Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
朝日に照らされて。。。荘厳美!タージマハル
前日は日中ずっとジャイプールからアーグラまでの246kmのバス移動だった。
朝八時にバスターミナルへ行った。

こちらのバスは、
行き先は書いてないし、、、
訊く人によってバラバラだし、、、
ターミナルに案内人は居ないし、、、
チケット売り場の係員の言い方は適当だし、、、

知らない間にバスが行ってしまわないかちょっと心細かった。
そんなんでもエアコン付きのバスは九時に無事出発してひたすら平原を走る。

『Brow Horn! Horn Please!』って書かれたトラック多い。
夕刻に無事、アーグラに到着したのだった。

決めていたホテル『マヤ』に投宿して一息も入れずに、
そのままオートリキシャに乗る。タージマハルへは行かず、
タージマハルの見える対岸まで乗せてもらった。マジックアワーの、
『大きな河』+『タージマハル』+『夕暮れ』
を狙っていたのだけど、ライフル持った兵士居ててタージマハルそばの川べりまで行けず。。。撃沈!
ここからだとタージマハルが遠すぎてショボいので仕方なくライフル構えた兵士をパチリ。
二時間くらい一緒に居たのだった。何度か頼んだけどやっぱり覆らず。。。残念。


四時半起床。
五時すぎ、今日は日の出タイムを狙って。。。
西門は日の出時刻に合わせて開門する。2〜3時間たっぷり中を散策した。



b0108109_850516.jpg


左側の西門から入ってきた。
東側からうっすらと朝日が昇り始めている。
西門も相当デカいがタージマハルに比べると小さく見えるなぁ。


ココは『撮影ポイントを教えてやろうでも後でチップ頂きまっせおじさん』が勝手に連れて来てくれた。
ポイントポイントで地面を指差し、ここで撮りなさい。と言うのだ。


南側のこの植え込みを出ると『撮影ポイントを教えてやろうでも後でチップ頂きまっせおじさん』は案の定、チップを要求してきた。
渡さないのも悪い(と思ってる時点でおっちゃんの勝ち!)ので100Rs渡した。
初訪問観光客の心情を巧みに利用したとてもオイシイ商売だ。。。(笑


歳取ったら京都で外国人相手に始めようかな。。。
500円ワンコインフォトガイド(笑


『撮影ポイントを(中略)おじさん』と別れて自由に撮り回った。
いよいよタージマハルに迫って行く。



b0108109_921778.jpg


白い大理石のタージマハルが

よりいっそう白く輝いている。


b0108109_9213738.jpg


朝日を背にタージマハルを眺める。いよいよ陽が差して来た。

大理石が陽に照らされて刻々と色が変わって行く。

昨夕は北側(右側)の川の対岸から眺めた。



b0108109_9584241.jpg


さらに東側、別の角度から。。

奥に西門が見える。


b0108109_9325325.jpg


こういうショットは travelster らしいかな?

『抑え』の写真は必要だし、見栄えして綺麗だけど。。。

『ユニーク』さに欠ける。自分の視点で撮る意識は常にもっていたい。


b0108109_9331066.jpg


西側に回って。。。

ちょうどいいタイミングだった!!

日暮れどきにここ(西側)から観るタージも綺麗だろうと思った。



b0108109_9464538.jpg



再び、西門の手前まで戻って。。。

このアングルから撮影されたタージが一番多い。

朝以外はきっと大混雑なはず。。。早起きは三ルピーの得。。。でした!!

タージマハルが当時の皇帝がお妃のために造った霊廟であることを知り一層悲哀に満ちて見えた。



b0108109_94709.jpg







b0108109_1033737.jpg


リゾート感ただようおしゃれ柄のサリー




b0108109_10332911.jpg



インド人は動じる事無く収まってくれる。特にイケメンは^^



b0108109_10283780.jpg


前日、夕刻、対岸にて。

威張ってるようだが、

この辺に立ってよと

指示したのだ。(笑




b0108109_10335192.jpg



これだけ遠回りしないと対岸に行けないのだった。。。



b0108109_10582774.jpg
投宿したホテル。



全然インドらしくない白を基調とした地中海的トロピカルな雰囲気のホテルだった。
落ち着いた途端どんどん気分が悪くなりベッドの上でウンウン言いながら二時間ほど悶絶。
朝飲んだマンゴージュース(500ml)とさっき飲んだレモンジュース(350ml)全部出したらスッキリ。
食事に気を遣っていても雑菌を摂取してるんだろうな。タージマハルを観た後だったのでよかった。。。



b0108109_10343162.jpg



明日は四時起床して、六時発の列車でデリーに向かう。

あさってはとうとう帰国だ。

2013.6.3 Taj Mahal, Agra, Uttar Pradesh, India



■ラダックの旅記事一覧
【ラダック1】 Fly to Ladakh
【ラダック2】 ラダックの中心地、レーに到着
【ラダック3】 テスト乗り - motorcycle inspection ride
【ラダック4】 Where to go in Ladakh
【ラダック5】 Upper Ladakh (Stod)
【ラダック6】 Upper Ladakh (Stod) - ゴンパ編
【ラダック7】 Upper Ladakh (Stod) - 人々編
【ラダック8】 Lower Ladakh (Sham) #1
【ラダック9】 Lower Ladakh (Sham) #2
【ラダック10】 自動車が通行可能な世界最高所の峠『カルドゥン・ラ』を目指して
【ラダック11】 ラダックのゲートシティ、レーの街をHDRで撮る
【ヌブラ1】 そしてヌブラ峡谷へ。。。
【ヌブラ2】 絶景!夕暮れ迫るヌブラの峡谷美と砂丘
【ヌブラ3】 爽快!まばゆい早朝のヌブラ。そして3日連続のカルドゥン・ラ越え

