Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
欧州最大の城壁都市 - La Cité -
シテ(la Cité)と呼ばれるオード川向こうの高台にそびえる城壁をめぐらせた城塞都市へと向かう。
午後9時(サマータイムのため実時刻は午後8時)をまわっているがまだ明るい。
長さ3キロにも及ぶ城壁の中は小さな町を成す異次元の世界。
オフシーズンに雨もあって閑散としていて少し寂しい。
でも人並みでごった返すよりは全然いい。



b0108109_2161055.jpg

城壁の中にあるこの通りも土産物屋やレストラン、カフェがあり夏は大いに賑わうようだ。

フランス(に限らず欧州)では雨でも傘を差す人は少ない。

レインジャケットやコートで颯爽と。






b0108109_21104721.jpg








b0108109_2165773.jpg

ここも夏の夜はオープンテラスで賑やかそうだ。






b0108109_21235775.jpg
- LA TAVERNE DU CHATEAU -

赤信号???どれどれ。

中を覗いてみるとやってるよ。

外観に負けず劣らず内装もシック。




b0108109_21121963.jpg

新市街でお昼を済ませたばかりで、

食事は控えワインとおつまみを少し。。。

今回も『旅のゆびさし会話帳』を持って行った。

タイの山奥で重宝してからというもの必携。心強い一冊。

食事のオーダーもコレを見せて済ませたりして。

中身を見せるとウケること間違いなし。

ちょっと手抜きか?とも思ったり。



b0108109_21483682.jpg

幾重にも城壁が張り巡らされ難攻不落と言われた城郭カルカソンヌも、

トゥールーズを手中に収めた十字軍に幾度も攻撃を受けた。

城兵はこの要塞に立てこもり抵抗したものの、

兵糧攻めを受けたった15日間で陥落。

フランス国王に献上されたのだ。




b0108109_2113512.jpg

宮殿の機能を兼ねた荘厳華麗な日本の城に対しこちらは装飾を排した機能重視、質実剛健的。

一時は荒廃したこのシテも近世に修復が重ねられ往時の姿を取り戻しているようだ。

この木橋は跳ね橋になっていて、敵の襲撃からシテの町を守っていた。

そこここに要塞であった事実を見せつけられるのである。







翌朝。少し薄曇り。雨は上がった。冷え込みも幾分和らいだようだ。

b0108109_21143477.jpg

サンルームにある明るいダイニング。外では大きな犬がうーろうろ。

サラダボールのような大きなカップにコーヒーとたっぷりのミルクを注いで、

キャロットとかトマトとかぶどうで作られた手作りジャムをバゲットに添えてどーぞ♪




b0108109_2114579.jpg
- PONT NEUF -

すでにクルマで何度か行き来したこの橋。

シテの全景ならここからがベストポイントだろう。

「ちょちょっと~~ストップ!!もう一度だけ見ていこう」




今日は雨が上がってシテがよく見える。
b0108109_21152582.jpg

新橋(ポン・ヌフ)からシテと旧橋(ポン・ヴュー)を眺める。

皇居のたたずまいがオーバーラップする。





昨夜のシテのライトアップ。旧橋から。
b0108109_21222075.jpg

夜景が一番魅力のカルカソンヌなのだが、

どれもまともに撮れた夜景が無く、

風が強くて早々に引き上げた。

もう少し粘れば良かったか。

せめて雰囲気だけでも。




b0108109_21202680.jpg

ダッシュボードに地図を広げて。。。

地図は ”Michelin Languedoc-Roussillon, France (Michelin Maps) ” を。

見易さに定評のあるミシュランマップにあってスケールは 1:200 000 と高詳細。

ローカルな道が載っているのは勿論、眺望の良い道を色分けしてあるのが嬉しい。




少し名残惜しいがカルカソンヌをあとにする。

ピレネーに向けて少しずつ南下しようと思う。




《参考》
FranceGuide

2010.5.4 Carcassonne, Languedoc-Roussillon, France



メゾン サン フロンティエール






泊まった宿。ご主人の趣味か赤を基調とした部屋だった。
男独りならちょっと恥ずかしくて泊まれない。。。(笑

b0108109_2211314.jpg

- Maison Sans Frontiere -



