Copyright © 2006-2012 travelster All Rights Reserved
t r a v e l   p h o t o g r a p h y
山あいの小さな町、カローでのんびり過ごす - The former British Colonial Town -
世界遺産の街、バガンからインレー湖への途中にあるミャンマー東部、シャン州のカローという小さな町に一泊した。


b0108109_10334087.jpg




この町のメインはトレッキングの拠点だ。
町自体はこじんまりとしていてこれといって見どころはなく、
ここを拠点としてインレー湖などに泊りがけでトレッキングする欧米旅行者が多い。
また、英国の植民地時代に避暑地で栄えたということもあり、英国調の建物がポツリポツリと建っていて、小さな田舎町に瀟洒な雰囲気を漂わせている。


バガンを発ってバスで6時間。
見飽きるほどの平原を東に進み、大きな峠を越えてシャン州に入り、つづら折れの道を下り切った最初の町がカローだった。


町のメインストリートの中ほどでバスから降ろされた。


標高が高いためバガンよりも涼しく、到着した午後は曇り空で時々雨が降っていた。
雨季にもかかわらずマンダレーでもバガンでも晴天続きだったからミャンマー旅で初めての雲り空だ。

バスを降りた目の前は立派な銀行だった。
銀行も両替所もない田舎町だったら。。。という不安が大いにあったのでこれはラッキー!

ATMで少しばかりキャッシングして一安心!
ミャンマーの通貨に両替すると5千円ほどでも分厚い札束になってしまう。

宿も決めていなかったので、その場でBooking.comでホテルを検索。数軒空きがあった。
画像で部屋の様子と地図で場所、そして値段を比較して、徒歩五分ほど少し高台にある長めの良さそうな宿を予約した。
こんな田舎でも一歩も動かずに予約が完了するなんて。。。と、この便利さに毎日感動してる気がする。(笑


Wi-fi が繋がらなくっても何とかなるけど、短期旅行者にとって時間の節約と体力の消耗がないのはありがたいって思う。



b0108109_11211465.jpg

宿のベランダからの眺め。

涼しい〜!


b0108109_11325096.jpg

静か。

いい眺め。。。

このこじんまり感。

いい町じゃないか〜〜?

1泊ゆったり、のんびりできそうだ。

少しの衣服を洗い乾かして歩き出してみた。


b0108109_11241592.jpg

雨上がりの町。

ゆるやかな時間が流れている。

ここではスクーターではなくカブが主役♪


b0108109_11255954.jpg

民族衣装のロンジーが日常的に着衣されていて柄も色々あって眺めているのが楽しい。

ミャンマー人の日本土産で人気なのがロンジーサイズの和柄の生地だそうだ。

確かに和柄のロンジーを巻いていたら目立ってお洒落かも!






b0108109_1461241.png

Google Map

バガンからカローまでは300km弱、バスで6時間の旅だ。


b0108109_1165951.jpg

関空で買った下川裕治さんの単行本。

読んで知ったミャンマーの鉄道事情が凄すぎた。

職員ですら自国の路線の実態や運行状況を知らないらしい。

路線の保守状況もほとんど放置状態なのに営業しているのも凄い!

これを読んで俄然、ミャンマーの鉄道を見たくなり、

あわよくば乗って見たい欲望がムクムクと。。。

鉄道知識ゼロに等しい僕ですが。。。


b0108109_17411663.jpg


ほとんど意味をなしてない町にたった一つの信号機。


b0108109_17403085.jpg
- Aung Chan Tha Zedi -

黄金に輝くパゴダ。カローのランドマーク。


b0108109_10441498.jpg



カローに滞在したのはもう一つ理由があった。

このブログに時々コメント頂いてたAさんと会うこと。
Aさんは東南アジアや中国雲南省の奥地を旅されていて、
現在はカローにお住まいなのでタイミングが合えば是非ご一緒しましょうと。
ミャンマーや旅の話も訊きたかったので出国前に日程だけ合わせてあとは現地で。。。

カローに到着した午後にようやく連絡が取れて、ホテルのロビーで無事合流することができた。
下川裕二さんの本の話をすると、それならカローの駅に1日1本列車が来るので明日、見に行きましょう!
とナイスな提案!

