Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
Rajasthan dandy, Rajasthan beauty



b0108109_13354264.jpg




b0108109_13162190.jpg




b0108109_13165770.jpg




b0108109_1336214.jpg




b0108109_13392639.jpg




b0108109_13385681.jpg





インド旅へはいつもの一眼レフだけでなく新調したソニーのコンパクトデジカメ DSC-RX100 を持って行った。
そして、いつもはあまり撮らないポートレートを積極的にチャレンジしてみようと思っていた。


使い始めて日の浅いこのコンデジの使いやすさは秀逸。
撮影モードはいつも絞り優先は固定にしつつ被写体に合わせて毎回絞りを変更する。ピクチャエフェクトモードも面白くって色々試した。その操作が直感的に出来るのがいい。思った部分へのフォーカスも合わせやすいのでストレスが溜まらず思い通りに撮れるのが楽しいカメラだ。


一方、撮られる側のインドの人たちは老若男女誰でも屈託が無い。
一声かけるといつも笑顔をカメラに向けてくれる。
チップもせがまれることはなかったから逆にお礼にと渡していたほど。
(子供にはいつものように日本から持って行ったグミとかハイチュウを。。。)


ターバンを巻いたご老人は深い笑みをたたえながらカメラにそのまなざしを向けてくれるし、
サリーを纏った女の人も憂いを含んだ目線でモデルさんのように自然に、そしてじっと見つめ返される。
なんだかセンサー越しにこちらの心の中を射抜かれてるようだった。


面白いのはインド人観光客。
ワンショット撮ってモニターを見せてあげると
「もう一枚撮ってくれるか?!」
「こいつも一緒に撮ってくれないか!」
と催促されるのはもう毎度の事だった。


そして今度は自分のカメラで「(ボクを)撮らせてくれ!」と言う。
さらに自分の家族や友人たちを呼び寄せては真ん中に立たされて撮られる。
ひとしきり撮り終えると、それを見ていた他のインド人グループからも
「一緒に入ってもらって良いかッ!」
とせがまれる。
特に地元民ではなくインド人観光客のテンションの高さと言ったら。。。
二十歳くらいまでのコ達は無邪気に喜ぶし、年配の方もなんか驚きと嬉しさが顔に出ているのが分ってこっちが恥ずかしいくらいだ。


最初は不思議で不思議で可笑し過ぎで。。。
撮られた後も何が珍しいのか解らないけど、ゾロゾロとグループがずっとついてきて一挙手一投足を観察される。
あまり愛想良くしていると、まるでインド人観光客の引率者状態になってしまって観光どころでなくなるのだった。(笑


インド人って屈託がなくって写真好きだ。。。



2013.5.25 - 5.26 Jaisalmer, Rajasthan, India


■ラダックの旅記事一覧
【ラダック1】 Fly to Ladakh
【ラダック2】 ラダックの中心地、レーに到着
【ラダック3】 テスト乗り - motorcycle inspection ride
【ラダック4】 Where to go in Ladakh
【ラダック5】 Upper Ladakh (Stod)
【ラダック6】 Upper Ladakh (Stod) - ゴンパ編
【ラダック7】 Upper Ladakh (Stod) - 人々編
【ラダック8】 Lower Ladakh (Sham) #1
【ラダック9】 Lower Ladakh (Sham) #2
【ラダック10】 自動車が通行可能な世界最高所の峠『カルドゥン・ラ』を目指して
【ラダック11】 ラダックのゲートシティ、レーの街をHDRで撮る
【ヌブラ1】 そしてヌブラ峡谷へ。。。
【ヌブラ2】 絶景!夕暮れ迫るヌブラの峡谷美と砂丘
【ヌブラ3】 爽快!まばゆい早朝のヌブラ。そして3日連続のカルドゥン・ラ越え

■ラージャスタン州の旅記事一覧
【ジャイサルメール1】 砂漠のマハラジャの街、ゴールデンシティへ
【ジャイサルメール2】 ジャイサルメールの城砦ホテルに泊った夜
【ジャイサルメール3】 ジャイサルメール流!寝苦しくない夜の過ごし方
【ジャイサルメール4】 ハーヴェリーの彫刻美
【ジャイサルメール5】 Rajasthan dandy, Rajasthan beauty
【ジョードプル1】 ジャイサルメールからジョードプルへ。。。
【ジョードプル2】 The Blue City - Colorful Jodhpur Rajasthan
【ジョードプル3】 The Blue City - 宵歩き
【ジョードプル4】 The Blue City - 朝歩き
【ジョードプル5】 Jodhpur - usual life
【ジョードプル6】 Meherangarh Fort - メヘラーンガル砦
【ウダイプル1】 寝台バスとジュース売りの少年
【ウダイプル2】 So Cute!
【ウダイプル3】 ジェームズボンドも見た湖。ピチョーラ湖 - Lake Pichola -
【ウダイプル4】UDAIPUR ARTS #1
【ウダイプル5】ボリウッド映画デビュー?!
【ウダイプル6】UDAIPUR ARTS #2
【ウダイプル7】インドの女の園に紛れ込んだ?
【ウダイプル8】Day break …
【ジャイプール1】’Pink City’ 1/2
【ジャイプール2】’Pink City’ 2/2

