨量って。。。バイク乗りなら分るでしょう??^^


b0108109_2272954.jpg



それでも、バイクは真っ白に汚れていたので、

ガレージに仕舞う前にシャワーをかけてあげたよ。

二日間で600kmあまりの旅。程よい距離でした!^^





2015.09.05-06 Tokushima-Pref, JAPAN
by travelster | 2015-09-06 20:37 |  ├四国 - Shikoku | Comments(10)
2008 Autumn Long Ride
3連休に1日休みをプラスして山口県までツーリングに行って来ました。
バリ旅を1回休みしてこの連休中のツーリングをレポートします♪
速報版につき文章も見直し無しで変なとこあったらゴメンなさい


// Friday //

仕事を終えてから、大阪を20:30出発。
今夜はナイトランでハーレーのミーティングが行われる山口まで走る♪

b0108109_16433449.jpg
山陽道吉備S.A.にて友達を待つ。


// Saturday //

夜明けを待って出発!
色々あって(?)日没後会場到着!
集まったハーレーその数5,000台?
テントの花・花・花!屋台の店・店・店!
携帯が無いと誰が何処に居るのかさっぱり。。。

※夜はカメラを持ち歩かなかったので写真がありませんーー!


// Sunday //

b0108109_1630126.jpg
- VIBES Meeting Parking Site -
奥にパーキングと同じ位の広さのキャンプサイト。
携帯が無ければ誰が何処に居るのか判らない広さ!

午前中、友人達と解散し山口の柳井港から四国は松山へ渡る。

その柳井港に、よさげな町並みがあるみたい。ちょっと寄ってみた。

b0108109_16584196.jpg
- 山口県柳井白壁通り -
白漆喰土蔵造りの江戸時代商家の家並みが残っている。


b0108109_171375.jpg
この日の空はうろこ雲。快晴そのもの♪
乳脂肪たっぷりの黒ごまアイスがグ〜だった。

b0108109_16561498.jpg
白人女性(背を向けている)に
「ドコカラキマシタカ?」
と尋ねられた。
「大阪からです」
と応える。
「ニジカンクライ?」
(なんで2時間?)
「いちにち」
「ワォ!(@@)」
びっくりしていた!

柳井港から四国松山に渡る。
大人1人と大型バイクで7千円。高いぞ〜〜!

松山に着くと日暮れが迫っていたのでスーパー銭湯のある宿に投宿。

// Monday //

松山から高知へは国道33号があるのだけど過去に通ったこともあり
2本東の県道210号を行く。ここの峠からは松山市街を一望出来る。


b0108109_1771689.jpg
ようやく陽が差して来た。
すすきの穂が眩しい。

小さな山村を抜けいよいよ山に入る。


b0108109_17202072.jpg
ヘルメット被ったままだと撮りづらいんよね。。。
でも度々脱ぐのもこれまた面倒。


b0108109_17244261.jpg
通りすがりの滝。どれどれ〜?地図を見ると、
『厳寒期には全て凍結する高さ96mの滝』
とある。バイクじゃ寒くてぜったい無理〜〜!
ツーリングで唯一無い写真と言えば、雪景色なのだ。(;_;)


b0108109_17331456.jpg
鬱蒼と茂る杉木立。


b0108109_17394598.jpg
木漏れ日の道が果てしなく続く。

途中、苔と落ち葉の道や深さ10cm程度の小川があり
県道といえどほぼ廃道に近い部分もあり
距離の割に時間を食う。


b0108109_17465143.jpg
高知県境はまだまだ先。。。
響くのはエンジンの音だけ。
少し寂しくも気持ちがいい。


b0108109_17511243.jpg
ここは四国。山は深い。

杉木立が途切れ、高知に入る。

山村の分岐をいくつか折れてふたたび高度をあげる。

ゆるやかなワィンディングロードを上りつめると、

b0108109_1803662.jpg
牛が草を食む広大な高原に出た。

ここは四国カルスト大地。涼しい!!

太平洋に出て高知市街をスルーし室戸岬へ向かう。

国道55号線の長い長い海岸線をお遍路さんが歩いてる。

お遍路のバスツアーもあるけど徒歩で行く人は筋金が入っている。

数年前から若者の間でもブームで、カップルで歩いている大学生もちらほら。。

お遍路さんは沿道の家々から『お接待』と呼ばれる施しを受ける昔からの風習がある。

『お茶を煎れる』『小銭を渡す』『食べ物を渡す』等々。

でも、、この張り紙には驚いた!!
b0108109_2019881.jpg
とあるスーパーにて。。。
面の厚いお遍路さんも多い?(笑)


b0108109_18113852.jpg



室戸スカイラインで日没を迎えた。
b0108109_18233286.jpg
海岸線の彼方はジョン万次郎の立つ足摺岬がある。

今宵は室戸岬のキャンプ場へ。。。

// Tuesday //

夜半からの雨に起こされる。

雨の中テントを撤収し午前8時、雨中300キロの途につく。

トイレと給油で1度の休憩以外は道の上。

午後2時半無事帰宅なり♪

b0108109_1954367.jpg
青色:自走ルート
柿色:フェリー 


2008.10.11-2008.10.14 Osaka-Hyogo-Okayama-Hiroshima-Yamaguchi-Ehime-Kochi-Tokushima-Hyogo-Osaka
by travelster | 2008-10-14 21:38 |  ├四国 - Shikoku | Comments(10)
愛媛のシンボル
b0108109_22485612.jpg
- Dogo Onsen -
あまりにも有名な『道後温泉』本館正面。
ちょっと引いてみると・・・おっと、シャレが効いていますね!
でも普段は掲げられていないようです。早起きの三文の得だったのかな!

本館は「千と千尋の神隠し」のモチーフにもなった。実物はそれは重厚で立派なもの。
周りがありふれた商業施設ばかりなので、なおさら際立って見えます。
愛媛イコール道後温泉!なイメージが定着しているせいか、愛媛の観光資源をこの木造建築が一身に背負わされているような気がします。休日にもなれば

- 温泉に入る人の列、列、列
- 横目に本館を眺めながらなかなか通り過ぎないクルマの列、列、列
- そんなんでオトモダチと記念撮影をしようにもなかなかシャッター切れない浴衣姿のおばちゃん、おばちゃん、おばちゃん


で正面はごった返しています!(^^;
この商店街を反対に抜けた『椿の湯』が比較的空いていて同じく公営なのでリーズナブルでおすすめです。

改修計画が進んでるみたいですが、ハリボテのような新館じゃぁなくて「明治らしさ」を残して欲しいなぁ〜〜と願うばかりです。

2003.6. Matsuyama, Ehime, Japan
by travelster | 2007-09-20 21:38 |  ├四国 - Shikoku | Comments(6)