翌日。。。。

夜明けまで降り続いた雨があがり、陽が差して来た。
Aさんと再びホテルのロビーで合流してカローの市場を散策。


b0108109_1115121.jpg


市場の入り口。

燦々と暖かい陽が差してきた。

市場にはたくさんのフルーツや野菜が売られている。


b0108109_1035664.jpg


とてもユニークなミャンマー語。

コンピューターの世界では日本語の全角文字はマルチバイトで表されるが、

ミャンマー語はさらにマルチバイトふたつくっつけて1文字の文字があるそうだ。

だから途中で改行が入ってしまう場合があって読めないこともあるとか。。。複雑!


b0108109_10352730.jpg


食堂はこんな感じで市場の中の一角にある。

タイでもベトナムでもよく見かけるこのスタイル。

日本ならショッピングモールのフードコートってところか。

店も料理のオーダーもAさんにお任せしてシャン州の郷土料理を。

日本のちまきのようにおかずを和えたもち米を葉に包んだものや惣菜を何品か。

ひよこ豆を揚げたものや、おからや、山菜を炒めたものとか、、、日本にない説明出来ない味!


b0108109_17432477.jpg


相変わらず東南アジアの市場の肉屋の陳列はワイルド。

レバーも売ってたけどさすがに生で食べる勇気は無いな〜〜



b0108109_1743612.jpg


積み重ねられているのは噛みタバコの葉。タバコをこの葉で巻いてくちゃくちゃと噛む。

一枚巻いて勧められた。どんな味か試して見たかったけど噛むと歯も口の中も真っ茶になるで遠慮したのだった。




b0108109_17424524.jpg




b0108109_17422439.jpg



列車が到着する時間が近づいてきたのでお目当のカロー駅へ。

市場から少し距離があったのでAさんがバイタクを手配してくれた。

僕は荷物を持っていたのでバイタクでAさんは徒歩で駅に向かった。


b0108109_10404219.jpg


標高4,297Feet=約1,300m。

日本で1,000mを超える町を調べてみたところ、

軽井沢=940m
清里高原=1,100m
富士山2合目=1,280m
八千穂高原(八ヶ岳)=1,285m
野麦峠=1,300m
平湯(岐阜)=1,300m

結構高い!涼しいわけだ。


b0108109_10412384.jpg


到着時刻を半時間過ぎても列車は来ないので帰りかけようとしたら、来た!



b0108109_10415210.jpg


運転席に食べ物を置いているのはご愛嬌!



b0108109_10422411.jpg




b0108109_11355538.jpg




b0108109_10495214.jpg


なかなか発車しないのでホームの反対側に回ってみた。


b0108109_1235486.jpg


どの窓も全開なので走っていると、線路脇の伸び放題の木の枝が室内まで入って来てバチバチ顔に当たって危険!

と下川裕二さんの本に書いてあった。目に当たるとシャレにならない。。。





皆、笑顔で手を振ってくれた。

会ったミャンマーの人たちは皆、にこやか!


b0108109_10433590.jpg


電車が去った後は、反対行きの列車が1本来るのみでこの駅の停車は全て。

そもそも国営でついこの間まで軍事政権だったから利便性や安全性なんてないようなもの。



駅の近くというAさんの奥さんのご実家に少しだけお邪魔^^


b0108109_1034999.jpg


雑草が伸びて荒れ放題の線路。

線路脇に柵もなく道があったりして和んでしまう。


b0108109_10364351.jpg



b0108109_10483972.jpg


Aさん奥さんのご実家。ご自宅でせんべいを作っているそうで見学させてもらった。


b0108109_1058477.jpg


原料の豆を練って伸ばしているところ。この体勢で一日中だから体に負担が大きい重労働。


b0108109_10575826.jpg


練り終わったせんべいを天日干ししてるところ。


b0108109_10582360.jpg


それが終われば軽く燻して、数日寝かせる。時間と手間がかかってます。





b0108109_1147833.jpg


パイナップルとオヤツをいただきました。ちゃぶ台が懐かしい^^ご馳走様でした♪

そろそろバスの時間も近づいて来たので失礼してメインストリートに向かう。


b0108109_17414140.jpg


TOO BUSY HAVING NO IDEAS...


