Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
インドのなかのイスラムの街
追記:中国よりインドでしょ! インド総選挙結果のニュースと思った事。。。 2014.5.17


b0108109_20135427.jpg







b0108109_20144076.jpg







b0108109_2015677.jpg







b0108109_2017133.jpg







b0108109_20172724.jpg







b0108109_20174199.jpg



帰国の日。五時起床。八時に朝食を摂った。
正午チェックアウトなのでそれまでに戻って来れそうな場所、一カ所だけ観光する事にした。

『ジャーマー・マスジッド - Jama Masjid, جامع مسجد』

一度に25,000人が礼拝出来る中庭のある巨大モスクを目当てに行ってみた。
入口付近で、腰巻き(200ルピー)を着用する必要があると言われ買わされそうになったけど無視する。
受付で入場料300ルピーを払ったら案の定腰巻きを貸してくれた。やっぱり〜〜


モスクの中を一通り参拝して、外に出た。街を歩き出すとそこはモスリムの街だった。
インドなのにモスリム??そう、少数派だけどインドにもイスラム社会がある。


目抜き通りを歩いていると、自転車の荷台の大きなカゴに入ったニワトリが5、6羽。1羽を引っ張り出して道端でさばき始めた。
あっという間に見慣れた市場で売っている鶏肉の塊になった。想像していたよりグロテスクさは感じなかったのが意外だった。
だから、2羽、3羽と立て続けにさばいているのを飽きずにずっと眺めていた。これが羊や牛なら見れなかったかも。
露店がひしめき合い、グロテスクな巨大な魚が売ってたり何の動物か解らない足やら脳みそが売っていた。
※写真も撮ったけどリアルすぎて載せれません。。。(汗


混沌の極みと言っていいくらいの街中を歩いていたら迷っていることに気づいたのでオートリキシャを拾ってホテルまで送ってもらった。


11時ホテルに戻り、シャワーを浴び、12時チェックアウト。

15時空港到着。19時ボーディングパスを貰う。

23時半テイクオフ。。。インドよかった。

ラダックはまた絶対行きたいぞ!

『完』

2013.6.5 Delhi, India



これにてインド旅おしまいです。
さすがに三週間だとボリュームありすぎ^^
長々と、おつきあいありがとうございました!


次のカンボジアも長くなる。。。のかな?


長くなるような濃い旅になるいいのですが。^^


2014.04.13 追記
インド旅のブログを書いている折、先週の日曜日の産経エクスプレスにこんな記事が。。。


『印総選挙 多数派ヒンズー VS. 少数派イスラム』
インド総選挙の投票(2014.5.7〜2014.5.12)が進む中、国内最多の有権者を抱かえる北部ウッタルプラデシュ州で多数派ヒンズー教徒と少数派イスラム教徒の住民対立が顕在化している。宗教対立を利用しようと、各政党が暴力をあおっているとの非難もある。
(中略)
2002年に起きた西部グジャラート州の虐殺事件は、両教徒の住民が衝突し、ヒンズー教徒がイスラム教徒を虐殺したとされる暴動だ。死者は双方合わせて1,000人とも2,000人ともいわれる。当時から州政府の首相を務めるモディ氏は関与を否定したものの、イスラム教徒や欧米からの虐殺を黙認したとの批判を受けている。

2014.04.13 SANKEI EXPRESS


インドに行ってなかったら。。。ジャーマー・マスジッドの街を歩いてなかったら。。。
さらっと読み過ごしていたと思う。


有権者8億人といわれるインド総選挙。
日本経済に殆ど影響ないとはいえちょっと気になってる選挙です。


2014.05.17 追記
今日の産経エクスプレスにインド首相総選挙の結果が載っていた。
野党のインド人民党が圧勝してグジャラート州首相のモディ氏が新首相になったそうだ。
それもあるけど。。。とても親日家らしい。。。


『企業誘致に熱心な親日家 中国には警戒感』
インドの新首相となるナレンドラ・モディ氏は西部グジャラート州首相として日本企業の誘致に熱心で、安倍晋三首相ら日本の政財界に知己が多い親日家だ。中国の拡張主義的な動きに警戒感を持っており、安全保障面でも日本との関係が深まりそうだ。

官僚制を効率化してインフラを整備。煩雑な事務手続きを極力無くし、紛争になった土地取得問題も自ら解決に乗り出す。モディ氏の力量に感服した日本の企業人は多く、スズキやホンダが工場進出を決定。

