Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
Lower Ladakh (Sham) #1

5時起床。外はほんのり明るくなっている。
今日は宿を一旦チェックアウトし、バックパックを背負って下ラダックを走る。
上ラダックよりも、ゴンパが広範囲に点在しているため2日間でまわる事にした。


パッキングは昨夜のうちに済ませた。
ベッドの上でぼんやりと今日&明日のスケジュールを考える。
全てが決まっているツアーなら、集合場所と時間だけを気にしていればいい。
この思考を巡らす時間が後になってから旅の思い出にフワッと厚みを添えてくれるのだ。
だから行った先が「期待はずれだった。。。」とか「しょーもなかった」ってコトはかつて一度も無い。



目標は109キロ先のラマユル・ゴンパで折り返し。泊まるところは向こうで探す。
途中に、スピトク、ピャン、ニンム、サスポル、リキル、アルチ、リゾン、とゴンパがあるが、
1つ1つ寄っていてはとてもラマユルまでたどり着けないだろうから、、、

・今日はあまりゴンパに立ち寄らず、一路ラマユルを目指す!
・折り返しの明日は時間を見つつゴンパに寄りながらココに戻る!

って感じで行ってみようかね。。。
※サテライトマップ(Click!)


あれこれスケジュールを考えてるうちに7時ちかくになったので、
バイクを飛ばしていつもの『Wonderland Restaulant』へ。。。




b0108109_2103725.jpg


焼きたてで温かかったレモンケーキ。

ブラックコーヒーとチャイも頼んで。。。


b0108109_2245986.jpg


冬仕様のウェアにしたこまガスも積んでフル装備のライダー。

行き先を訊いたらカルドゥン・ラを越えるんだって。。。

3日後そこに行くんだけど、そんな装備必要か。。。

なんて思いつつ彼らのたびの無事を祈った。

バックパックをゲストハウスに取りに帰る。

黒い男衆が相変わらずわんさかと。。。


b0108109_832284.jpg


明日の夜戻って来る部屋を空にして、バックパックを背負いバイクに打ち跨る。

クルマのシートへ滑り込むのとひと味もふた味も違うこの緊張感がたまらない。

走り慣れたレーの裏道とメインバザールを足早に抜ければ一気に荒野の世界。



b0108109_2058498.jpg



からだがむき出しのオートバイで、

マスツーリングでなくたった独りソロで、

この辺境のラダックの荒野の風を切っていると、

脳内からアドレナリンがだだ漏れに出続けている。。。

北米ならダイナーやモーテルがポツリと建ってそうだけど、

そんな気の利いたブレークポイントは、ここには皆無なんである。



b0108109_20585072.jpg



振り返って、半時間前に走った道がまだ風景の中にあるって言うのはスリリングだ。



b0108109_22433767.jpg







b0108109_22443047.jpg







b0108109_835314.jpg







b0108109_8353319.jpg







b0108109_8355845.jpg



レーから西に60キロ余り。緑に囲まれた村、サスポル。

僧侶たちがゾロゾロと寄宿舎のような建物に入って行く。

バイクを停めて、僧侶に紛れる様にして建物に入っていった。



b0108109_17525420.jpg



入口スグ脇の僧侶の隣りが空いていた。

促されたのでお言葉に甘えて座らせてもらった。

僧侶たちに給仕している若僧侶がチャイを置いてくれた。

僧侶たちのお経を聴きながらチャイをよばれて一時間ほど居た。



b0108109_17533341.jpg





b0108109_17541919.jpg






b0108109_17544642.jpg






b0108109_17551873.jpg



年齢もバラバラ、老いも若きも思い思いにお経を読んでいる。

のんびりしていて、じつに平和な感じがした。



b0108109_962661.jpg



サスポルでの最初の休憩を終えて、再び進路を西に!

レーから内陸の荒野を突っ切る様に走ってきた道は、

緩やかにインダス川に沿いながらカルツェまで続く。



b0108109_97741.jpg







b0108109_9495690.jpg








b0108109_975489.jpg






b0108109_985257.jpg






b0108109_910761.jpg




こんな何も無いところで昼寝?!




b0108109_9105277.jpg



ちょいと近づいてみると、

石を枕に熱いアスファルトの上で爆睡!

「どうしたんですか?」

「後輪がバーストして動けないんだよ。。。」



b0108109_9112918.jpg



ありゃりゃ!

スペアもなし?

半分あきらめ顔!!

果報は寝て待て。。。か。

でも向こうは2人。我はひとり。

同じトラブルが我が身に起きたら??

という恐ろしい情景がふと脳裏をよぎる。

が、その思いをかき消すようにバイクに戻った。






かと思えば、前方ずずずーーっと先に人影が?!

ベビーカーに乗ったあかちゃんとママの姿?!

思わず停車してバイクから降りたよ。。。

ずっと誰にも会わないところを走って

人恋しくなってるのかなぁ。。。



b0108109_9332942.jpg



「どこに住んでるの?」

「この下に家がある。ちょっと散歩に。。。」


散歩って。。。凄い散歩。

でもホッとした。

癒された。



b0108109_9335774.jpg



かわいぃ〜〜〜!!