b0108109_1742147.jpg


メインストリートではツアー代理店が数軒並んでいる。ココでバスのチケットを買ったのだった。

ツアーバスは日本で走っているような大型バスはあまりなくトヨタのハイエース バンが大半。

日本ではこのサイズのツアーバスが普及しないのは何故??法規制があるんだろうね。

いくつかのホテルへ出向き、客をピックアップする東南アジアスタイルは便利と思う。


b0108109_10472324.jpg


キリンビール出資のミャンマービール、ブラックシールドスタウト。

アルコール度数高めの黒ビール。それとミャンマーラガー・ビール。

しゅわしゅわっと泡がすぐ消えて発泡酒のようなさっぱりした風味。

普段からあまりビールは飲まないけど旅先のビールだけは格別だわ♪



バスが到着するまでAさんと昼呑みにした。
旅の話やらミャンマーという国のこと、料理や織物のこと、
これからの人生についてこの国でどう行きて行くか熱く語ってくれた。
異国の地に根を張ろうとする決意とその国を愛してやまない気持ちが伝わってきた。
読了した下川裕二さんの本は鉄道好きなAさんに記念に差し上げた。


夢が叶うこと祈っています♪




2017.8.13-8.14 Kalaw, Myanmar
# by travelster | 2017-11-15 22:08 |  ├Myanmar | Comments(6)
Explore Old Bagan holidays !


オールドバガンのエリアに行くとさすがに観光客も多かった!

馬車にゆられてパゴダ巡りをするツアーに僕は電動バイクで便乗♪

電動バイクは排気音もなく静かだから馬の横に付いても驚かさないから安心。


b0108109_17162027.jpg


ちなみに馬車を1日借り切っても3万チャット(約3,250円)なのでこれもオススメです。


b0108109_15594630.jpg





b0108109_20251594.jpg



豪華絢爛!

b0108109_20254136.jpg


シュエズィーゴォン・パゴダ

下の部分が布で覆われていた。

本来は台座部分までゴールドなのだ。





こんなゆったりとしたスピードでパゴダ巡り。

夜はあかりもなく、辺りは真っ暗だからきっと満天の星空!

砂漠の国のように馬でナイトクルージング&キャンプできたら面白そう♪




2017.8.12-8.13 Bagan, Myanmar
# by travelster | 2017-10-14 21:05 |  ├Myanmar | Comments(4)
バガン随一の眺望!サンライズ&サンセットの名所『シュエサンドーパヤー』へ電動バイクで行ってみた

想像していたよりも多くのパゴダ(仏塔)が建っていた。

ニャウンウーからニューバガン、オールドバガンに囲まれた、

5km四方ほどの狭い範囲に先の尖ったシルエットが何本も林立している。

40km/hほどしかスピードが出ない電動バイクだからちょうどいい広さかもしれない。

ゲストハウスで教えてもらったバガンで一番眺めのいいパゴダ「シュエサンドーパヤー」に登った。


b0108109_12524063.jpg


シュエサンドーパヤーは土禁なので靴は入り口の下駄箱に預けて。。

バイクで走りながら想像していたよりもずっと多くのパゴダが建ってる。

ハイシーズンだと気球が空に上がるのでさらにフォトジェニックなんだけど、

8月は雨季でローシーズンなので気球ツアー自体もオフ。観てみたかったな〜〜


b0108109_12533428.jpg


多くのパゴダは特に立ち入り規制もされていなくて、自由に見て回れる。

とても狭い範囲なのでランチパックしょって自転車やバイクで1日中さまよえそうだ♪♪


b0108109_12553821.jpg
シュエサンドーパヤー全景

上部は修復工事中か足場が組まれていた。

仏塔の中腹あたりが歩けるようになっていて、

そこは夕暮れ待ちのツーリストで押せ押せだった!


b0108109_1130568.jpg


ん〜〜やっぱりね。。。静かに佇んで夕陽を眺める。。。

そんなシチュエーションを想像していたけど(笑

これだけの眺めで夕暮れ時。混雑必至!


b0108109_12252686.jpg


三脚を立てて日没を狙う熟年ご夫婦。。。セルフィースティック持ちのカップル。。。

衣装もメイクもバッチリ決めて遺跡バックに★モデル撮影会★なカップル。。。

彼氏さんご苦労様!!って言いたくなるくらい何枚も撮らされてた(笑

そんな彼らの肩越しに数枚だけ撮ってここを後にしたのだった。


b0108109_12544821.jpg


カンボジアでは遺跡から突然、

裸の子供が出てきて、ドキッ!!!