日本企業の間ではインド全体で「高速鉄道やインフラ建設で日本の出番が増えるのではないか」との期待が高まる。卓越した行政手腕に注目した日本政府は、07、12年に日本に招き、異例の官僚級の待遇で迎えた。ツイッターで400万人以上のフォロワーを誇るモディ氏は、安倍首相が政権に返り咲いた際、いち早くツイッターで祝意を示した。

2014.05.17 SANKEI EXPRESS


中国との関係が今より良化するとは思えないし、つど過激なデモをされてはたまらない。
いよいよこれからインドに注力していくのは良策なのかもしれないとこの総選挙の結果を見て思ったのだった。



■ラダックの旅記事一覧
【ラダック1】 Fly to Ladakh
【ラダック2】 ラダックの中心地、レーに到着
【ラダック3】 テスト乗り - motorcycle inspection ride
【ラダック4】 Where to go in Ladakh
【ラダック5】 Upper Ladakh (Stod)
【ラダック6】 Upper Ladakh (Stod) - ゴンパ編
【ラダック7】 Upper Ladakh (Stod) - 人々編
【ラダック8】 Lower Ladakh (Sham) #1
【ラダック9】 Lower Ladakh (Sham) #2
【ラダック10】 自動車が通行可能な世界最高所の峠『カルドゥン・ラ』を目指して
【ラダック11】 ラダックのゲートシティ、レーの街をHDRで撮る
【ヌブラ1】 そしてヌブラ峡谷へ。。。
【ヌブラ2】 絶景!夕暮れ迫るヌブラの峡谷美と砂丘
【ヌブラ3】 爽快!まばゆい早朝のヌブラ。そして3日連続のカルドゥン・ラ越え

■ラージャスタン州の旅記事一覧
【ジャイサルメール1】 砂漠のマハラジャの街、ゴールデンシティへ
【ジャイサルメール2】 ジャイサルメールの城砦ホテルに泊った夜
【ジャイサルメール3】 ジャイサルメール流!寝苦しくない夜の過ごし方
【ジャイサルメール4】 ハーヴェリーの彫刻美
【ジャイサルメール5】 Rajasthan dandy, Rajasthan beauty
【ジョードプル1】 ジャイサルメールからジョードプルへ。。。
【ジョードプル2】 The Blue City - Colorful Jodhpur Rajasthan
【ジョードプル3】 The Blue City - 宵歩き
【ジョードプル4】 The Blue City - 朝歩き
【ジョードプル5】 Jodhpur - usual life
【ジョードプル6】 Meherangarh Fort - メヘラーンガル砦
【ウダイプル1】 寝台バスとジュース売りの少年
【ウダイプル2】 So Cute!
【ウダイプル3】 ジェームズボンドも見た湖。ピチョーラ湖 - Lake Pichola -
【ウダイプル4】UDAIPUR ARTS #1
【ウダイプル5】ボリウッド映画デビュー?!
【ウダイプル6】UDAIPUR ARTS #2
【ウダイプル7】インドの女の園に紛れ込んだ?
【ウダイプル8】Day break …
【ジャイプール1】’Pink City’ 1/2
【ジャイプール2】’Pink City’ 2/2

■ウッタル・プラデーシュ州&NCT(NationalCapitalTerritory)の旅記事一覧
【アーグラ】朝日に照らされて。。。荘厳美!タージマハル
【デリー】三週間ぶりのデリー
【デリー】インドのなかのイスラムの街

■バイクツーリング動画
LowerLadakh #1
LowerLadakh #2
LowerLadakh #3
LowerLadakh #4
The way to WonderlandRestaurant in Leh
Khardung La, one of the world highest motorable pass #1 - near by Leh.
Khardung La, one of the world highest motorable pass #2 - near by South Pullu.
Khardung La, one of the world highest motorable pass #3 - Reaching Khardung La top.


■ラダック舞台の映画
【ラダック映画】 ラダックとロンドンが舞台のラブロマンス
【ラダック映画】 バイクに乗ってラダックを走るシャー・ルク・カーン


■Royal Enfield
Royal enfield snapshots of northern india #1
Royal enfield snapshots of northern india #2
by travelster | 2014-05-17 22:57 |  ├India | Comments(10)
Commented by inamoku at 2014-04-20 17:50
超大作! お疲れ様でした!
ほんっとに素晴らしい羨まし〜い旅でしたね。
日本のテレビ番組よりずっと楽しめました。
私もインドに行きたい!!
また裏話とか聞かせて下さい。

次はカンボジアですね。
これもレポート楽しみにしています!(^_^)v
Commented by travelster at 2014-04-21 21:50
★いなやんさん
ありがとうございます♪
そう言ってもらえるとモチベーション↗︎↗︎↗︎↗︎です^^