■ラージャスタン州の旅記事一覧
【ジャイサルメール1】 砂漠のマハラジャの街、ゴールデンシティへ
【ジャイサルメール2】 ジャイサルメールの城砦ホテルに泊った夜
【ジャイサルメール3】 ジャイサルメール流!寝苦しくない夜の過ごし方
【ジャイサルメール4】 ハーヴェリーの彫刻美
【ジャイサルメール5】 Rajasthan dandy, Rajasthan beauty
【ジョードプル1】 ジャイサルメールからジョードプルへ。。。
【ジョードプル2】 The Blue City - Colorful Jodhpur Rajasthan
【ジョードプル3】 The Blue City - 宵歩き
【ジョードプル4】 The Blue City - 朝歩き
【ジョードプル5】 Jodhpur - usual life
【ジョードプル6】 Meherangarh Fort - メヘラーンガル砦
【ウダイプル1】 寝台バスとジュース売りの少年
【ウダイプル2】 So Cute!
【ウダイプル3】 ジェームズボンドも見た湖。ピチョーラ湖 - Lake Pichola -
【ウダイプル4】UDAIPUR ARTS #1
【ウダイプル5】ボリウッド映画デビュー?!
【ウダイプル6】UDAIPUR ARTS #2
【ウダイプル7】インドの女の園に紛れ込んだ?
【ウダイプル8】Day break …
【ジャイプール1】’Pink City’ 1/2
【ジャイプール2】’Pink City’ 2/2

■ウッタル・プラデーシュ州&NCT(NationalCapitalTerritory)の旅記事一覧
【アーグラ】朝日に照らされて。。。荘厳美!タージマハル
【デリー】三週間ぶりのデリー
【デリー】インドのなかのイスラムの街

■バイクツーリング動画
LowerLadakh #1
LowerLadakh #2
LowerLadakh #3
LowerLadakh #4
The way to WonderlandRestaurant in Leh
Khardung La, one of the world highest motorable pass #1 - near by Leh.
Khardung La, one of the world highest motorable pass #2 - near by South Pullu.
Khardung La, one of the world highest motorable pass #3 - Reaching Khardung La top.


■ラダック舞台の映画
【ラダック映画】 ラダックとロンドンが舞台のラブロマンス
【ラダック映画】 バイクに乗ってラダックを走るシャー・ルク・カーン
by travelster | 2014-04-12 23:07 |  ├India | Comments(6)
Commented by 川越 at 2014-04-13 16:30 x
私としては、人物が入った写真がとてもとらさんらしいように思います。もちろん入っていなくてもカッコイイ写真がたくさんありますけど。

それにしても2時間くらいで治まってしまうのって、すごいなぁ。お腹が丈夫なんですね。うちの相棒も傷んだものなどは、食べるとすぐに体が反応してもどしてしまい、すぐに平常に戻ります。私はもどさない替わりに、あとで酷いことになります。(^^;
Commented by selfish555 at 2014-04-13 20:37
忙しくて、なかなか人のブログ読んでなかった。
結構進みましたね「インド編」かなり引っ張ってる感ありますが。

タージマハル、いいっすね!
自分も行ってみたいトコの写真見るとヨダレが(笑)

Commented by travelster at 2014-04-13 21:48
★川越さん
>人物が入った写真がとてもとらさんらしいように思います。
そうですか!!人物ですか〜〜。それは意外というか嬉しいですね!
インド人は表情が自然で、そのおかげかな?

だいたい胃袋が空になれば普通に戻ります。^^
きのこはあたるとヤバいですよね。。。
川越さんみたいにきのこ知識豊富なら嬉しいんですけどね。(^^)
Commented by travelster at 2014-04-13 22:00
★かっちゃん
まぁ平日は俺も読めない。
頑張って週一更新目標にしてやっとこさ終わりに。。。
手を抜きたくないので結果、一年ちかくかかったな。(汗
Commented by inamoku at 2014-04-14 08:58
日本のサービス業では、どれだけお客さんを不安にさせない・・・
いや、そんなことは当たり前で、それからどれだけ楽しんでもらえるかが評価基準と成るのですが、
海外ではいい加減なところが多い様ですね。
かといって日本の過剰サービスが本当に良いのか?
と、考えるとコスト高や面白味に欠ける部分が否めないですね。
Commented by travelster at 2014-04-14 21:20
★いなやんさん
一日語り合っても尽きない話題ですねぇ。。。そのテーマは。
過剰な分、提供する側は(いろんな意味で)業務外の時間も削って仕事をしている訳で。。。

宅配ひとつとってもサービスの質は世界一だと思います。
享受する側は便利な反面、提供する側は。。。

もっと長期休暇に寛容な社会になればと思いますねーー
<< 三週間ぶりのデリー 'Pink City&... >>