一瞬襲われるかと身構えてしまった!!

子供達を追うと裏で普通に家族が生活していて、

遺跡が遊び場だったりしたのがとても衝撃的だっけど、

バガンの遺跡エリアには生活の匂いは感じられなかった。

と同時に、カンボジアの原始的な生活が凄いと改めて思ったのだ。


b0108109_12561976.jpg


ちょっとわかりづらいけど、フェンダーのガードがごつい!よくぶつかるからか?!

ここでタープ張って、コットに寝転がって夜を過ごしたいと思った。ダメかな?!


きっと満天の星空!



b0108109_10444783.jpg


お約束の3人乗り ♪


b0108109_22125778.jpg


灼熱の太陽! に見えるけど、バイクで走っていると長ソデ羽織っていたほど。

8月のバガンは雨季。気温は日本の本州とさほど差はないが、湿度が低くて汗をかかなかった。

雨季といっても、日本の梅雨のように年によって降ったり降らなかったりだそうだ。バガンでは連日快晴だった。


b0108109_222293.jpg


少し高台が見えたのでそこを目指して走った。


b0108109_2215294.jpg


高台に登ると、シュエサンドーパヤーとはまた違った風景が広がっていた。

誰もいない静かな場所でしばらく見とれていた。悠久の時を感じるようだった。

バガン王朝の時代は賑わっていたこの場所もモンゴル帝国によって滅ぼされたが、

このパゴダだけは壊されなかったそうだ。荒れ果てた都にパゴダだけが残った。。。とか。


b0108109_2372529.jpg



そんな歴史に思いを馳せて眺めるとこの風景も、寂寥感が漂って見えた。




b0108109_12585241.jpg




b0108109_1304498.jpg




b0108109_10594486.jpg


右にニャウンウー、左上にオールドバガン、左下にニューバガン。

この長方形を成す幹線道路のエリア一帯にほとんどのパゴダが密集している。

幹線道路すら交通量は少なく未舗装路に分入れば看板もなく誰にも会わず探検気分上々!





フル充電で1日程度走れるとレンタルバイク屋は言っていた。
電動バイクのメーターにはバッテリーのインジケーターがあり残量が分かる。
それでも残量から正確な走行可能距離はわからないのであまり遠くへは行けない。


丸一日、バガンを電動バイクで楽しむなら、
夜明け前から動き出してサンライズ&気温の下りだす丑三つ時から動き出してサンセットを堪能 ♪
気温の上がる日中は、ゲストハウスでのんびりランチ&読書&昼寝&バイク充電 ♪
って過ごし方がいいかもしれない。



2017.8.12-13 Bagan, Myanmar
# by travelster | 2017-09-30 23:31 |  ├Myanmar | Comments(2)
バガンのパゴダ(仏塔)巡りに便利な小さな町。ニャウンウー - Nyaung U
★バガンへ移動
ミャンマーで必ず行きたかった場所のひとつ。『バガン』
バガン平原に林立する仏塔(パゴダ)の風景をこの目で見たくてずっと気になってた。

この旅の初日に滞在したマンダレーからバガンまでは180km。
トヨタのハイエースバンに揺られて4時間の道のり。9,000ks(720円)
「安いなー」と思いつつ、お札がどんどん減って行くので落ち着かない。

車窓から見える風景は退屈なくらい真っ平らな平原が続く。
人家や工場や送電線など人工物が一切なく、どこまでも牧歌的。

知らない間に眠ってしまい、皆ごそごそと降車するのに気づいて目が覚めた。

★宿探し
「ニャウンウー?」
「そうだよ!ニャウンウー!ニャウンウー!」


もう着いたの?早っっっっ!
バガンエリアには
・OldBagan ー 宿はプールが併設された数軒の高級ホテルとレストランのみ。一番落ち着いた雰囲気のエリア。
・NewBagan ー 格安から中級ホテルが少しあり。川の眺めが良さそう♪
・Nyaung U ー 格安から中級宿が多く現地人の食堂も多くここが一番ローカル色が濃い。
僕は宿が多く集まっているニャウンウーで降ろしてもらった。