b0108109_2232326.jpg



Maison Sans Frontiere
Address:33 Rue Tesseyre
Carcassonne, 11000, France

€ 75.00 Double Room/1night



F R A N C E I N D E X

《 P R O L O G U E 》
Discover Southwest France
I'm home from Barcelona

《 T O W N S 》
濡れるカルカソンヌ
欧州最大の城壁都市 - La Cité -
絶壁に建つ砦 - ペイルペルテューズ
ランチタイムはエウスで
コリウールの色 - Couleurs de Collioure
コリウールの灯 - Lumière de Collioure

《 C O U N T R Y S I D E S 》
French roads
Forked road
Les Pyrénées
南仏の車窓から

《 W I N E R Y S I T E S 》
Limoux
Maury

《 A U B E R G E 》
ワイン貯蔵庫がダイニングになったオーベルジュ

《 O T H E R S 》
フランスキャンプ事情
Ermitage - 隠者の家

S P A I N I N D E X

《 B A R C E L O N A 》
BCN#1
BCN#2
BCN#3
BCN#4
BCN#5
BCN#6
BCN#7
BCN#8
by travelster | 2010-05-20 21:34 |  └France | Comments(8)
Commented by horaice at 2010-05-20 21:46
男前な旅ですね!あぁ車で行きたいところに行けるっていいですねぇ。
私も免許、いつかとれるかしら。笑
サンルームの写真、不思議な感じ。とても好きです。
続きも楽しみにしています~♪
Commented by travelster at 2010-05-20 22:15
★horaiceさん
気の向くままに時間と目的地の制約がないのは車の利点ですね。
でも事故したら台無しなので、出発前はちょっと気が引き締まります。
宿の写真、追加でアップしました♪
>サンルームの写真、不思議な感じ。とても好きです。
でしょう???
ご主人の趣味か、サンルームやゲストルームはインド系の装飾やタペストリーが飾られてあって不思議な感じがしたんです。ボクも。
日本で色々宿を調べてたけどフランスの宿ってどこもファンシー。^^
リビングもキッチンも普通の家庭サイズで、
誰かの家に泊めてもらってるような気分でした。
Commented by jack at 2010-05-21 09:39 x
欧州の旅
ええですね~~心に火が付きそうです。

個人的に
どの写真も いい感じですが、
下から 5枚目 カフェの写真
こ・の・み....デツ!!

ちなみに 
多くのレンズもてないので、
望遠ズームでマルチ・汎用性の高いレンズ
どんなのがいいか教えてもらえないでしょうか??

欧州 いきたいところ いっぱいや
まずは ミラノから スイスを抜け鉄道でパリ
ってなところです。
Commented by travelster at 2010-05-21 22:38
★jackさん
jackさん、望遠のようですがこれは50mmの単焦点なんです。
APS-Cサイズなので画角が狭く少し望遠に見えますね。

旅に望遠は持って行かないですねぇ。
重いし、出番がないんです。
答えになってなくってゴメンナサイ。
Commented by top-to-toe at 2010-05-21 22:42
お、今回の人ブレphoto、よい感じね。

天気の悪い日は悪い日なりにまた楽しい。
旅のだいご味だなぁ。
Commented by travelster at 2010-05-21 22:51
★saoriちゃん
そういや、saoriちゃんも傘差さない派やったねぇ。(笑
>天気の悪い日は悪い日なりにまた楽しい。
それも旅のうち。。。
Commented by selfish555 at 2010-05-22 12:35
うんうん「行きたく」なってきた(笑)

こっちは相変わらず「決まりません(何もかも)」。

今夏の旅・・・厳しくなってきた・・・。
Commented by travelster at 2010-05-22 22:28
★かっちゃん
今日は暑かった。。。
夏はひさびさに東北をバイクでまわろうかなと。
そろそろ車検なんでマフラー交換して(戻して)近場を走ったよ。
<< フランスキャンプ事情 濡れるカルカソンヌ >>