ツアーじゃないから、行く前はいつも不安一杯で出発するんですけどね〜

カンボジアは地雷がやっぱり怖いのであまり人の行かないところは行かないつもり。
これだけは注意しようがないので。。。

また帰ってきたらボチボチとアップして行きますので乞うご期待(^^)
美味いもん食ってきま〜〜す♪
Commented by selfish555 at 2014-04-21 23:52
インド編終了でっか。結局オイラの方が長引いてますねェ~(笑)
(かなり引っ張った感ありますがね(爆))

上手く表現出来ないけど、「庶民」目線?と言えばいいかな?
個人旅行ってパンフレットや雑誌のような目線と違うので面白いね。
(ブログにアップする時点で「人に読んでもらう」って共通点あるけど)
「普通の」旅行とも違うので「色々やってまんなァ!」って感じだし(笑)

かんぼじあ も期待してまっせ!!!
Commented by travelster at 2014-04-22 22:35
★かっちゃん
やっとこさ完了〜♪

まぁ。。。「セレブ」目線じゃないのは確か(笑
後半は良くも悪くもハプニングもトラブルネタもなかったけど、
インドってこんな国!!って言うのは感じたかな。(伝わってれば本望だけど)

カンボジアはあまりアクティブに行かないようにします。
仕事でよれよれモードなのでおとなしくダラダラと行く予定。。。(笑
Commented by junichiro at 2014-05-10 00:56 x
僕が5年ほど前に1ヶ月ほど旅したインドと比べたら、もの凄くセレブ感ありますよ。さすがにドミトリーはパスしたけど、若い頃に泊まってたような安宿ばかりを泊まり歩きましたから....

しかし、先月2週間ほどお休みを頂いてソウル経由でバリ島、ジョグジャカルタ、チェンマイ、バンコクと旅をしてきたんですが、スタイルはまるっきり変わってしまいました。とりあえずバックパックを持っているくせに、ビジネスクラスに乗ってまともなホテルに宿泊しちゃいました。
「老いたら一つ場所に落ち着くように心掛けよ。老いて旅するは賢明でない。」とペルシャ逸話集の中にカーブース・ナーメの言葉がありますが、残念ながら若い頃のようなスタイルの旅は出来なくなってしまっているんですよね。それを今回カオサンで痛感しました。
Commented by travelster at 2014-05-11 22:48
★junちゃん
おっと、2週間インドネシア&タイですか。。。いい感じですねぇ!
バリ島もチェンマイも自分にとっては理想郷。

東南アジア行ってもみやげ物は別として乗り物の値引き交渉はしなくなったなぁ〜
交渉してもたかが知れてるし、自分がボラれた気にならなければそれで全然構わないと思うので。もうおつりすら渡してます。^^

バンコクほど都会じゃないですがシェムリアップもなかなかエキサイティングでしたよ♪
Commented by bashlinx at 2014-05-18 11:46
1枚目の写真いいですねぇ^^
Commented by travelster at 2014-05-18 21:45
★bashさん
ありがとうございます。
ボクもお気に入りの1枚なんです。
Commented by イワンチョ at 2014-06-14 20:28 x
travelsterさんのブログは、本当にいつも、自分も同じ目の奥から
その国を覗いて体験しているような気分にさせてくれます。
あっという間に、気分転換できます。大好きです^^

写真はとても素晴らしくて、プロじゃないのが不思議でなりません
(プロなんでしょうか?)。

実は、長い間のファンです^^
以前の、京都の夜明けの桜並木の美しさは忘れられません。
ショックでした。

本当にこのブログは、毎回、無料で見ていいのか、という気持ちに
なります。内容が、完成度高すぎ。

更新してくださって、ありがとうございます。
今回も、とても感動したので、どうしても伝えたくてコメントしました。

どうか、お身体を大切に!
Commented by travelster at 2014-06-16 12:29
★いわんちょさま
お返事遅くなってすみません。
嬉しいコメントありがとうございます!
そう言って共感していただけるのが一番嬉しいです(^^)

僕の被写体は普通の旅行者でも見ることができる景色です。
でも見過ごしてしまいそうな印象的な一瞬を残せたら…と思いながらシャッター切ってます。

プロじゃないですし筋金入りの旅人でもないです(^^)
でも旅好きな気持ちだけは人一倍かも?

これからはどうぞお気軽にコメントください(^^)
<< 後部座席が指定席! Golden Week 2014 >>