その場で、iPhoneで booking.com をチェック。即座に40軒ほどリストアップされて出てきた。
金額で並べ替えて、さらに現在地から500m圏内で絞り込むと5軒ほどになった。
部屋写真をざっとチェックして、そのうち1軒に予約を入れて。。。と。
この作業に10分とかからない。そして宿に向かった。

今までは、町にインフォメーションがあればまだ良い方で、トボトボ歩き訪ねて宿を決めていたことを思うとこの便利さにため息が出る。

歩き出して数分で予約を入れた宿についた。フロントの雰囲気から韓国系のオーナーだろう。
たった今ネットから予約したことを告げると、狭い階段を上がり部屋を見せてくれた。
窓の外が建物の暗い部屋だった。断ると少し値下げされた。
そういうのが一番気にくわないんよね。。。

ここはキャンセルし、2軒目へ向かった。
ここから歩いて5分ほどで着いた。

見せてくれた部屋は最上階で、部屋の中からドアを開けるとそのまま屋上テラス&食堂になっていて眺望もいい。
宿のななめ前にはバイクレンタル店もあるじゃないか〜〜。ここに決めた♪
1泊のつもりだったが居心地が良く、2連泊したのだった。
泊まっていたのは僕だけのようだった。貸切り♪


b0108109_15442947.jpg

部屋のある最上階のバルコニーから階下を眺める。

早朝から家の前を掃き清めていて気持ちが良くなった。

ニャウンウーはゴミがあまり落ちていなく小ぎれいな町だった。


b0108109_14304035.jpg

結局座ることのなかったボロボロの長椅子。


b0108109_15411635.jpg

遺跡観光の拠点で観光客も多いので、

両替屋、ツアー代理店、EVバイク屋が多い。


b0108109_15561328.jpg

このお母さんたちを運ぶクルマのエンジンが、、、

↓↓↓↓↓↓↓

b0108109_15563797.jpg

耕運機のエンジンに載せ替えている?

これで動くのか!すごい〜〜〜〜〜〜〜!!!!

こんな驚きも東南アジアの楽しみのひとつだったりする。

b0108109_1432426.jpg

メイン通りの朝の風景。

ここから少し離れるとそこには

バゴダの仏塔の点在する風景が広がる。


b0108109_14322971.jpg

荷物は頭の上に。

なぜ落っこちないのかいつも不思議。


b0108109_14321693.jpg

昼間は暑いニャウンウーも朝夕は涼しい。


b0108109_14314621.jpg

懐かしさ漂うのどかな町並み。



b0108109_14313476.jpg
バーの類はなく夜は静か。。。





Football game !!


チェックインを済ませて、斜め前のレンタルバイク屋で向かった。
マンダレーでは見かけなかったレンタルバイク屋がニャウンウーでは至る所で見かけた。
借りれるバイクはほとんどがEV(電動)バイク。国際免許は一応持って行ったがこの田舎の町ではノーチェック。

今日半日と明日1日借りることにした。
料金:
3,000ks(250円)/数時間
7,000ks(580円)/1日


EVバイクは日本ではあまり見かけないけどシェムリアップ@カンボジアでもレンタルしていた。
途上国に普及しつつあるのは、
・ガソリンが(所得と相対的に)高価であること。
・環境面からEVの方が普及するという(企業側の)目論見。
・先進国よりマーケットの伸びしろが大きい
といったことが理由だそうだ。
ツーリングにはまったく非力で不向きだけど近場散策にはちょうどいいのかも。
早速、このEVバイクでパゴダ巡りに出かけることにしたのだった。


Eden Motel 1(Click!)

