Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
バンフのお手ごろホテル - Banff International Hostel

Banff International Hostel (Y.H.)です。


b0108109_649684.jpg


こんなに新らしく立派な建物で、3日で$80.0(ロフトタイプ&ドミトリ)/2人と北米にしてはめちゃくちゃリーズナブルなお値段♪
バンフ滞在中のメモも書いて(残って)いました。。。

7/4/1999 -------------------------------------------------------
- バンフへ
部屋から薄い板一枚隔てた共同洗面所のドライヤーの音で目が醒める。
カナダ国境を超える。合衆国出国審査はなく、カナダ入国審査では
パスポートと航空チケットのチェックのみであった。ここから見える
グレイシャーの山並はもう地平線に隠れそうに彼方になってしまった。
いくつかの小さな町をパスして、大都市カルガリーに到着。ビルを見
るのは久々のような気がする。
カルガリー市街は日曜日のせいか人もまばら。ショッピングモールで
ドライブ用のCDを買う(レンタカーにはカセットではなくCDプレイ
ヤーだった)。ここから大平原の彼方に見える氷山の向こうにある
バンフまで125キロ。
気候が良いせいかハイウェイではオートバイを良く見かける。9割方が
ハーレーのツアラーにタンデムというパターン。高速道路を2人乗り
出来るのは羨ましい限り...

(注)
この頃はまだ日本では高速道路のバイク2人乗りは禁止されていました。
現在は法改正により中型&大型バイクの高速2人乗りが認められています。

走行距離 309mile
Banff International Hostel (Banff,Alberta)
7/5/1999 ------------------------------------------------------
- バンフ滞在
手許の本にあるとおりバンフのYHはとても新しい。ドアがオートロック
な上シャワーも個室。立派なレストランがあり上階にはEメール用の
端末も備えられている($1で10分)。昨日は6人部屋(うち2人分
はロフトになっており僕らを含めカップル2組女の子2人)で大変気に
入っていたのだが、今日は予約がオーバーブッキングしているらしく
通常のドミトリになってしまった。それでも居心地が良いので明日の
空きを確認するとOKとの事。レイクルイーズも日帰りで行けそうなの
で明日もここ泊まることにした。
バンフはアウトドアファッションの似合う町だ。グレイシャーには
ウェスタンスタイルもそこそこ見かけたがここはカナダ。アメリカ
(合衆国)と違うと感じることの1つでもある。
体躯も(特に女性)アメリカと比べて線が細く幾分小柄なので僕なんか
は(あくまでアメリカ人と比べて)カナダの人の方が親近感を感じる。
(これはアメリカ程、肉食+ポテト中心の食生活に偏っていないからだと
思うのだが...)
英語もカナダの方がかなり聞き取りやすいし、相手に合わせて話す配慮
が感じられる。アメリカでは相手が日本人だろうとCNNキャスター並み
で本当に困る。
などと考えながら、日中は賑やかな目ぬき通りでウィンドウショッピ
ングをしたりトレイルに入ってサイクリングをして楽しんだ。
バンフの1日はとても長い。日没が9時前で10時を待たないと空が
真っ暗にならない。夜のとばりがおりるのもゆったりしているのである。
(※)ショッピングは米ドルのほうが割安だった。

走行距離 96mile
Banff International Hostel (Banff,Alberta)



■北米旅 ’99 I N D E X

《はじめに》
1ヶ月の有給休暇?!
北米紀行旅ルート ♪

《アメリカ合衆国》
- U.S.Highway #2
- レイク・マクドナルド・ロッジ
- シェ~ン、カムバック!
- U.S.Highway #2 その2
- 旅荷を解いて・・・

《カナダ》
- Love Vehicle
- Trans-Canada Highway#1
- Harley-Davidson@Banff
- レイクルイーズ
- バンフのお手ごろホテル - Banff International Hostel
- Holiday@Banff
- 粋なG.S.
- Banffに別れを告げ・・・
- じゃ、遠慮なく・・・

《アメリカ合衆国(再入国)》
- Republic
- Winthrop #1
- Winthrop #2
- 機上にて。。。
- 閑話休題
- 機上にて。。。#2
- Windy City
- シカゴの休日
- シカゴ点景
- Chicago 'L'
- Navy Pier
- got shrimp?
- 怪しくも魅惑的な・・・
- Bourbon Street
- GuestHouse@FrenchQuarter
- Fly to Southwest ...
- フェニックスのヒッピーおばさん
- 泣きたい気分。。。
- Navajo Nation
- 夕暮れ迫る。モニュメントバレー
- 神々の庭
- Twilight time
- YOU DON'T KNOW ME
- 絶壁の絶景!アーチーズ国立公園
- 何の店??
- Land Art - アーチーズ国立公園
- Color Country
- 峡谷の端にて。。。
- Best Scenic Route of UTAH state
- 宿1軒だけの町。。。
- 朝駆けのブライスキャニオン♪
- Dixies Afternoon...
- 絶対また来たい!と思った国立公園♪
- The Narrows #1
- The Narrows #2
- きらめく峡谷 - GLITTER GLUCH
- 世界最大のサボテン!
- アリゾナ州南部の小さな砂漠町。ツーソン
by travelster | 2006-08-27 06:59 |  ├Canada | Comments(2)
Commented by pitipitibeach at 2006-08-27 22:12
昔、林間学校へ行ったときの建物に似ているような気がします。
ここも山の中なので当たり前といえば当たり前ですね・・・。
Commented by travelster at 2006-08-28 21:03
★pitipitibeachさんへ
そぉ〜ですね!
初めての林間学校は高野山でした(^.^)
あの辺ならpitipitibeachさんの庭ですね〜。
飯盒で飯炊いたり、肝試ししたり、キャンプファイヤーやったのを思い出すなぁ〜〜。
場所が場所だけにホント怖かった。。。
<< Holiday@Banff レイクルイーズ >>