10秒ほどキュン死した。(笑



b0108109_9124466.jpg



この川沿いの先、半日も走れば、

パキスタン実行支配地

『バルティスタン』

奥には奥がある。



b0108109_9131464.jpg







b0108109_9514736.jpg



久しぶりに集落の気配。。。




b0108109_9134436.jpg



カルツェの集落でランチを。

ラダックはモモ(水餃子)が名物。

メニューを見て理解出来るのはモモのみ。

だからモモばかり頼んでいた。良いんだか悪いんだか。



b0108109_914862.jpg



カルツェを過ぎて道はインダス川から徐々に離れ、

内陸へと進路を変えると、風景が一変する。

黄褐色の岩肌は異様なまでの圧迫感。

「月世界(MoonLand)」

と呼ばれるエリア。



b0108109_9523831.jpg







b0108109_9403467.jpg



時刻は午後2時。レーから100キロあまり。

今日の折り返し地点、ラマユルに到着!!!



b0108109_954356.jpg







b0108109_9411538.jpg
ラマユル・ゴンパ
- Lamayuru Gompa -

よくこんな奥地に建てたものだ。ため息。。。

壮絶な絶景ばかりを目の当たりにして走ってきたから正直、絶景疲れ。。。(苦笑)



b0108109_17425743.jpg



しばらくラマユル・ゴンパの中を歩き回ったのだけど僧侶だれひとり会わず。。。

殺伐とした周りの風景もあって、昼間っから怖くなって来た。。。(笑

「まるでゴーストタウンのようだ。。。」



b0108109_17442846.jpg



人里が恋しい。明日の帰りを考えてここでは宿を探さず、少し戻る事にしよう。
さっきランチしたカルツェまで戻ろう。あそこなら泊まるところがありそうだ。
それになぜかこのラマユルではあまり宿を探す気が進まなかったのだ。


そしてカルツェで、ウルルンなひとときを過ごす事に。
振ったサイコロの目は良い方に転がったのだ。






iPhoneで撮った動画4本。

タテ撮りで首にぶら下げて撮ったので揺れています。

特に未舗装路のLowerLadakh #4。





























2013.5.19 LowerLadakh, Jammu and Kashmir, India


■ラダックの旅記事一覧
【ラダック1】 Fly to Ladakh
【ラダック2】 ラダックの中心地、レーに到着
【ラダック3】 テスト乗り - motorcycle inspection ride
【ラダック4】 Where to go in Ladakh
【ラダック5】 Upper Ladakh (Stod)
【ラダック6】 Upper Ladakh (Stod) - ゴンパ編
【ラダック7】 Upper Ladakh (Stod) - 人々編
【ラダック8】 Lower Ladakh (Sham) #1
【ラダック9】 Lower Ladakh (Sham) #2
【ラダック10】 自動車が通行可能な世界最高所の峠『カルドゥン・ラ』を目指して
【ラダック11】 ラダックのゲートシティ、レーの街をHDRで撮る
【ヌブラ1】 そしてヌブラ峡谷へ。。。
【ヌブラ2】 絶景!夕暮れ迫るヌブラの峡谷美と砂丘
【ヌブラ3】 爽快!まばゆい早朝のヌブラ。そして3日連続のカルドゥン・ラ越え

■ラージャスタン州の旅記事一覧
【ジャイサルメール1】 砂漠のマハラジャの街、ゴールデンシティへ
【ジャイサルメール2】 ジャイサルメールの城砦ホテルに泊った夜
【ジャイサルメール3】 ジャイサルメール流!寝苦しくない夜の過ごし方
【ジャイサルメール4】 ハーヴェリーの彫刻美
【ジャイサルメール5】 Rajasthan dandy, Rajasthan beauty
【ジョードプル1】 ジャイサルメールからジョードプルへ。。。
【ジョードプル2】 The Blue City - Colorful Jodhpur Rajasthan
【ジョードプル3】 The Blue City - 宵歩き
【ジョードプル4】 The Blue City - 朝歩き
【ジョードプル5】 Jodhpur - usual life
【ジョードプル6】 Meherangarh Fort - メヘラーンガル砦
【ウダイプル1】 寝台バスとジュース売りの少年
【ウダイプル2】 So Cute!
【ウダイプル3】 ジェームズボンドも見た湖。ピチョーラ湖 - Lake Pichola -
【ウダイプル4】UDAIPUR ARTS #1
【ウダイプル5】ボリウッド映画デビュー?!
【ウダイプル6】UDAIPUR ARTS #2
【ウダイプル7】インドの女の園に紛れ込んだ?
【ウダイプル8】Day break …
【ジャイプール1】’Pink City’ 1/2
【ジャイプール2】’Pink City’ 2/2

■ウッタル・プラデーシュ州&NCT(NationalCapitalTerritory)の旅記事一覧
【アーグラ】朝日に照らされて。。。荘厳美!タージマハル
【デリー】三週間ぶりのデリー
【デリー】インドのなかのイスラムの街

■バイクツーリング動画
LowerLadakh #1
LowerLadakh #2
LowerLadakh #3
LowerLadakh #4
The way to WonderlandRestaurant in Leh
Khardung La, one of the world highest motorable pass #1 - near by Leh.
Khardung La, one of the world highest motorable pass #2 - near by South Pullu.
Khardung La, one of the world highest motorable pass #3 - Reaching Khardung La top.


■ラダック舞台の映画
【ラダック映画】 ラダックとロンドンが舞台のラブロマンス
【ラダック映画】 バイクに乗ってラダックを走るシャー・ルク・カーン


■Royal Enfield
Royal enfield snapshots of northern india #1
Royal enfield snapshots of northern india #2
by travelster | 2013-06-29 07:35 |  ├India | Comments(2)
Commented by OG at 2013-06-29 19:38 x
つくづくおもう、貴方の写真は本当に凄い、ただ凄い!
どれを見ても紛うことなきtravelsterスタイル、ワンパにならず飽きさせることもなく、、、素晴らしすぎます。
続きを楽しみにしてます。(^^♪
Commented by travelster at 2013-06-30 18:37
★OGさん
誰が撮っても凄いと思いますよ。。。この景色。
ただただ好きな様に撮ってるだけなのに、そう思ってもらえるのは幸せです。
まだまだありますのでお楽しみに。(^.^)
<< Lower Ladakh (S... Upper Ladakh (S... >>