2017.8.12 Nyaung U, Bagan, Myanmar
# by travelster | 2017-09-24 00:03 |  ├Myanmar | Comments(6)
バイクタクシーで眺望抜群のマンダレーヒルへ♪





b0108109_16303651.jpg
足元に注目!
パゴダでは土足禁止なのではだしなのだ






b0108109_1631293.jpg







b0108109_16294384.jpg
夕陽に照らされたエーヤワディー川(イラワジ川)







b0108109_16301373.jpg
南側(左側)がマンダレー市街




b0108109_14323924.jpg
堤防のないゆったり流れる川のは東南アジアらしい風景のひとつ



上海と昆明の乗り継ぎですったもんだしたけど、マンダレーにはなんとか同日の夕刻に到着。
空港を出ると「市内まで?乗せるよ」と、最初に声をかけてきたドライバー。
「歯が黒い〜!」がミャンマー人の第一印象。噛みタバコで歯といわず口の中が赤茶色でギトギト。(>_<)


乗り合いバン(車種はTOYOTA HIACE VAN←ミャンマーのバンはほぼこのモデルだ)に乗り込み、
しばらく待ってると欧米人バックパッカーと地元っぽいミャンマー人の女の子が乗って来た。
ミャンマーの女の子は頬にタナカを塗っていた。ミャンマーに来た実感が湧いて来た。


人数の集まりが悪いので「追加料金払ったら出れるぞ」と言われたけど「待つよ」と答えた。(もう払うもの払ったんだし)
数分待つと、合わせて6名ほど集まったので待ってゴー♪


マンダレー空港からマンダレー市街中心地までは約40kmで1時間あまり。
真っ黒な偏光フィルムが貼られた窓を少し開けて風を入れた。
真っ平らな大地に緑がずっと地平線まで広がっている。
雨の天気予報だったけど抜けるような青空の快晴!
「ハロー!マンダレー」心の中でそう呟いた。


マンダレーはヤンゴンに次ぐミャンマー第二の都市。半時間ほど走ると市街地に入ってきた。
高層ビルは無いものの、とにかくだだっ広く同じような建物が規則正しく並んでいた。
街を眺めていると、通り名には1刻みで数字が振られていることに気がついた。


バンに乗るときドライバーにホテルの名前を告げてGoogleMapを見せると、「80-81,29」
こんな感じで、なにやら番号をメモっていたのだけどやっと意味がわかった!


道路は京都市街のように等間隔に碁盤の目になっていて、
・東西道路は北から南に1から45まで
・南北道路は東から西に46から90まで
通りの番号が振られている。


だから、「80-81,29」だったら南北の80thと81thの通りの間の東西の29stに面した場所、ってワケ!
「なるほど〜」これは一発だわ。
合衆国のインターステートハイウェイと同じルール。合衆国はさらに奇数と偶数を東西と南北を区別している。
京都の「上ル、下ル、西入ル、東入ル」より分かり易いかも!(あ、京都の通り名は粋なのでこれはこれで好きです)


b0108109_12425013.png
GoogleMapにもその番号が記載されている



ホテルの前で降ろしてもらい、フロントでチェックインを済ませて、マンダレーヒルの行き方を訊いた。
マンダレーに着いたら一番行きたかった場所で、のんびりしてると夕暮れのマジックアワーに間に合わない!


「モーターバイクで乗せて行ってくれるって?」それは嬉しい。バイクなら渋滞も関係なく確実に着く。
部屋に荷物を置きにだけ行ってホテルの前で待ってるとすぐに来てくれた。若い気の良さそうな兄ちゃんだった。
ヘルメットをかぶり後ろに乗せてもらって一路、マンダレーヒルに向かったのだった。





日本のようにキープレフトはないので小排気量のバイクも車線の真ん中を走る

右は王宮のお堀。タイのチェンマイのようだ。





後部座席の横ノリが上手♪

ひっくり返りそうで見てられない(>_<)






なんとか日没に間に合った!

この夕暮れを眺めて、やっと旅が始まった気がした。


b0108109_17121369.jpg

マンダレーはミャンマーのほぼ中心にある。



難民問題でニュースになっているイスラム教徒のロヒンギャのいるラカイン州はここから西へ300kmほどの西海岸地域。
仏教徒のビルマ族が大多数のマンダレーにいるとこの深刻な問題も他国の出来事のようだった。



2017.8.12 Mandalay, Myanmar
# by travelster | 2017-09-09 23:02 |  ├Myanmar | Comments(4)