Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
Winter Season's Greeting 2016-2017

b0108109_1223655.jpg
KohMook, Trang, Thailand in summer vacation of '16.







年の瀬も押し迫った12月某日。
滋賀の北部、マキノまでグランピングを体験してきました。
2016年10月7日にオープンした滋賀県初のグランピングサイト Okubiwako Marvelous Green です。



b0108109_18261612.jpg







b0108109_123687.jpg
Okubiwako Marvelous Green







琵琶湖湖畔に佇む「奥琵琶湖マキノグランドパークホテル」のプライベートビーチにタマネギの形をしたアメリカ製「ロータスベル社」のテントが4張り。
当日は0℃前後の気温でしたが室内に電気カーペットと薪ストーブで部屋の中は寒くなく過ごせます。
あいにく夕方から本降りの天気だったため、琵琶湖湖畔を眺めながらの散策&夕食は断念。
隣接するホテルのレストラン&ラウンジで夕食をいただきました。

■部屋タイプは4種類
【リンネル】
唯一ウッドデッキの上に立ち、一段高くか ら琵琶湖を独占して眺望して頂けます。
(セミダブルベット 2 台設置)

【ヒュッテ】
山小屋をイメージし、唯一松林内に位置しています。
森の中にいるように琵琶湖の風を感じながら贅沢な時間をお過ごしいただけます。
(セミダブルベット2台設置)

【ボンボン】
フランス 語でキャンディーの意味があり、カラフルでキッチュ。
とにかく 明るく楽しくお過ご しいただけるように心躍るお部屋に仕上げました。
(エアベッド 4名様まで無料貸し出し)

【コーラル】
外国のビーチリゾートをイメージしたデザイン。
お部屋から寝転んで覗く琵琶湖の水平線は格別です。
(エアベッド 4名様まで無料貸し出し)

【ラバース】 ←このテントをセレクト。
上品でエキゾチックな室内。ご 来光を拝むには絶好のロケーションです。
ラバースとはモロッコの言葉で、出合った人とすぐに打ち解け られる魔法の言葉で す。
(エアベッド 4名様まで無料貸し出し)
(以上、Okubiwako Marvelous Greenの案内より転載)

■ベッドは2種類
パレットの上にセミダブルベッドが置かれたタイプとエアベッドのタイプ。
エアベッドのタイプにしたのですが電気カーペットの熱でダイレクトにエアベッドが温められるのでホッカホカ!
めちゃめちゃ快適でした♪

■薪ストーブ
一晩分の薪と着火剤、新聞紙、ベニヤ、軍手、トングが用意されていました。
グラマラスなキャンプとはいえ火起こしはセルフサービスです!(笑
薪がストーブの幅より若干長いため蓋が大きく開いてしまい、
薪が少し湿っていたのもあって煙が部屋に充満してしまいこれは想定外!オーマイガー!

室内なので着火した薪を取り出すわけにもいかずモクモク?黙々?と煙と戦っていました(笑
焚火をしたことのない人だったらちょっと慌ててしまうかもしれません。
さらに2/3くらいに薪がカットしてあればくべやすくベストでした♪

薪ストーブの庫内が温まってしまえば太い薪でもスグ燃えてくれるので最初が肝心。
夜中に2度ほど薪をくべて、全て使い切りました!




b0108109_12372553.jpg
これは【リンネルタイプ】。
この部屋のお客さんがまだ来られてなかったのでスタッフさんが少し中を見せてくれました。





初グランピングにして今年最後のアウトドア泊!でした。
やっぱりクルマ行きでも「最低限の装備」でキャンプが性に合ってます。
今年は仕事の勉強ばかりしていて(本当か?!)あまりキャンプに行けませんでした。

バイクのキャリアも壊れてしまいあまり荷物が積めなくなったのでバイクキャンプもままならず。。。
来年のバイクツーリングはテントは持たず、タープ&コット&シュラフ(&蚊帳?)の超軽量スタイルで行ってみたいと思います。
by travelster | 2016-12-31 12:50 | ★misc | Comments(2)
Commented by 川越 at 2017-01-01 08:38 x
新年おめでとうございます。
ところでこんな施設が日本にもあるとは知りませんでした。今はアウトドアブームなんでしょうか?

コットンのテントですか?コットンテントは重いけど、魅力的ですよね。特に冬場は中でストーブが炊けるし、焚き火もできるし。自分でも欲しいけど値段がネックだし、カビが気になります。洗濯機で丸洗いっていうのもなかなか難しいだろうし。

タープもいいですね。山の中でタープはちょっと怖い気もしますけど、見えない方がいいのか、全て見えるのがいいのか、怖がりの自分には使えそうもないです。ともあれ、今年もよろしくお願いいたします。楽しい写真、楽しみにしています。
Commented by travelster at 2017-01-01 14:17
★川越さん
新年あけましておめでとうございます。
去年あたりから日本で流行り出してるみたいです。グランピング。
どんなものかと。。。

コットンっぽいけど耐水性のあるごっつい生地です。
大きいのでポールも太いですよ!

テントに薪ストーブの煙突用の穴(直径10cm程)をしつらえてあって金属製のリングとナットで綺麗に施されていました。

>カビが気になります。
ですよね。張りっぱなしで使用でしょうから地面以外は問題ないのかもしれません。
ペグも抜けないように頑丈に打たないといけないしロープの強度も。設営は大変だった様です。

居間の薪ストーブ早く出来るとイイですね♪
今年もよろしくお願いします。
<< ベトナムの首都『ハノイ』をスク... Best Uncrowded ... >>