■ウッタル・プラデーシュ州&NCT(NationalCapitalTerritory)の旅記事一覧
【アーグラ】朝日に照らされて。。。荘厳美!タージマハル
【デリー】三週間ぶりのデリー
【デリー】インドのなかのイスラムの街

■バイクツーリング動画
LowerLadakh #1
LowerLadakh #2
LowerLadakh #3
LowerLadakh #4
The way to WonderlandRestaurant in Leh
Khardung La, one of the world highest motorable pass #1 - near by Leh.
Khardung La, one of the world highest motorable pass #2 - near by South Pullu.
Khardung La, one of the world highest motorable pass #3 - Reaching Khardung La top.


■ラダック舞台の映画
【ラダック映画】 ラダックとロンドンが舞台のラブロマンス
【ラダック映画】 バイクに乗ってラダックを走るシャー・ルク・カーン


■Royal Enfield
Royal enfield snapshots of northern india #1
Royal enfield snapshots of northern india #2
by travelster | 2013-09-13 23:12 |  ├India | Comments(10)
Commented by 川越 at 2013-09-13 23:41 x
こんにちは。どこの国もそうでしょうけど、行かずにイメージを持っているってことが大半なので、こういう実体験をするのはいいことですね。この国と同じように写真を撮れる国は、世界にどのくらいあるんだろう?広大な国とそうでない国、豊かな国とそうでない国、いろいろその原因はあるんでしょうね。でもそんな国に行ってみたいものです。
Commented by selfish555 at 2013-09-16 21:34
レーから比べると「ぐっ」とインドっぽくなりますね。
同じ国でも文化圏(民族)・地域・気候・宗教の違いって面白いですね。

Commented by travelster at 2013-09-19 00:11
★川越さん
国のステレオタイプと言うのは必ずありますね!
写真への好意度。。。そんな分布図があったら面白いなぁ〜と思いました^^
あからさまに嫌がられた事はないんですよ〜
Commented by travelster at 2013-09-19 00:20
★かっちゃん
ヒンドゥー教だからなおさらインド色が濃い感じがするなぁ。

>同じ国でも文化圏(民族)・地域・気候・宗教の違いって面白いですね。
学生の頃は、だからそれが何なん?
って思ってたけど、実際に体験するとグッと興味が湧いきて調べまくってる。
これを学生のときにやってればもっと成績が上がったのになぁ。
Commented at 2013-09-19 08:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by travelster at 2013-09-19 12:44
★鍵コメさま
ありがとうございます。
サリーの色彩の鮮やかさはインドの街に溶け込んでいますね。
外国人が和服に魅了されるのも同じ感覚なんでしょうね!
Commented by asiax at 2013-09-29 11:38
風景の写真もいいですが、人物写真もいいですね。
本人と正面から向き合って、距離も相手の息づかいが聞こえるくらいの距離で撮影されているのではないでしょうか。
僕はどうしてもその一歩がふみこめなくて、中途半端なポートレートで終わってしまいます。
被写体の穏やかな表情から、寅さんとの信頼関係がうかがえます。
Commented by travelster at 2013-09-30 12:27
★asiaxさん
人物撮影もコツがありますね〜

人から教わったことはないのですが、本人の目線が欲しいときはカメラを構える前に了解を得ていました。
目が合うのを見計らって『撮ってもいい?』なゼスチャーで好意的にかつ斜め前くらいから問いかけるのがコツ。^^
すぐさまニコッとする人もいるし、身なりや姿勢を正す人もいるしリアクションはさまざまなので臨機応変で。。。

相手の反応で1カットで終わったり数カット撮らせてもらったり、周りの人も撮らせてもらったり。。。
上の3、4枚目は同じ場所で、木陰で他に5人ほど。少し会話を交わしながら打ち解けて、いい表情が撮れました。
Commented by tajiri8jp at 2013-10-16 20:37
俄かにDSC-RX100への物欲が高まりました。自分の腕を棚に上げて、というのは毎度のことながら(笑)。
Commented by travelster at 2013-10-16 23:07
★tajiriさん
SONYらしいデザインも購入に至ったポイントの一つです。
そのせいでα7とかRX1とか気になってきました^^
<< ジャイサルメールからジョードプ... ハーヴェリーの彫刻美 >>