Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
三週間ぶりのデリー
4時起床。5時チェックアウト。5時15分アーグラー・カント駅到着。
エスカレーターなんて無いからなんども階段を上り下りして早朝から汗だく。早朝から35度オーバーって。。。


ホームに書かれてある列車Noと停車している車両の列車Noが一致してないし、
乗客名簿が車両のドア横にベタッと貼付けてあるんだけどボクの名前が載ってない。
よく見ると、First Nameの先頭2文字以外がでたらめだった。本当にてきとうなもんである。


首尾よく席に着いて、発車を待っていた。


前の方で客同士で延々と言い争っている。。。のを眺めていた。
これじゃぁ指定席の意味が全く無いなぁ。。。と思いながら。


6時発車予定で6時12分に動き出した。まぁ正確な方なのかな??
列車がホームから滑り出すとわらわらと人が四方八方から走ってきて飛び乗ってくる。
検札は発車前に行っただけなのでみんな検札逃れのためにあとから乗ってくるのだ。扉も開いてるし。。。


切符を買ってちょっと損した気分。(笑



b0108109_21445555.jpg



車窓からの眺めは延々、バラックのようなれんが造りの家とトタンの屋根と。。。
おびただしいゴミの山が線路沿いに何十キロと続いていた。
そんな車窓の眺めが途切れる事がなかった。


小さなゴミが膨大な瓦礫のように山になって連なっていてその谷間で、
子供が遊んでたり、女の人が洗濯してたり、おっちゃんが炊き出ししてたり。。。


b0108109_21444066.jpg



前の座席に座っていた女の人も飲み干したミネラルウォーターの大きなペットボトルをなんの躊躇も無く窓の外に棄てていた。
とにかくインド人はゴミを道ばたに棄てる事になんの抵抗感もない。その感覚がすごい。


実家の前は子供の頃は人通りが多くいつも溝にゴミを棄てる輩が居て、
母親がいつも掃除しているのを見て育ったからか、そぅいう行為がいちいち気になる。

あと、バイクに乗っていてクルマの窓から吸い殻を捨てられるとドキッとするときがある。
こんなときはもぅ。。。拾って投げ返したくなるって思うのだ。まじで。

飲み干したペットボトルをゴミ箱に入れようとずっと手に持って歩いていたら、
そのとき道案内してくれていたインド人が「その辺捨てたら良いよ!」なんて親切心(?)で言われたことも。
さすがにペットボトルを道端に捨てるのは気が引けて「日本じゃそんなことしないよ?!」って言ったら首をすくめていた。


郷に入っても郷に従えないこともあるよな〜






b0108109_2146318.jpg







b0108109_21462419.jpg



ヴィクトリア女王の息子で100年ほど前にデリーを訪問したコンノート公爵の名前が由来のコンノートプレイスにあるホテルに投宿。
狭い割に日本円に換算して7,000円だからインドの物価を差し引いてもちょっと高いホテル。。。
でも、さっさと荷を解きたかったのもあってインドの最後の夜をここに決めた。
(旅の前半なら100%泊まってなかったと思う!)



b0108109_21464027.jpg







b0108109_21552096.png
22時前で37度!

5、6月は一年を通してインドで一番暑い時期なのだ!

(だからエアチケット安いのかな??)





翌日はいよいよ帰国日。。。

(この旅行記もなんだかんだ気がついたら11ヶ月。。。回想の旅も次回最終回)


2013.6.4 Delhi, India


■ラダックの旅記事一覧
【ラダック1】 Fly to Ladakh
【ラダック2】 ラダックの中心地、レーに到着
【ラダック3】 テスト乗り - motorcycle inspection ride
【ラダック4】 Where to go in Ladakh
【ラダック5】 Upper Ladakh (Stod)
【ラダック6】 Upper Ladakh (Stod) - ゴンパ編
【ラダック7】 Upper Ladakh (Stod) - 人々編
【ラダック8】 Lower Ladakh (Sham) #1
【ラダック9】 Lower Ladakh (Sham) #2
【ラダック10】 自動車が通行可能な世界最高所の峠『カルドゥン・ラ』を目指して
【ラダック11】 ラダックのゲートシティ、レーの街をHDRで撮る
【ヌブラ1】 そしてヌブラ峡谷へ。。。
【ヌブラ2】 絶景!夕暮れ迫るヌブラの峡谷美と砂丘
【ヌブラ3】 爽快!まばゆい早朝のヌブラ。そして3日連続のカルドゥン・ラ越え

■ラージャスタン州の旅記事一覧
【ジャイサルメール1】 砂漠のマハラジャの街、ゴールデンシティへ
【ジャイサルメール2】 ジャイサルメールの城砦ホテルに泊った夜
【ジャイサルメール3】 ジャイサルメール流!寝苦しくない夜の過ごし方
【ジャイサルメール4】 ハーヴェリーの彫刻美
【ジャイサルメール5】 Rajasthan dandy, Rajasthan beauty
【ジョードプル1】 ジャイサルメールからジョードプルへ。。。
【ジョードプル2】 The Blue City - Colorful Jodhpur Rajasthan
【ジョードプル3】 The Blue City - 宵歩き
【ジョードプル4】 The Blue City - 朝歩き
【ジョードプル5】 Jodhpur - usual life
【ジョードプル6】 Meherangarh Fort - メヘラーンガル砦
【ウダイプル1】 寝台バスとジュース売りの少年
【ウダイプル2】 So Cute!
【ウダイプル3】 ジェームズボンドも見た湖。ピチョーラ湖 - Lake Pichola -
【ウダイプル4】UDAIPUR ARTS #1
【ウダイプル5】ボリウッド映画デビュー?!
【ウダイプル6】UDAIPUR ARTS #2
【ウダイプル7】インドの女の園に紛れ込んだ?
【ウダイプル8】Day break …
【ジャイプール1】’Pink City’ 1/2
【ジャイプール2】’Pink City’ 2/2

■ウッタル・プラデーシュ州&NCT(NationalCapitalTerritory)の旅記事一覧
【アーグラ】朝日に照らされて。。。荘厳美!タージマハル
【デリー】三週間ぶりのデリー
【デリー】インドのなかのイスラムの街

■バイクツーリング動画
LowerLadakh #1
LowerLadakh #2
LowerLadakh #3
LowerLadakh #4
The way to WonderlandRestaurant in Leh
Khardung La, one of the world highest motorable pass #1 - near by Leh.
Khardung La, one of the world highest motorable pass #2 - near by South Pullu.
Khardung La, one of the world highest motorable pass #3 - Reaching Khardung La top.


■ラダック舞台の映画
【ラダック映画】 ラダックとロンドンが舞台のラブロマンス
【ラダック映画】 バイクに乗ってラダックを走るシャー・ルク・カーン


■Royal Enfield
Royal enfield snapshots of northern india #1
Royal enfield snapshots of northern india #2
by travelster | 2014-04-17 22:56 |  ├India | Comments(0)
<< Golden Week 2014 朝日に照らされて。。。荘厳美!... >>